FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 商品先物 » 
  3. 下値不安が残るが、大勢で考えると新甫6月限で3700円以下は買いか?

下値不安が残るが、大勢で考えると新甫6月限で3700円以下は買いか?

本日の東京白金は、円高の円で終わっている。1300億ユーロ規模のユーロ圏成長計画の策定に向け協力することで合意した事やスペイン政府がEUに対して銀行支援を要請する観測からリスク緩和の動きに買い戻して始まった。そのため一時3755円まで戻りを見せたが、円高と株価の下落など徐々に上値が抑えられだすと午前中の安値3740円を下回り引け際には3730円まで売られている。市場は徐々に28日から始まるEU首脳会議に向け動き出した状態であり、方向感が定まっていない動きも理解できるのではないか。

特に週末のユーロ圏のGDP1%に匹敵する1300億ユーロの成長戦略を打ち出した事など悪い要因でもなく、13兆円規模の緩和の動きに投資などに資金が流れやすく、株価や商品価格は上昇要因となるため強気スタンスは維持した方が無難と思える。また今晩発表されるドイツGFK消費者信頼感指数の発表が延期され、23:00に米国新築住宅販売件数が発表される。国債入札では、18:30にドイツ12ヵ月証券入札、22:00にはフランス短期証券入札が予定されている。

そのため28日からのEU首脳会議、30日の期限であるギリシャの財政削減の工程表n提出など今月で目先の峠を越え、リスク緩和の動きに動い出すのではないか。特に数日の値動きは、大きく売り込めない状態で下値を固める動きを見せ出しており、3700円を下回る動きには新規買いの対応が無難と思える。

テクニカルでは、相対力指数が48.01%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dも下げている事から依然と買えない状態。RCIは、短期はー53%で下がり、中期は+63%で下がり、長期は+69%で上昇しており、方向性が見えていないため短期の反転を待って買いt考えたい。移動平均線は、10日移動平均線が3768円で横ばいし、40日移動平均線は3772円で下げ続けていることから戻りが抑えられれば再度3700円を割り込む可能性があり、注意して対応するのが無難と思える。

個人的には、ストキャスティクスが反転を行うまで我慢の時間帯と思える。ただRCIにおける短期が反転するためにも価格が3755円を上回る事が必要であり、今しばらく下値に対して注意して対応するのが無難と判断する。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の底値確認   白金価格の底値確認  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

スポンサーサイト



Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://purateni.blog86.fc2.com/tb.php/3221-a1a9acf4 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示