1. Top » 
  2. 2015年02月

ブレィクタイム・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

注目されたドイツ連邦議会でのギリシャ支援4ヶ月延長の採決は、メルケル首相率いる連立与党と緑の党がほぼ全員が賛成に回り賛成542票、反対32票、棄権13票で可決された。
特に採決前に公表される予定であったギリシャの第4四半期GDP・改定値の発表が遅れ、採決後に発表されるなど内容が悪化していただけに、意図的な遅れと見られても仕方ない動きである。

また17:00過ぎにはドイツ財務相がギリシャ採決に関して「ネガティブ」発言が伝わると、一時4525円まで売られていたが、採決前から切り返しだすと、可決から前日の終値を超えだし、NY時間に発表されたGDP・改定値を受けてリスクの巻き戻しが強まっている。そのため一時為替の円安から4629円まで戻りを見せている。

ギリシャ総選挙からデフォルトリスクが高まりを見せ、4933円の高値から4445円の安値まで488円売り込まれたが、4ヶ月支援延長がユーロ財務相会合で暫定合意を見せると、買い戻しを強めて昨晩には0.382の戻りである4614円を達成している。ただドイツ連邦議会の採決やイエレンFRB議長の議会証言で早期の利上げ観測が後退し、来週にはECBが2016年9月まで実施する総額1兆ユーロにおよぶ国債買い取り策が開始される事から、2011年12月にドラギECB総裁がユーロ防衛のため「出来る事は何でも行う」との発言を行った時同様に、過剰流動性資金の拡大で市場はポジティブな反応が予想される。

そのため16日に実施されたユーロ圏財務相会合でギリシャ支援が否決された時の戻り高値に向けて買い戻しが強まる事が予想される。詳しくは週報「プラティニの相場観」NO126を参照。

明日3月1日(日曜日)は、AM10:30~16:00までお電話において相場動向や取引についてのご質問を受け付け致します。お気軽にお電話お待ちしています。(お問い合わせ☎ 03-3249-8888)


週報「プラティニの相場観」NO126
ギリシャ・リスクや早期の利上げ観測を織り込みながら、4445円で目先の底値を確認したのか見極めが必要であるが、来週には2番底を形成して買いの域に入るのか、確証を検証したいと思います。そのためテクニカルや日柄に合わせた相場のf動向を予想したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








スポンサーサイト

週報「プラティニの相場観」NO126をアップしました・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報「プラティニの相場観」NO126
ギリシャ・リスクや早期の利上げ観測を織り込みながら、4445円で目先の底値を確認したのか見極めが必要であるが、来週には2番底を形成して買いの域に入るのか、確証を検証したいと思います。そのためテクニカルや日柄に合わせた相場のf動向を予想したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ドイツ連邦議会は、ギリシャ支援延長を可決・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


ドイツ連邦議会は、ギリシャ支援延長を可決した。


週報「プラティニの相場観」NO126
ギリシャ・リスクや早期の利上げ観測を織り込みながら、4445円で目先の底値を確認したのか見極めが必要であるが、来週には2番底を形成して買いの域に入るのか、確証を検証したいと思います。そのためテクニカルや日柄に合わせた相場のf動向を予想したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ドイツ連邦議会、ギリシャ支援延長の承認採決の投票開始・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

17:00からドイツ連邦議会でギリシャ支援延長の協議が行われ、19:00からドイツ連邦議会は支援延長の承認投票を開始した。


週報「プラティニの相場観」NO126
ギリシャ・リスクや早期の利上げ観測を織り込みながら、4445円で目先の底値を確認したのか見極めが必要であるが、来週には2番底を形成して買いの域に入るのか、確証を検証したいと思います。そのためテクニカルや日柄に合わせた相場のf動向を予想したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








コストや需給で売れない水準も、心理で売らされる東京白金の値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、8円安の4546円で終わっている。夜間取引で4600円まで高値を試した東京白金は、早期の利上げ観測懸念を受け、目先の利食いの動きが強まっている。ただ寄り付きは買い戻しを強め4567円で始まった。一時4574円まで戻りを見せたが、徐々に為替の円高に対する警戒感から利食われだすと、徐々に下がりだし寄り付き直ぐの安値4560円を下回った事から売り込まれ4539円まで下値を試して終わっている。

4600円を超えられなかった事から目先の調整が入り易い動きに思われる。ただ今晩は、ギリシャ政府が示した改革案をドイツ連邦議会が採決を行う事から、可決するとポジティブな反応が強まって来ると予想される。ただアジア時間帯に高値更新ができなかった事で高値更新は望めない情勢でないか。

そのため今晩は、22:00にドイツ消費者物価指数・速報値、ドイツ調和消費者物価指数・速報値、22:30に米第4四半期GDP・改定値、個人消費・改定値、GDPデフレータ・改定値、23:45にはシカゴ購買部協会景気指数、28日0:00に中古住宅販売成約指数、ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が発表され、また米金融政策フォーラム開催でメスター・クリーブランド連銀総裁、ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、フィッシャーFRB副議長、バーナンキ前FRB議長、中曽日銀副総裁、コンスタンシオECB副総裁などが出席する。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が37.83%で上昇が止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dが上昇を維持している。RCIでは短期が+1%で上昇を続け、中期は-83%で切り上げだし、長期も-89%で切り上げている。そのため短期との乖離幅が拡大した状態であり、目先の調整には注意が必要と判断する。移動平均線は10日移動平均線が4552円で下がりながら、40日移動平均線は4700円で下がり、200日移動平均線は4723円で維持された状態である。そのため10日移動平均線を再度超えて来るまで注意と判断する。

個人的には、4600円を付けた後に下げだしており、利食いを先行させる動きが強い。しかし再度4445円を試す値動きは難しく思われ、4500円前後では調整が終わる可能性が高い。また切り返すだけのオシレーターの動きも入る事から4500円以下まで売り込まれれば、再度新規買いを行うチャンスが膨らむ可能性が高いと思われる。


週報「プラティニの相場観」NO126
ギリシャ・リスクや早期の利上げ観測を織り込みながら、4445円で目先の底値を確認したのか見極めが必要であるが、来週には2番底を形成して買いの域に入るのか、確証を検証したいと思います。そのためテクニカルや日柄に合わせた相場のf動向を予想したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








4445円で底値を確認した相場であり、昨年10月同様に2番底形成に注意・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、9円高の4563円で推移している。欧州時間帯にギリシャリスク後退やECBの国債買い取り策開始に伴うポジティブな反応から、4600円まで高値を試した東京白金は、NY時間帯に早期の利上げ観測からドル高に押され50円近く下げている。しかし寄り付きは行き過ぎた買い戻しで4567円で始まると4560円まで下値を試した後は買い戻しで4574円まで戻りを見せている。その後は為替市場の円高の影響で4560円前後で推移している。

ここ数日の値動きは、東京市場で為替の円安、欧州時間帯はリスク緩和に伴うポジティブな反応を見せている。しかしNY市場に移ると早期の利上げ観測でドル高の影響を受けて、東京市場の15:15の水準を下回って戻ってきている。
本日も同様であり、東京市場から欧州時間帯まで4600円を試しているが、NY時間帯に入ると4550円まで下値を追っている。そのため今晩は、欧州時間帯にドイツ連邦議会のギリシャ改革案に対する採決が行われる予定であり、可決されるとポジティブな反応が起こり易い。また米国時間帯はGDP・改定値に米金融政策フォーラムが開催され、要人発言に注意と判断する。
               
現在のオシレーターで見た東京白金は、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも上昇を示し、RCIでも短期が上昇を維持している。ただ中期と長期は若干切り上げだしているが、依然と短期との乖離幅が拡大しており、一時的な調整に注意と判断する。
また日足が10日移動平均線の戻りまでは乱高下を示す可能性が高く、注意して対応するのが良いと思える。

午後からも狭いレンジ内の値動きで4560円を維持しながら推移すると見られ、欧州時間帯に4600円を窺う値動きがあれば利食いを行いながら、4530円以下は新規買いを考える事が無難と判断する。


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








一時的な「早期の利上げ観測の高まり」で振るい落としの値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、4.8ドル高の1173.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で44円安(4月限)と予想する。
欧州市場では、ギリシャに対する4ヶ月間の支援融資が暫定合意し、リスクが後退した事から、3月から2016年9月までECBが実施する1兆ユーロにおよぶ国債買い取り策に注目が集まりだし、各国の国債金利が低下する動きを見せている。
またNY市場では、消費者物価指数の発表で事前予想を下回る-07%となったが、コア指数では予想を上回る0.2%となり、ブラード・セントルイス連銀総裁はインタビューで「フォワードガイダンスから我慢強くの文言を3月のFOMCで削除すべき」と述べるなどタカ派的な内容から早期の利上げ観測が高まりを見せている。特に著名なアナリストが「夏か秋には金利引き上げに動くであろう」と発言するなど、雇用統計を前にして金利上昇の話題が表面化した状態である。

そのためNY市場は、ダウ平均では軟調な動きを見せ、10年物国債は金利が上昇し2.01%で推移している。貴金属は、欧州時間帯は堅調にリスク緩和の動きを強めていたが、米国経済指標の発表を受けて早期の利上げ観測が再度高まりを見せ、高値から大きく売られている。白金価格も一時1192.8ドルまで戻りを見せたが、終値ベースでは1173.6ドルまで下げて終わっている。
また南アフリカでは、アングロ・アメリカ・プラチナが6月にはルステンブルグの2鉱山、4分社の売却を発表する予定であるが、インパラ・プラチナムも6ヶ月以内に鉱山資産を売却し、会社のバランスシートの充実を計ると報告されている。
そのため夏場以降には、リストラ策が頭を持ち上げて来る事になる。

本日のNY白金は、高値から大きく下がり長い上ヒゲを引くなど利食いの動きを見せている。またオシレーターでは、相対力指数が上昇し、ストキャスティクスも上昇しており、目先高値追いの動きを示している。ただRCIでは東京市場同様に短期が上昇しているが中期と長期が-90%以下で横ばいを続けており、短期的な調整が予想される。また移動平均線では10日移動平均線が1176.8ドルで下げており、日足が抵抗を見せた形と思われる。ただ1176.8ドル以下は、目先の下値範囲内であり、売り込みはリスクが高いと思える。

本日の東京市場は、夜間取引で4600円まで買われているが、NY時間帯から下がりだすと4550円まで下値を試しており、日米ともに利食いの動きを見せている。しかし寄り付きから買い戻しが強まって来ると見られ、戻りからの寄り付きと考える。
ただ日柄変化日では火曜日の15:15までは調整になる可能性を秘めており、下値の調整には注意したい。しかし4500円を下回る程の調整は考えられない事から、4530円以下があれば新規買いの域の中にあると判断する。
また今晩には、ドイツ連邦議会のギリシャ改革案の採決が行われる事から、承認が得られるようであれば買い戻しから4600円を再度試してくる可能性も高い。

週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








4567円を超えて来ると利食いを行ないながら4631円へ向けた値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、18円高の4554円で終わっている。夜間取引で4501円を下回る事無く買い戻しの動きを強めて4528円で寄り付いた東京白金は、一時4522円まで下値を試したが、インドの金関税撤廃や上下両院でのイエレンFRB議長の議会証言も終え、リスク緩和に伴う巻き戻しの動きを強めている。そのため午前中で4553円まで戻りを見せている。ただ午後になると日計り的な商いが盛んになり、4547円~4552円の狭いレンジ内での上下を切り返している。引け際には連日の高値更新で買いが勝り4555円まで戻して終わっている。

今晩のNY市場では、材料織り込みの巻き戻しとテクニカル要因の好感を受けて1177ドルを超えて来る可能性が高いと判断する。特にスポット市場では、午前中の高値1175ドルを越え1177ドルを付けるなど戻りを強めだした状態であり、為替の落ち着きを考えれば、素直にドル建て価格の上昇が反映される値動きとなり、4562円を今晩にも回復する状況でないか。

今晩は、16:00にドイツGFK消費者信頼感、17:55にドイツ失業者数、ドイツ失業率、19:00はユーロ圏業況判断指数、ユーロ圏消費者信頼感・確報値、22:30に消費者物価指数、耐久財受注、新規失業保険申請件数の発表が予定されている。また27日3:00にはフィッシャー・ダラス連銀総裁の講演(FRBの10年間を回顧)が予定されている。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が39.24%で下降ラインを相対力指数が上回っている。ストキャスティクスでも%Dもslow%Dも上昇を示している。またRCIでは、短期が-43%で上昇し、中期は-86%で切り上げだし、長期も-97%で切り上げている。移動平均線では10日移動平均線が4562円で下げ止まりを示しながら、40日移動平均線は4704円で下がり、200日移動平均線は4724円で維持されている。そのため目先は10日移動平均線が位置している4562円を超えて来ると予想される。もし10日移動平均線を超えた後は、10日移動平均線を下値抵抗として40日移動平均線に向けた戻りを続けて来ると予想される。

個人的には、4562円を上手く超える事ができれば、目先の安値4445円で下値を確認し、基調は4700円へ向けた切り上げの値動きが予想され、4562円を超えた後は4500円を下回る事は難しくなってくる。そのため今週末から来週に掛けて4600円を回復する値動きが強まって来ると思われる。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








インドの関税撤廃で売り要因が消えた東京白金の値動き・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、6円高の4542円で推移している。夜間取引で一時4501円まで下値を試しているが、4500円をきれなかった事から買い戻しが強まりながら4528円で寄り付いた東京白金は、一時4522円まで下値を試しながら買い戻しされ4544円まで戻りを見せている。特に材料らしき材料がない中、インド政府が28日に金の輸入関税撤廃の話が流れ、買われる動きを強めた情勢ではないか。

特に白金価格は、2014年7月以降は市場在庫を意識した供給過剰懸念から、金価格に連動した値動きを続けており、そのためギリシャ・リスクや早期の利上げ観測で488円の下落を行った情勢である。
そのためギリシャに対する支援策が4ヶ月延長され、イエレンFRB議長の議会証言で明確な利上げに対するヒントが得られなかった事から6月の利上げ観測が後退するなど、下げ止まりの動きを見せている。そのため、インド政府における金輸入関税撤廃の報道は、白金価格の足を引っ張る金価格の強気要因へ繋がると見られる事から、白金価格には明るい要因として映って来るのではないか。
             
テクニカルで見た東京白金の動きは、ストキャスティクスの上昇に、RCIにおいては短期の上昇するなど、強気にシグナルが発生している。ただ中期と長期が依然と横ばいしており、調整の動きには注意と思える。そのため4561円で推移している10日移動平均線を超える時には注意と思える。

午後からは、4933円のギリシャ総選挙から売られてきた白金要因が尽く消えだしており、27日のドイツ連邦f議会においてのギリシャ改革案の採決が無事に過ぎれば、3月6日の雇用統計までは高値を追い続ける動きに繋がって来ると予想する。そのため488円の0.382の戻りである4631円を超えて来る事が予想される。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








NY白金の1200ドルに向けた戻り予想から4614円越えを狙った値動き予想・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、6.2ドル高の1168.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で12円安(4月限)と予想する。
イエレンFRB議長の議会証言を終え、ドラギECB総裁の議会証言では3月から開始される1兆ユーロに及ぶ国債買い取り策の説明では、インフレ率2%を目標に達成するまで継続する事を述べ、またギリシャ問題では改革を実行する事が条件としてギリシャ国債の適格担保として認める特例処置を復活させる意向を示している。

ただ一部の報道では、ギリシャが示す改革案での国有資産の民営化移行実施でも、電力担当大臣は「認められない」と発言を行い、ドイツ財務相もギリシャが示した改革案で疑心的な見方が報道されている。そのため27日に行われるドイツ連邦議会でギリシャが示した改革案の採決に注目が集まる。

NY市場は、新築住宅販売件数が事前予想を下回る中、株価は早期の利上げ観測が後退した事から堅調な動きを見せている。債券市場は10年物国債金利が低下し1.96%で推移している。
貴金属は、中国市場の春節明けで金価格が買われ、パラジウム価格は大きく反発している。また白金価格は、一時1177ドルまで切り上げる動きを見せたが、終盤に金価格の上げ幅に比例して下げて終わっている。
マイニングサイトでは、連日白金の予想が記載されているが、今の金価格に対するプレミアム見直しは、Q2~Q3の時間帯にFRBの金利引き上げをきっかけに解消されて来ると予想している。

本日のNY白金の日足では、下値を切り上げながら陽線で終わっている。オシレーターではストキャスティクスや相対力指数が切り上げだし、RCIは短期が-80%で切り上げだし、中期も-93%で横ばいし、長期も-94%で横ばいしている。そのためオシレーターからは10日移動平均線が位置している1178ドルを超える可能性が高くなっている。

本日の東京市場は、時間外取引で5ドル程度切り上げだしており、再度4535円を試す値動きを見せて来ると思われる。
特に27日のドイツ連邦議会の採決で目先のリスクが後退する事から、次の雇用統計の発表まで戻りを強めて来る値動きが予想される。そのため東京市場でも4559円に位置している10日移動平均線を上回り、40日移動平均線や200日移動平均線が位置している4700円以上に向けた戻りの値動きに繋がって来ると見られる。
そのため本日から週末に掛けて4560円へ向けた動きを強めて来るのではないか。特に経験則から新甫発会から最低100円の上昇が発生しているパターンから目先4614円以上の価格を予想する。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








売る根拠をなくした白金価格は、戻りを強めて来る値動きへ・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、新甫2月限で4536円で終わっている。ちなみに12月限では29円高の4533円で終わっている。
新甫2月限は4514円で発会すると、ギリシャの改革案提出を受けてユーロ圏財務相会合が短時間で承認した事から、デフォルト・リスクが後退し、一時4524円まで高値を試したが、イエレンFRB議長の議会証言で早期の利上げ観測が後退すると円高を受けて4480円まで売り込まれている。ただリスク緩和の動きから4507円で寄り付くと買い戻しの動きを強めて4514円を上回り、高値4524円も上回ると4536円まで戻りを見せている。その後は4524円まで下値を試したが、引け際には4536円を越え4537円まで高値を追って終わっている。

ギリシャ改革案が提出され、4ヶ月の支援融資が延長され、イエレンFRB議長の議会証言で早期の利上げ観測が後退。また新甫発会値4514円を一時下回り、4480円まで試した後に4514円を再び超えた事から、戻りの基調に入った状態である。
そのため4933円から4445円まで488円の下落幅に対する0.382の戻りが発生する可能性が強まっている。
特にオシレーターでもストキャスティクスに相対力指数で買いサインが発生しており、10日移動平均線が示す水準である4572円に向けた戻りが予想される事を示している。

本日は、21:00にMBA住宅ローン申請指数、26日0:00には新築住宅販売件数、イエレンFRB議長が下院金融委員会で議会証言、1:30にドラギECB総裁が欧州議会で議会証言が予定されている。
そのためドラギECB総裁の議会証言で3月からの国債か入れ策についての発言が行われる可能性が高い事から、再度緩和策期待で買い戻しの動きが強まると思える。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が34.67%で上昇し、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが上昇し、RCIでは短期が-76%で上昇し、中期は-87%で下がりながら、長期は-93%で横ばいしている。また移動平均線は10日移動平均線が4572円で下がりながら、40日移動平均線は4706円で下がりだし、200日移動平均線も4725円で微妙に下げている。そのため目先4572円へ向けた戻りを見せながら、4631円を付けて来ると予想される。

個人的には、基調は下げ相場から上げ相場に転換した動きを示し、今晩からNY市場が戻りを入れだせば、4571円までは短時間で戻りを見せて来ると予想される。特に市場在庫の影響から金価格に追随する値動きを見せており、金価格の値動きが影響を示しているが、今後下げ過ぎた反動が金価格の値動きに起こり易く、白金価格を押し下げる要因が消滅した環境下にあると思える。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








経験則で4514円を上回っており、488円の0.382の戻りで4631円が目先の目標・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、新甫2月限で4530円で推移している。ちなみに昨日までの先物12月限では23円高の4528円で推移している。
ギリシャの改革案をユーログループやトロイカが承諾し、イエレンFRB議長の議会証言では早期の利上げ観測が後退するなど、リスク逃避の巻き戻しの値動きを強めながら4507円で寄り付くと徐々に買い戻しされ発会値である4514円を再度超え、夜間取引の高値4524円も超えて4536円まで買われている。特に新甫2月限では、発会値である4514円を一度下回り4480円まで下値を確かめた後に、4514円を超えながら12月限で付けた戻り高値である4520円を超えるなど、基調が変化した動きに思える。

特に再三指摘している様に1月25日から下げた要因がギリシャ総選挙で急進左派連合が勝利し、ユーロ離脱懸念が高まりを見せ、2月6日には雇用統計を受けて早期の利上げ観測で再度戻りが売られている。そのため昨晩はギリシャ・リスクや早期の利上げ観測が否定された要因であり、目先売る根拠をなくした白金相場である。そのため少なくとも高値4933円から安値4445円まで下げた下落幅488円の三分の一(0.382)の戻りが予想され、4631円を回復してくる値動きに思える。

               
テクニカルで見た東京白金でも、ストキャスティクスの買いサイン後の%Dとslow%Dが上昇を続けながら、RCIでは短期が上昇し中期を上回る動きを示している。そのため10日移動平均線が位置している4572円へ向けた値動きが予想される。

午後からは、4514円を維持しながら高値4536円を窺う値動きを継続し、明日も再度高値更新を行う値動きを続けて来ると予想される。特に昨晩のイエレンFRB議長の議会証言を覆すには雇用統計での就業者数の増加が必要であり、3月6日まで時間があるなど、十分に4700円へ対する戻りを考えた値動きは可能と判断する。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








イエレンFRB議長の議会証言で6月の早期の利上げ観測後退・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、0.3ドル安の1162.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で8円高(4月限)と予想する。
欧州時間帯にギリシャ政府が示した改革案に対してユーログループやトロイカ(EU、IMF、ECB)はポジティブな評価を与え、4ヶ月間の支援延長を行う事で承認している。ただ内容に対しては一部は4月末までに更なる改革について協議を続けるとしている。その状況を受けてドイツ財務相は、連邦議会に対してトロイカが支援策を承認した場合は、改革案の採決を行う様に書簡を送っている。ドイツ連邦議会は今週末27日に採決を実施すると報道されている。

また注目の上院銀行委員会でのイエレンFRB議長の議会証言では、利上げ時期には言及しなかったが利上げ時期の前には「フォアードガイダンス」の「我慢強く」の文言を削除し、数回(2回以上)の会合後に利上げを行うと言及した事から早期の利上げ観測である6月の会合観測が後退し、9月の会合時期に後退している。

そのため株式市場ではNYダウ平均が好感し92ドル上昇している。また債券市場では、早期の利上げ観測が後退し10年物国債金利は低下し、2%を下回る1.98%となっている。
貴金属では、ギリシャのデフォルト・リスクが後退し、ドル安の動きを受けて堅調な動きを見せている。ただ金価格は、リスク緩和に伴い下げているが、白金系は買われて終わっている。
特に白金価格は、ギリシャ・リスクが後退し買われる場面を見せたが、パラジウムと違いプラチナ価格は金価格の軟調な値動きに追随する動きを見せている。

またマイニングサイトでは、需給バランスでは供給不足が伝わっているが、市場在庫は低下しても昨年まで好調な販売実績を示したETFが在庫に回る可能性が指摘され、金価格の低迷に比例した値動きが続いている。しかし年後半以降には在庫の解消など金価格と別れて上昇を示す値動きが強まると予想している。

日足で見たNY白金は、1155ドル付近で下値抵抗を示す値動きを見せており、オシレーターでは相対力指数やストキャスティクスは底張り的な動きを示している。またRCIでは、短期が-88%で下がり、中期も-93%で下がりながら、長期は-94%で下げ止まる動きを見せている。移動平均線では、10日移動平均線が1182.2ドルで下がり、40日移動平均線は1224.7ドルで微妙に下がりながら、日足や10日移動平均線との乖離幅が拡大しており、日足は10日移動平均線に向けた戻りを見せて来る可能性が高くなっている。

本日の東京市場は、新甫発会(4514円)から一時リスク緩和で4524円まで買われているが、早期の利上げ観測が後退し、金価格の下落で再度4500円を割り込み4580円まで売り込まれている。特に為替市場では、円高の動きが重なっており、本日は巻き戻しの動きを見せて来るのではないか。
特に新甫発会の4514円を今週中に超えて、再度4524円を上回って来ると上昇に弾みが付き、4600円へ向けた値動きに繋がって来る予兆と判断する。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ドイツ連邦議会、ギリシャ改革案を27日採決・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


ドイツは、ギリシャ支援の手続きで連邦議会の承認が必要であり、そのためドイツ連邦議会がギリシャ改革案を27日に採決と報道。
特にギリシャ政府は、トロイカにおける支援プロセスを拒否しているため2月28日で支援期限が終了する。そのため4ヶ月の融資延長でユーログループと合意したが、現実的に27日のドイツ連邦議会が承認する事でデフォルト・リスクが後退する。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








25日0:00以降に2月限が4520円を超えている場合は、強気に転換した現われ・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、6円高の4505円で終わっている。ギリシャの改革案が24日早朝に提出が延期された事で、一時4473円まで売られたが、事前にユーログループに申し出ている事や審査がユーログループが電話会議で行うとの報道でも楽観的な見方が高まり4491円で寄り付いた東京白金は、一時4481円まで下値を試した後は、買い戻しの動きを強め4500円を回復すると4508円まで戻りを見せている。その後は4500円を挟んだ値動きを続けながら、引け際には4516円まで再度買われて終わっている。

直近の高値4933円からギリシャリスクの高まりや雇用統計における早期の利上げ観測、ユーロ財務相会合でのギリシャ支援否決を受けて4445円まで下げた相場であるが、今晩早々にギリシャの改革案が提出され、イエレンFRB議長やドラギECB総裁の議会証言や講演を受けて、市場を取り巻く不透明な環境が鮮明になると、投資環境の変化ら巻き戻しの値動きを強めて来る可能性が高まりを見せるのではないか。
一例とするとFRBやECBが示すストレステストが公開されると、それまで不透明な金融市場の内容が明確になった事から、悪くても巻き戻しの動きを強めて来ている。そのため市場は不透明な環境を恐れてリスク逃避を行うものであり、出尽くし相場になり易いと思える。

今晩は16:00にドイツ第4四半期GDP・確報値、19:00にはユーロ圏消費者物価指数、23:00にS&Pケースシラー住宅価格、ドラギECB総裁の講演、25日0:00には注目のイエレンFRB議長の上院銀行委員会での議会証言、消費者信頼感指数が予定されている。また欧州時間午後にはユーロ圏財務相会合(電話協議)でギリシャ政府の改革案が精査される。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が27.25%で切り上げ、ストキャスティクスでも%Dがslow%Dを上回った状態で切り上げている。またRCIでは、短期が-91%で横ばいし、中期は-84%で上げている、また長期は-94%で下げ止まりを見せるなど、短期が中期を超えるまでは注意と思える。移動平均線では、10日移動平均線が4588円で下がりながら、40日移動平均線が4709円で微妙に下がり、200日移動平均線は4726円で横ばいした状態である。そのため日足との乖離幅の拡大から10日移動平均線に向けた戻りが予想される。

注目はギリシャが示す改革案に対するユーログループの反応、またドラギECB総裁に講演内容に、イエレンFRB議長の議会証言と25日0:00過ぎまでに大きなイベントが行われる事から新甫2月限の発会後の値動きに注目が集まると思える。もし新甫2月限が、4500円を超えて発会した後に、4473円を下回る事もなく、4520円を超えて来ると強気の姿勢が現れた値動きと見られる。再度4473円を下回る値動きを見せ場合は、新甫2月限の発会値を超えてから新規買いを行うのが無難と考える。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








2013年6月から見て、95週間で12週間しか存在しない価格水準・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、3円高の4501円で推移している。主だった米国経済指標の発表もない中、イエレンFRB議長の議会証言や23日に提出される予定であったギリシャ政府が示す改革案の提出が24日に延期され、方向性を見失った動きから一時4473円まで下値を試したが、安値4446円を下回る事ができなかった事に対する買い戻しで始まった。そのため4491円で寄り付くと4481円まで下値を試した後は、徐々に買戻しを強めながら4500円を回復すると4509円まで高値を試している。特に16:30に新甫2月限の発会を迎える東京白金は、限月乗り換えの買い戻しが強まっており、4500円を維持した値動きが続くと思われる。

またギリシャのデフォルト・リスクが後退し、イエレンFRB議長の議会証言では不透明な早期の利上げ観測に対する明確な時期を模索する動きが強まると見られ、1月25日、2月6日、16日と不透明な要因を嫌う市場価格の下落が続いた値動きに、買い戻しのインパクトを与える要因となるのではないか。

              
テクニカルで見た現在の東京白金は、10日移動平均線が4588円で下がりながら推移しているが、40日移動平均線や200日移動平均線が4706円以上で推移する乖離幅の拡大から、日足が10日移動平均線に向けた戻りを見せて来る時間帯と考える。またストキャスティクスでは、%Dがslow%Dを上回る動きを示している。ただRCIでは依然と短期と中期が横ばいしながら維持されており、短期が中期を上回るまでは注意と判断する。

そのため新甫2月限が発会して4500円を維持した動きを示せば、4688円へ向けた戻りを見せて来ると考えられる。また経験則から新甫発会の価格を一度下回ってから再度新甫発会の価格を上回ると上昇が継続し、直近の高値を更新する値動きの可能性が高まるだけに、2月限で4681円を超えて来る確率が高まると思える。

また今までの値動きでも4500円以下の売りポジションで維持された利益時間帯は、2013年6月から見ても95週間中、12週間しか存在できていない価格水準であり、大きな利益に繋がる下落の値動きに思えない。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








今晩は、新甫2月限が発会し、ギリシャ改革案の提出、イエレン、ドラギの議会証言で下げ要因出尽くしへ・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、6.6ドル安の1162.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で16円安(2月限)と予想する。
注目された23日に提出する予定であったが、ユーログループ議長は記者会見でギリシャの改革案は24日早朝に提出される事を述べている。理由についてはコメントは述べていない。
ただ改革案をユーログループの財務相で検証すると伝えており、協議は電話協議になると伝えている。そのため問題があれば会合の招集であったが、電話協議との報道で合意する可能性が高いと思われる。

主だった経済指標の発表はない中、米中古住宅販売が482万件で前月比で4.9%減少し、事前予想の495万件を下回っている。特に今晩は上院議会の銀行委員会でイエレンFRB議長の議会証言、ドラギECB総裁の議会証言が控える中、公務員削減案や脱税や腐敗防止案が盛り込まれたギリシャの改革案が提出される。そのため模様眺め的なムードが高く、方向性に欠ける値動きとなっている。

NYダウ平均は23ドル安、10年物国債は一時上昇を示したが2.06%で低下している。為替市場では、一時ギリシャ要因でユーロが売られる場面を見せたが、米経済指標が低下し、早期の利上げ観測が後退しドルが売られる動きを示している。
貴金属では、原油価格の下落や議会証言を前に模様眺めの値動きで終始し軟調に終わっている。白金価格は、前日比マイナスで終わっているが、前日の安値を下回る事は出来ないで終わり、若干に下値の抵抗を示す値動きを示している。

テクニカルで見たNY白金は、下ヒゲを3日間連続で引きながら、オシレーターではストキャスティクスや相対力指数が下げ渋る動きを示しながらRCIでは短期が長期、中期を上回った状態で推移しながら、いつでも反発を見せる確率が高まっている。移動平均線では、10日移動平均線が1188ドルで下がり、40日移動平均線は1225ドルで維持した状態であり、日足と平均線の乖離幅拡大から戻りを入れやすい状況である。

本日の東京市場は、ギリシャ問題で下値を確認する動きに入り、下値を切り上げる値動きを見せている。特に4473円まで一時下げているが、4445円を下回る事が出来なかった事で、4520円までの戻りを見せ4515円を上回るなど行き過ぎた値動きを示す動きと思われる。そのため移動平均線の乖離幅から4587円を窺う目先の値動きが予想される。
特にギリシャ総選挙、早期の利上げ観測と大きく下落した弱い要因に対する不透明さが、今晩を過ぎると明確な答えが出て来る事で、リスク許容度の高まりを受け買戻しの動きが強まって来ると予想される。
そのため4400円の値動きも今週中で終わり、新甫2月限が発会する16:30以降は4500円を回復し、4600円へ向けた値動きに変化してくると予想される。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ギリシャ、議会証言を織り込みながら新甫2月限で4515円を越え、4658円へ向けた値動きへ・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、15円安の4498円で終わっている。夜間取引でギリシャ・リスクの高まりを受けて4445円まで売り込まれた東京白金は、ギリシャ支援合意でリスク逃避からの買い戻しで4499円で寄り付くと4500円を回復して4509円まで戻りを見せている。しかし4ヶ月間の支援合意も、23日にギリシャが自ら示す改革案の提出を受けて、各国の承認を受けて暫定合意を行う事から、改革案に対する注目が集まっている値動きでないか。特にドイツ与党幹部によると「今月の議会承認は難しい」と述べた事が報道されるなど、4500円を維持しながら引け際には4500円を割り込み4496円まで売られて終わっている。

ギリシャに対する4ヶ月融資延長を受けて目先のデフォルトやユーロ圏離脱が打ち消された事で、下値不安は消えた状態である。ただ23日にギリシャが示す改革案や24日に行われるイエレンFRB議長の議会証言など、1月26日ギリシャ総選挙から下落したギリシャ・リスク、2月6日の雇用統計から売られた早期の利上げ観測が24日の新甫発会以降に打ち消される様であれば、高値から下げた340円の戻りを見せて来ると思われる。

ただ新甫発会の時間帯までは、サヤ滑りの価格調整が行われる事から、12月限は4490円へ向けた値動きが起こってもおかしくない。そのため新甫2月限の発会で下値を確認し、買い戻しの動きを強めた値動きに移行する可能性が高いと判断する。

今晩は、16:00にドイツIFO景況感指数、24日0:00には中古住宅販売件数の発表が予定されている。特に欧州時間にはギリシャが改革案を提出する期限であり、その提出で買い戻しが強まって来ると思われる。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が24.63%で下がり、ストキャスティクスは%Dが上昇し、slow%Dの横ばいを上回っている。またRCIでは短期が-93%で横ばいし、中期も-84%で横ばいし、長期は-93%で下げている。また移動平均線は10日移動平均線が4610円で下がり、40日移動平均線は4713円で下がりだし、200日移動平均線は4727円で横ばいした動きを示し、目先日足と移動平均線との乖離幅が拡大しており、4600円に向けた戻りが予想される。

個人的には、下値に対する不安要因は目先イエレンFRB議長の早期の利上げに触れるタカ派的な内容が必要であり、1月のFOMC議事録からは読み取れる事は出来ない。そのためハト派的または玉虫色的な内容の証言であれば、買い戻しを強めてくると思える。またオシレーターや新甫発会、要因内容から見ても4445円を下回る確率は乏しく思われ、買い戻しの値動きへ転換する状況と考えられ、4600円へ向けた値動きが強いと思える。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








新甫2月限発会以降に340円の下落に対する戻りが起こり易い・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、10円安の4505で推移している。週末に開催された臨時ユーロ圏財務相会合で、ギリシャに対する支援融資の4ヶ月間延長が合意し、目先のデフォルトやユーロ圏離脱のリスクが後退した事で夜間取引で4445円まで売り込まれた水準から巻き戻しの動きを見せている。そのため4499円で寄り付くと4500円を回復し、4509円まで戻りを見せている。
しかし23日にギリシャが自ら示す改革案を提出する事を義務付けられ、その改革案をもとにユーロ財務相会合(電話協議)で検証され融資の暫定合意となる。ただ不十分となれば、24日に再度ユーロ圏財務相会合が招集され、議論される情勢である。そのため依然と不透明な情勢であるため、4515円の高値を更新する値動きまでは至っていない。

しかしギリシャ首相は、テレビ演説やブログ等で国民向けに選挙公約が守れない場合が生じる事を伝え謝罪するコメントを述べるなど、提出する改革案では承認される事に自信を見せている。
そのため24日のイエレンFRB議長の議会証言と合わせて目先の下値目安の峠になるか注目される時間帯になるのではないか。
                
テクニカルで見た東京白金は、週末の安値から大きく戻りを示し下ヒゲを引く値動きを見せており、10日移動平均線が位置している4611円に向けた戻りが予想される。またストキャスティクスでは%Dがslow%Dを上回り買いのサインを示している。しかしRCIでは短期が依然と横ばいした動きを示しながら中期や長期を上回る事ができていない事で目先の下値に注意と判断する。ただ大きく下落する事は避けられた状況から、4600円へ向けた戻りの可能性が高いと思える。

また24日の16:30には、新甫2月限が発会する事から、今までの経験則から考えて4500円の新甫発会は、為替の円安比率、NY市場のドル建て価格の下落率から4550円以上、4750円以下のレンジ相場が今の妥当な価格帯と見る事ができるため、新甫発会以降の上昇の確率が高いと予想され、ギリシャやイエレンFRB議会証言後は2月6日以降の340円の下落の戻りが入り易い値動きになると思われる。ただ新甫発会のまでには限月のサヤ滑るに対する調整が起こってもおかしくなく、12月限で4500円を再度割り込む場面には注意して対応するのが無難と思える。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








暫定的な4ヶ月支援延長で目先のリスク逃避の巻き戻し・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、2.8ドル安の1169.5ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で50円高(2月限)と予想する。
注目された週末のユーロ圏財務相会合でギリシャに対する4ヶ月融資延長で合意、ただギリシャが自信が示す改革案を23日に提出義務を課せ、4月末の期限を決めて協議を行なっていくと述べている。
そのため目先リスクが高まっていたギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱懸念が後退し、リスク許容度の高まりでユーロが大きく買い戻しされている。
また週末のNY市場は、ギリシャに対する支援延長合意でダウ平均は史上最高値を更新し、10年物国債金利は上昇し2.12%で推移している。貴金属は、ユーロ圏財務相会合が立ち合い終了後に発表されており、織り込む事ができていない事から軟調な動きを見せている。

そのためNY白金の日足では、1156.9ドルの安値から買い戻しされ日足は下ヒゲを引くなど下値に対する抵抗を示している。オシレーターでは、ストキャスティクスに相対力指数、RCIなど下値で推移しており、行き過ぎた状態で推移している。そのため移動平均線の10日移動平均線に対する日足との乖離幅の拡大に対する戻りが予想され、1193.9ドルまで戻りを見せて来る可能性が高くなっている。

本日の東京市場は、週末に発表されたギリシャに対する4ヶ月間の支援延長で、リスク逃避の巻き戻しが強まって来ると予想され、週末の寄り付きである4515円を上回って15:15を終える事が出来るかに注目される。
ただギリシャが自ら示す改革案を23日に提出し、問題なければ電話会合で暫定合意となるが、問題がある様であれば会合の招集が行われる事となり、再度緊張が高まる可能性も残している。
しかしデフォルトや離脱を織り込んだ値動きは、目先巻き戻しによる反発は期待され、4500円を固めて来る値動きに繋がって来ると判断するのが無難と思える。
また明日にの夜にはイエレンFRB議長やドラギECB総裁の議会証言が控え、夕方には新甫2月限の発会となるなど、目先の底値確認の時間帯に入ると予想され、ここからの大きな値下がりは確率が低いと思われる。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








本日22日AM10:30~16:00まで電話相談受付中・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


本日22日(日曜日)は、AM10:30~16:00までお電話において相場動向や取引についてのご質問を受け付け致します。お気軽にお電話お待ちしています。(お問い合わせ☎ 03-3249-8888)

今週のイベント・経済指標
23日(月)
日銀議事録、インド財務相16年度予算案発表、独Ifo景況感指数(2月)、米中古住宅販売件数(1月)、中国市場は春節で休場(24日まで)、ギリシャが改革案提出期限

24日(火)
独GDP改定(第4四半期)、ユーロ圏消費者物価指数(1月)、米S&Pケースシラー住宅価格(12月)、ドラギECB総裁、講演、イエレンFRB議長上院銀行委員会で証言
25日(水)
中国HSBC製造業PMI速報(2月)、米新築住宅販売件数(1月)、ドラギECB総裁、議会証言、イエレンFRB議長下院金融委員会で証言
26日(木)
独失業率(2月)、米消費者物価・耐久財受注(1月)、米新規失業保険申請件数(21日までの週)

27日(金)
日本雇用統計・消費者物価(1月)、米中古住宅販売成約指数(1月)、 米GDP改定(第4四半期)、 米金融政策フォーラム


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ブレィクタイム・・財務相会合は4月末までの時間稼ぎで合意・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

昨晩は注目された臨時ユーロ圏財務相会合が開催された。ギリシャに対する支援が合意できるかの重要な会合となっている。予定では日本時間23:0に開催される事であったが、90分延期され24:30の開始となっている。
開始までは、ドイツ財務相関係者が「財務相と首相の見解は同じである」と述べ、ギリシャ政府が示した内容に関して「トロイの木馬」と発言した事を否定するなど、前向きな内容が伝わっていた。

またギリシャ首相は今回の財務相会合で否決された場合は「22日にEU首脳会議を開催して、首脳間での合意を模索する」との提案をユーログループ議長に伝えたが、議長は「首脳会議は必要ない」と述べ、あくまでも財務相会合での合意を前提においた受け答えを行っている。
そのため会合が90分延期された報道では、リスク緩和に水を差し、リスクの高まりを受けた反応を示した値動きを見せている。

会合では、ギリシャとドイツにIMF、EU、ECBといった財務相関係者が集い、日本時間早朝にギリシャに対する4ヶ月間の支援融資延長で草案作成に漕ぎ付けている。ただギリシャ政府は、履行すべき改革の詳細は発表されておらず、23日にギリシャは構造改革の具体的な詳細に関して一覧表を提出し、それを検証して暫定合意を行う事となっている。またその構造改革の提案を基に4月末までの期限を決めて、協議を継続する事で合意している。

つまり4ヶ月間の融資支援は行うが、4月末までギリシャが行う改革提案について協議を行い、もし協議が難航する様であれば、7月以降の支援が難しくなる情勢である。特にギリシャ政府は、3月、7月が国債利払いや返済金額が多く発生する状況であり、3月のデフォルト・リスクは回避された状況であるが、今後4月末までに合意できない場合は、7月に再度デフォルトのリスクが高まりを見せて来る事になる。

そのため週明けの東京市場は、リスク回避の動きが高まりを見せ、株価や為替、商品といった価格はリスク許容度の高まりで巻き戻しに動きを見せて始まると予想される。
ただ23日夜間取引では、ギリシャが自ら示す改革案を基に検証され、暫定合意が出来るかに注目が集まる状況である。
特にドイツは、ギリシャが自ら示す改革案を提出させる事を示したと思われ、どこまでギリシャ政府が緊縮財政策に乗った改革案を示すかに注目されるのではないか。もし選挙公約を盾に主張を曲げなければ、4月末ま時間はあるといっても7月のデフォルト・リスクが残った状態であり、今後もギリシャから目が離せない情勢である。

22日(日曜日)は、AM10:30~16:00までお電話において相場動向や取引についてのご質問を受け付け致します。お気軽にお電話お待ちしています。お問い合わせ☎ 03-3249-8888)


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








週報「プラティニの相場観」NO125をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週にどの様な値動きに転換するのか、また何時が売り買いの仕掛けどころからテクニカルを使い、変動要因と合わせて解説したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








23:00からの臨時ユーロ圏財務相会合に注目が集まる・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、29円安の4515円で終わっている。ギリシャ政府の支援ファシリティーの融資延長の申請を受けて一時4567円まで戻りを見せたが、ドイツ財務相や連銀総裁の承認に対する否定的な発言を受けて、20日開催のユーロ圏財務相会合で合意が得られない場合を想定した、リスク逃避の動きが強まり4497円まで売り込まれている。
本日は日銀金融政策決定会合からの円安を受けて、4525円で寄り付くと一時4539円まで戻りを見せたが、寄り付きの4541円を超える事ができない事から日計りや今晩のユーロ財務相会合に向けたポジション調整で売られだすと4500円まで下値を試している。ただ最終的には「妥協」の二文字が相場を支えだすと、4517円まで戻して終わっている。

注目は、ドイツ当局者がギリシャの要請内容を見て「トロイの木馬」と言い表している様に、単純な項目を並べているが、緊縮財政策の履行に触れていない事を指摘するなど、ユーロ圏財務相会合でギリシャの説明でドイツが納得する可能性が低い事から今晩の「合意」は可能性が低下している。
特にギリシャ政府は、2月28日が支援延長の期限であり、もし延長に失敗すると3月末には、利払いや返済金でデフォルトの確率が高くなる。そのためドイツは最終的にギリシャの妥協を引き出したい戦術と思われ、本日合意できなかったとしても28日までにギリシャ政府は妥協を行ってくると予想される。

そのため安値が出るのはリスクの高い時間帯だけであり、20日以降、28日までと考えるのが良いと思える。ただ本日妥協して合意となれば、週明けから4567円を越えて4600円回復に道筋が出来上がって来る。故に下値に注意して維持するのが無難であり、2012年ギリシャリスクや13年スペイン・リスク、キプロス・リスクと言った南欧市場の信用リスクの高まりの値動き同様に、最後は下げだした水準である4800円まで戻りを見せて来ると予想する。

今晩は、16:00にユーロ圏生産者物価指数、17:30はドイツ製造業PMI・速報値、ドイツ非製造業PMI・速報値、18:00はユーロ圏製造業PMI・速報値、ユーロ圏非製造業PMI・速報値、23:00は臨時ユーロ圏財務相会合が開催される。
注目はユーロ圏財務相会合であり、短時間で終わる様であれば「否決」、長時間に及ぶ様であれば「妥協」の動きと判断する。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が26.41%で下がり、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げている。またRCIでは短期が-93%で横ばいし、中期も-84%で維持しながら、長期は-91%で下げている。移動平均線は、10日移動平均線が4638円で下がり、40日移動平均線は4717円で下がりだし、200日移動平均線は4728円で横ばいしており、乖離幅の拡大で日足が10日移動平均線に向けて戻りを見せて来る可能性が高いと思える。

個人的には、記載した様にユーロ圏財務相会合でギリシャ政府の支援要請が合意できるかに注目が集まる情勢であり、もし否決されればリスク逃避から売られだす動きを見せて来るが、ここからの下落は28日以降には戻りを見せて来る水準であり、下げても一時的な時間帯である。そのため突発的な大幅な反落を見せても下ヒゲを引く戻りを見せて来る値動きであり、夜間取引における下落は売り込まないようにしたい。
特にリスク回避売りを行った場合は、4541円を超えて来ると決済が必要である。


週報「プラティニの相場観」NO125
ギリシャのデフォルト懸念で4500円を割り込む寸前まで届いた東京白金は、来週

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








オシレーターや経験則で妥協の時間帯までがリスクであり、下値は限定的・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、17円安の4525円で推移している。欧州時間帯にギリシャ政府の支援ファクシリーの融資延長を申請した事から一時4567円まで戻りを見せたが、ドイツ財務相や連銀総裁の否定的な発言を受けて申請が拒否された事から、前日の夜間取引で付けた安値4496円に迫る4497円まで売り込まれている。ただ今晩開催されるユーロ圏財務総相会合で合意できる憶測や期待感で買い戻しを見せて、4525円で寄り付くと4539円まで戻りを続ける値動きを見せている。
ただ日計り商いや一抹の不安を見越した利食いに押されながら4525円まで下値を試している。

また今晩開催されるユーロ圏財務相会合は、当初電話会談で行われる事務手続き的な雰囲気であったが、ドイツの拒否で会合を開催する事になった事から、混迷した動きは続いており、ギリシャの説明義務と緊縮財政策の履行が合意のカギとなるのではないか。そのため下駄を履くまでは不透明な情勢であり、慎重に見極めが必要に思える。

しかしドイツもギリシャも「離脱」の二文字は引きたくないカードであり、ドイツの意向に沿った内容に変更されえる情勢ではないか。そのためギリシャ政府は、ギリギリまで妥協の案件を出さない可能性もあり、今晩の合意は難しく考えると2月28日の期限ぎりぎりまで時間稼ぎの動きにも注意したい。

             
現在のテクニカルは、ストキャスティクスが買い転換する前であり、RCIでは短期が中期を上回る可能性が高い。また移動平均線では10日移動平均線が下がりながら、4639円で維持されており、乖離幅の拡大から4600円に向けた戻りが出てもおかしくない。そのため今晩合意すると戻りを強めた値動きに繋がる状況でないか。

午後からは、4500円を維持しながら4541円を最後は試してくる状況と思え、交渉事は妥協の産物であり、今回も最終的には合意する事から、一時的にリスクで売られた安値は買いのチャンスと考えるのが無難である。


週報「プラティニの相場観」NO124
ギリシャ・リスクで一時4636円の安値を下回った東京白金は、来週は何時に買い転換するのか?日柄変化日で示したいと思います。またテクイカルで見た現状の白金の方向性を示したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ギリシャ申請をドイツが拒否し、20日の財務相会合で大人の話し合いへ・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、5.1ドル高の1172.3ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算は13円安(2月限)と予想する。
ギリシャ政府は欧州時間帯に、支援ファシリティーの融資延長を申請したが、今年のプライマリーバランスの黒字化に言明していない事からドイツやフィンランド政府は難色を示し、申請に拒否を表明している。ただユーログループ議長やフランス財務相は「交渉の一歩である」と表明し、20日ブリュセルでユーロ圏財務相会合を開催しギリシャ支援について協議を行なうと発表している。
また米国時間に発表された経済指標では、週間新規失業保険申請件数が事前予想を下回る28.3万件となり、フィラデルフィア連銀製造業景況指数も事前予想を下回る5.2となっている。特に前日のFOMC議事録で早期の利上げ観測が後退しただけに、経済指標の悪化ではドルが売られ易い環境下になり易い。

そのため期待と失望が入り乱れ、方向性を見失う値動きを見せている。NYダウ平均は44ドル安、10年物国債金利は2.11%で切り上げる動きを見せ、為替市場ではユーロが楽観的な見方から買い戻しされている。
貴金属は、原油統計の在庫増を受けて原油価格が下落しているが、金価格はドル安に堅調な動きを見せ、白金価格も一時欧州リスクが後退した事から1184ドルまで戻している。

テクニカルで見たNY白金は、下値には抵抗を見せ、下げ渋る値動きを見せている。オシレーターでは相対力指数やストキャスティクスにRCIは下げ過ぎた水準で維持されており、まだ買えないが底張りの値動きが予想され、下値は限定的であり1200ドルに向けた戻りが起こり易い受精である。そのため移動平均線で10日移動平均線が下げている1201.9ドルに向けて戻りを見せて来ると予想される。

本日の東京市場は、寄り付きから夜間取引で一時4497円まで下値を再度試しているが、4496円を下回る事ができなかった事から、買い戻しの動きを強めて来ると思える。特に下げた要因はギリシャリスクであり、この件は何度も市場が織り込みを続けており、急速な反動を引き起こす要因になると思われる。
そのため4500円を維持しながら、来週には昨晩の戻り高値4567円を上回る値動きを見せて来ると予想され、問題なく4700円へ動き出す時間帯に入って来ると思われる。
そのため本日の4550円以下は新規買いのチャンスと判断し、新甫2月限の発会まで4600円に向けた戻りが予想される。


週報「プラティニの相場観」NO124
ギリシャ・リスクで一時4636円の安値を下回った東京白金は、来週は何時に買い転換するのか?日柄変化日で示したいと思います。またテクイカルで見た現状の白金の方向性を示したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ギリシャ政府、支援プログラムの延長申請実施・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

ギリシャ政府は支援プログラムの延長を申請したと報道されている。
またECBがギリシャ国内銀行からの資金流失が拡大している事から、一部では資本規制のコメントが聞かれていたが、ECBは「政策委員会でギリシャに対する資本規制は協議しない」と述べている。


週報「プラティニの相場観」NO124
ギリシャ・リスクで一時4636円の安値を下回った東京白金は、来週は何時に買い転換するのか?日柄変化日で示したいと思います。またテクイカルで見た現状の白金の方向性を示したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








リスク緩和に伴う巻き戻しの値動きが予想され、新甫2月限発会まで強気維持・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日の東京白金は、16円高の4542円で終わっている。夜間取引で米国経済指標が悪化した事や金価格が1200ドルを割り込むなど、弱気の流れを受け継ぎ4500円を一度下回る4496円までの下落を行ったが、ギリシャ政府の支援要請の動きとFOMC議事録における好きの利上げ観測後退で、巻き戻しの動きを強めた東京白金は、4518円で寄り付くと午前中に4541円の夜間取引における戻り高値を更新し、4559円まで買い戻しされる動きを見せている。日計り的な商いや合意を見るまでは半信半疑の市場心理が利食いを強めて来る値動きを見せている。

特にギリシャは、3月末には国内銀行の流動性資金が枯渇する可能性が存在し、ギリシャのも時間的な余裕は存在しない。そのためユーロ圏財務相は「20日の電話協議で支援要請が承認される」と見ている。ただドイツ財務相も「我々には、欧州の安定を維持する大きな責任があることを心に留めておく必要がある」と述べており、妥協の余地は残されている。

そのため一時的に欧州における信用リスクの高まりで4933円から下がりだした東京白金は、昨晩の安値4496円まで450円近く下落し、ギリシャ・リスクが緩和を見せだした事から目先の底値を見た値動きに思われる。

今晩は、18:00にユーロ圏経常収支、21:30にECB理事会議事要旨(1月22日開催分)、22:30に週間新規失業保険申請件数、20日0:00にはユーロ圏消費者信頼感指数・速報値、フィラデルフィア連銀製造業景況指数、景気先行指数の発表が予定されている。また1:00には米週間石油在庫統計、1:30にバイトマン独連銀総裁の講演が予定されている。
そのため米国の経済指標にギリシャ情勢におけるドイツ中銀総裁の発言内容に注目が集まる。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が28.40%で切り上げながら、ストキャスティクスでは%Dとslow%Dが下がりながら、RCIでは短期が-93%で横ばい、中期も-84%で横ばいしながら長期は-86%で下げている。また移動平均線は、10日移動平均線が4659円で下がり、40日移動平均線は4720円で軟調な動きを見せている。また200日移動平均線は4729円で横ばいしており、乖離幅の拡大で4650円に向けた戻りが起こり易い状況である。

個人的には、日足が陽線転換し4559円を夜間取引から上回る値動きを見せて来ると、目先10日移動平均線までの戻りを強めて来ると見られる事から、買い有利の巻き戻しの値動きが予想される。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








売り込まれたギリシャ、FOMC要因の緩和で、200円幅の巻き戻しを強める白金価格・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

11:30の東京白金は、28円高の4556円で推移している。夜間取引で金価格の1200ドル割れに対する売り込みから4500円を一度下回る値動きを見せている。ただ早朝に公表されたFOMC議事録やギリシャ政府による支援合意観測の高まりで、巻き戻しの値動きを強めた東京白金は、4518円で寄り付くと徐々に買い戻しされだし、夜間取引で付けた高値4541円を上回った事から4559円まで戻りを見せている。

1月25日にギリシャ総選挙から下がりだし、6日の雇用統計で早期の利上げ観測、9日にはギリシャ首相がトロイカ支援策拒否の報道など、ここまで下げて来た要因がギリシャと早期の利上げ観測に絞られる。ただFOMCに議事録で早期利上げ観測が後退し、19日朝の欧州時間帯にギリシャ政府が融資延長で合意する報道など、売り込まれた要因が尽く否定されている事で巻き戻しの値動きが強まっている。
特に今晩は、LD市場からNY市場に掛けてギリシャ・リスク緩和の動きが予想され、またFOMC議事録を受けた買い戻しの動きも予想される事から、17日に出来事の真逆な値動きが起こるのではないか。

              
テクニカルで見た東京白金は、4496円から戻りを見せ、昨日の寄り付きである4537円を超えた事から陽線転換した値動きとなっている。ただストキャスティクスやRCIでは、依然と買いサインが出ていない状況であり、一抹な不安は残る。ただオシレーターの転換は、1日遅れる動きであるため、16:30以降の値動きが注目される。また移動平均線では、10日移動平均線や200日移動平均線に対する乖離幅の拡大が大きく、4600円に向けた戻りを見せて来る可能性が高い。

午後からは、巻き戻しの値動きであり、昨晩まで大きく売り過ぎた心理は、簡単に切り返す事ができない事から、売られ過ぎた咎めが出て来る値動きに思われる。そのため短時間で4600円を回復し、最初の戻りである4780円に向けた戻りが強まって来る状況と思える。
特に来週は新甫発会を控えており、4500円台で発会すると4700円まで戻りを見せて来る限月となるのではないか。


週報「プラティニの相場観」NO124
ギリシャ・リスクで一時4636円の安値を下回った東京白金は、来週は何時に買い転換するのか?日柄変化日で示したいと思います。またテクイカルで見た現状の白金の方向性を示したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








欧州時間19日朝にギリシャ政府は支援合意する・・

  ランキングに参加しています!たくさんの応援ポチありがとうございます                     
                     にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

本日のNY白金は、9.8ドル安の1167.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で14円安(2月限)と予想する。
ギリシャ情勢を見極める中、発表された経済指標で米住宅着工件数が事前予想の1070件を下回る1067件となり、許可件数も事前予想を下回る1053件、生産者物価指数でも事前予想の-0.4%を下回る-0.8%、鉱工業生産も0.2%と事前予想を下回るなど尽く経済指標が低下している。

そのためリスク商品は軟調な動きを見せている。NYダウ平均も17ドル安と方向感を示す事は出来ていない。ただ早朝に発表されたFOMC議事録では、多くが時期尚早の利上げが回復を弱める可能性に言及し、リスクを考えるとゼロ金利を長く維持する方向が妥当を示している。また声明文の「辛抱強い」の削除は日付の注目になる可能性が高い事が指摘されるなど、早期の利上げ観測が後退している。

貴金属は、ギリシャ情勢などを受けてドルが買われる動きを見せていたが、FOMC議事録公開以降は、早期の利上げ観測が後退し金利が低下している。時間外取引では若干買い戻しの動きを見せるなど、1170ドルを下回った値動きに抵抗を見せている。特に白金価格は、18日に合意の報道が流れていたが、ギリシャ政府の報道官は「19日早朝に合意文章に署名する」と述べるなど、慎重な値動きで巻き戻しの動きが見受けられない。

またギリシャ国内の銀行は、3月末には資金が枯渇する可能性が指摘されるなど、ギリシャ政府にとってもギリギリの状況である。そのため遅くとも20日までには合意する状況には変わりがない。ただジョイブル・ドイツ財務相は「合意より条件が重要である」と述べ、依然と慎重な姿勢を見せている。

本日のNY白金の日足では、再度下値である1168.3ドルを下回るなど売り込まれているが、オシレーターではストキャスティクスに相対力指数、RCIなど下がり切った状態まで下げており、行き過ぎた水準まで来たと思える。また移動平均線では10日移動平均線が1208.6ドルで下がり、40日移動平均線も1227.1ドルで維持した動きを見せており、乖離幅の拡大で行き過ぎた下げであり、1200ドルに向けた戻りが予想される。

本日の東京市場は、夜間取引で金価格の1200ドル割れに追随する動きを見せて再度安値を下回る動きを示している。そのため昨年11月17日以来の4500円を一度下回る動きを見せたが、FOMC議事録公開や19日にはギリシャ支援合意で目先欧州リスクが一時的に後退する場面であり、巻き戻しの値動きが予想される。特に4500円を下回り続ける根拠が乏しいのに、行き過ぎた値動きを続けている事で売られ過ぎた反動高の値動きが予想される。
換算で考えても1200ドル=4640円まで戻りを見せて来る時間帯が起こり得るのではないか。特に来週は新甫発会を控えており、その時間帯まで巻き戻しの値動きが予想される。もし4500円台を25日まで維持する様であれば、買い有利な発会になると予想される。


週報「プラティニの相場観」NO124
ギリシャ・リスクで一時4636円の安値を下回った東京白金は、来週は何時に買い転換するのか?日柄変化日で示したいと思います。またテクイカルで見た現状の白金の方向性を示したいと思います。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


参考になりましたらポチッとお願いします!現在、ランキングアップチャレンジ期間中です!
このポチが無料配信メールの励みになります!
上位3位以内に入りましたら、メール頻度増やしますのでよろしくお願いいたします!!↓↓↓↓↓↓↓↓

  にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ   にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報の請求での注意
多くの方に週報のパスワード請求して頂きありがとうございます。今後とも週末には週報をアップしますので宜しくお願い致します。
ただ週報請求フォームで、記載漏れの方が見受けられますので、請求される方は記載事項をお書きの上、ご請求くださいます様にお願いいたします。
尚、記載事項洩れがありましたらパスワードの送信を拒否させて頂きますので宜しくお願い致します。

昨年より多くの方が無料パスワードの申し込みを頂きありがとうございます。ただ一部の方でお申込み頂きましたが、携帯メールには返信メールが送れない状態が発生する事があり、極力パソコンメールを活用して頂ければ幸いです。


週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています。またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック

週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


2月14日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

またはmitsurunagasaki@yahoo.co.jp までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示