1. Top » 
  2. 商品先物

商品市場は狼狽売りの全面安、株・債券・為替市場は冷静な巻き戻し・・

   ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                      にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                      

本日のNY白金は、23.1ドル安の887.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で3円安(6月限)と予想する。
トランプ政権が3月22日に発表した中国輸入品の500憶ドルに対する25%の報復関税を7月6日から340憶ドルに対して発動するとライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が発表している。また残りの160億ドル相当についてはこれから見直すと示唆している。
中国も米国と関税の規模と発動のタイミングを合わせ、7月6日から、大豆や豚・鶏肉、海産物、スポーツ用多目的車(SUV)、電気自動車(EV)など340億ドル相当の米輸入品に関税を課すと即座に発表している。
またトランプ大統領は中国が実際に報復措置を取れば追加の関税を課すと表明しており、4月6日に発表した1000憶ドルの追加課税対象品目のリスクが高まりを見せている。

そのためNY市場では、ダウ平均が米中の貿易戦争が過熱感を増したことから、一時280ドル安まで下落する動きを見せたが、米中の関税発動まで3週間の時間的にゆとりが存在することから、買い戻しの動きを見せて84ドル安で終わっている。債券市場でもリスク逃避から長期債が買われ10年物国債金利は一時2.88%まで低下したが、終盤に売られだすと2.92%で推移している。
為替市場でも、発表されてから一時円相場でも対ドルで110.41円まで円高:ドル安が進んだが、終盤はドルが買い戻しされる動きを見せている。

貴金属は、リスク選考からリスク逃避の動きを強めて、ドル高を背景として金、白金価格は大幅安を演じている。特に白金価格は900ドルを割り込むとイタリア政治リスクでユーロが売られた事で試した安値877.7ドルに迫る885.8ドルまで下値を試す値動きを見せている。また出来高は、86000枚の取組高に対して40000枚の出来高を記録している。

南アフリカでは、国営電力会社エスコムと全国鉱山労働組合(NUM)との賃金交渉が決裂し、抗議活動が2日目となる中で一部の地区では計画的停電が実施されている。またエスコムは裁判所に対してストライキの中止要請を申請し、裁判所もストライキの中止命令を発行しているが、NUM側はストライキではないと述べるなど、抗議活動は継続する可能性が高い。

日足で見た週末のNY白金は、高値907.9ドルを試す値動きを見せていたが、貿易リスクが高まりを見せて逃避の動きが強くなったことから反落した陰線を引く動きを見せている。テクニカルでは、相対力指数が35.93%で下落し、ストキャスティクスも%Dが下がり、slow%Dも下げだしている。RCIは短期が-1%で下がり、中期は-29%で下がりながら、長期は+30%で維持した動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が902.8ドルで下げだし、40日移動平均線は906.6ドルで下げており、日足と移動平均線との乖離幅が拡大した状況である。

本日の東京市場は、NY時間帯の下落で3200円を下回ると一時3165円まで下値を試す値動きを見せている。特に切り返して高値を更新する値動きを強めた矢先に、切り上げて来た安値3173円を下回るなど、依然と下値が固まっていない動きを見せている。
ただ為替市場や債券市場、また株式市場など大きくリスク逃避の動きを示したが、巻き戻しの動きを終盤は見せており、週明け以降に4月同様に協議の楽観的な報道が示されると巻き戻しの動きを強めてくるのではないか。

そのため下値には注意が必要であるが、鉱山コストや過去の値動きを参考にしても長期間維持できる水準でないことは確かであり、慎重に対応するのが妥当に思える。
特に為替市場や株式市場、金利動向から見ても市場は大きなリスクには捉えていない雰囲気であり、週明けの巻き戻しの動きに注目したい。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO284は、18日のトコムスクエアTVに出演のため休止させて頂きます。なお出演番組視聴の配信は、トコムスクエアTV 公式ページ、トコムスクエアTV youtube、コモディティオンラインTVで視聴できます。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

6月9日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






基調は変化し、3300円へ向けた回帰相場の備える・・

   ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                      にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、26円高の3230円で終わっている。夜間取引でECB理事会を受けた東京白金は、一時3240円まで高値を試している。ただ急速な上昇に対する利益確定や日計り商いの動きに押されて3219円まで下げている。その動きを受けて3227円で寄り付くと3230円まで戻りを見せたが、ユーロ安にスポット市場の軟調から3216円まで下値を模索する値動きを見せている。午後からは日銀金融政策決定会合を受けて、円安が進みだし引け際には3230円を超えて3234円まで高値を試して終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に904ドルを維持しながら905ドルを試す動きを見せたが、為替市場の円安:ドル高を背景とした動きに902ドルまで下値を試している。特にECB理事会以降のユーロは大幅な下落を見せているが、スポット市場の白金価格はユーロ安を無視しする動きを続けており、ユーロの買い戻しが始まる動きを見せだすと、一段高が起こる可能性が高い。

特に東京白金は、3200円で抵抗を示して直近の高値3232円を超え3240円まで上昇を示しており、価格水準は切り上げた動きを示すなど箍が外れた値動きに思える。そのため安易な売りは避けるべきであり、近い将来に3300円を回復する値動きを見せてくるのではないか。
2015年1月に開始した債券買取プログラムを受けて、ユーロ安から大幅に売り込まれた白金価格は、ECBの債券買取プログラムの終了を示す発表を行ったことから、回帰相場に変化した状況と判断する。

今晩は、17:00にはノボトニー・オーストリア中銀総裁の講演、17:45がクーレECB理事の講演、18:00にユーロ圏貿易収支、ユーロ圏消費者物価指数・確報値、21:30にはNY連銀製造業景気指数、22:15が鉱工業生産指数、設備稼働率、23:00はミシガン大学消費者信頼感指数・速報値、16日2:30にカプラン・ダラス連銀総裁の講演が予定されている。
また米国政府は、中国に対する追加関税のリストを発表予定であるが、関税発動の時期は近い将来と示すなど時期には言及していない。

テクニカルでは、相対力指数が58.56%で上昇し、相対力指数の4月の高値を結ぶ下降ラインを相対力指数が上回っている。ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、slow%Dは横ばいした動きを見せている。RCIは短期が+53%で切り上げ、中期は+38%で上昇し、長期も+28%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が3204円で切り上げながら、40日移動平均線は3212円で下げ渋る動いを見せており、昨年12月以来の10日移動平均線が40日移動平均線を超えるゴールデンクロスが発生する可能性が高い。

特に長期に渡り価格が低迷した状態を続け、テクニカルにおいて10日移動平均線が40日移動平均線を下回った時間を費やして来たが、ここで40日移動平均線を10日移動平均線が上回る動きは、下げ止まりを確認した表れであり、基調は変化したと判断するのが妥当と思える。
そのため買いの域に入ることで、3256円、3273円、3306円の戻り高値を試しながら3345円へ向けた上昇を演じて来ると予想される。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO284は、18日のトコムスクエアTVに出演のため休止させて頂きます。なお出演番組視聴の配信は、トコムスクエアTV 公式ページ、トコムスクエアTV youtube、コモディティオンラインTVで視聴できます。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

6月9日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






東京白金の3200円以下の時代は終わった可能性・・

   ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                      にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、24円高の3228円で推移している。夜間取引で一時3240円まで高値を試した東京白金は、日計り商いの利益確定やポジション調整の動きに押され、3226円で寄り付くと3230円まで戻りを見せたが、ユーロの下落を受けて早めの利食いに押されだし3216円まで下値を試している。ただ基調は強いに転じた状況であり、3200円を下回る可能性は低く、買い戻しの動きを強めている。

スポット市場では、欧州時間帯に903ドル程度からECBを受けて912ドルまで上昇したが、アジア時間帯には904ドルで推移している。特に東京白金は、直近の高値3232円を超えて、3240円まで高値を試した値動きは、4月から形成してきたペナントレンジの上値抵抗ラインを上回っており、相場格言の「離れにつけ」と受け止める事もできる。

しかし2016年以降の低迷期間は、取引参加者の相場の見方が戻りを売りを強調する対応が多く経験しており、値動きに疑心的な見方が先行する状態を作っている。そのため本格的な買いへ触手が動き出すのは、3300円を回復してから飛び付いてくる可能性が予想される。

       image003_20180615105311583.png  image004_20180615105313e8e.png  image002_20180615105314ce4.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が57.77%で上昇し、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+53%で上昇し、中期も+38%で上昇、長期も+28%で上昇を示している。移動平均線は10日移動平均線が3204円で切り上げながら、40日移動平均線も3212円で維持した状態であり、次に来る10日移動平均線が40日移動平均線を超えるサインは昨年12月以来の買いサインの発生となる。

午後からは、3220円以上を維持しながら週末に備える値動きを示してくると予想され、個人的には3200円を下回ることが難しい相場になったと判断する。特に記載してきた様に3200円以下は最終的に買い場となった事が示され、次に来るのは3450円へ向けた値動きであり、今からでも遅くない価格水準と判断する。
また2019年夏場まで政策金利は維持されるが、ECBは明らかに市場に緩和策からのテーパリングを開始した発表であり、2015年1月からの国債買取策に伴うユーロ売りに合わせた過度の白金売りのキャリートレードは、巻き戻しの動きを始めてくる要因に結び付くと判断する。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO284は、18日のトコムスクエアTVに出演のため休止させて頂きます。なお出演番組視聴の配信は、トコムスクエアTV 公式ページ、トコムスクエアTV youtube、コモディティオンラインTVで視聴できます。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

6月9日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






国営電力会社エスコムでNUMの抗議活動で一部の電力発電停止・・

   ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                      にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                      

本日のNY白金は、8.4ドル高の910.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で25円高(6月限)と予想する。
注目されたECB理事会では、現在行っている月間300憶ユーロの債券買取プログラムは、10月から12月に150憶ユーロまで減額し、12月末に終了することを全会一致で決定している。また政策金利は2019年夏まで維持する旨も確認している。
そのため市場は、期待感が高く時期的な見方が後退した事から、ドイツ10年物国債金利は低下し、ユーロは発表後に前日のFOMCの時間帯の水準まで一挙に反落する動きを見せている。
ただ欧州市場の株式は、利上げが2019年夏まで後退した事を受けて全面高となっている。

また15日に米国政府は中国に対する関税リストの発表を控え、ポンペオ米国務長官が就任後初めて訪中しており、習近平国家主席と会談した。新華社通信は、習主席が貿易問題で慎重な対応を米国に求めたと伝えており、関税発表で中国は対米で報復関税を示す可能性が高くなる。

そのためNY市場は、欧州株式市場の動きに反して貿易リスクの動きを受けて、軟調な動きで25ドル安で終わっている。債券市場はECB理事会や米中関税リスクの再熱から長期債が買われ10年物国債金利は低下し2.94%で推移している。為替市場は、ECB理事会の発表後にユーロが大きく売られたことでユーロの独歩安を演じている。

貴金属は、金価格や白金価格は緩和策継続の動きを好感しリスク商品が買われたことから堅調な値動きを示している。
白金価格は、ECB理事会の発表後にユーロが大きく売られた事から一時899.2ドルまで下値を試したが、その後買い戻しから914ドルまで高値を試している。

南アフリカでは、4月の鉱業生産が前年比で4.3%減少し、特に白金生産が6.5%減少している。また国営電力会社エスコムでは、NUMとの賃金交渉の決裂で、NUMは火力発電所で石炭運搬などを妨害し、一部の火力発電所は電力生産を停止している。特にエスコムの従業員47000人のうち20000人がNUMとNUMSAの組合委員で構成されている。

日足で見たNY白金は、ペナントレンジからの離脱を確認し直近の高値更新を示している。テクニカルは相対力指数が56.82%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが上昇し、slow%Dは横ばいした動きを示している。RCIは短期が+30%で上昇し、中期は±0%まで上昇し、長期も+29%で上昇を示している。移動平均線は10日移動平均線が904.6ドルで切り上げだし、40日移動平均線は907.7ドルで下げ渋る動きを見せている。特に日足が2月末以来の40日移動平均線を終値ベースで超える動きを示している。

本日の東京市場は、夜間取引でECB理事会の発表を受けて3240円まで高値を試したが、ユーロの下落を受けた利益確定で押されている。ただ直近の高値3232円を超える動きを示し、ペナントレンジからの離脱を確認した値動きを示している。
そのため3200円を下回る可能性は低下しており、弱気は禁物と判断する。
特に今晩は、トランプ大統領が中国に対する制裁関税リスクとを公表するため、米中貿易摩擦を理由に売り込む動きが示すようであれば買い場を提供してくれたと判断するのが妥当と思える。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO283は、セミナー開催によりセミナーの資料をアップします。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

6月9日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ECB理事会、現行の資産購入プログラム12月で終了・・

   ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                      にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

ECB理事会で政策金利据え置きを発表、現在の資産購入を12月末で終了。
10月から12月までは月間購入額を150億ユーロに減額。政策金利は少なくとも2019年夏まで据え置きと発表している。また保有債券の償還元本の再投資は資産購入終了後もかなりの期間継続するとのこと。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO283は、セミナー開催によりセミナーの資料をアップします。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

6月9日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示