FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 2018年09月

関税要因が世界を一巡し、戻り高値を抑える値動きを示すか・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

11:30の東京白金は、43円高の2925円で推移している。米中の関税発動を24日に控える中で、発動時期の不確実性が消え、巻き戻しの動きを見せた東京白金は、夜間取引で2837円まで戻りを示している。
そのため本日の東京白金は、夜間取引の投げれを受けて2925円で寄り付くと2927円まで戻りを見せている。ただ連休前の安値から93円高を演じており、行き過ぎた動きに対する利益確定の動きを示し、2914円まで下値を試した値動きを見せた後は巻き戻しから2826円まで戻している。

スポット市場は、欧州時間帯に800ドルを回復するとNY時間帯には816ドルまで戻りを見せており、関税要因が一巡した動きを示している。そのためアジア時間帯には810ドルを維持しながら813ドルまで戻りを見せる動きを示している。
特に東京白金は、関税発動から下落する可能性が高いと見た向きが強く、サプライズ的な値動きを示している雰囲気である。そのため夜間取引では半信半疑の中で、売りポジションの解消が進んだ状況でないか。

ただ中国の関税発動示唆からトランプ大統領は農産物に絞った関税発動を実施た場合は、更に第4弾の関税発動を実施する事を述べており、24日以降のFOMCと合わせて注意しなければいけない要因である。

特に6月の下落時は、FOMC、日銀、ECB理事会と金融政策要因が出尽くしたドル高環境下で、関税発動示唆が下落に拍車を掛けた値動きであったが、今回はECB理事会、日銀、関税発動、FOMCとイベントが並んでおり、FOMC以降の値動きが下値を追う動きになるのか見極めが必要に思える。

        image003_20180919110016080.png  image003_20180919110018abb.png  image002_201809191100191ee.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が67.51%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dを下回る動きを見せている。RCIは短期が+93%で上昇、中期は+24%で切り上げながら、長期も+48%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が2834円で切り上げながら、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せている。

午後からは、要因が一巡した事から、伸びを欠く値動きを示す様であれば、夜間取引で再度2900円を割り込む動きを見せてもおかしくない事から、再度高値2837円を試す可能性は低いと思える。
ただ関税発動時は、秋分の日の振り替え休日で3連休となる事から週末まで高値を追う値動きを示す可能性は残っており、注意が必要に思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





スポンサーサイト

24日まで関税発動時期の不確実性が消えた巻き戻しの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

                   

本日のNY白金は、14ドル高の814.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で7円高(10月限)と予想する。
前日に米国は中国に対して2000憶ドルの関税引き上げを24日に発動する発表を行い、中国も600憶ドルの関税発動を24日に実施する報復を発表している。しかし市場は当初示された関税発動であり、織り込み済みの値動きを示している。特に関税発動時期が不透明であったリスクが、発動時期を明快にした事から巻き戻しの動きを示している。

欧州では、英国のEU離脱交渉やイタリアの閣僚同士の対立が報道されユーロは軟調な動き示しており、新興国通貨のトルコ・リラや南アフリカ・ランドも金利高に伴いドル高を受けて軟調な動きを見せている。

NY市場は、米中の関税発動を受けても市場は知ったら仕舞の動きを示し株価はダウ平均が184ドル高で終わっている。債券市場は、関税発動から次に来る利上げに市場関心は移行し、長期債が売られ10年物国債金利は上昇し3.05%で推移している。
貴金属は、金利高のドル高を受けて金価格は1200ドルを割り込む動きを見せている。白金価格は米中の関税発動を受けても市場のリスク逃避が低下し、ガソリン自動車に対する懸念が軽減した事からパラジウムが大幅高で1000ドルを超えており、白金価格も819ドルまで買われている。

南アフリカでは、国営電力会社エスコムで10発電所で燃料石炭の在庫が20日分しかない事を認めており、燃料不足に喘ぐエスコムの内情を示している。また金鉱山では、AMCUや連合などの3組合は賃金交渉で合意したが、最大の組合であるNUMは依然と平行線のままである。

日足で見たNY白金は、トルコリラの下落で示した安値755.7ドル以降の高値を更新している。テクニカルは相対力指数が65.18%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが切り返し、slow%Dは横ばいした動きを示している。RCIは短期が+80%で維持しながら、中期は+29%で切り上げながら、長期は+38%で上昇が止まっている。移動平均線は10日移動平均線が795.3ドルで切り上げながら、40日移動平均線は804.9ドルで下げ渋る動きを見せている。
特に日足が10日移動平均線や40日移動平均線を上回る動き見せており、買われ過ぎの域に入る可能性が出ている。

本日の東京市場は、米中の関税発動が24日と発表され、発動時期の不確実性が消えた安心感から巻き戻しの動きで2937円まで高値を試している。特に新甫発会の2829円を超えた後は4日間連続で高値を更新しており、買い戻しの動きを強めた値動きを示している。
しかしユーロや新興国通貨など24日の関税発動後に26日のFOMCで利上げ観測が高まるだけに、買われる要因不足から軟調な動きを示す可能性が高く、従来FOMCまで下げて買い戻しが出易い貴金属は、逆パターンに注意した方が良いのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



関税発表後にユーロ買いで疑心的な心理の中で買い戻しの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

本日の東京白金は、12円安の2882円で終わっている。トランプ大統領は、中国に対して24日に2000憶ドルの輸入品に関税10%の引き上げを実施すると発表している。そのため連休明けの東京白金は、リスク逃避から2848円で寄り付くと2844円まで売り込まれた。ただ欧州通貨ユーロや日経平均が買い戻しの動きを見せ、中国市場でも上海総合株価指数も予想外に堅調な動きを示し、午前中には2871円まで戻りを続けている。また香港のサウスチャイナモーニングは中国高官からの情報として、実施が予定されていた米中の閣僚級通商協議が取りやめられる公算を報じるなど、米中の関税問題は混迷を深める内容に思える。
しかし午後もユーロや日経平均が買われ続けており、引け際にはスポット市場でも800ドルを回復し、東京白金は2883円まで戻りを見せて終わっている。

記載した様にスポット市場では、アジア時間帯に関税発動の報道を受けて793ドルまで下げた後は、買い戻しを続けながら801ドルまで戻りを見せている。
特に340憶ドルの関税発動時は金融政策も重なり、ユーロ安:円高・ドル高の動きを示した為替市場は、一転してユーロが対ドルで買われ、円は対ドルで売られる動きを示しており、市場の反応は織り込み済みとの見方も出ている。

しかし中国の対米輸出額の50%を超える商品に関税を引き上げる要因が、市場の反応から見た織り込まれ済の解釈は疑心的な見方が強い。また新興国通貨であるトルコ・リラや南アフリカ・ランドは大きく買われる動きを見せていない事など、依然とリスクは存在する状況でないか。そのため今晩の欧州時間帯からNY時間帯における値動きを見極める事が重要でないか。

今晩は、16:00にドラギECB総裁の講演が予定され、19日5:00には対米証券投資お発表が予定されている。また中国・天津で20日まで夏季ダボス会議の開催と国連総会が開催される予定である。

テクニカルでは相対力指数が60.96%で下がりながら、ストキャスティクスも%Dの伸びが低下し、slow%Dとの乖離幅が縮小した状態である。RCIは短期が+88%で上昇し、中期も+17%で切り上げ、長期は+38%で上昇している。移動平均線では10日移動平均線が2824円で上昇し、40日移動平均線も2874円で下げ渋る動きを見せながら、日足が終値ベースで40日移動平均線を超えて終わっている。

トランプ大統領が発表した2000憶ドルに対する関税引き上げ率が今年は10%、来年は25%に引き上げられる。そのため市場は関税率の低下が買い戻しを行う要因であったのかは疑問である。特に関税発表で過去の値動きと真逆な相場を示しており、逆のサプライズが起こっている。
しかし関税発動後には、FOMCにおける金利引き上げも予想され、このまま終わる相場には思えないのが正直な話でないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


市場は思惑相場が強まり動意薄の値動きを示しているが、材料は24日以降に備える・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

11:00の東京白金は、40円安の2854円で推移している。週明けの東京白金は、昨晩トランプ大統領が記者団に対してNY株式市場が終了したら中国に対する関税について発表があると述べ、市場が頑なに関税発動を意識した動きを見せていたが、東京時間帯が開始する2時間前に、24日に中国に対する2000憶ドルの関税発動を発表する述べた。しかし関税率が今年10%、来年に25%となる事を示しており、市場はリスクが低下した雰囲気の動きを見せている。

そのため本日の東京白金は、週末の夜間取引で試した安値2857円を下回る2848円で寄り付くと2844円まで売り込まれたが、徐々に買い戻しの動きを見せだすと、中国市場で人民元の落ち着きや上海総合株価指数が反落を見せない値動きに再度買い戻しの動きを見せて2857円まで戻りを見せている。
特に年内10%の関税率であり、25%の関税引き上げを織り込んでいただけに肩透かしの反応を見せている状況である。

スポット市場も、昨日の欧州時間帯は790ドルを維持しながら、NY時間帯には一時806ドルまで戻りを見せるなど、買い戻しの動きを示していたが、関税発動に備えだすとアジア時間帯に793ドルまで下値を試す動きを見せている。
特に東京白金は、週末までの安値を塗り替えて、2844円まで下値を試しているが、発動まで時間がある事や関税率を引き下げた経過から多少買い戻しの値動きが勝っている状況である。

ただ来週は、関税発動以外でもFOMCが控えており、利上げ確率は非常に高く、新興国通貨は関税問題と合わせて利上げに対して備える動きが予想され、ブラジルや南アフリカの利上げ観測が高まりを見せて来るのではないか。
そのため世界の利上げに対する雰囲気が、金価格の戻りを抑えてくるため、今しばらく戻りは売られ易い環境と判断する。

        image003_2018091810361005d.png  image003_20180918103611176.png  image002_20180918103613add.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が54.18%で下がり、ストキャスティクスも%Dが下がり、slow%Dを下回る動きを示している。RCIは短期が+85%で上昇し。中期も+17%で切り上げ、長期は+39%で上昇を見せている。移動平均線は10日移動平均線が2821円で切り上げながら、40日移動平均線は2874円で下げている。

午後からは、買い戻しの動きを見せても夜間取引に入ると欧州、NY市場が24日の関税発動要因を織り込む値動きを示してくるため、買い戻しの動きも限定的となり、依然と戻り売り的な印象が残る値動きを示してくる可能性が高いと思える。
個人的には、関税発動が避けられなければ、中国の経済情勢は悪化する可能性が高くなることから、新興国経済や豪州、欧州は波紋を受ける状況だけに一時的な買い戻しが起こっても下落の値動きに警戒した方が良いと判断する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






中国に対する2000憶の関税引き上げ24日に発表・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ       
                   image002_201809180812404cb.png

本日のNY白金は、2.3ドル高の800.9ドルで終わっている。そのため2日間でNY白金は、2.4ドル安となり、週末の夜間取引から比べ週明けの寄り付き換算は4円安(10月限)と予想する。
週末から米中の貿易戦争の様相が強まりだし、先ほどトランプ大統領は中国に対する第3弾の2000憶ドルの関税引き上げをロイターは24日に発動を発表すると報じている。ただ関税引き下げ率は、当初の25%から年内は10%に引き下げられる可能性が高い。
しかし中国は米国が要請した再協議の提案を拒否する動きを見せており、発動の24日まで米中の水面下における協議が進展するか注目される。

またトルコ情勢では、エルドアン大統領は総資産でトルコ最大手銀行トルコ勧銀銀行について最大野党の保有株式を政府に移管すべきと主張し、トルコ・リラは3%近く反落しており、新興国通貨の底打ちは依然と見えていない状況である。

そのため休場明けた東京市場は、落ち着きを見せたNY市場と違いリスク逃避の動きを強めた値動きになると予想され、オーストラリア・ウエリントン市場では、すでに円高:ドル安の様相を示しだしている。
貴金属市場も朝から売りが先行する動きとなるのは避けられない状況である事から週末に付けた安値2856円を下回る可能性が高い。

ただ当初はトランプ大統領は、NY株式市場の立ち合い終了後に、第3弾の関税発動を発表すると記者団に発言しており、4時間のタイムラグで24日に発動時期が延期されており、米国も中国との対話を望む姿勢が伺える。そのため24日の発動までサプライズが起こるか注意した方が良い。

特に日米の貿易協議が21日から開始される事を考慮すると24日までにカナダや日本といった同盟国との通商協議を終える可能性もあり、今週末から3連休中に注目する動きになると予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



ひとり言・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

米国時間15日WSJ電子版は、トランプ大統領が数日中に中国からの年間2000億ドル分の輸入品に対する第3弾の制裁関税の発動を数日中に表明する方針だと報じた。ただ追加の関税については、当初予定していた25%から10%に引き下げる見通しだとしている。
米中は貿易関税をめぐり、激しい応酬を続けている両国は閣僚級の協議の開催についても調整していますが、トランプ大統領は協議を開催を前に中国に対して圧力を掛ける狙いがあると報じている。

特にトランプ大統領は、対中関税について協議するため前日14日に、ムニューシン長官やロス米商務長官、ライトハイザー米通商代表部代表ら貿易関連閣僚と対中国に対して協議しており、26日FOMCを前に中国に対して2000億ドルの輸入関税発動が行う可能性が高くなっている。

また来週はブラジル中銀、南アフリカ中銀の金融政策決定会合が予定されており、先週にトルコ中銀が6.25%引き上げを実施し、24%まで政策金利を引き上げるなど、新興国は自国通貨の下落を抑える動きを優先しており、ブラジル経済や南アフリカの景気減速に伴うインフレ懸念拡大から金利引き上げが予想されいる。
そのため中国に対する関税発動が実施されれば、新興国通貨は下落を示しリスク商品やユーロは大きく反落する可能性が高くなるのではないか。

過去の動きで6月にFOMC、ECB理事会を経て500憶ドルの関税発動に言及し、3000円を下回った事から2844円まで下値を試している。また8月には新興国通貨トルコ・リラの大幅下落を機に2680円まで下落するなど、関税発動や新興国通貨の下落は東京白金を押し下げる要因である。
そのため中国に対する関税発動やFOMCにおけるFFレート引き上げ実施で更なる下値を試せば、当面大きく売り込む要因が一巡した反動を見せてくれる可能性が出てくるのではないか。

特に週報や勉強会でも指摘したように2018年1月26日以降の下落基調が、終わりを示す逆行現象を示す可能性が高まりを見せてくる。そのため要因や日柄、オシレーターなどから基調転換を示す動きに結び付く状況と判断する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



ブレィクタイム・・(2680円以下は買いの域・・)

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

トランプ大統領は、中国からの輸入品2000憶ドルに対する関税25%の発動を控え、企業からの聞き取り調査が終了し、7日には更なる2670憶ドルの関税の用意がある事を発表している。そのため米中の貿易戦争は本格的な懸念要因となり、景気減速に結び付く憶測で景気商品である白金価格は軟調な動きを見せている。

先週にはWPICが第2四半期のPGMの需給報告を発表し、総供給が212万オンス(65.7トン)、総需要が178万オンス(55トン)となり、第2四半期は34万オンス(10.7トン)の供給過剰となっている。そのため第1四半期が17.5トン(5.4トン)の供給過剰であり2期連続の供給過剰を示し、また年末の地上在庫は24.95万オンス(77.3トン)になると発表するなど、需給予想でも価格を押し下げる要因となっている。
ただ市場は、WPIC以外のJM社やトムソン・ロイターGFMSなども供給過剰を5月に時点で予想しており、白金市場は発表後も織り込まれた値動きを示している。

特に米中貿易戦争の懸念リスクは存在しており、依然とNY白金で800ドルを超えると売られる傾向を示しており、戻りは抑えられた状況である。
しかしWPICの発表や中国に対する更なる2670憶ドルの関税の用意が示されたが、NY白金で770ドル、東京白金も2760円以下では下値抵抗を示す動きを行うなど、南アフリカのプラチナ鉱山における直接コストである825ドル以下は、外的な要因があるとしても長期に渡り維持できるとは思えない反応である。

そのためトランプ大統領が示す中国に対する関税発動の動きがあれば、再度2680円の安値を試す可能性は秘めているが、6月や8月の試した下落と同様に下落後の反発が大きくなり、2680円以下は買い場になる可能性が高いと予想される。
また週足では、今年1月の高値3618円から8月の安値2680円まで938円の下落幅を示しており、最近になく大幅な下落基調を見せてきた。しかし週足のテクニカルでは、基調が転換する予兆である逆行現象を今後安値更新で示す可能性が高く、売られ過ぎた域に入る状況でないか。

そのため関税発動で2680円を下回る値動きが発生した場合は、下値からの戻りを確認し、新規買いのチャンスが膨らむと予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







関税リスクの再熱で新興国通貨やユーロに豪ドルなどドル高を背景とした調整安・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、4.7ドル安の798.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ週明けの寄り付き換算は5円安(10月限)と予想する。
エルドアン・トルコ大統領は、中央銀行の金融政策で6.25%の金利引き上げを実施し、24%に引き上げた事に対して「忍耐の限界」との発言を行うなど、中央銀行の独立性に対する懸念が高まり、トルコリラは一転して売られる動きを見せている。
特にトランプ大統領は、対中関税について協議するため、ムニューシン長官やロス米商務長官、ライトハイザー米通商代表部代表ら貿易関連閣僚と協議しており、関係者はトランプ大統領が中国に対する2000億ドルの関税手続きを進めるよう側近らに指示したと報道されている。

そのため欧州時間帯からドルはユーロやリラ、ランドに豪ドルなどに買われる動きを見せ、ドル高の動きを示している。そのためNY市場では、ダウ平均が関税リスクを嫌気して売られだすと前日比で8ドル高で終わっている。債券市場は、経済指標の上昇やエバンス・シカゴ連銀の「経済は力強く成長しており年内の米利上げが4回だとしても意外でない」と述べた事などを受けて長期債が売られ、10年物国債金利は一時3%まで上昇する動きを見せて2.99%で推移している。
貴金属は、ドル高を背景とした動きに金価格や白金価格は軟調な動きを示している。白金価格は一時812.4ドルまで高値を試したが、関税リスクやランド安を背景とした売りで800ドルを割り込んで終わっている。

日足で見たNY白金は、前日の高値を更新する事無く、800ドルを割り込む動きを見せて終わっている。テクニカルは、相対力指数が53.89%で下がりながら、スtキャスティクス%Dが横ばいし、slow%Dが上昇するなど乖離幅が縮小しクロスが直前まで迫っている。RCIは短期が+80%で上昇し、中期は+20%で上昇し、長期も+18%で上昇する動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が790.4ドルで切り上げながら、40日移動平均線は806.2ドルで下げ渋りを見せている。
特に日足が10日移動平均線を超えて、40日移動平均線で抵抗を見せており、10日移動平均線までの下値を試す値動きを示してもおかしくない。

本日の東京市場は、3連休前でもあり、夜間取引では2907円まで高値を試した後は、リスクオフの動きや利益確定に押され2856円まで下値を試している。特に2000億ドルの関税発動懸念が高まりを示し、新興国通貨や豪ドルにユーロの下落が悪夢の再来を感じさせており、週明けのNY白金が更なる下値を試す値動きを示すと連休明けの東京白金は、テクニカルで示す2823円までの下値を試す可能性が高くなる。

しかし2680円を試した後は、2740円で下げ止まり、直近の戻り高値2887円を超えるなど、右肩上がりのトレンドを維持しており、2800円を維持する調整安であれば問題は起こらない。ただ関税発動を機に2790円を下回る様であれば、再度2740円、2680円を目論む下落基調が予想される。
そのため週明けのNY白金の値動きに注目したい。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







悲観の中で2680円を付けて、疑心の中で2898円まで戻している相場・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、31円高の2894円で終わっている。夜間取引で欧州や新興国通貨の巻き戻しや米CPIの軟調などを受けたドル安を受けて、堅調なNY白金を受けて2898円まで高値を試した東京白金は、2879円で寄り付くと徐々に価格水準を切り上げながら引け際には、夜間取引で付けた高値2898円まで買われて終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯には800ドルを維持しながら東京時間帯が終わる頃には807ドルまで上昇して推移している。
東京白金は、6月にはFOMCやECB理事会を受けたドル高を背景とした地合いにトランプ大統領の関税問題が重なり、大きく反落したが、今回はトルコ中銀やECB理事会を受けた金融要因からドル安を背景とした巻き戻しが強まった状況である。
特に週足では2018年1月26日の高値3618円からの下落基調が転換を示すサインが示され、8月の安値2680円が今年の安値となる可能性が高くなっている。

今晩は、17:00にノボトニー・オーストリア中銀総裁の講演、18:00にはユーロ圏貿易収支、19:00はカーニー英中銀総裁の講演、21:30に輸入物価指数、小売売上高、22:00がエバンス・シカゴ連銀総裁の講演、22:15は鉱工業生産、設備稼働率、23:00から企業在庫、ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の講演が予定されている。

テクニカルでは、相対力指数が64.42%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇している。RCIは短期が+73%で上昇し、中期は+12%で上昇し、長期も+20%で上昇した状態である。移動平均線は10日移動平均線が2816円で切り上げだし、40日移動平均線も下げ止まりを見せている。
ただ日足と10日移動平均線の乖離幅が拡大した状況であり、乖離幅の縮小が見られてもおかしくない。

2680円から下値を切り上げながら、政治リスクや金融要因を受けて見直し相場が続いており、米中の関税要因がなければ自律反発を続ける状況である。
ただ米中の関税問題は、簡単に終わる可能性は低く、根底の残る要因だけに週末の変化には注意が必要に思える。
しかし東京白金やNY白金の中期的な週足の動きは、今週の週報で記載するが基調転換を示すサインが発生しており、2800円を割り込む可能性は低くなりだしている。
そのため今後2840円以下の調整を示す値動きでは、長期スタンスを取ることが重要になると思われる。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







オシレーターでは2018年の弱気相場が転換する可能性・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:20の東京白金は、30円高の2893円で推移している。夜間取引では欧州時間帯にトルコ金融政策、ECB理事会の金融要因でドル安を背景とした巻き戻しから2898円まで高値を試した東京白金は、NY時間帯のボスティック・アトランタ連銀総裁やトランプ大統領の言動で、ドルの巻き戻しから2862円まで下値を試している。
そのため売られ過ぎた夜間取引から買い戻しされ2879円で寄り付くと2890円まで戻りを見せ、一時2881円まで下値を模索したが買い戻しの動きから2891円まで買われている。

スポット市場は、欧州時間帯に800ドルを維持しながらNY時間帯に入ると813ドルまで戻りを示した。しかし為替市場の一転した動きに798ドルまで売り込まれる動きを見せた。アジア時間帯はリスク緩和を意識した動きに800ドルを維持しながら804ドルまで戻している。
特に東京白金は、NY白金高に為替市場の円安が重なり、再度買い戻す動きを見せているが、5日間で140円の上昇幅を示しており、3連休を挟み調整安の動きに注意が必要である。
特にトルコ・リラやユーロは、金融政策の変更や総裁発言を受けた巻き戻しであり、次の要因は26日開催のFOMCの利上げに移行する事が明白であり、ドル高基調へ移行する時間帯が迫ってくる。

        image003_20180914104721fae.png  image002_20180914104723b68.png  image002_201809141047240f6.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が63.66%で上昇し、一直線の上昇から突発的に調整安を示す可能性が高い。ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが上昇しているが、過去の高値水準まで届いている。RCIは短期が+73%で上昇し、中期も+12%で上昇し、長期は+21%で上昇を見せている。移動平均線は10日移動平均線が2815円で下げ止まり、40日移動平均線は2876円で下げており、日足と10日移動平均線の乖離幅が拡大し、目先縮小の値動きが予想される。

午後からは、午前中の高値2891円を超える事無く、2881円を試す動きを示してくる可能性は高い。特に本日は夜間取引の2866円から2879円まで窓を開けて寄り付いており、2879円を下回った場合は、2866円まで下げてくる可能性もある。
また東京市場が3連休を米国の市場参加者は知っており、夜間の時間帯には利益確定がNY市場で起こってもおかしくない。そのため目先の調整安には注意して対応するのが妥当と思える。

ただセミナーや週報で指摘している週足の相対力指数が基調転換を示す可能性が高まっており、2018年の弱気相場が終わる可能性が高い。そのため調整安で2800円を下回る可能性は低くなる。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






欧州時間帯はリスク緩和、NY時間帯はリスク逃避、東京時間帯は模様眺め・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、3.4ドル高の803.3ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で8円高(10月限)と予想する。
トルコ中央銀行は、政策金利を事前予想の3.25%引き上げに比べ倍の6.25%引き上げを実施している。エルドアン大統領は発表前に「高い金利は下げなければいけない」と発言しており、市場は意表を突かれた状況である。そのためトルコリラは反発を強める結果となっている。
ECB理事会では、2019年夏終わりまで政策金利は据え置きを、今年12月でQE政策を終了する事を確認している。またドラギECB総裁は記者会見で「ユーロ圏経済は世界的リスクに対応できる十分な強さがある」と述べ、ユーロは対ドルで買い戻しの動きを見せている。そのため欧州時間帯には、新興国通貨やユーロの買い戻しからリスク低下の様相を強めた状況である。

NY時間帯に入ると消費者物価指数の発表で前月から鈍化した事から、ドルは売られる動きを増している。ただWSJの中間選挙を前に、貿易摩擦を解消して米輸出業者への打撃となる中国の報復措置をやめさせるよう政治的な圧力を受けていると報じた事に対してトランプ大統領がツイッターで「ウォールストリート・ジャーナルは間違っている。われわれには中国とのディールを成立させなくてはならないプレッシャーはない。ディール成立へのプレッシャーを受けているのは中国だ」と反論した。
またアトランタ連銀のボスティック総裁は、米労働市場はほぼ完全雇用の状態にあり、インフレは米金融当局の目標に近いとして、「向こう数四半期」にわたる漸進的な利上げが望ましいとの見解を示すなど、ドルが買い戻しの動きを見せている。

そのためNY時間帯は、世界的な政治リスクやインフレ率が低下し、ダウ平均は147ドル高で終わっている。債券市場は、強弱入り乱れて動きが止まり、前日比で10年物国債金利は動意薄の2.97%で推移している。
為替市場は、欧州時間帯にはドルが売られる動きを示していたが、NY時間帯に入ると関税問題や金利上昇の思惑が強まり、買い戻しの動きを見せている。
貴金属は、リスク緩和で金価格は買われ、白金価格も欧州時間帯にはトルコリラやユーロ、南アフリカ・ランドなどの通貨が対ドルで買われており、一時813.7ドルまで上昇している。しかしドル高や関税リスクの再熱を受けて再度800ドル近くまで売り込まれている。

日足で見たNY白金は、高値から長い上ヒゲを引き、利益確定に押された動きを見せている。テクニカルは相対力指数が58.26%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇を維持している。RCIは短期が+73%で上昇し、中期も+1%、長期は+3%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が789.2ドルで下げ止まり、40日移動平均線は806.9ドルで下げ渋っている。
日足と10日移動平均線との乖離幅が拡大しており、一時800ドルを下回る動きを見せて来る可能性が高い。

本日の東京市場は、トルコ政策金利引き上げ、ECB理事会など受けてリラやユーロが買い戻しされ、白金価格も売り込まれた要因が巻き戻した事から、一時2898円まで戻りを見せている。しかし利上げ観測やトランプ大統領のツィッターを受けて2862円まで売られている。本日は東京市場が3連休に入る週末となり、午後からは利益確定が起こる可能性もあり、午前中の高値を午後から超える事は出来ないと判断する。

またここしばらく上昇に対して調整安の動きを示していない事から、買い要因が一巡した事で利益確定に押される値動きに注意したい。そのため東京白金で2831円~2800円までの下値を模索する動きに注目したい。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


トルコ政策金利6.25%引き上げ発表・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

トルコは政策金利を6.25%引き上げ24%と発表した。6時にエルドアン大統領は「この高い金利を引き下げなければいけない」と述べ、トルコ・リラは一時売り込まれる動きを見せたが、政策金利を引き上げた事から大幅な反発を行っている。特に市場を睨んだ大統領の発言で市場は混迷した動きを示している。
為替市場では、ユーロが対ドルで買われ、白金価格も2859円まで下げたが発表後は2870円まで戻している。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


トルコの政策金利、ECB理事会、CPIの発表などイベントに注意・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、39円高の2863円で終わっている。夜間取引で新興国通貨の巻き戻し、米中の通商交渉再開に期待で政治リスクが後退し、巻き戻しの動きを見せて2349円まで戻りを示している。そのため本日の東京白金は、2847円で寄り付くと2844円まで下値を試したが、買い戻し主体の値動きから2849円を超えると2868円まで高値を試している。ただ市場が要因織り込みの一巡後は日計り商いに押されだし、引け際には2857円まで下値を試して終わっている。

スポット市場では、アジア時間帯に800ドルを意識しながら802ドルまで戻りを示しており、800ドルを維持できるかに今後注目が移る可能性が高い。また東京白金期先8月限は、新甫発会2829円を超えた事で買い戻しの動きを強めている可能性も高い。
ただ米中の通商交渉は不透明で関税発動が完全に回避された状況でない事は明白であり、楽観的な見方は時期早々でないか。
しかし関税発動以外は白金を売り込む必要性がなく、協議終了まで関税発動の要因がかすむ可能性は高い。

今晩は、20:00にトルコ中銀政策金利、21:00はECB理事会、21:30がドラギECB総裁の記者会見にスタッフ経済予測公表、週間新規失業保険申請件数、消費者物価指数(CPI)、14日2:00にはボスティック・アトランタ連銀総裁の講演が予定されている。
特に注目は、トルコ中銀の政策金利引き上げやエルドアン大統領の強硬な姿勢が打ち出されるかに注意したい。
そのため欧州時間帯に相場が大きく動く可能性が高く、材料出尽くしの相場展開に注意が必要である。また昨日はPPIの発表でインフレ率が低下の買い要因となったが、今晩はCPIの発表にも注意が必要である。

テクニカルは、相対力指数が59.09%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇し、RCIは短期が+56%で上昇し、中期は-1%で上昇し、長期も-3%で上昇しており、目先戻り基調を維持した雰囲気である。移動平均線は10日移動平均線が2809円で下げ止まりながら、40日移動平均線は2877円で下げている。6月の下落から日足は40日移動平均線を超える事が出来なかったが、乖離幅が14円まで縮小した状況だけに、日足が40日移動平均線を超える事が出来るかに注意が必要になっている。

米中の通商交渉が再開の機運からリスク低下の買い戻しを見せており、今晩のトルコ金融政策やECB理事会の動きに注意しながら目先の値動きを見極める時間帯に入ると予想される。特に東京白金は鯨幕相場の値動きを続けながら右肩上がりの逆張り相場を続けており、前日の安値を下回る場合は基調が変化する可能性が高まるだけに、夜間取引以降の安値を週末の夜間取引で下回る時は、目先の調整安に注意した方が良い。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


中国にとって協議のテーブルに着く事は「諸刃の剣」に等しい・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、33円高の2857円で推移している。夜間取引でトルコ金融政策決定会合で利上げ観測を意識したトルコ・リラ買いの動きを受けてユーロが堅調な動きを示し、米中通商懸念の中で米国が中国に対して新たな通商交渉を提案した事を受けた、政治リスク低下も歓迎され2849円まで高値を試す動きを見せている。
そのため本日は買い戻しが強まり、2847円で寄り付くと2843円まで下値を試した後は、買い戻しの動きに拍車が掛かり、2850円を超えて2865円まで高値を試している。その後は日計り商いの利益確定に押されて2854円まで下げている。

スポット市場では、欧州時間帯に790ドルまで高値を試し、783ドルまで下値を模索する動きを示したが、NY時間帯に入りPPIの発表やユーロ買いに米中通商問題の緩和期待で800ドルまで戻りを見せている。アジア時間帯には一時802ドルまで買われたが、依然と800ドルに対する抵抗を示しており、大きく反発する動きは見られない。
東京白金は、連日買い戻しの動きを見せて陰線と陽線を交互に示す鯨幕相場を見せながら、下値を切り上げている。特に白金価格は、コスト面から見て直接コストの825ドルを考えると、依然とコスト割れの状態であり、目先のリスクが後退すると巻き戻し値動きを見せても不思議ではない。

ただ今回の米国が提案した通商交渉の協議は、あくまでも中国をテーブルに戻すことが先決であり、米国が中間選挙を前に米国側から妥協案を提示する事はないのではないか。特に中国にとってもテーブルに着く事は合意できなければ2000憶ドルの関税発動の引き金を引くことになり、中国にとっては「諸刃の剣」となる可能性が高い。

       image003_20180913112011cf3.png  image002_20180913112012ea4.png  image002_20180913112013b62.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が57.83%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇を維持し、RCIでは短期が+57%で上昇し、中期も-2%で切り上げ、長期は-5%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が2808円で下げ渋り、40日移動平均線は2876円で下げている。

午後からは、要因一巡から値動きは動意薄の様相を見せて、午前中の高値2865円を試す可能性は残る。しかし夜間取引ではトルコリラの要因が出尽くす可能性が高く、ユーロ売りから軟調な値動きを見せる可能性は高くなり、2808円前後までの下値模索は起こり得る。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




米中の新たな通商交渉の提案でリスク緩和の動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、10.6ドル高の799.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で5円高(10月限)と予想する。
トルコ中銀の金融政策会合を控える中で、新興国通貨であるトルコ・リラが金利引き上げ歓迎から買い戻しの動きを見せている。またクドロー国家経済会議(NEC)委員長がFOXビジネスとのインタビューで、米国が中国に対して新たな通商交渉への参加を呼び掛けたと述べ、ムニューシン財務長官を中心とする米政府当局者は最近、中国の当事者に協議を申し入れた報道を裏付ける発言である。
そのため市場では、カナダとのNAFTA協定の前進と、中国との通商交渉の再開にリスク低下の動きが強まり、ダウ平均は27ドル高で終わっている。債券市場は、長期債が買われ10年物国差金利は低下し2.96%で推移している。
為替市場では、貿易摩擦の低下を受けてリスク逃避のドルが売られる動きとなっている。貴金属は、ドル安を背景とした割安感で金や白金価格は買い戻しの動きを見せている。白金価格は一時802ドルまで戻りを見せながら799.9ドルで終わっている。

また欧州市場では非鉄金属の価格が下落し、弱気相場に移行した意見が聞かれる中で、ニッケル価格はインドネシアの生産低下を受けて、供給不足懸念が高まりを示しており、2019年まで高値追いを予想する向きがある。特にパラジウムは、ニッケル鉱山のバイブル商品であり、ニッケル価格に比例する特徴もある事から、底堅い値動きが今後期待できる。

日足で見たNY白金は、3日間連続で陽線の動きを見せ、800ドルを意識した値動きを見せている。テクニカルは相対力指数が55.97%で上昇し、強弱の分岐点である50%を上回っている。ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇を維持している。RCIは短期が+56%で上昇し、中期は-20%で切り返し、長期も-19%で上昇を維持している。移動平均線は10日移動平均線が788.1ドルで切り上げながら、40日移動平均線は807ドルで下げている。

本日の東京市場は、夜間取引で2849円まで巻き戻しの動きを見せて、直近の高値2845円を上回る動きを続けている。特に米中の関税発動懸念が存在する中で、新たな通商交渉を米国から中国に対して提案した事は、この通商交渉が合意できなければ2000憶ドルの関税発動の引き金になる可能性が秘めているのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


2800円の抵抗を見せながら、リスク緩和に伴う戻りの限界を試している・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、7円高の2824円で終わっている。夜間取引から寄り付き後まで2833円、2834円、2835円と戻りを試した東京白金は、イベントを控え模様眺めの動きで推移し、2800円を維持したが2811円~2835円の狭いレンジ内で上下を繰り返す値動きを見せて終わっている。

スポット市場でもアジア時間帯には、790ドルで抑えられた動きを続け、787ドルまで下値を試す3ドル程度の値動きでアジア時間帯を終えている。
為替市場でもユーロは軟調な動きを見せたが、米国10年物国債金利も動意薄からトルコ・リラは要因待ちの状態で静観した状況である。そのため東京白金は、関税リスクの高まりが低下しており、方向性を示す動きを示す事もなく終わっている。

今晩は、18:00にユーロ圏鉱工業生産、20:00には週間MBA住宅ローン申請指数、21:30は生産者物価指数(PPI)、22:40がブラード・セントルイス連銀総裁の講演、23:30には米週間原油在庫統計、13日1:45はブレイナードFRB理事の講演、3:00は地区連銀経済報告(ベージュブック)の発表が予定されている。

テクニカルは相対力指数が50.86%で切り上げながら、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇している。RCIは短期が-3%で上昇し、中期は-23%で下げ渋り、長期は-24%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が2807円で維持しながら、40日移動平均線は2879円で下げている。依然と大きな動きを示していないが、ただオシレーターの売りサインは出ていない。

イベント待ちの動きの中で、カナダのNAFTA協定の再協議、ECB理事会、トルコ金融政策変更などが控えており、リスク緩和の動きに結び付く可能性が高い。ただ何処でトランプ大統領が中国に対する関税発動を指示するか見極める動きもあり、手放しで買い続ける事が出来ない。
しかし企業からの関税除外申請、発動時期の発表の手順を踏まえると、今週中の発動は想定できない。そのためオシレーター主体の買い戻しの値動きを続けている雰囲気である。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


13日のECB理事会、トルコ中銀金融政策決定会合まで戻りを維持・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、3円高の2820円で推移している。夜間取引で2833円まで戻りを見せ、2791円へ下落した後もリスク緩和の巻き戻しで2834円まで高値を試している。そのため本日は2830円で寄り付くと2835円の高値を試した後は、ユーロやスポット市場の軟調な値動きに追随する動きを見せて、2814円まで下値を試している。

特に中国に対する2000憶ドルの関税発動を市場は意識しており、戻りは抑えられる値動きを見せている。ただ13日には新興国トルコの金融政策決定会合を控え、トルコリラの巻き戻しが一巡する可能性が残り、市場の催促相場からリラ安が進む可能性もある。そのため13日の発表までは戻りを示す可能性は高いと思える。

スポット市場では、欧州時間帯に791ドルまで戻りを示したが、ユーロ安を受けてNY時間帯には781ドルまで下値を試した後は、買い戻しから792ドルまで戻している。アジア時間帯は791ドルを維持していたが、東京白金の伸びを欠いた値動きに787ドルまで下げている。
特に東京白金は、記載した様に2833円、2834円、2835円と高値を更新するたびに下げており、日計り商いの値動きに思える。

       image003_20180912105742198.png  image002_201809121057443bc.png  image002_20180912105745d5e.png
現在の東京白金の日足で見たテクニカルは、相対力指数が49.95%で伸びを欠き、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが上昇を維持している。RCIでは短期が-3%で上昇し、中期は-26%で下げ渋り、長期は-25%で上昇を維持している。移動平均線は10日移動平均線が2806円で維持しながら、40日移動平均線は2879円で下げている。

午後からは、依然とレンジ相場であり、2806円~2836円以下の値動きが予想され、東京時間帯は妙味がない値動きに思える。
特に明日13日は、欧州時間帯に英国議会が終了、トルコ金融政策、ECB理事会とイベントが集中する事から、夜間取引の時間帯にユーロの動向がカギとなり、白金価格を動かす要因になると予想される。しかしカナダとのNAFTA協定が前進する合意などがサプライズの要因になると思える。
個人的には、中国に対する関税発動は同盟国との通商交渉が合意するか、前進する中で発動される可能性が高く、秋分の日の振り替え休日である24日以降の可能性が高いと予想する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




英国EU離脱交渉やカナダとのNAFTA協議の楽観的な見方でリスク・オン・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、0.7ドル安の789.3ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で23円高(10月限)と予想する。
前日にトルコリラの巻き戻しを受けた新興国通貨のリスク低下を受けてユーロが買い戻しの動きを見せたが、欧州時間帯に入ると流れは一転して新興国通貨が売られだすと、ユーロは「いってい来い」相場となり、元の水準まで戻している。

英国紙はEU関係者の発言で、「英国政府はEUの言動について楽観的に誤解している」と報道されたが、ハモンド英財務相は議会で「6週間から8週間でEU離脱協議が合意することは実現可能」との認識を示し、一方では「タイムラインを設定することは難しく、EUとの将来のパートナーシップに関する書面は詳細なものでなければならない」とも答弁している。

またトランプ大統領は、カナダとのNAFTA協定の再協議の開始を受けて「非常に上手く行っている」と発言し、対中国に対する関税発動のリスクは存在するが、目先の貿易リスクは低下しており、リスクオンの動きを見せている。
そのためNY市場では、テクノロジーやハイテク株が買われナスダックが上昇しダウ平均も113ドル高で終わっている。債券市場は、カナダや英国のEU離脱交渉などが楽観的となり、リスクオンから長期債が売られ10年物国差金利は上昇し2.98%で推移している。
貴金属は、ドル高を背景とした売りとリスク緩和に伴う巻き戻しから金価格は1200ドルを維持している。白金価格は、一時794.1ドルまで戻りを示しながら780ドルを維持する値動きを見せている。

南アフリカでは、ラマフォサ大統領が土地収用問題でトランプ大統領が制裁処置を実行する事はないと楽観的な見方を述べている。ただ一部のアナリストはトランプ大統領は白人保有の土地を無償で収用する法律が施行されれば、経済制裁を実施する可能性が高いとみており、非常に楽観的に予想するのは難しい状況である。

日足で見たNY白金は、ほとんど同じ水準で推移している。テクニカルは、相対力指数が48.05%で上昇が止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが切り上げた動きを見せている。RCIは短期が-3%で上昇し、中期は-46%で下がりながら、長期は-38%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が787.7ドルで維持しながら、40日移動平均線も807.5ドルで下げている。

本日の東京市場は、夜間取引で一時ユーロ安を背景とした売りで2791円まで売り込まれたが、英国議会におけるハモンド財務相の発言やトランプ大統領の発言から買い戻しの動きを見せて2834円まで戻りを見せている。
特に市場は、中国に対する関税発動に警戒感を高めながら、静観ムードの中で買い戻し主体の巻き戻しの動きを見せている。そのため中国要因以外は、リスク緩和の材料として映る事から2800円以下は買い戻しの動きが強くなっている。

ただトルコ中銀の政策金利引き上げ、南アフリカの白人所有の土地収用問題が控えており、トランプ大統領の発言次第では新興国通貨は下落するリスクは存在する。そのため今しばらく800ドルを超える事が難しければ、2860円以上は戻りに限界を示す可能性は高い。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


中国の関税発動がなければ、2800円を下回ると買い戻しが起こり易い・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、46円高の2817円で終わっている。夜間取引で欧州市場の政治リスクが後退し、ユーロが対ドルで堅調な値動きを示し、2845円まで高値を試した東京白金は、2800円で寄り付くと一時2798円まで下値を試したが、カナダとのNAFTA協定の再協議も開始されることなど、中国との関税発動の時間帯から見てもリスク逃避は時期早々である事から買い戻しの動きが勝り、2800円を回復すると2815円まで戻りを見せている。午後からもユーロの更なる買い戻しから引け際には2822円まで戻りを見せて終わっている。

スポット市場では、アジア時間帯に785ドルを維持しながら東京時間帯が終わる頃には788ドルまで戻りを見せている。特に東京白金は、連日下落と上昇が交互に発生する値動きを続けており、為替市場の動きを考慮するとユーロ買いが勝る動きを見せる場合は、再度800ドルに向けた値動きを示してくる。

今晩は、18:00にドイツZEW景況感指数、20:00には南アフリカ製造業生産高、23:00は卸売在庫・確報値、米求人件数の発表が予定されている。また世界経済フォーラムASEAN会議が開催されプーチン大統領と習近平国家主席の首脳会談が予定されている。

テクニカルは相対力指数が49.23%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが切り上げながら、slow%Dが下げ止まった状況である。RCIは短期が-50%で上昇し、中期は-23%で下がり、長期は-38%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2807円で下がり、40日移動平均線は2882円で下げており、日足が10日移動平均線を超える動きを示している。
目先戻り有利な値動きに思えるが、対中国に対する関税問題は避けられない情勢から再度800ドルを試す可能性は残る。

特に為替市場のユーロが強含みしており、再度も戻りを示す可能性は残るが、維持できないと再度2800円を割り込む値動きが予想され、依然とレンジ取引の値動きに注意が必要である。
しかし今日明日中に中国に対する関税の発動の確率は低く、今の時間帯は安心してユーロに合わせた買いの動きが盛り上がる状況だけに飛び付き買いには注意したい。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


レンジ取引の鯨幕相場であり、逆張り相場の値動きに注意・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:00の東京白金は、36円高の2807円で推移している。夜間取引で一時2845円まで戻りを示した東京白金は、日計り商いに押されて2795円まで下値を試した東京白金は、2800円を回復して寄り付くと2811円まで戻りを見せている。しかし夜間取引時間帯に800ドルを試して維持できなかった事が今の白金の弱さを物語っており、2810円を維持できなかった事で2804円まで下値を試す動きを示している。

スポット市場は、欧州時間帯にトルコGDPまで775ドルを試したが、その後はEUと英国のEU離脱交渉の楽観的な報道を機に巻き戻しからNY時間帯には798ドルまで戻りを見せている。ただ米中の関税発動のリスクは存在しており、800ドルを超える事無く売られだすと784ドルまで下げている。アジア時間帯には785ドルを維持しながら787ドルまで戻りを示したが、東京白金の伸びが見られない事から784ドルまで下値を試す動きを見せている。

       image003_20180911101954ae6.png  image002_20180911101956791.png  image002_201809111019577e7.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が47%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇を維持した状態である。RCIは短期が-58%で切り上げながら、中期は-28%で下がりながら、長期は-42%で切り上げ続けている。移動平均線は10日移動平均線が2806円で切り下げながら、40日移動平均線は2882円で下げている。

午後からは、2800円を維持しながら引け際には2800円を割り込む動きを見せて来るのか見極めが必要である。特に鯨幕相場のレンジ取引であれば、今晩の夜間取引から15:15まで再度2775円以下を試す値動きを示して来るのではないか。
特に6月もレンジ取引から金融政策の違いや関税問題で2844円まで下値を試し、8月も同様にレンジ取引からトルコリラの暴落を機に2680円まで下値を試している。
今もレンジの動きを示しながら、日柄を考慮すると20日~26日あたりが再度値動きが発生する時間帯に思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




中国へ関税発動する前に同盟国の通商交渉妥結の動きでリスク緩和・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、9.6ドル高の790ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で13円高(10月限)と予想する。
欧州時間帯にトルコGDPが発表され、英国では6日に合意なきEU離脱の計画について閣議が開催されるが、報道官は「合意なきEU離脱はあり得ない結果」と引き続き認識している述べている。またEU離脱交渉に伴いバイエルEU首席交渉官は「6~8週間で離脱交渉が合意に達する現実性はある」と述べている。
またイタリアのトリア財務相は負債圧縮と財政赤字抑制の必要性を強調し、イタリアのの予算が欧州連合(EU)規則に抵触するとの懸念を、当局者の発言が後退さている。

また米通商代表部は、EUと交渉中の通商協定について、大統領貿易促進権限法の規定に基づく議会承認を目指す方針を示し、議会との協議を開始するとしており、水面下で大きく前進する表れである。そのため欧州時間帯に政治リスクが後退し、ユーロは対ドルで大きく買われる動きを見せている。
早朝には、フリーランド・カナダ外相とライトハイザーUSTR代表が12日に、更にNAFTA協議を行うと伝わっており、カナダとの通商交渉も前進する動きを示している。

そのためNY市場では、為替市場でユーロが対ドルで買われる動きを示し、商品価格は堅調な動きを見せている。ダウ平均は米下院共和党が週内に新たな減税策を発表するとの思惑から買われたが、トランプ大統領がツィッターでアップルに対して雇用増に結び付くて米国への生産移管を要求した事から59ドル安で終わっている。債券市場は、欧州と米国の政治リスクの綱引きで動きもなく10年物国債金利は動かず2.94%で推移している。
貴金属は、ドル安を背景とした買い戻しから金と白金は堅調な動きを見せている。白金価格は、一時800ドルまで買われたが依然と米中貿易戦争は存在しており、800ドルは売り狙いの水準となっている。

日足で見たNY白金は、連日陰線と陽線の交互の動きを示し鯨幕相場の様相であり、今晩は再度780ドルを試す値動きが予想される。テクニカルは相対力指数が48.56%で切り上げ、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが切り上げた動きを見せている。RCIは短期が-43%で上昇し、中期は-22%で下がり、長期は-46%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が788.3ドルで切り下げながら、40日移動平均線は808.2ドルで下げている。

本日の東京市場は、夜間取引で2800円割れから一時2845円まで戻りを示している。ただ2820円以上は米中の通商交渉が控えており、目先売り場と見た値動きを続けている。ただカナダとのNAFTA交渉も進展と景気刺激策の発表が控えており、下値は切り上げてくる可能性が高い。
特に本日は2800円を維持する事が出来るかに注目し、下値は2770円以下があれば買われてくる可能性は高い。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


第2四半期トルコGDPの発表でユーロが下がらなければ、巻き戻しへ傾く・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、32円安の2771円で終わっている。週末の夜間取引で中国に対する更なる2670憶ドルの関税を用意している発言から、リスク逃避で2758円まで下値を試している。そのため週明けの東京白金は、2778円で寄り付くと2789円まで戻りを見せたが、米中貿易戦争の拡大を嫌ったアジア株の下落を受けて徐々に下げだすと、14:00過ぎにはトルコGDPの発表を控えたトルコリラの下落を受けて、引け際には2765円まで下値を試したが、ユーロの上昇で戻して終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に780ドルを維持しながら午後には775ドルまで下値を試して777ドルまで戻している。
東京白金は、週末の夜間取引で付けた安値2758円を試す動きを見せたが、依然とレンジからの離脱は確認されていない。そのため16:00にトルコGDP発表を控えて、リラやユーロの動きに注意して対応するのが必要になる。もし夜間取引で2760円を維持する動きを見せると、巻き戻しの動きが起こる可能性高い。

今晩は、16:00に第2四半期トルコGDP、11日1:00にはボスティック・アトランタ連銀総裁の講演が予定されている。

テクニカルで見た場合は、相対力指数が37.03%で下がり、ストキャスティクスは%dとslow%Dが維持しながら推移している。RCIは短期が-83%で下げ止まり、中期は-12%で下がり、長期は-49%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2814円で切り下げながら、40日移動平均線は2887円で下げている。
依然と保合いのレンジに中であり、2758円を下回る事が出来なければ、再度2800円に対する戻りを示してもおかしくない。

トランプ大統領が示した更なる2670ドルの関税用意の波紋が今晩のNY市場まで様子を見ないと方向性が示す事が出来ない状況であり、見極める値動きが続くと予想される。
また2000憶ドルも発動されず、2670憶ドルを意識する値動きであれば、目先巻き戻しの動きを見せてもおかしくないと思える。そのため今週は13日のECB理事会に向けてユーロの巻き戻しの動きが白金価格を押し上げる動きに結び付くのか注目したい。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



レンジ相場の様相であり、日々上下を変化せてくる鯨幕相場・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:15の東京白金は、22円安の2781円で推移している。週末にはトランプ大統領が中国に対して更に2670憶ドルの関税の用意を指摘し、日本にも貿易協定で合意がなければ「大問題になる」と警告した事から、為替市場は円高:ドル安の動きを強めている。
そのため一時2758円まで下値を試したが、2000憶ドルの発動時期が不透明であり、買い戻しの動きを見せている。
そのため週明けの東京白金は、2778円で寄り付くと買い戻しの動きを受けて2789円まで戻りを見せている。ただ中国市場で人民元や上海総合株価指数の取引が開始され、消費者物価指数の上昇などの発表を受けて2778円まで下値を試す動きを見せている。

スポット市場では、週末の欧州時間帯に794ドルまで戻りを見せたが、NY時間帯には775ドルまで下値を試す動きを示し、週明けのアジア時間帯には780ドルを維持して推移している。
特に東京白金は、2758円まで下値を試したが、下値は2680円、2740円と切り上げた動きを続けており、明日以降に2740円を下回るまでは、下値を切り上げる値動きを続ける可能性が高い。ただ戻りも押さられており、2820円以上では高値が止まる動きが想定できる。

        image003_20180910105332e64.png  image003_20180910105333d28.png  image002_20180910105335666.png
日足で見た現在のテクニカルは、相対力指数が38.84%で下がりながら、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが切り上げた動きを続けている。RCIは短期が-78%で下げ止まり、中期は-8%で下がり、長期は-47%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が2815円で切り下げだし、40日移動平均線は2887円で下げている。

午後からも、要因が出尽くして市場の反応を見極めたい雰囲気であり、鯨幕相場の様相を示す値動きが予想され、狭いレンジ内で上下を日々繰り返す動きが予想される。そのため明日は2800円に向けて戻りを見せてもおかしくなく、2780円以下は売り込まない方が妥当と思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




関税発動までは今は思惑の域であり、逆張り的な値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                  

週末のNY白金は、10.5ドル安の780.4ドルで終わっている。また7現在のスポット市場では週末のNY時間帯が終わった水準と同じ780ドルで推移している。
週末にトランプ大統領は、中国に対して更なる2670憶ドル相当の輸入品に対して関税の用意があると発表し、通商交渉のリスク高に一時大きく反落する動きを見せたが、クドロー国家経済会議委員長は2000憶ドルの関税発動には言及する事を避け、いづれ「判断を下す」と述べる程度に抑えている。またトランプ大統領は習近平国家主席との会談の意思はあると述べるなど、直接的な対話の道も残した動きに思える。

ただトランプ大統領は中国と別にラジオインタビューの中で日本に対する貿易協議に触れ、次日標的になる事を示唆しており、為替市場では円高の動きが進む可能性が高い。
本日の東京市場は、週末の要因を受けて一時売り込む動きを見せる可能性は高いが、米中貿易関税問題は発動までは至っていない事や、2000憶ドルの発動も数週間の時間が必要であり、カナダや日本との貿易協定合意後の可能性が高いと思える。

そのため関税の思惑で下値を模索する動きを見せるが、2750円以下を売り込む動きは関税発動の要因が必要であり、依然とレンジ相場の域を抜け出していないと判断する。そのため逆張り的な値動きに注意が必要であり、2760円~2840円の値動きを想定する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




中国に対して更なる2670憶ドルの関税用意の波紋・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、10.5ドル安の780.4ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で16円安(10月限)と予想する。
トランプ大統領は2000憶ドルの関税発動を控える中で、更に2670憶ドル(30兆円)の関税を用意していると発表し、米中貿易戦争の様相が強まりを見せている。ただクドロー国家経済会議(NEC)委員長は、テレビインタビューの中でトランプ大統領は習近平国家主席と会談する意思がある事を発言し、機会としては今月中旬の国連総会か11月30日からアルゼンチンで開催されるG20を示唆している。
またトランプ大統領は、日本との貿易協議で合意しなければ大問題になると電話インタビューで発言しており、今月に行われる日米の貿易協議に注目が集まる状況である。

そのためNY市場では、米中貿易戦争のリスク高を受けてダウ平均は79ドル安で終わっている。債券市場は、雇用統計受けてインフレ率の高まりで利上げに対する期待感が膨らみ、長期債が売られて10年物国債金利は上昇し2.94%で推移している。為替市場では、新興国通貨やユーロが軟調な動きを見せ、対円ではドルが売られている。
貴金属は、ドル高を背景としたドル建て貴金属は軟調な動きを見せている。白金価格は欧州時間帯には堅調な動きを示して794.8ドルで推移したが、雇用統計で一時売られて、中国に対する更なる関税発表を受けて775.1ドルまで下値を試した値動きを見せている。
南アフリカでは、ANCが土地収用の動きを活発化させており、今後トランプ大統領の動きでトルコと同様に圧力を掛けてくる可能性が高い。

日足で見たNY白金は、前日の上昇幅を陰線で抑える動きを見せている。テクニカルでは、相対力指数が40.87%で下がり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが切り上げている。RCIでは短期が-73%で切り返し、中期は-15%で下がり、長期は-54%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が789.8ドルで維持しながら、40日移動平均線は809.1ドルで下げている。

本日の東京市場は、中国に対する関税発動リスクを受けて夜間取引では雇用統計発表で2762円まで下値を試し、その後買い戻しから2799円まで戻りを見せたが、追加の関税発言から本日の安値2758円まで売り込まれている。
ただクドローNEC委員長がトランプ大統領は習近平国家主席と会談の意思を表明し、2000憶ドルの関税発動時期についても明確な答えは述べなかったが、判断を下すと言及しており、今後2週間の動きに注意したい。

また中間選挙が11月6日であり、国連総会は9月中旬、G20は11月30日であり、中間選挙を前にして習近平と会うリスクは避けて来る事を考慮すると、11月30日の首脳会談が有望ではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




トランプ大統領、7日に対中国関税発動に向けた発表の準備報道・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、12円高の2803円で終わっている。夜間取引で一時2832円まで戻りを見せた東京は金は、WSJのコラムニストがトランプ大統領との電話取材に対して日本が次の貿易交渉の相手となる事を示唆した報道から為替市場で円高が進む動きを見せている。また中国に対する2000憶ドルの関税発動に備えて企業からの聞き取り調査が終わる事で関税発動に対する警戒感も高まりを見せている。
そのため本日の東京白金は、2803円で寄り付くと2796円まで下値を試し、日計り商いの買い戻しから2809円まで戻りを見せたが、米国東部時間7日になる13:00に向けて徐々に売られだすと2793円まで下値を試している。しかし関税発動の報道もなく、カナダとの通商交渉についてトランプ大統領が合意する可能性を示唆した事などが加わり、再度2805円まで戻りを見せて終わっている。

スポット市場では、アジア時間帯に972ドルを維持しながら推移し、午後には一時788ドルまで下値を試す動きを見せたが、再度790ドルを回復して推移している。ユーロも方向性を無くした値動きを見せて、下げ渋る値動きから東京時間帯が終わった後は買いわれている。
特に東京白金は、終値ベースで2800円を維持しながらリスクが回避された動きを示している。しかし対中国の関税発動は企業の聞き取り調査が終了した事で時間の問題であり、注意を怠らない様にしたい。

今晩は、18:00に第2四半期ユーロ圏GDP・確報値、21:30には非農業部門雇用者数、失業率、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の講演、22:00はメスター・クリーブランド連銀総裁の講演、1:45がカプラン・ダラス連銀総裁の講演が予定されている。また欧州でユーロ圏財務相会合、ムーディーズのイタリア格付け見直し発表、対中国に対する関税発動に向けた発表の準備が行われる予定である。

テクニカルは相対力指数が43.50%で上昇し、ストキャスティクスも%Dが下げ止まりながら、slow%Dも下げ止まり、RCIは短期が-83%で下げながら、中期は+20%で上昇が止まりだし、長期は-50%で維持している。移動平均線は10日移動平均線が2819円で維持しながら、40日移動平均線は2893円で下げている。

本日米国東部時間6日を過ぎた事で、トランプ大統領は7日に対中国関税引き上げの発表の準備に入る事が報道されており、週末に向けて対中国に対する関税発動の規模や日時の発表が行われる可能性が高いと予想される。
そのため織り込みの動きを見せるか注目したい。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO293は、セミナー開催のためセミナー資料を添付します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月8日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




中国に対する関税発動に警戒しながら、テクニカルは戻りを維持・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:25の東京白金は、14円高の2805円で推移している。夜間取引で米国の長期金利低下を受けて一時2832円まで戻りを見せ、通商リスクが高まりを見せると2791円まで売られた東京白金は、円高を背景とした値動きで2801円で寄り付くと2796円まで下値を試している。ただスポット市場の790ドルを維持する動きに買い戻しの動きが入り、2809円まで戻りを見せている。価格の上下は10円程度であり、方向性を示す値動きには思えない。

スポット市場は、欧州時間帯は780ドルを維持した動きからNY時間帯には795ドルまで戻りを見せ、アジア時間帯は790ドルを維持しており、下げ渋る動きを見せている。
特に東京白金は、米中の関税要因が低下すると2800円を超えてテクニカル重視の戻り相場に入るが、米中関税発動は避けて通る事が出来ない事から、2850円を超える値動きは想定できない。ただ目先テクニカルは、戻りを支持した形であり、思惑が現実的な要因になるまでは下げ渋る展開が予想される。

       image003_201809071100052c7.png  image003_20180907110006eeb.png  image002_201809071100078b9.png
テクニカルで見た現在の東京白金は、相対力指数が44.04%で上昇し、ストキャスティクスも%Dが上昇し、slow%Dも切り上げている。RCIは短期が-83%で下がりながら、中期は+21%で上昇が止まり、長期は-50%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2819円で維持しながら、40日移動平均線は2898円で下げている。

午後からは、関税発動に注意しながら戻りを売る動きが続く可能性が高いが、関税発動が週末までに実施されなければ来週は買い戻しの動きが強くなる可能性が出てくる。
特に340憶ドルの関税発動、160憶ドルの関税発動でも発動日時を指定し、実施た経過から見ても本日の関税発動の確率は低いと判断する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO292は、今後の白金価格の値動きを長期に捉えて説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月1日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




WSJ、トランプ米大統領が貿易を巡って日本と争う可能性を指摘し円高の動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                   

本日のNY白金は、6.6ドル高の790.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で5円高(10月限)と予想する。
欧州時間帯には米国長期金利低下でユーロや新興国通貨が対ドルで買われリスク緩和の動きを見せたが、WSJがトランプ大統領のインタビューで依然として対日貿易に悩まされているようだと指摘した事から、日本の通商交渉の話題から対中の関税発動の高まりに波紋し、新興国通貨が一時下落した動きを見せている。
特に企業からの聞き取り調査も6日で終了し、ホワイトハウスのサンダース報道官は前日、トランプ大統領が意見公募期間が6日に終了した後、対中追加関税を実施する「可能性はもちろんある」と述べており、本日東京時間13:00以降の値動きに注意が必要となる。

NY市場は、通商リスクが高まりを示し、ダウ平均は20ドル高で終わっている。債券市場は、長期債が買われて10年物国債金利は低下し2.87%で推移している。
貴金属は、金価格がドル安を背景とした買い戻しの動きを見せている。白金価格は一時796.3ドルまで戻りを示し、800ドルをうかがう展開を見せている。
南アフリカでは、大手格付け会社ムーディーズが景気後退について言及しており、ランドの動きも注意が必要である。


日足で見たNY白金は、2日間連続で陽線で高値を更新する動きを見せ、テクニカルでは相対力指数が47.82%で上昇し、ストキャスティクスも%Dが切り上げ、slow%Dも下げ止まりを見せている。RCIは短期が-78%で下げ止まり、中期は+11%で上昇し、、長期は-57%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が790.7ドルで維持しながら、40日移動平均線は810.4ドルで下げている。

本日の東京市場は、金利低下からユーロや新興国通貨の買い戻しで一時2832円まで戻りを見せたが、カナダや中国の通商交渉に次が日本である事が報道された懸念から円高に押されて一時2791円まで下値を試している。
特に対中国に対する2000憶ドルの関税引き上げに伴い企業からの意見調査が、日本時間7日13:00で終了する事から、関税発動に向けたリスクの高まりを受ける可能性が高い。
ただ市場は、関税発動懸念を織り込みながら推移しており、午後に動きがなければ買い戻しの動きを見せる可能性は高い。

また今までの経過を考慮すると週末に関税の発表や発動の動きを見せており、東京市場が終了した後に注意した方が良いと思える。しかし何もなければ週明けは2800円を維持しながら2846円を伺う値動きに結び付く可能性は残ると思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO292は、今後の白金価格の値動きを長期に捉えて説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月1日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


連日ユーロに合わせた値動きであり、関税発動まで2800円以下は買い有利・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、13円高の2791円で終わっている。夜間取引で2758円まで売られた東京白金は、リスク緩和に伴うユーロの買い戻しを受けて2800円を回復し、2806円で寄り付いた東京白金は、2810円を超えると2819円まで戻りを示している。その後は日計りや早期の利食いに押され2802円まで下値を試したが、2800円を下回る事が出来なかった反動から2810円まで戻りを見せている。午後からはユーロの軟調な動きを受けて戻りを売り込む動きに、2800円を下回った事から引け際には2788円まで下値を見せて終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に785ドルを回復し787ドルまで戻りを見せたが、ユーロ安の動きに追随する動きを見せ780ドルまで下値を試して東京時間帯を推移している。
東京白金は、戻りが連日ユーロの動きに比例して、ユーロが買われれば白金も買われ、ユーロが売られれば白金も売られる値動きを見せている。そのためユーロの動きが弱くなった事から2800円を割り込む動きを見せた可能性が高い。

ただ為替市場におけるドル:ユーロはテクニカルで捉えた場合は、ユーロ高に傾いており、ユーロで売り込む動きはリスクが伴う可能性が高いのではないか。

今晩は、20:45にラウテンシュレーガーECB理事の講演、21:15はADP雇用者数、21:30には週間新規失業保険申請件数、23:00が耐久財受注・確報値、製造業新規受注、ISM非製造業景況指数、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁の講演、7日0:00には米週間石油在庫統計、1:30からツアブリュック・スイス中銀副総裁の講演、3:30にはウィルキンス・カナダ中銀副総裁の講演が予定されている。また米国とカナダのNAFTA協定の再協議の動きにも注意が必要である。

テクニカルは、相対力指数が40.01%で切り上げながら、ストキャスティクスは%Dが切り上げ、slow%Dは下げている。RCIは短期が-78%で下がり、中期は+19%で上昇し、長期は-56%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2818円で維持しながら、40日移動平均線は2898円で下げている。
日足が目先10日移動平均線で抑えられた状態であるが、夜間取引で上回る事が出来るかに今夜は注目したい。

報道ではカナダとのNAFTA協定の再協議について、トランプ大統領は前回のオフレコが新聞に報道さえた経過から沈黙を守っており、合意に向けた地ならしと考えることもできる。特にメキシコとの合意にカナダが追随するためには、7日まで合意する必要があり、今週末までには朗報が入る可能性は高い。
ただ再三に渡り、6日以降に中国に対する関税発動が報道されており、市場は警戒して備える動きを少しづつ見せており、ユーロやリラ、ランドの弱含みな値動きがその事を物語っている。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO292は、今後の白金価格の値動きを長期に捉えて説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月1日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


カナダの次は関税発動が控えており、2850円以上の戻りは目先抑えられる・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

12:00の東京白金は、29円高の2807円で推移している。夜間取引で新興国通貨の下落を意識したユーロ安を受けて、一時2758円まで下値を試した東京白金は、欧州市場における政治リスクが低下した事を受けてユーロの巻き戻しから2800円を回復している。
そのため本日の東京白金は、2806円で寄り付くと夜間取引に高値2810円を上回り2819円まで戻りを見せている。ただ中国の関税発動の思惑が日計り的な利益確定に押され、2802円まで下値を試す動きを示している。
しかし思惑の域を出ない関税発動であり、2800円を維持する動きに作用し、買い戻しから2810円まで戻している。

スポット市場は、欧州時間帯には770ドルまで下値を試したが、NY時間帯には784ドルまで戻りを示し、アジア時間帯には785ドルを超えて787ドルまで戻している。
特に東京白金は、前日に2740円まで一時売り込まれ、下ヒゲの長い陰線を付けながら、本日は陽線で切り返す動きを見せるなど、リスクオン・オフの動きに比例した値動きを示している雰囲気である。そのためカナダとの通商交渉が合意を示すと直近の戻り高値2863円を試す可能性も予想される。

        image003_2018090611530377b.png  image003_2018090611530510b.png  image002_20180906115306210.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が43.86%で上昇し、一連の相対力指数の下降ラインを上回る動きを見せている。ストキャスティクスも%Dが上昇し、slow%Dを超える動きを示している。RCIでは短期が-73%で下がり、中期は+28%で上昇し、長期は-53%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2819円で維持しながら、40日移動平均線は2898円で下げている。そのため日足の戻りが10日移動平均線で抵抗を見せている。

午後からは、2800円を維持する動きを続けながら、カナダとのNAFTA協定の再交渉に焦点が移り、楽観的な値動きを見せて来る可能性は高い。ただカナダの次には中国に対する関税発動が控える要因であり、週末までは注意が必要な値動きにも思える。
個人的には、トランプ大統領は中国に対して妥協点を見付ける努力は行うが、今の米国内は議会もマスコミも中国を叩く意味合いではトランプ支持であり、関税発動は避けて通る事は難しく思え、NY白金で800ドル、東京白金で2860円以上は売ら易い域になると予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO292は、今後の白金価格の値動きを長期に捉えて説明したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月1日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示