FC2ブログ
  1. Top » 

AMCU、48時間以内にシバニー側の対応が無い場合は、プラチナ鉱山でフルタイムストライキを警告・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
            
                     

本日のNY白金は、10.9ドル安の791.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で8円高(2月限)と予想する。
キング牧師の誕生祭の休日が明けたY市場は、週末から昨日までのIMFの世界経済減速懸念や中国・習近平のセミナー講話などを受けて軟調な動きで始まっている。
特にカナダで逮捕・拘束されているファーウェイの孟CFOについて、米国政府が正式に引き渡しを求めた報道を機に、英国フィナンシャルタイムズは中国の知的財産権と構造改革という2つの問題での交渉の進展不足を理由に、米当局者が中国の王受文商務次官や廖珉財政次官との今月末の準備会合を中止したと報じていたが、クドロー氏はCNBCとのインタビューで、「今月末のワシントンでの劉鶴副首相との会合が「非常に重要」であり、「決定的」なものになるだろう」と発言するなど報道を否定している。劉副首相とその側近がワシントンを30、31両日訪れ、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談する予定である。

またメキシコの壁の建設費を巡る予算案問題では、政府機関閉鎖解除を目的とした共和、民主両党の暫定予算案の採決を認めることで合意したとマコネル共和党上院院内総務とシューマー民主党上院院内総務が発表しており、一部に政府機関の閉鎖が解除されれば、リスク緩和に伴う動きが起こる可能性が高い。

そのためNY市場では、世界経済の減速懸念と米中通商協議の懸念要因からダウ平均は一時400ドルを超える下落を見せて、300ドル安で終わっている。債券市場ではリスク逃避から長期債が買われ10年物国債金利は低下し2.73%で推移している。

為替市場では、一時ポンドやユーロは対ドルで売られる動きを見せたが、メイ首相が合意なき離脱を選択する可能性は小さい事からポンド買いの動きに巻き戻しされている。今後のシナリオの可能性としては2回目の国民投票実施か、3月末のEU離脱期限を延長してEUとの交渉を継続するかの選択肢が有望と見られている。

貴金属は、ドル安を受けて金価格は堅調な動きを見せている。白金価格は連休中にアジア市場の軟調な動きを受けて788.5ドルまで下値を試している。
南アフリカでは、シバニーゴールドとAMCUの賃金交渉が難航している事を受けて、AMCUはプラチナ鉱山労働者を含めて抗議に行進を実施したが、鉱山会社が交渉のテーブルに48時間以内に復帰しなければ、プラチナ鉱山でもフルタイムストライキを実施すると警告している。

日足で見たNY白金は、連休明けに下値を切り下げて昨年12月の下値レンジである775ドル~800ドルに動きを見せている。テクニカルは相対力指数が36.64%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が-80%で維持しながら、中期は-7%で下がり、長期は+44%で下げている。移動平均線は10日移動平均線が808.4ドルで下がりながら、40日移動平均線は804.9ドルで下げている。

本日の東京市場は、夜間取引で連休明けのNY白金が軟調な動きを見せて、東京白金も一時安値を更新し2775円まで下値を試している。ただ昨年の終値ベースでは、安値2680円を付けた時が2771円、二番底の2740円の時が2778円であり、2770円以下には抵抗が存在する事を物語っており、時間を掛けて下値で下げ止まりを今週続けると基調が転換する動きに結びつく可能性が高いと思われる。

トコムスクエアTV出演動画
10月29日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVで視聴できますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO311は、過去の値動きや見ても高値期待が出来る見直し相場の動きは本物なのか説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

1月19日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


ファーウェイの孟CFOの引き渡し請求を正式にカナダ政府に通知報道・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、30円安の2795円で終わっている。夜間取引で2831円から2808円まで下値を試した東京白金は、買い戻しの動きを受けて2819円で寄り付くと午前中に夜間取引の安値2808円を下回っている。午後には、カナダで逮捕、拘束されているファーウェイの孟CFOについて、米国政府が正式に引き渡しを求めるとカナダ政府に通知した事をカナダ紙グローブ・アンド・メールが報道し、米中通商協議に対するリスクを嫌った逃避の動きが強まりだし、日本や中国などアジア株価が下落し、米国10年物国債金利が0.02%低下するなどリスク逃避の円高:ドル安の動きを見せている。そのため2800円を下回った東京白金は一時2784円まで下値を試して終わっている。

スポット市場では、アジア時間帯に793ドルで抵抗を見せていたが、午後には米中通商協議の不確実性が高まりを見せて788ドルまで下値を模索する動きを見せている。ただ円高:ドル安で東京時間帯に終盤は791ドルまで戻している。
特に東京白金は、米国の連休前までは2850円を維持していたが、連休明けの取引を前にして2800円を割り込み2784円まで下値を試す値動きを見せている。
東京白金は、すでに791ドルまで織り込まれ、今晩のNY白金が800ドルに向けた値動きを示す事が出来ると戻りを示す可能性は高い。
ただ中国が米国に歩み寄りを見せていただけに、ファーウェイの孟CFOの引き渡し要求通知は通商協議に不確実性を高める要因になっている。

今晩は、19:00にドイツZEW景況感指数、23日0:00には中古住宅販売件数の発表が予定されている。またEU財務相理事会、夏季世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が22日から25日まで開催される。

テクニカルでは、相対力指数が39.52%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dは上昇している。RCIは短期が-72%で切り上げ、中期は-5%で下がり、長期も-40%で下げている。移動平均線は10日移動平均線が2840円で切り下げ、40日移動平均線は2897円で下げている。
特に下値を模索しているが、大きく下値が存在するかは不透明であるが、オシレーターでは売り込むリスクも存在する動きに思える。

アジア時間帯の午後の下落は、カナダ紙グローブ・アンド・メールの報道で示されたファーウェイの孟CFOの引き渡し要求通知であり、カナダ政府が実行するかは疑問が残る。そのため休日明けのNY市場でダウ平均が何処まで戻りを見せるかに注目したい。
ただ北朝鮮との首脳会談も控え、米国政府が中国に対して今強硬に動くことが賢明なのかは疑問に思える。

特に米国財務省は、2016年の大統領選に絡みロシアのアルミ大手ルサールに対する制裁やオレグ・デリパスカ氏に対する制裁を発表したが、執行期限が延期されるなどロシアとの関係を重要視した経過もあり、目先の弱気要因も転換する可能性も秘めている。

トコムスクエアTV出演動画
10月29日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVで視聴できますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO311は、過去の値動きや見ても高値期待が出来る見直し相場の動きは本物なのか説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

1月19日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示