FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 2018年09月

イタリア財務相、予算が成立すると辞任の意向・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     
                    
週末のNY白金は、8.4ドル高の818.7ドルで終わっている。週末の夜間取引から比べ寄り付き換算で1円安(10月限)と予想する。
先週末にイタリアの予算案を巡る政治リスクが高まりを見せだすと、欧州通貨のユーロはFOMCとECB理事会の相反する金融政策を受けたドル高:ユーロ安の動きが加速し、白金価格は戻りが抑えられた動きを見せている。
今週は中国市場が長期休日でアジア市場はボリュウームが低下する状況であり、東京時間帯は動き辛い状況と予想される。

またイタリアのトリア財務相は予算を巡る協議に嫌気が差しており、年内に関連法案が通過した後、辞任する可能性があると、同国紙メッサジェロが情報源を明かさずに報じている。
為替市場では、沖縄知事選で野党候補が勝利し、円安:ドル高の動きを示しており、この動きも本日の東京白金の値動きに響いてくる。
特にイタリアの財務相が辞任することになると、イタリアは市場から信任されない可能性が高くなるためユーロは売られてくる。そのため本日は夜間取引で下値を試す可能性が高いと予想する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO296は、先週号で2900円の値固めと記載したが、今週号は来週以降の白金価格の値動きと今後予想されるエントリーのタイミングを示したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月29日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



スポンサーサイト

ブレィクタイム・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

米中の関税問題は24日に第3弾の発動を受け、本格的な貿易戦争に突入した気配である。特に先週実施される予定であった中国の訪米は中止され、トランプ大統領は国連の一般演説で中国を名指しで非難している。また米国通商代表は中国の報復関税を発動した場合は第4弾の2670憶ドルに言及するなど依然と関税リスクが白金価格の戻りを抑える要因になる可能性は高い。

また南アフリカでは、ラマフォサ大統領が先週に経済刺激策を発表し、鉱山憲章についても議会で承認されたが白人保有の無償土地収用の関連法案は延期されている状況である。
しかし大手格付け会社フィッチは、今回発表された経済刺激策では「経済成長に大きく貢献するものではない」と発表しており、南アフリカの通貨ランドは依然と対ドルで軟調な動きを示している。

特に先週のFOMCでは、政策金利を0.25%引き上げ実施し、声明文では従来の「緩和的」の文言が削除され、中立に向けた動きを示したが、記者会見や翌日の講演でパウエルFRB議長は「依然と緩和的である」と言及しており、市場に配慮した動きに思える。
そのため新興国通貨である南アフリカ・ランドやトルコ・リラなど対ドルで堅調な動きを示した。

そのため8月13日から15日に掛けて米国の制裁発動を機にトルコリラの反落で3000円のレンジから2680円まで反落した動きは、トルコ中央銀行の金融政策変更などを受けて全てを巻き戻しており、次の目標は6月の日米欧の金融政策発表や中国に対する関税発動を受けて3200円から2844円まで反落した下落の巻き戻しへ移行した状況でないか。

ただFRBは政策金利引き上げを実施しているが、ECBは来年夏場終わりまでは据え置きを表明しており、米中の貿易戦争も沈静化する気配もなく、6月の下落時の要因は消えていない。そのため3000円を回復したが3000円を維持する動きまでは要因不足であり、今しばらく3000円~2844円のレンジ内の値動きを想定するのが妥当でないか。
特にイタリアの予算案に絡み今後格付け要因が10月には話題となる可能性が高く、英国のEU離脱に伴うメイ首相の保守党党大会最終日である3日に演説が予定されるなど、ユーロの動きに注意が必要であり、今しばらく3000円を超える要因が見当たらない。

しかし長期的な見方は、目先の予想と180度違い、2014年から下落してきた基調が終焉を迎え、2019年には従来の需給や価値観の見直しから3300円~3500円へ向けた回帰相場が予想される。特に2019年6月30日にプラチナ鉱山労働者の3年契約が期限を迎える事から、大幅なリストラ策を講じるロンミン社やインパラ・プラチナムなど賃金交渉と合わせてAMCUと協議が難航する可能性が高い。そのため2019年1月から従来の上昇相場を示す値動きが強まると予想される。

また南アフリカの白金鉱山のコストは911ドルが妥当であり、コスト割れで生産する鉱山は先物市場で売りヘッジを行うが、その売りポジションの拡大が将来のコスト水準を上回り出すと、先物市場では売られ過ぎたポジションの巻き戻しの動きに結び付き短時間で950ドルへの戻りを示して来るのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO296は、先週号で2900円の値固めと記載したが、今週号は来週以降の白金価格の値動きと今後予想されるエントリーのタイミングを示したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月29日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



月末のポジション調整とイタリア首相の発言で下げ渋る・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、8.4ドル高の818.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で1円安(10月限)と予想する。
イタリアの2019年予算案を巡る政治リスクの高まりで、一時イタリアの銀行株の下落が大幅となり、取引が一時停止する動きを見せ、欧州通貨ユーロが下落している。ただコンテ・イタリア首相が「予算案の詳細が明らかになれば市場は財政を信頼するだろう」と述べた事や月末のポジション調整から巻き戻しの動きを見せている。

NY市場では、フェィスブックのアカウント流失問題やテスラCEOの提訴問題で株価は軟調な動きを示し18ドル高で終わっている。債券市場では、テーパリングの動きを受けて長期債が売られ10年物国債金利は上昇し3.06%で推移している。
貴金属は、原油高やドル安を背景とした動きに金価格は堅調な動きを見せている。白金価格も一時805.8ドルまで下値を模索したが、買い戻しから820ドルまで戻している。

特にイタリアはGDP比率136%の財政赤字を抱えており、緊縮財政を推し進めるのがEU各国の意見であるが、五つ星運動は最低賃金の引き上げや年金の充実を掲げて政権を取った政党だけに、財政規律は著しく守る事はしないと思える。そのためEU離脱が根底にある。
また大手格付け会社S&Pやムーディーズは10月に格付けを見直すため、ジャック債の2段階上に存在するイタリアの格付けが1段階引き下げられる可能性が高く、イタリア債の下落からユーロは不安定になる可能性が高い。

日足で見たNY白金は、前日の下値を下回る事は避けられたが、戻りは抑えられており、依然と800ドルに対する懸念は残っている。テクニカルは相対力指数が54.99%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dは下げている。RCIは短期が-23%で下がり、中期は+78%で下げだし、長期は+79%で上昇ししている。移動平均線は10日移動平均線が820.9ドルで切り上げながら、40日移動平均線は803ドルで下げ渋る動きを続けている。
上下に動きづらい域と思え、800ドル~820ドルの狭いレンジ内の動きが予想される。ただ時間を掛けた場合はオシレーターが高水準まで届いており、目先の下値が深くなる可能性は残る。

本日の東京市場は、夜間取引で2930円まで下値を試したが、ユーロの買い戻しからドル安を背景とした動きに2990円まで投機的に動いている。ただイタリア問題を抱え、ユーロは1ユーロ:1.1519ドルまで下値を試す可能性は残っており、今しばらくユーロの反転まで下値追いの動きが起こり易い。
ただ東京白金は、2680円で切り返し、2740円で反転した事から2680円の底値を確認した相場だけに、3016円からの下落はN波動であれば2869円までと思える。
そのため来週から10月に入り、今年の最後の調整を示す値動きを示した後は、3200円へ向けて動き出し来年3月までに達成すると予想している(週報参照)。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO296は、先週号で2900円の値固めと記載したが、今週号は来週以降の白金価格の値動きと今後予想されるエントリーのタイミングを示したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月29日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




10月の2800円台は今年最後の買い場を提供する値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、39円安の2937円で終わっている。イタリアの2019年の予算案が財務相の示していたGDP比率1.9%を上回る2.4%まで引き合えて合意した政治リスクを嫌ってユーロが売られた事で、3002円まで戻りを見せた後に2920円まで反落している。そのため週末の東京白金は、2936円で寄り付くと2936円を下回る事が出来なかった反動で2953円まで戻りを見せている。しかし午後からは、戻りが限定的となり上値止まると引け際には2835円まで下値を試して終わっている。

スポット市場では、アジア時間帯に810ドルを挟み、上下2ドル程度の上下を繰り返していたが、東京市場から欧州市場へ移行する時間には、808ドルを下回り806ドルまで下値を模索する動きを見せている。
特に東京白金は、3000円越で戻りが抑えられ、直近の安値2961円を下回り、目先の基調が変化しており、調整安の動きに備える状況でないか。

今晩は、16:55にドイツ失業率・失業者数、18:00はユーロ圏消費者物価指数・速報値、21:30はPCEデフレータ、PCEコアデフレータ、個人所得・支出、バーキン・リッチモンド連銀総裁の講演、21:35がプラートECB理事の講演、22:45にシカゴ購買部協会景気指数、23:00にはミシガン大学消費者信頼感指数・確報値、29日5:45からウィリアムズNY連銀総裁の講演が予定されている。

特に昨晩のイタリアの財政問題について今晩の欧州委員会の議題となり、イタリアに対して財政赤字の抑制を求める声が相次ぐようなら、イタリアとEUの対立が懸念されユーロが売られる可能性がある。

テクニカルは、相対力指数が56.23%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+46%で下がりながら、中期は+88%で切り下げながら、長期は+67%で上昇が止まっている。移動平均線は10日移動平均線が2942円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せている。
特に日足が10日移動平均線を下回っており、目先2920円を下回ると40日移動平均線までの下値を模索する可能性が高まる。

今晩も欧州時間帯からユーロの動きに注意が必要であり、英国のEU離脱交渉と合わせてユーロを押し下げる内容になるだけに、ドル高に拍車が掛かる可能性を秘めており、NY白金が800ドルを試す値動きに結び付くようであれば、東京白金は2900円を割り込む可能性が高くなる。

しかし今年の安値は2680円で確認済であり、今回の下落が終わると年末から年始に向けて大勢感は強気に転じて、3200円へ向けた値動きが予想され、今年最後の買い場となるのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO296は、先週号で2900円の値固めと記載したが、今週号は来週以降の白金価格の値動きと今後予想されるエントリーのタイミングを示したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月29日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






イタリアの政治リスクの高まりで3002円まで間違って戻した反動安・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:20の東京白金は、27円安の2949円で推移している。夜間取引でFOMCに利上げ、イタリア政府の予算案を機に政治リスクの高まりを受けたユーロ安と重なり、白金価格は3002円までの戻りから2920円まで下値を試している。
そのため本日の東京白金は、2936円で寄り付くと1時間を経過しても寄り付きの2936円を下回る事が出来なかった事から、日計り商いの買い戻しを受けて2953円まで戻りを見せている。

スポット市場は、欧州時間帯に823ドルから829ドルまで戻りを示したが、NY時間帯に入ると806ドルまで大きく反落しており、終盤は買い戻しを見せている。そのためアジア時間帯には808ドル~810ドルのレンジを示しながら810ドルを維持している。
特に昨晩に大きく反落したユーロ相場は、1ユーロ:1.1634ドルで下げ止まり、買い戻しの動きを見せている。
ただイタリア政権内で財務相の立場を無視して、財政拡大を示した事から財務相の辞任に繋がる様であれば、更なるユーロ安の動きに拍車が掛かる可能性が高いと思える。

        image003_20180928105444e38.png  image003_20180928105445e52.png  image002_20180928105447644.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が59.34%で下がりながら、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+57%で下がりながら、中期は+90%で上昇が止まり、長期は+68%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2944円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せている。
そのため本日の終値が10日移動平均線を下回るかに注意したい。

午後からは午前中に安値から30円以上の戻りを見せており、日計り商いで再度2944円を試す値動きを見せて来るのと予想する。特にユーロの反応やスポット市場での戻りを見る事が出来ていない中での買い戻しであり、下値を確認した値動きには思えない。
そのためNY白金が800ドルを再確認する値動きを示した場合の2900円の抵抗を示すか見極めが必要に思える。
しかしテクニカルでは、目先の利益確定を行うサインも出ており、買い戻しの動きにも注意が必要である。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





イタリア政府の2019年予算案で財務相との対立懸念・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、15.3ドル安の810.3ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で1円安(10月限)と予想する。
FOMCを終えてFFレートが今年3回目の利上げを実施している。一部では声明文から「緩和的」の文言が削除され、金利水準はFRBの中立と考える水準に近付いたと予想し、金利引き上げ打ち止めに向けて動き出したと判断している。しかし一夜明けたパウエルFRB議長は「米経済が着実に力強さを増していることから、金融当局は政策金利を健全な経済の正常な水準へと漸進的に近づけている」と説明し、更なる利上げを行っていく事を再度発言している。

欧州ではイタリア政府の予算案が財務相のGDP比率1.9%から変更し、2.4%で合意した報道され「五つ星運動」のポピュリスト政党にとって勝利を意味する事から、ユーロが対ドルで大幅に売られている。ただEU財政規律ではGDP比率3.0%の範囲内で納めている。

その動きを受けたNY市場は、米金融政策当局が前日の利上げ決定に際し、米経済が好調だとの認識を示したことに反応して54ドル高で終わっている。債券市場では長期債が買われて10年物国債金利は低下し3.05%で推移している。為替市場では、FOMCや欧州の政治リスクの懸念が高まりドルが全面的に買われている。ただ新興国通貨であるトルコリラは堅調な動きを見せている。
貴金属は、ドル高の動きを受けて金価格は大きく反落した。白金価格もドル高:ユーロ安の動きを受けた事から一時806ドルまで下値を試している。

南アフリカでは、シバニーゴールドでは仲裁委員会を介してNUMと協議を行ってきたが、賃金交渉が合意に至らずストライキのお墨付きを得ている。またAMCUはハーモニーゴールドで仲裁委員会のストライキのお墨付きを獲得している。

日足で見たNY白金は、820ドルを割り込み800ドルに向けて下げている。テクニカルは相対力指数が48.43%で下がり、弱気に転じている。ストキャスティクスも%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+21%で下がり、中期は+85%で切り下げだし、長期は+71%で横ばいした動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が818.8ドルで上昇が止まり、40日移動平均線は803.5ドルで下げ止まっている。

本日の東京市場は、夜間取引で一時3002円まで戻りを見せたが、イタリアの予算案に関連した政治リスクが高まりを見せて、ユーロが大きく売られた事から2961円を下回り2920円まで売り込まれている。
特に数日間に渡り下値を切り上げて来た値動きに対して、高値更新が止まった事から調整安に周期に入った可能性は高い。
ただNY白金が800ドルを下回る事が起こるかに今後の注目が移り、東京白金は2900円を下回る値動きに結び付くのか見極める時間帯に入る。

目先下値目標は、2872円までの下値模索が想定でき、来週早々に下値を試すのか見極める必要があるのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



イタリアの2019年予算案会合の延期報道でユーロ安:白金安・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、4円安の2976円で終わっている。夜間取引で2993円まで戻りを見せた東京白金は、FOMCを機にユーロ安:ドル高を受けた下落で2966円まで下値を試している。そのため2973円で本日寄り付くと出尽くし相場の買い戻しを受けて2989円まで戻りを行っている。しかしイタリアの2019年度予算について連立与党内や閣僚間での対立が見られる状況を受けて、予算案をめぐる会合が延期されるとの報道からユーロが大きく反落すると2972円まで下値を試して終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に820ドルから826ドルまで戻りを示したが、ユーロの急落で822ドルまで売られて推移している。特に東京白金は、昼のコメントでも記載したが戻り高値3015円、3016円、3007円と3000円以上で戻りが抑えられており、新興国通貨の下落で下げた水準を戻し終わっている。
そのため3000円以上を上回る要因では、新たな需給要因が発生するか、中国の関税問題が終結する要因が必要に思える。特に午後から報じられたイタリアの予算案問題は、EUの財政規律が守れるかの要因であり、ユーロには弱気の要因となるため、波紋が新興国通貨に波及する可能性も秘めている。

今晩は、18:00にユーロ圏消費者信頼感・確報値、ユーロ圏業況判断指数、21:00にはドイツ消費者物価指数・速報値、ドイツ調和消費者物価指数・速報値、21:30は第2四半期実質GDP・確報値、個人消費・確報値、GDPデフレータ・確報値、PCEコアデフレータ・確報値、耐久財受注・速報値、週間新規失業保険申請件数、卸売在庫・速報値、22:30はドラギECB総裁の講演、23:00が中古住宅販売成約指数、28日0:30にはレーン・フィンランド中銀総裁の講演、2:00にはプラートECB理事の講演、3:00からはカプラン・ダラス連銀総裁の講演、5:30にパウエルFRB議長の講演が予定されている。
既に延期報道が出ているイタリアの新たな公的財政経済成長目標設定が予定されている。

もし五つ星運動と財務相の対立が深まる事があれば、新たな政治リスクが欧州市場に表れる事になり、白金価格は下値模索の動きに拍車が掛かる要因となる。

テクニカルは相対力指数が67.74%で下がりながら、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+81%で下がりながら、中期は+90%で上昇し、長期も+66%で切り上げている。そのため短期が中期を下回り、長期を下回る可能性が高くなっている。移動平均線は10日移動平均線が2931円で上昇し、40日移動平均線は2875円で下げ止まった状態であり、日足と移動平均線の乖離幅の縮小が予想される。

米中の第3弾関税発動、FOMCの利上げ実施を受けてイベントが一巡した状況であり、市場は新たな要因待ちの動きであっただけに、イタリアの要因は目先の下値を模索する値動きに結び付く状況と予想される。
ただ相場には「諸刃の剣」と同じで、EUの財政規律を守る結果が出れば、巻き戻しの値動きに結び付く要因と思える。
そのため今晩の欧州からNY市場に向けてFOMCの利上げと合わせて注目される状況である。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



中国への第4弾関税が最後のリスクであり、出尽くすまでは往来相場・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、4円高の2984円で推移している。FOMCを受けた東京白金は、夜間取引で一時2966円まで売り込まれたが、東京時間帯が始まると2973円で寄り付くと「知ったら仕舞」の反応を見せて従来通りのFOMC以降の買い戻しの動きを示す値動きを行いだし、2984円まで戻りを見せている。

スポット市場は、欧州時間帯に824ドルを維持していたが、NY時間帯に入ると819ドルまで下値を模索してFOMCに向けて買い戻しの動きを続けながら、827ドルまで戻している。しかしFOMC以降は急速に820ドルまで下げている。アジア時間帯には820ドルを維持しながら買い戻しから824ドルま戻している。

特に東京白金は、3015円、3016円、3007円と戻り高値が更新できない値動きを示しながら、2961円の直近の安値を試す値動きを見せている。しかし8月13日から15日までの下落で2680円まで下値を試したが、新興国市場が落ち着きから8月13日の3000円台を回復した状況である。
また6月15日3200円から2844円までの下落要因である金利高に伴うドル高や中国に対する関税発動要因は依然と存在しており、3000円以上は売られ易く、2844円以下は買われ易い環境下にあると予想される。

また週末に向けてトランプ政権は、貿易問題で日本との通商交渉で自動車関税を棚上げにして協議継続で合意し、28日にはメキシコとのNAFTA協定改定合意の内容を公表し、カナダとの通商交渉を前進させたい動きを見せて来る。また債務上限問題も下院議会で政府閉鎖を回避する総額8530憶ドルの歳出法案を可決するなど、中国との関税問題だけが懸念リスクとなるなど中間選挙に向けて最後の切り札を切る動きが強くなってくるのではないか。

       image003_20180927104250335.png  image003_20180927104252fe0.png  image002_2018092710425311c.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が69.47%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dは下げている。RCIは短期が+83%で下がりながら、中期は+91%で上昇し、長期は+67%で切り上げた状態である。移動平均線は10日移動平均線が2932円で上昇し、40日移動平均線は2875円で下げ止まった動きを示している。

午後からは、朝のコメントでも記載した様に日計り商いの狭いレンジ相場が続くと見られ、2987円までの戻りを見せて来るのではないか。ただFOMCはNY白金の立ち合い終了後であり、今晩のNY白金は軟調な値動きが予想される。そのため買われ過ぎると週末には2861円を試す確率が高くなるだけに、注意して対応するのが妥当と思える。

個人的には、回帰相場である事は間違いないが、需給要因の供給過剰、金利高に伴う金価格の軟調な値動きが存在するだけに中国要因が出尽くすまでは一直線の3200円へ向けた回帰した値動きは難しいと思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




FOMC「緩和的」を削除、しかしパウエルFRB議長「依然と緩和的」に言及・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、2.7ドル高の825.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で5円安(10月限)と予想する。
日米通商交渉が合意し貿易問題が縮小する動きを示した事から為替市場では円高:ドル安の動きを見せている。またFOMCでは、政策金利を今年3回目となる0.25%引き上げを実施し、声明文からは「緩和的」の文言を削除している。そのため市場は金利は中立に近づいている事を示したが、パウエルFRB議長の記者会見では「緩和的を削除したが依然と緩和的である」と述べ、市場に向けて間違ったメッセージにならない様に配慮した動きである。そのためFOMCを終えてタカ派とハト派的な内容が入り乱れており、為替市場では円やスイスフランにドルは売られ、ユーロやカナダ・ドルで買われる動きを見せている。

NY市場では、依然と年4回の利上げ、来年3回の利上げが示唆されており、ダウ平均は終盤に下落し106ドル安で終わっている。債券市場は、長期債が買われ10年物国債金利は低下し3.06%で推移している。
貴金属は、FOMCの利上げ実施を受けた動きに金価格は下落している。特に金利上昇時の金価格の弱気が浮き彫りとなり、2009年以前の金価格の値動きに移行した雰囲気である。

白金価格は、日米自動車関税問題が一時的な棚上げとなり、今後通商交渉を行う上で切り離して交渉する事を意味している。そのため自動車要因が悪化しなかった事を受けたパラジウム価格の反発から、一時814ドルまで売り込まれたが巻き戻して終わっている。
しかし時間外取引では、FOMC以降にNY時間帯を終えた水準を下回る動きを見せている。

日足で見たNY白金は、高値が止まり徐々であるが下値を日々切り下げている。テクニカルでは相対力指数が63.38%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが下げている。RCIは短期が+68%で下がり、中期は+91%で上昇が止まり、長期は+69%で上昇が止まっている。そのため短期が中期と長期を下回る動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が818.1ドルで上昇し、40日移動平均線は803.9ドルで下げ止まっている。

本日の東京市場は、FOMC前に一時2993円まで戻りを見せたが、FOMC以降はユーロの乱高下からの下落を受けて2966円まで下値を試している。特に2961円の安値を試したが、下回る事が出来なかった事から目先は戻りを示す可能性が高い。そのため本日の東京白金は再度買い戻しの動きを見せて、2980円を試す動き見せるのではないか。
ただテクニカルは、強気は維持しているが目先の弱さを示しており、戻り売り的な値動きが今しばらく続く可能性が高い。特に日計り商いは、狭いレンジの逆張りを試みる可能性が高く、当面3000円は売り、2960円は買いのトレードが続くと予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



FOMCの声明文内容、日米首脳会談後のトランプ大統領の記者会見・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、8円安の2980円で終わっている。夜間取引で一時3007円まで戻りを見せたが、FOMCを控え利上げ観測が確実視されており、ドルの巻き戻しの動きに押されだしている。そのため2980円で寄り付くと2977円まで下値を試した後は、日計り商いの動きの狭いレンジ内で上下を繰り返した。引け際にはスポット価格の買い戻しから2989円まで戻りを見せて終わっている。

スポット市場は、FOMCを控え模様眺めの様相が強く822ドル~824ドルの狭いレンジ内で上下を繰り返した動きを見せている。
東京白金は、3015円、3016円、3007円と3000円を付けるが維持できなかった事から、3000円は目先利食いの域と判断している。

特に昼のコメントでも記載したが、6月15日以降の下落は、FOMCの利上げ、ECB理事会での政策金利据え置きの金利要因と米中の関税発動要因が重なったドル高が下落の要因であり、13日のECB理事会の金利据え置き確認、24日の米中の関税発動、今晩のFOMCの利上げ確実の動きであり、順番は違えども要因から見れば6月の再来と思える。

しかしドラギECB総裁はEU議会での証言でインフレ率の高まりに言及するなどユーロを擁護している。そのためFOMC後のパウエルFRB議長が「緩和的」の文言を削除し、タカ派的な内容に言及するとユーロは対ドルで売られだし、白金価格は下げる可能性は高い。

今晩は、20:00に週間MBA住宅ローン申請指数、23:00は新築住宅販売件数、23:30には米週間石油在庫統計、27日2:45が日米首脳会談、3:00はFOMC政策金利、経済予測公表、3:30にパウエルFRB議長の会見、6:30がトランプ大統領の記者会見の予定となっている。
そのためFOMCまでドル高:円安、FOMC以降はドル安:円高、トランプ大統領の記者会見で再度ドル高:円安の動きに思え、為替市場はドル高:ユーロ安を想定している。

テクニカルは、相対力指数が69.03%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dを下回っている。RCIは短期が+91%で下がりだし、中期は+83%で上昇し、長期も+62%で上昇を示している。移動平均線は10日移動平均線が2915円で上昇し、40日移動平均線は2875円で下げ止まった動きを見せている。
特にRCIの長期が上昇を維持しており、依然と戻す力が備わっている。

今晩の注目は、FOMC後の記者会見でパウエルFRB議長がタカ派的な発言を行うか、またトランプ大統領の会見で日米首脳会談の内容に言及すると予想され、円ドル相場の動きにも注目される。特に自動車関連の関税についてEU同様に棚上げで円安:ドル高、協議決裂で円高:ドル安の動きが予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



FOMCを控えた模様眺めに加え日計り商いの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:15の東京白金は、5円安の2983円で推移している。イタリアの予算案が合意した報道でユーロがリスク緩和の動きに買い戻しを示したが、6月にFRBが利上げを実施し、ECBは2019年夏場まで据え置きを表明したドル高:ユーロ安を背景とした下落の影響から、今晩に控えたFOMCを理由にユーロの買い戻しが抑えられている。そのため3007円まで戻りを示したが、再度売られだして2972円まで下値を試している。そのため本日の東京白金は、為替市場の円安を受けた買いに2980円で寄り付くと狭いレンジ内で上下を行いながら、2977円~2983円で推移している。

スポット市場は、欧州時間帯に831ドルまで戻していたが、NY時間帯に入ると821ドルまで下落するなど、ユーロ安の動きに比例した値動きを見せている。そのためアジア時間帯には822ドルで下げ止まりながら、824ドルまで戻りを見せている。
特に東京白金は、金融政策と関税発動を受けた6月の下落は3200円~2844円であり、トルコリラの下落では3000円~2680円のレンジである。そのため一時的にトルコのリスクが後退し、3000円まで戻りを示したが、金融政策の利上げや米中関税要因は存在しており、3000円~3200円の戻りは目先抑えられる状況に思える。

しかし今晩のFOMC以降の値動きを見極める事が必要であり、もしFOMC以降にアジア時間帯にスポット市場で800ドルを試す値動きを示す様であれば、東京白金は下値抵抗の2935円、2926円を試す可能性は高くなるのではないか。

         image003_20180926105246685.png  image003_2018092610524728e.png  image002_20180926105249181.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルでは、相対力指数が69.92%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%dが下げている。RCIは短期が+92%で下がり、中期は+84%で上昇し、長期も+62%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が2915円で上昇し、40日移動平均線は2875円で維持された動きを見せている。
特にRCIの長期が依然と上向きを維持した状況であり、安易な売りは避けた方が良い。

午後からはFOMCを控えた値動きが想定でき、非常に狭いレンジ内の値動きに傾く傾向が強いと思える。そのため2980円~2987円のレンジ相場が予想される。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




イタリア予算案の合意報道やユーロの巻き戻しで820ドル維持・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、6.4ドル安の822.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で17円安(10月限)と予想する。
欧州時間帯にイタリアの予算案が合意した事を受けたリスク緩和の動きを受けたユーロ買いが見られたが、メイ首相はEUY離脱交渉に関してカナダの例を挙げて「悪い合意であればないほうがまし」との発言している。一時買われたユーロも軟調な動き見せている。
トランプ大統領は、国連演説で中国やイランを非難し、両国との関係が依然とリスクに繋がる状況を示している。

また米国経済指標では、コンファレンスボード消費者信頼感指数が事前予想を大きく上回る138.4を示し、米国経済の力強さを示している。また10年物国債金利は上昇し、一時3.11%を付ける金利高を見せている。
NYダウ平均は、中国との関税戦争の拡大を嫌気したが、アマゾンが買われる動きを見せて下値から買い戻しされ69ドル安で終わっている。債券市場は記載した様に長期債が売られ金利は上昇し3.10%で推移している。
貴金属は、ユーロやポンドでドルが売られドル安を背景とした動きに金価格は買われている。白金価格は中国との貿易摩擦が拡大している事を受けて833ドルを維持できない動きから822ドルで終わっている。特に2018年平均の直接コストが825ドルであり、居心地の良い値位置である。

日足で見たNY白金は、3日間高値更新が出来ない事から、目先戻りが抑えられた確認を示している。テクニカルは相対力指数が61.52%で下がり、ストキャスティクスも%Dが下がりslow%Dも下げている。RCIは短期が+78%で下がり、中期は+92%で上昇し、長期も+69%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が815.6ドルで上昇し、40日移動平均線は803.7ドルで維持した状態である。

本日の東京市場は、夜間取引で一時3007円まで戻りを見せたが、3000円を維持する事が出来ない事から一時2972円まで下値を試している。ただ前日の安値2961円を下回る事が出来ていない事からも、下値の抵抗は見せてる。
本日は、為替市場の円安:ドル高を背景として買い戻しの動きを示してくる可能性が高い。特に今晩はFOMCを控えており、早朝には金利引き上げの要因が市場がどう反応を示すか見極める動きになると予想される。

ただ目先のテクニカルが下げている事から、再度2961円を試す可能性は高く、2900円前半までの調整安に注意と思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif

新興国通貨下落の3000円を回復し、中銀の金融政策で3200円の下落を埋めるか・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、19円安の2988円で終わっている。3連休明けの東京白金は、米中の関税発動を受けたが、ユーロ圏におけるインフレ率の高まりを受けた利上げ観測がユーロを押し上げ、2975円で寄り付くと2991円まで戻している。その後はユーロの軟調な動きから2977円まで下値を試したが、買い戻しの動きに徐々に切り上げだすと引け際には2994円まで戻して終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に826ドルを維持しながら一時824ドルを試す動きを見せたが、徐々に買い戻しの動きを示しながら827ドルまで戻している。
東京白金は、前日に3015円、週末には3016円と戻りが抑えられた値動きを示している事から、今晩の値動きで高値を更新できない中で2961円を試す動きを示し事が出来ると、下値を模索する可能性は高くなる。ただ夜間取引で3000円を回復る値動きを示すと3016円を試す可能性は高くなるため、今晩のNY時間帯の値動きが注目される。

今晩は、17:10にプラートECB理事の講演、22:00にはS&Pケースシラー住宅価格指数、23:00はコンファレンスボード消費者信頼感指数、23:40からクーレECB理事の講演が予定されている。また国連総会一般討論演説でトランプ米大統領は25日に演説を行う。

テクニカルでは、相対力指数が71.44%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dは横ばいした動きを見せている。RCIは短期が+96%で上昇が止まり、中期は+73%で上昇し、長期は+53%で切り上げた動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が2897円で上昇し、40日移動平均線は2874円で下げ止まった動きを見せている。

関税発動を受けても3000円を意識した値動きを続けており、市場関心は関税から金利へ移行した動きに思える。特に価格水準は、8月の3000円台を回復し新興国トルコの通貨リラの急落で2680円まで下値を試した新興国リスクは巻き戻し終えている。
また一夜にして2844円まで急落した米中の貿易戦争拡大懸念を受けた下落も、2000憶ドルの関税発動を受けても3000円を試す動きを示すなど7月からの下落相場も巻き戻しの動きに思える。
残るは6月のFOMCとECB理事会を受けて、金利要因からドル高を背景とした3200円からの下落が残っているが、FOMCを控えた状況下で戻りを続ける事は難しく思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif

トランプ大統領の第4弾の言及がない以上、FOMCの利上げに対する為替要因・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、29円安の2978円で推移している。3連休中に米中の関税発動やドラギECB総裁のインフレに対する強気に発言が聞かれるなど、強弱入り乱れた要因で2975円で寄り付くと円安にユーロの堅調な動きを受けた為替要因で2991円まで戻りを見せている。ただ中国の休日明けから上海総合株価指数が軟調な動きを示し、ユーロが売られだすと2978円まで下値を試す値動きを見せている。

スポット市場では、連休前の欧州時間帯の836ドルからNY時間帯に821ドルまで下げた後は、週明けに関税発動を受けて820ドルを維持していたことから、ドラギECB総裁の発言を受けた買い戻しで832ドルまで戻している。そのためアジア市場の動きは826ドルを維持しながら、824ドルまで下値を試している。
特に東京白金は、関税発動を織り込みながら2991円まで戻りを見せたが、3000円を超える事は出来なかった事から、金利要因へ市場の関心は移行した可能性が高い。

特に27日早朝にはFOMCで利上げの実施が予想されており、金利要因はドル高:ユーロ安やドル高:新興国通貨安が予想され、過去の動きで捉えた場合はドル高に伴う軟調な値動きが予想される。

       image003_201809251107488bf.png  image003_201809251107505fd.png  image002_201809251107518de.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が69.03%で下がりながら、ストキャスティクスでも%Dが下がりながら、slow%Dを下回る動きを見せている。RCIは短期が+97%で上昇が止まり、中期は+73%で上昇し、長期も+54%で切り上げた動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が2893円で上昇し、40日移動平均線も2874円で下げ止まっている。

午後からは、戻りが止まった動きを見せており、今晩のNY白金がカギになると予想される。特に820ドルを下回る動きを示して来ると東京白金は、必然的に2961円を割り込みながら10日移動平均線へ向けた下値模索の値動きを示す可能性が高くなることから、2900円までの下値模索までは静観した状況である。
そのためにも今晩のNY白金の値動きを見極める事が必要と判断する。過去の動きでは、FOMCを機に基調が転換する値動きを示している確率が高く、FOMCが終了する27日早朝までの下値追いを予想している。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



関税発動より、金利要因へ移行した市場感・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、0.3ドル安の829.3ドルで終わっている。週末から3連休中にNY白金は4.9ドル安となり、週末の夜間取引から比べ東京白金の寄り付き換算は7円安(10月限)と予想する。
トランプ大統領は、中国に対して第3弾である2000億ドルの関税を発動し、中国も600億ドルにおよぶ報復関税を発動している。また今週予定されていた中国との通商交渉は中止と報道されており、米中の関税に伴う貿易戦争は更なる関税発動のリスクが存在する。

しかし欧州時間帯に入るとドラギECB総裁はブリッセルで開催された欧州議会で証言しユーロ圏の基調的なインフレ率に「比較的力強い」上昇が見込まれる」と述べ、来年終盤の利上げ実施見通しに向け順調に進んでいることを示唆している。そのため関税問題で軟調であったユーロは、ドラギECB総裁の証言を機に買い戻しを強めた動きを見せている。
ただイタリアで予算に関するトップ会談が実施されコンテ首相、ディマイオおよびサルビーニ副首相、トリア財務相、サボーナ欧州問題担当相などが出席しており、ユーロの戻りを抑える動きに結び付いている。

そのためNY市場は、関税リスクを嫌いダウ平均は売られて181ドル安で終わっている。債券市場は長期債が売られ10年物国債金利は上昇し3.08%で推移している。為替市場は、関税やドラギ総裁の発言を受けて、方向性を示す事が出来ないで推移しており、FOMCを控え金利要因へ移行する内容に思える。
貴金属は、ユーロの買い戻しでドル安を受けた金価格は堅調な動きを見せている。白金価格は、ユーロの買い戻しから下げ渋る値動きを見せながら、830ドルで抵抗を見せている。
ただ米中の関税発動を受けても以前に比べ大きく反落する動きを見せない新興国通貨やユーロの動きに下げ渋る動きを見せている雰囲気である。

日足で見たNY白金は高値が止まり、825ドルで下げ渋る動きを見せている。テクニカルは相対力指数が68.90%で上昇が止まり、ストキャスティクスも%Dが切り下げながら、slow%Dを下回る横ばいした動きを示している。RCIは短期が+85%で下がり、中期は+91%で上昇し、長期も+61%で上昇した動きを示している。移動平均線は10日移動平均線が812.2ドルで上昇し、40日移動平均線は804.3ドルで下げ止まった状態を見せている。

本日の東京市場は、3連休中に関税問題やユーロの巻き戻しなどを受けて、下げ渋る動きを見せて来ると予想される。ただFOMCの利上げに向けて市場は動き出す可能性が高く、ドル高:円安を受けた値動きが予想される。
特に戻りが抑えられた値動きであり、目先の調整安は起こってもおかしくない。そのため2900円前後までの押し目を待って対応するのが無難に思える。

関税問題は意外にも影響が軽微となり、市場は関税で売り込むより買い戻しの動きを示している雰囲気であり、市場が大きくリスクを感じた動きを示した場合は、逆張り的な発想を持って対応するのが妥当に思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif

米中関税発動・・ただ市場は動意薄・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

トランプ大統領は、本日13:00に中国かの輸入品2000憶ドルに対して10%の関税を発動し、中国も米国の関税発動から1分後に600憶ドルの報復関税を発動している。特に中国の600憶ドルには農産物が標的とされており、トランプ大統領は報復関税が発動した場合は、第4弾の2670憶ドルに対する発動も示唆している。

また今週に中国から劉鶴副首相と中級レベルの中国代表団のワシントン訪問計画が中止されたとWSJが報じており、11月6日に予定されている米国中間選挙までに米中の関税問題は終結する可能性は低いと思われ、今しばらく市場にはリスク逃避の動きが存在する状況である。

そのため午前中は、ユーロや新興国通貨であるトルコ・リラや南アフリカ・ランドは、米中の関税発動を控える中で対ドルで軟調な動きを見せている。また円相場も対ドルで112円後半まで円安:ドル高の動きを見せており、スポット市場ではドル建て貴金属は軟調な動きを見せている。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif

WSJ、中国代表団のワシントン訪問中止を報じる・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日は秋分の日の振り替え休日で東京市場は休場となる。週明けの豪州市場ではドル安の動きを見せている。また商品市場でも軟調な動きを時間外取引やスポット市場は見せている。特に本日は、日本時間13:00過ぎに米中の関税が発動される状況であり、為替市場や株式市場の動きに注意が必要である。しかし中国市場も本日は休場であり、午後からの欧州やNY市場の動きに注目が集まる状況である。

また米紙WSJは、今週に中国の劉鶴副首相と中級レベルの中国代表団のワシントン訪問計画を中止したと伝えた。そのため中間選挙前にワシントンで協議を行う可能性は低いと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにしており、トランプ大統領が示唆した第4弾の関税発動まで動き出す可能性が高まりを見せるのではないか。

ただカナダとのNAFTA協定の協議や日本との通商協議など米国は対中国の動きと逆に同盟国に対する通商協議をまとめて来る可能性が高く、リスク緩和とリスク逃避の動きを続ける可能性が高い。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


来週の経済指標、要人発言・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

24日(月)日米通商協議開催、ドラギECB総裁の講演、13:00中国からの輸入品2000億ドル相当への関税発動、13:01米国からの輸入品600億ドル相当への関税発動。中国市場休場

25日(火)日銀議事録、黒田日銀総裁の講演、国連総会一般討論でトランプ米大統領の演説。

26日(水)日米首脳会談、FOMC政策金利、経済予測公表、パウエルFRB議長の記者会見。

27日(木)米耐久財受注(8月)、米第2四半期GDP確報値、ECB経済報告、ダラス連銀総裁の講演、パウエルFRB議長の発言。

28日(金)日本雇用統計、中国財新製造業PMI、米個人所得支出、NY連銀総裁の講演、リッチモンド連銀総裁の講演。

30日(日)中国製造業PMI。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


英国のEU離脱交渉の難航と中国に対する制裁発動でリスク逃避・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                    

本日のNY白金は、4.6ドル安の829.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ週明けの寄り付き換算で12円安(10月限)と予想する。
欧州時間帯にメイ首相は、EU離脱交渉についてBBCは、「英国はEU離脱で進路を変えない」と報道し、北アイルランドの国境問題でEU交渉で難航している動きを受けて、ポンドが反落し欧州通貨であるユーロも対ドルで売られる動きを見せている。
またトランプ大統領は、FOXニュースとのインタビューで、「中国に対する態度を明確にすべき時だ」と述べ、通商問題で同国への攻撃の手を緩めない姿勢を明らかにし、中国装備発展部が米国の制裁を破ってロシア製兵器を購入したとして米国が同部と部長を制裁対象に指定した。
そのため市場では中国との関税や制裁の問題が新たに浮上し、リスクオフの動きを示す動きを見せている。

NY市場では、株式市場で世界産業分類基準(GICS)の1999年以来となる大幅見直しもあり、売買高が増加し株価の下落に結び付く動きを見せて、ダウ平均は前日比で86ドル高で終わっている。債券市場は、米中の関税問題や新たな制裁要因が表面化して長期債が買われ10年物国債金利は低下し3.06%で推移している。
貴金属は、ここ数日の上昇に対する調整を見せて、金価格や白金価格は軟調な値動きを見せている。特に白金価格は、一時839.1ドルまで戻りを見せたが、英国のEU離脱交渉が難航している事を受けたユーロ売りで、822.9ドルまで売られている。

また南アフリカのラマフォサ大統領が経済政策を発表し、ランドは堅調な動きを示していたが、発表後は再度売り直す動きを見せている。特にプラチナ鉱山に関係する鉱山憲章の内容は来週に発表される予定である。

日足で見たNY白金は、高値を更新するが陰線で終わるなど、戻りが抑えられた動きを見せている。テクニカルは相対力指数が69.25%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dは切り上げた動きを見せている。RCIは短期が+90%で上昇が止まり、中期は+83%で上昇し、長期は+53%で切り上げている。移動平均線は10日移動平均線が808.3ドルで上昇し、40日移動平均線は804.4ドルで下げ止まりを見せて、10日移動平均線は40日移動平均線を超える買いのサインを見せている。
ただ乖離幅が拡大した動きであり、目先戻りの勢いは低下する可能性が高い。

本日の東京市場は、連休前でもあり高値が3016円で抑えられると、一時2961円まで下値を試す動きを見せている。ただ週明けの月曜日が振り替え休日であり、再度NY白金の値動きを受ける事から、巻き戻しの動きを示すか見極める状況でないか。
特に米中の関税発動は、日本時間24日の13:00の発動され、東京市場は休場である事から24日のNY時間帯の値動きを見極める必要がある。
もし下げて来ると東京白金の週明けの動きは、週末の夜間取引で付けた安値2961円を下回る可能性が高まり、目先27日のFOMCまで調整安の値動きになるのではないか。
ただ日米ともにテクニカルでは依然と強気の継続を示しており、上値追いが止まるかに注目した方が良いと思える。

特にトルコに対する米国の制裁発動で、リラ安が新興国リスクを高めて2680円まで下値を試したが、トルコ中銀の政策金利引き上げなどを受けて巻き戻しの動きを受けて、8月6日以来の3000円台を回復している。ただ中国に対する関税制裁やFRBの利上げ要因は依然と市場に存在しており、3059円を超える事が出来るかは見極めが必要である。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


今後の焦点は来週の要因で3059円を超える事が出来るか・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、55円高の3007円で終わっている。夜間取引で2996円まで高値を試した東京白金は、リスク緩和の巻き戻しの動きを強めて8月6日以来の3000円台を回復すると自民党総裁選で安倍総理が勝利した事を背景とした円安:ドル高を受けて3015円まで高値を試している。その後は、週末の利益確定やポジション調整の値動きで3010円~3007円の狭いレンジ幅で上下を繰り返して終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に833ドルを維持しながら836ドルまで戻りを見せていたが、ユーロや円の動きも対ドルで弱含みを示し、ドル高からドル建て価格はアジア時間帯に伸びを欠いた値動きである。
特に東京白金は、8月以来の3000円まで回復し、休日前から比べ171円の戻り幅を示すなど、トルコ・リラの下落に伴う白金の下落幅を取り返した値動きを示している。

特に今週の上昇が急速な巻き戻しを示しており、テクニカルでは突発的な調整安の可能性を示すなど連休中のNY白金の値動きに注意が必要である。
今晩は、16:30にドイツ製造業PMI・速報値、ドイツ非製造業PMI・速報値、17:00にはユーロ圏製造業PMI・速報値、ユーロ圏非製造業PMI・速報値の発表が控えている。特に来週は24日に米中の関税発動、日米通商協議、26日FOMC、日米首脳会談などが控えており、金利や為替市場の波乱要因が控えている。

テクニカルは、相対力指数が77.14%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが切り上げている。RCIは短期が+98%で維持しながら、中期は+60%で上昇し、長期は+49%で上昇が止まった動きである。移動平均線は10日移動平均線が2876円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ止まりを見せている。そのため日足と10日、40日移動平均線との乖離幅が拡大した動きであり、戻りが抑えられる値動きが予想される。

新興国市場のリスク高で反落した2995円から2680円までの下落を取り返したが、トランプ大統領が行う関税リスクで3058円、3059円で戻りが抑えられており、第4弾の関税発動も控えている事を考慮すると、3059円を超える事はまだ難しく思える。
ただ第4弾の関税発動が影を潜める動きや、FOMCにて金利引き上げにタカ派的な声明文にならない場合は、3059円を確かめる値動きを示す可能性は残る。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月22日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


トルコ・リラ急落以前に付けた8月6日以来の3000円台回復した東京白金・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:15の東京白金は、48円高の3000円で推移している。夜間取引では中国の関税引き下げ報道から景気リスクの低下を受けたドル安を受けて、ポンド高、ユーロ高の巻き戻しが強まり、また南アフリカの鉱山憲章が議会の承認を受けた事で、南アフリカ・ランドも巻き戻しの動きを見せるなど、総合的にドル安を背景として買い戻しの動きを示し2996円まで戻りを見せている。
そのため本日の東京白金は、安値売りの買い戻しを受けて8月6日以来の3000円を上回ると3007円まで戻りを見せている。

スポット市場では、欧州時間帯に820ドルで抵抗を示しながら、NY時間帯には833ドルまで戻りを示している。そのためアジア時間帯には833ドルで下げ止まりながら、834ドルまで戻している。
特に東京白金は、ユーロ高:ドル安に円安:ドル高を背景とした円建て価格を押し上げる構図が成立しており、巻き戻しの動きを強めた要因でないか。
そのため8月のトルコ・リラ急落に伴い2680円まで反落する以前の3000円台を回復した状況である。ただこの水準から上では、米中の関税発動を嫌気した3058円、3059円のダブルトップが存在する。

特に来週は月曜日が祭日なり、東京市場が3連休中にNY市場は連続して取引を行う状況であり、休日中に関税発動や第4弾の関税発動示唆の懸念も存在する。

       image003_20180921104512a9b.png  image003_20180921104513749.png  image002_2018092110451560c.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が76.62%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇を示している。RCIは短期が+98%で切り上げながら、中期は+60%で上昇し、長期は+50%で上昇が止まった状況である。移動平均線は10日移動平均線が2875円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ止まっている。

午後から、週末でもあり3000円を新規買いする雰囲気は一巡し、午前中の高値3007円を試す確率は低いと思える。また夜間取引で2992円を下回る事が出来れば、買われ過ぎの調整安を行う可能性は高まりを見せて、2935円を下回る値動きに結び付くのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO295は、先週号で2月以来の基調が転換した相場を説明しましたが、今後の白金の値動きを予想したいと思います。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



リスク緩和の巻き戻しからドル売り:債券売り:株買いの動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、12.3ドル高の834.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で6円高(10月限)と予想する。
中国が10月から輸入関税を引き下げると発表し、中国の貿易相手国の通貨が買われる動きを見せている。特に関税発動の期日発表後に関税率の低下や発動日の不確実性の低下でリスク緩和の動き続けていた市場は、金利上昇、ドル安、株高の様相を示している。
しかし欧州では、トルコが経済政策を発表したが銀行支援が織り込まれていない事からリラは不透明な動きを見せている。英国のEU離脱交渉でもメイ首相は、合意なき離脱の発言を行うなどEU首脳会議では合意できない状態で終わっている。

そのためNY市場では、ダウ平均が巻き戻しの動きを受けて251ドル高と大幅高を演じて終わっている。債券市場でもリスク緩和に長期債が売られて、一時3.1%に届く上昇を見せている。為替市場は、ドルの独歩安を示すなどリスク緩和の動きを示している。
貴金属は、金利上昇でもドル安を背景とした動きに金価格は上昇してる。白金価格も連日高値を更新し、一時836.2ドルまで戻りを見せ、週末から36ドルの戻りを見せている。

南アフリカでは、新鉱山憲章が議会で承認され、明日にもラマフォサ大統領は景気刺激策の発表と合わせて鉱山憲章の内容を公表する。

日足で見たNY白金は、830ドルを回復し8月のトルコリラ下落に伴う下落前の水準まで届いている。テクニカルは相対力指数が74.35%で上昇し、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが上昇している。RCIは短期が+90%で維持され、中期も+72%で上昇し、長期は+42%で上昇が止まっている。移動平均線は10日移動平均線が803.3ドルで上昇し、40日移動平均線は804.4ドルで下げ渋る動きを見せてる。

本日の東京市場は、欧州時間来に中国の関税引き下げ発表を受けて欧州通貨が買われる動きを見せ、特にポンド高がユーロを押し上げる中で、ドル安を受けて支えられた事を背景として2961円を超えて2996円まで高値を試している。また鉱山憲章が南アフリカの議会で承認され、ランド高の動きも白金価格を押し上げた要因となるのではないか。

ただ今週は、関税発動が24日と発表されリスク緩和に伴い巻き戻しの動きを見せたが、3連休中に関税発動が示され、FOMCへと続く来週は目先の調整を行う可能性は高くなることから、3000円以上は目先の利益確定は強まるのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


多少上値が重たくなったのか、今週の上昇に対する調整に注意・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、8円高の2952円で終わっている。夜間取引で2926円まで下値を模索したが、2961円まで切り返した値動きを示している。そのため本日は2951円で寄り付くと2956円を試し2946円まで下値を試している。ただテクニカル的な強さから買い戻しを強めた事で再度2956円まで戻りを示している。また東京時間帯にはトルコ政府が新興国以外の鉄鋼製品に輸入品に対して25%の関税を掛けると発表し、中国政府は10月から輸入関税の引き下げを実施する憶測が流れるなど、方向性を見極める状況に思える。

スポット市場では、アジア時間帯に820ドルを維持しながら、823ドル付近で維持した動きを見せている。特に東京白金は、夜間取引で付けた高値2961円を日中取引で上回る事が出来なかった事で、夜間取引から週末の日中取引で更新する事が出来るか注目される。

今晩は、21:30にフィラデルフィア連銀景況指数、週間新規失業保険申請件数、23:00には中古住宅販売件数、景気先行指数、ユーロ圏消費者信頼感・速報値、21日0:15がバイトマン独連銀総裁の講演、2:20からプラートECB理事の講演が予定されている。また欧州時間帯には南アフリカの政策金利が発表され、事前予想では据え置きとなっている。またトルコ政府は中期経済プログラムを発表する予定である。

テクニカルは相対力指数が71.24%で上昇が止まり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが重なり横ばいした動きを見せている。RCIは短期が+96%で上昇し、中期は+37%で上昇し、長期は+48%で上昇が止まった動きを示している。移動平均線は10日移動平均線が2854円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せてる。特に日足と10日移動平均線の乖離幅が拡大した状態であるが、10日移動平均線が40日移動平均線の近付く動きを示し、グランビルの法則で買いのサインを示す可能性が高まっている。

東京市場は、週末から日米の通商交渉が開始され、再度3連休となる24日に米中の関税発動、27日早朝にはFOMCで利上げが実施される可能性が高いと思える。
またトランプ大統領が中国の600憶ドルの報復関税に対抗する第4弾の関税を示唆しており、再び関税要因から政治リスクの高まりや金利引き上げに伴うドル高の動きに注意が必要になる。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


週末に2961円を超える事が出来なければ、2873円~2854円のレンジまでの調整・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、12円高の2956円で推移している。夜間取引で一時2826円から2961円まで巻き戻しを見せた東京白金は、下げ渋る値動きを受けて2951円で寄り付くと2956円から2946円までの10円幅で上下を繰り返し、下げ渋る値動きを示している。

スポット市場は、欧州時間帯には820ドルを維持しながら、NY時間帯に825ドルまで戻りを示し、アジア時間帯には820ドルを維持して824ドルまで戻りを見せている。
特に東京白金は、今週に2844円の安値から3日間で2961円まで117円の急速な戻りを示しており、リスク・オンの巻き戻しの動きを強めた結果でないか。また日本商品取引所の東京白金の取組高で、海外先物業社経由の売買比が8月15日の大幅な売り越しから250枚程度の売り越しに変化しており、新興国リスクの低下を示す動きに思える。

しかし週末から日米の通商交渉開始、24日日本時間13:00に米中の関税発動、27日早朝にFOMCの金利引き上げとイベントが続くことから、目先の基調が変化を示す動きにも注意が必要である。特に中国が600憶ドルの関税発動を実施た場合は、トランプ大統領は2670憶ドルの第4弾の関税を示唆している。

           image003_2018092011035051a.png  image003_2018092011035215b.png  image002_2018092011035388b.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が71.60%で上昇し、ストキャスティクスは%Dとslow%Dの乖離幅が縮小している。RCIは短期が+97%で切り上げながら、中期は+38%で上昇し、長期は+49%で上昇が止まっている。移動平均線は10日移動平均線が2854円で上昇し、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せている。

午後からは、リスク緩和を3日間織り込みながら戻りを示してきたが、3000円を試すにはNY白金が830ドルを超える必要があり、今晩のNY白金が多少の調整を示す動きを見せると、一時的に戻りが抑えられる可能性は秘めている。
そのため2873円~2854円のレンジまでの調整安に備える事も必要に思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



EU離脱交渉やNAFTA協定の難航で戻りを抑えられた値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

                     

本日のNY白金は、7ドル高の821.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で7円安(10月限)と予想する。
欧州時間帯に一時ユーロが買われる動きを示しリスク緩和の動きを続けていたが、EU離脱交渉を協議した非公式のEU首脳会議でメイ首相はEU譲歩案を拒否する報道からユーロが下落し、またカナダとのNAFTA協定の協議で20日までに合意できない状況が強まり、長期化の様相が示されだすと再度リスクを意識した動きが強まっている。
ただ為替市場では、長期債が売られて10年物国債金利が上昇し、3.09%を示した事で今年の最高まで迫る動きを見せている。

そのためNY市場は、リスク緩和に伴いダウ平均は買い戻しから158ドル高と連日高値を更新している。債券市場は記載した様にリスク緩和に伴い長期債が売られ金利は上昇している。為替市場では、ドル高を背景とした動きを見せており、26日のFOMCでは金利引き上げに動く可能性が高いと市場は見ている。
貴金属は、ドル高を背景とした金売りから軟調な動きを示しているが、白金価格は米中の関税発動以降のリスク緩和に伴いパラジウムの反発が続いており、白金価格を押し上げる動きに結び付いている。

しかし中国の自動車販売実績は伸びているが、一部では減少傾向を予想する向きもあり、関税に対する警戒感も存在する。南アフリカでは、消費者物価指数が発表されたがインフレ率は低下し、政策金利は事前予想の据え置きになる可能性が高まりを見せて、ランドは落ち着いた動きを示している。
特に新興国通貨は大きく反落したが、ここに来て大手投資銀行は、新興国市場に対する見方を緩和し、買いの好機と見た動きを強めている。

日足で見たNY白金は、3日間連続で陽線を示し高値を連日更新している。オシレーターは相対力指数が68.91%で上昇し、ストキャスティクスも%Dが上昇し、slow%Dは維持した動きを見せている。RCIは短期が+90%で上昇し、中期も+59%で上昇し、長期は+42%で切り上げた動きを見せている。移動平均線は10日移動平均線が799ドルで上昇し、40日移動平均線は804.4ドルで下げている。特に日足と10日移動平均線の乖離幅が拡大した状況であり、目先の調整安に注意が必要である。

本日の東京市場は、夜間取引で一時ユーロ安に伴い2926円まで下値を試したが、切り返すと高値2861円まで戻りを示す動きを見せるなど、乱高下の動きを見せている。
特に24日に米中の関税発動を発表した後は、関税発動まで時間を利用した買い戻しの動きを続けているが週末は3連休を控えて、関税発動や来週のFOMCに備える動きが強まってくると予想される事から、利益確定の動きが強まる値動きに思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


昨年12月から1月に掛けての上昇相場に類似した値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、62円高の2944円で終わっている。夜間取引で米中関税発動時期が鮮明となり、24日までは関税要因が低下する事で巻き戻しの動きを見せている。そのため2837円まで高値を試している。
そのため本日は2824円で寄り付くと利益確定に押されて2814円まで下値を試している。ただ中国・天津で夏季ダボス会議で李首相が講演を行い「輸出促進のための通貨の切り下げは行わない」と発言し、人民元や豪ドル。ユーロなどが対ドルで買い戻しの動きを強めた事から、リスク緩和の動きを強めた買い戻しの動きに2937円を超えると引け際には2945円まで戻りを見せて終わっている。

スポット市場は、アジア時間帯に810ドルを維持していたが、東京時間帯に午後には815ドルを超えて818ドルまで戻りを見せている。特に東京白金は、今週に入り週末の夜間取引で付けた安値2844円から、本日の高値2945円まで2日間で100円の戻りを示しており、関税発動時期の発表を受けた巻き戻しの動きを示している。

また本日は、非公式なEU首脳会議が開催される予定であり、英国のEU離脱交渉の内容で、10月の合意を11月に延期する事や、アイルランドの国境問題に対する柔軟姿勢を示す事が出来ると、ユーロ高の動きに拍車が掛かる可能性がある。

今晩は、17:00にユーロ圏経常収支、南ア・消費者物価指数、20:00は週間MBA住宅ローン申請指数、21:30には経常収支、住宅着工件数、22:00はドラギECB総裁の講演、ショルツ独財務相の講演、23:30が米週間石油在庫統計の発表が予定されている。

テクニカルでは、相対力指数が70.25%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが切り上げながらslow%Dの上昇で乖離幅の縮小が見られる。RCIは短期が+93%で上昇し、中期も+24%で上昇し、長期は+47%で上昇を維持している。移動平均線は10日移動平均線が2837円で切り上げており、40日移動平均線も2874円で下げ止まっている。そのため日足と10日移動平均線の乖離幅が拡大しており、数日中に2900円を割り込む調整安に注意が必要と思える。

2680円から2945円まで265円の戻りを示しながら、依然と高値追いを続けており、3015円を超える事が出来ると本格的な上昇に転じて3200円の戻りの可能性が高まる。
ただNY白金が833ドルを超える事が必要であり、FOMCを控え切り上げて来ることが出来るかに注意したい。個人的には、今週末までは関税発動が予定されていない事から、3連休を前にした夜間取引では警戒感も強まって来る可能性は高くなるのではないか。
そのため一時的な調整安で2850円以下が出れば、新規買いのチャンスと考えて対応するのが無難と思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


関税要因が世界を一巡し、戻り高値を抑える値動きを示すか・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

11:30の東京白金は、43円高の2925円で推移している。米中の関税発動を24日に控える中で、発動時期の不確実性が消え、巻き戻しの動きを見せた東京白金は、夜間取引で2837円まで戻りを示している。
そのため本日の東京白金は、夜間取引の投げれを受けて2925円で寄り付くと2927円まで戻りを見せている。ただ連休前の安値から93円高を演じており、行き過ぎた動きに対する利益確定の動きを示し、2914円まで下値を試した値動きを見せた後は巻き戻しから2826円まで戻している。

スポット市場は、欧州時間帯に800ドルを回復するとNY時間帯には816ドルまで戻りを見せており、関税要因が一巡した動きを示している。そのためアジア時間帯には810ドルを維持しながら813ドルまで戻りを見せる動きを示している。
特に東京白金は、関税発動から下落する可能性が高いと見た向きが強く、サプライズ的な値動きを示している雰囲気である。そのため夜間取引では半信半疑の中で、売りポジションの解消が進んだ状況でないか。

ただ中国の関税発動示唆からトランプ大統領は農産物に絞った関税発動を実施た場合は、更に第4弾の関税発動を実施する事を述べており、24日以降のFOMCと合わせて注意しなければいけない要因である。

特に6月の下落時は、FOMC、日銀、ECB理事会と金融政策要因が出尽くしたドル高環境下で、関税発動示唆が下落に拍車を掛けた値動きであったが、今回はECB理事会、日銀、関税発動、FOMCとイベントが並んでおり、FOMC以降の値動きが下値を追う動きになるのか見極めが必要に思える。

        image003_20180919110016080.png  image003_20180919110018abb.png  image002_201809191100191ee.png
日足で見た現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が67.51%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dを下回る動きを見せている。RCIは短期が+93%で上昇、中期は+24%で切り上げながら、長期も+48%で上昇している。移動平均線は10日移動平均線が2834円で切り上げながら、40日移動平均線は2873円で下げ渋る動きを見せている。

午後からは、要因が一巡した事から、伸びを欠く値動きを示す様であれば、夜間取引で再度2900円を割り込む動きを見せてもおかしくない事から、再度高値2837円を試す可能性は低いと思える。
ただ関税発動時は、秋分の日の振り替え休日で3連休となる事から週末まで高値を追う値動きを示す可能性は残っており、注意が必要に思える。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





24日まで関税発動時期の不確実性が消えた巻き戻しの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

                   

本日のNY白金は、14ドル高の814.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で7円高(10月限)と予想する。
前日に米国は中国に対して2000憶ドルの関税引き上げを24日に発動する発表を行い、中国も600憶ドルの関税発動を24日に実施する報復を発表している。しかし市場は当初示された関税発動であり、織り込み済みの値動きを示している。特に関税発動時期が不透明であったリスクが、発動時期を明快にした事から巻き戻しの動きを示している。

欧州では、英国のEU離脱交渉やイタリアの閣僚同士の対立が報道されユーロは軟調な動き示しており、新興国通貨のトルコ・リラや南アフリカ・ランドも金利高に伴いドル高を受けて軟調な動きを見せている。

NY市場は、米中の関税発動を受けても市場は知ったら仕舞の動きを示し株価はダウ平均が184ドル高で終わっている。債券市場は、関税発動から次に来る利上げに市場関心は移行し、長期債が売られ10年物国債金利は上昇し3.05%で推移している。
貴金属は、金利高のドル高を受けて金価格は1200ドルを割り込む動きを見せている。白金価格は米中の関税発動を受けても市場のリスク逃避が低下し、ガソリン自動車に対する懸念が軽減した事からパラジウムが大幅高で1000ドルを超えており、白金価格も819ドルまで買われている。

南アフリカでは、国営電力会社エスコムで10発電所で燃料石炭の在庫が20日分しかない事を認めており、燃料不足に喘ぐエスコムの内情を示している。また金鉱山では、AMCUや連合などの3組合は賃金交渉で合意したが、最大の組合であるNUMは依然と平行線のままである。

日足で見たNY白金は、トルコリラの下落で示した安値755.7ドル以降の高値を更新している。テクニカルは相対力指数が65.18%で上昇し、ストキャスティクスは%Dが切り返し、slow%Dは横ばいした動きを示している。RCIは短期が+80%で維持しながら、中期は+29%で切り上げながら、長期は+38%で上昇が止まっている。移動平均線は10日移動平均線が795.3ドルで切り上げながら、40日移動平均線は804.9ドルで下げ渋る動きを見せている。
特に日足が10日移動平均線や40日移動平均線を上回る動き見せており、買われ過ぎの域に入る可能性が出ている。

本日の東京市場は、米中の関税発動が24日と発表され、発動時期の不確実性が消えた安心感から巻き戻しの動きで2937円まで高値を試している。特に新甫発会の2829円を超えた後は4日間連続で高値を更新しており、買い戻しの動きを強めた値動きを示している。
しかしユーロや新興国通貨など24日の関税発動後に26日のFOMCで利上げ観測が高まるだけに、買われる要因不足から軟調な動きを示す可能性が高く、従来FOMCまで下げて買い戻しが出易い貴金属は、逆パターンに注意した方が良いのではないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif



関税発表後にユーロ買いで疑心的な心理の中で買い戻しの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

本日の東京白金は、12円安の2882円で終わっている。トランプ大統領は、中国に対して24日に2000憶ドルの輸入品に関税10%の引き上げを実施すると発表している。そのため連休明けの東京白金は、リスク逃避から2848円で寄り付くと2844円まで売り込まれた。ただ欧州通貨ユーロや日経平均が買い戻しの動きを見せ、中国市場でも上海総合株価指数も予想外に堅調な動きを示し、午前中には2871円まで戻りを続けている。また香港のサウスチャイナモーニングは中国高官からの情報として、実施が予定されていた米中の閣僚級通商協議が取りやめられる公算を報じるなど、米中の関税問題は混迷を深める内容に思える。
しかし午後もユーロや日経平均が買われ続けており、引け際にはスポット市場でも800ドルを回復し、東京白金は2883円まで戻りを見せて終わっている。

記載した様にスポット市場では、アジア時間帯に関税発動の報道を受けて793ドルまで下げた後は、買い戻しを続けながら801ドルまで戻りを見せている。
特に340憶ドルの関税発動時は金融政策も重なり、ユーロ安:円高・ドル高の動きを示した為替市場は、一転してユーロが対ドルで買われ、円は対ドルで売られる動きを示しており、市場の反応は織り込み済みとの見方も出ている。

しかし中国の対米輸出額の50%を超える商品に関税を引き上げる要因が、市場の反応から見た織り込まれ済の解釈は疑心的な見方が強い。また新興国通貨であるトルコ・リラや南アフリカ・ランドは大きく買われる動きを見せていない事など、依然とリスクは存在する状況でないか。そのため今晩の欧州時間帯からNY時間帯における値動きを見極める事が重要でないか。

今晩は、16:00にドラギECB総裁の講演が予定され、19日5:00には対米証券投資お発表が予定されている。また中国・天津で20日まで夏季ダボス会議の開催と国連総会が開催される予定である。

テクニカルでは相対力指数が60.96%で下がりながら、ストキャスティクスも%Dの伸びが低下し、slow%Dとの乖離幅が縮小した状態である。RCIは短期が+88%で上昇し、中期も+17%で切り上げ、長期は+38%で上昇している。移動平均線では10日移動平均線が2824円で上昇し、40日移動平均線も2874円で下げ渋る動きを見せながら、日足が終値ベースで40日移動平均線を超えて終わっている。

トランプ大統領が発表した2000憶ドルに対する関税引き上げ率が今年は10%、来年は25%に引き上げられる。そのため市場は関税率の低下が買い戻しを行う要因であったのかは疑問である。特に関税発表で過去の値動きと真逆な相場を示しており、逆のサプライズが起こっている。
しかし関税発動後には、FOMCにおける金利引き上げも予想され、このまま終わる相場には思えないのが正直な話でないか。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif


市場は思惑相場が強まり動意薄の値動きを示しているが、材料は24日以降に備える・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ 

11:00の東京白金は、40円安の2854円で推移している。週明けの東京白金は、昨晩トランプ大統領が記者団に対してNY株式市場が終了したら中国に対する関税について発表があると述べ、市場が頑なに関税発動を意識した動きを見せていたが、東京時間帯が開始する2時間前に、24日に中国に対する2000憶ドルの関税発動を発表する述べた。しかし関税率が今年10%、来年に25%となる事を示しており、市場はリスクが低下した雰囲気の動きを見せている。

そのため本日の東京白金は、週末の夜間取引で試した安値2857円を下回る2848円で寄り付くと2844円まで売り込まれたが、徐々に買い戻しの動きを見せだすと、中国市場で人民元の落ち着きや上海総合株価指数が反落を見せない値動きに再度買い戻しの動きを見せて2857円まで戻りを見せている。
特に年内10%の関税率であり、25%の関税引き上げを織り込んでいただけに肩透かしの反応を見せている状況である。

スポット市場も、昨日の欧州時間帯は790ドルを維持しながら、NY時間帯には一時806ドルまで戻りを見せるなど、買い戻しの動きを示していたが、関税発動に備えだすとアジア時間帯に793ドルまで下値を試す動きを見せている。
特に東京白金は、週末までの安値を塗り替えて、2844円まで下値を試しているが、発動まで時間がある事や関税率を引き下げた経過から多少買い戻しの値動きが勝っている状況である。

ただ来週は、関税発動以外でもFOMCが控えており、利上げ確率は非常に高く、新興国通貨は関税問題と合わせて利上げに対して備える動きが予想され、ブラジルや南アフリカの利上げ観測が高まりを見せて来るのではないか。
そのため世界の利上げに対する雰囲気が、金価格の戻りを抑えてくるため、今しばらく戻りは売られ易い環境と判断する。

        image003_2018091810361005d.png  image003_20180918103611176.png  image002_20180918103613add.png
現在の日足で見た東京白金のテクニカルは、相対力指数が54.18%で下がり、ストキャスティクスも%Dが下がり、slow%Dを下回る動きを示している。RCIは短期が+85%で上昇し。中期も+17%で切り上げ、長期は+39%で上昇を見せている。移動平均線は10日移動平均線が2821円で切り上げながら、40日移動平均線は2874円で下げている。

午後からは、買い戻しの動きを見せても夜間取引に入ると欧州、NY市場が24日の関税発動要因を織り込む値動きを示してくるため、買い戻しの動きも限定的となり、依然と戻り売り的な印象が残る値動きを示してくる可能性が高いと思える。
個人的には、関税発動が避けられなければ、中国の経済情勢は悪化する可能性が高くなることから、新興国経済や豪州、欧州は波紋を受ける状況だけに一時的な買い戻しが起こっても下落の値動きに警戒した方が良いと判断する。

6月18日に「トコムスクエア TV」の番組に出演した動画です。配信番組視聴はこちらをクリック
またトコムスクエア TVの番組視聴は、トコムスクエアTV 公式ページトコムスクエアTV youtubeコモディティオンラインTVでご覧頂けますので宜しくお願い致します。

JM社「プラチナ2018」のニュースプレス(5月14日)

参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報について
毎週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO294は、2018年2月から下落した基調が転換した相場を説明します。
また週報「プラティニの相場観」に新たな「シグナル配信メール」を常時行なっています。「シグナル配信メール」のご希望の方は週報「プラティニの相場観」のパスワード請求ホームで項目を記載して下さい。なお「シグナル配信メール」の方は、相場情報の提供に該当するため「勧誘要請希望」が必要になりますので宜しくお願い致します。
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード又は「シグナル配信メール」の申し込みはここをクリック

週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。
昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです
週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。

9月15日週報「プラティニの相場観」のダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示