1. Top » 
  2. 2013年11月

ブレィク・タイム・・

11月の金と白金は、金が高値4298円から安値4022円まで276円の下落に対して、白金は高値4740円から安値4485円の255円の下落を行っている。また金は安値4022円から昨日の高値4138円まで116円の戻りを行っているが、白金は4485円の安値から4568円まで83円の戻りしか行っていない。そのため11月の価格差は、最高で570円から427円まで縮小している。

特に白金の下落が今週強かったのは、南アフリカにおけるアングロ・アメリカ・プラチナムにおけるAMCUが今年のストライキを来年1月に延期した発表が響いた状況でないか。ただストライキ懸念で買われた動きは感じられなかっただけに、行き過ぎた反応を見せている様に思える。

またテク二カルでも、金の値動きが白金に比べ5日間早く買い転換した状況であり、まだ完全なテク二カルの買い転換を示していない白金との違いが価格差の縮小を意味している状況である。

しかし白金を取り巻く環境は、金以上に良好な状態であり、値下がりを続ける状況にない事は明らかである。そのため遅れて急反発が起こる事が予想され、4500円台の白金価格は買い妙味ありと判断する事が妥当と思える。個人的には、今回の安値は今週付けた4485円と判断する。特に来週の値動きで直近の高値である4578円を上回ると4632円まで急反発する値動きが予想され、価格差を狙ったポジションを持つ事が有効な価格帯の位置と判断する。

また来年は、今年の様な金の値動きに白金が比例して動き事が少なくなり、貴金属独自の要因で動きやすく、当然の如く金:白金の価格差は拡大傾向を続ける可能性が高い。特にその傾向は、1月~3月までが非常に確率的に高く、年始早々から白金価格は上昇を強めて来ると予想される。

そのため需給を無視して、金価格に合わせる様に売り込まれた現在の水準は、年末から年始に掛けての安値と判断するのが妥当と思え、そのチャートは今週更新した週報「プラティニの相場観」NO61で参照してもらうのが良いと思える。


セミナー案内
12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
本日更新しました週報「プラティニの相場観」NO61では、今年から来年にかけて大きなチャンスが膨らんでいる東京白金を検証したいと思います。先週までの軟調な展開から、一転して強気の流れにいつ転換するか、テクニカルや日足を使い説明したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





スポンサーサイト

週報「プラティニの相場観」NO61をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO61をアップしました。
閲覧に必要な無料パスワードの申し込みはこちらをクリック



12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
本日更新しました週報「プラティニの相場観」NO61では、今年から来年にかけて大きなチャンスが膨らんでいる東京白金を検証したいと思います。先週までの軟調な展開から、一転して強気の流れにいつ転換するか、テクニカルや日足を使い説明したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





景気、ETF、為替、株価、需給と何一つ売る要因が存在しない白金市場・・

本日の東京白金は、29円高の4533円で終わっている。NY市場が感謝祭の休場から東京市場は為替主体の値動きに、買い戻し主体の値動きを続けて終わっている。寄り付きから一時4500円を試す値動きを見せ、4502円まで下値を試したが、為替の円安が進みだすと夜間取引で付けた高値4524円を上回った事から4540円まで買い戻しを強めている。ただ終盤には東証が200円安を演じ、円高の流れを見せた事から4519円まで下値を試しているが、引け際には円高を織り込みながら4539円まで戻して終わっている。

南アフリカ情勢や需給報告、為替の円安、株価の反発など様々な強気に要因に反応を見せる事無く、4485円まで下値を試して事は、意図的なのかポジション調整の結果なのか定かではないが、行き過ぎた値動きと判断する。そのため4500円を割り込んだ水準は売る根拠がなく、買い戻しの値動きもスピードが早い。

また12月に入ると6日の雇用統計で、年内のQE縮小観測の方向性が決まり、10日には南アフリカのロンミン社でAMCUと鉱山会社の賃金交渉の協議が仲裁委員会の下で協議が行われる。また12日にはインパラ・プラチナムでAMCUが今年最後の協議を会社側と行う予定である。そのため雇用統計、南アフリカ情勢とプラチナ価格を動かす要因が続くだけに底値を切り上げる値動きに変化してもおかしくない。

現在のテクニカルは、相対力指数が39.39%で反転し、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが横ばいからクロスする直前まで届いており、買いの気配が高まりを見せている。ただRCIでは、短期が-73%で下げ止まりながら、-83%まで下げている中期を上回り、長期が-62%で下げて来ている。そのため短期が長期を上回り、中期が長期を上回ると買いの域の中に入る。移動平均線は、10日移動平均線が4568円で下がりながら、40日移動平均線は4556円で上昇を見せ、10日とクロス可能性が高まっている。

今晩の経済指標は、19:00にユーロ圏失業率、ユーロ圏消費者物価指数が発表されるが米国の経済指標の発表は行われない。また米国市場は短縮取引であり、商いは薄いと判断する。
個人的には、日足から見て今日の戻り高値4540円を上回る事が出来れば、目先の戻りを強めて来ると思われ、その動きに注目したい。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO61では、今年から来年にかけて大きなチャンスが膨らんでいる東京白金を検証したいと思います。先週までの軟調な展開から、一転して強気の流れにいつ転換するか、テクニカルや日足を使い説明したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





売られ過ぎの反動が近い東京白金の値動きで、きっかけは来週のNY白金の反発・・

                     

11:30に東京白金は、26円高の4533円で推移している。感謝祭の休日でNY市場が休場となった事から巻き戻し的な商いから4500円を維持した事で、昨日までの売り込みが見受けられない。特に衆議院財務金融委員会に出席した黒田日銀総裁の発言から長期金利を意識した為替の円安が進みだすと、夜間取引で付けた戻り高値である4524円を上回り、4536円まで戻りを強めている。

特に貴金属の連動性を理由に金価格に連動して上昇が抑えれていた白金が、金価格が下げ止まったのに白金だけが売られ続ける値動きから行き過ぎた水準まで届いた状況である。また金と白金の価格差においてもQE縮小観測と南アフリカにおけるプラチナ鉱山でのストライキ要因で価格の拡大を目論んだ金売り:白金買いのポジションが、ここ数日の金価格の落ち着きからポジション調整の動きが進み、白金売りの動きも強まった可能性もある。

しかし「需給に勝るもの無し」の格言通り、需給バランスでは需給が存在する白金に、需給が存在しない金である事、ETFでも減少している金と増加している白金、そして景気回復に伴う需要拡大の白金など、どこから考えても白金が下がり続ける理由が見当たらない。

ただ唯一弱い要因がテクニカルで見た東京白金の動きであるが、この動きもストキャスティクスが%Dとslow%Dが16%で横ばいを続けており、売り継続が続いている。しかし反転する動きに近づいている事や、相対力指数でも下げ止まり、相対力指数を結ぶ下降ラインをブレイクす直前まで来ている。またRCIでは、短期が-73%で横ばいしながら中期が-83%で下がり、短期を下回っている。長期は-62%で下げ続けており、短期の反転が起これば底値を確認した事になり、目先の底値は4485円と判断できる。

そのため唯一弱いテクニカルは、来週早々には反転する基調が強まりだすと見られ、4500円を維持して反転する時間帯に入ると判断する。そのため白金価格は、陰の極入りと予想する。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO61では、今年から来年にかけて大きなチャンスが膨らんでいる東京白金を検証したいと思います。先週までの軟調な展開から、一転して強気の流れにいつ転換するか、テクニカルや日足を使い説明したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4500円を固める値動きを続け、4700円へ戻る値動きが今後予想される・・

本日のNY白金は、感謝祭の休日で取引は休場となった。夜間取引の東京市場は、16円高の4523円で終わっている。
本日は、8時から時間外取引が開始され、今晩のナイメックスは、短縮でAM2:15まで取引を行い、コメックスはAM3:15まで取引が行われる。
昨晩は、NY市場が感謝祭の休場であったためロンドン市場オンリーの値動きとなった。その欧州市場では、11月の消費者物価指数速報値ではEU基準の前月比の伸びが0.3%と予想0.1%から上振れした。またイタリア議会は、ベルルスコーニの議員はく奪を決定している。そのため一時的にイタリア債権が軟調な動きを見せている。

東京白金では、前日の下落に対する買い戻しで夜間取引では4528円まで戻りを見せている。特に4485円まで下値を試した価格が4500円を回復しており、このまま15:30の終了までに4508円を維持して陽線で終われるかに注目したい。また今週は、4570円で寄り付き陽線で終わる事は難しく、2週間連続で陰線で終わる可能性が高い。そのため来週も一時的に4500円割れを試すか注目したい。

現在の時間外取引は1359ドルで推移しており、東京白金の12月限の逆算で1367.9ドルとNY市場を上回っているため売られ易い環境は続いている。また感謝祭が終わり、12月に入ると6日の雇用統計で12月17、18日に開催されるFOMCでQE縮小観測が高まりを見せるか注目される指標がまっている。個人的には、1月の財政問題や2月の債務上限問題が控えているだけに、今年のQE縮小開始はないとみている。

また南アフリカのおけるアングロ・アメリカ・プラチナムでのAMCUのストライキは1月まで行われない事がはっきりしているが、ロンミン社におけるAMCUとの賃金交渉は、10日に仲裁委員会の下で協議が行われ、12日にはインパラ・プラチナムとAMCUが協議を行う予定である。特にロンミン社、インパラ・プラチナムは両社ともAMCUが組合を代表する承認組合であり、ストライキの可能性が一番高いと思える。また協議を繰り返したとしても会社側の提案する値上げ幅は7%を上回る事は難しく、AMCUは黒人労働者の生活や地位向上を目指している事から要求額の引き下げは難しいと思える。そのため何れ何処かではストライキに入る可能性は高く、4500円を続ける値動きは続かないと予想され、11月の安値は買いのタイミングと考えて対応するのが良いと思える。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





意図的な下げで売り込まれ、感謝祭の薄商いから戻りを見せる・・

本日のNY白金は、33円安の4505円で終わっている。アジア時間帯に4585円を狙った戻りを見せたが、NY白金が意図的な下落により20ドル近く日米の格差が拡大した事で4500円を割り込み4588円まで売り込まれている。その流れを受けて始まった東京市場は、一時買い戻しで4500円を回復するが、大衆機関店からの投げの動きから4485円まで売り込まれている。ただ為替の円安、金やパラジウムの堅調な動きに白金だけが売り込まれる要因もなく、買い戻しを強め、引け際には4500円を回復し4511円まで戻りを見せている。

特にQE縮小観測や大口ファンドの金に対するスタンスが弱気に傾いた発言など金と白金の価格差を狙ったポジションで、金価格が下げ渋り、金売り:白金買いの手じまいを誘っている雰囲気も強い可能性もある。そのため今晩の値動きは、日中と逆に白金だけが買い戻しされる値動きが起こる可能性が強いと思える。

材料らしき材料もなく、景気回復や自動車販売の好調な動きや、為替の円安といった状況で白金だけが売られる根拠が乏しい。そのため本日の値動きは、意図的な値動きの見方が個人的には強く感じ、振り子がピークに達し戻る値動きが起これば、短時間で4570円以上の水準まで戻る値段と思える。

テク二カルは、相対力指数が33.35%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが下がっており、目先売り込まれる状況を示している。ただ最低な水準まで届いており、反転する場面が予想される。RCIは、短期が-75%で下げ止まり、中期は-78%で下げており、短期を下回った状況である。また長期も-42%で下げており、短期の反転から買い戻しが出易い状況である。

個人的には、昨晩の4576円で買われた時にNY市場が買われるのが普通であるが、NY市場が意図的に売られ、東京市場でコストを無視した水準で投げさせられている状況が出来上がており、反発する値動きに入ると思える。そのため目先の安値は4485円の価格と判断する。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





南アフリカのストライキは、始まった訳でもなく、終わった訳でもない・・

                      

12:00の東京白金は、44円安の4495円で終わっている。NY市場の急落から夜間取引で一時4585円を窺う値動きから届かなかった事で売られだすと、夜間取引では一時4588円まで売り込まれている。その流れを受けて始まった東京市場は、買い戻しから4509円まで戻りを見せたが、時間外取引の戻りが見られない事や白金の値動きに失望的な見方が膨らみ、再度売られだすと4500円を割り込み夜間取引で付けた安値4488円を下回り4485円まで下値を試している。ただ4485円を進んで売る気配もない事から下値が止まりだしている。

前日の南アフリカでは、期待されていた世界第1位のアングロ・アメリカ・プラチナムにおけるストライキに対して、鉱山・建設労働組合連合(AMCU)の合法ストライキを行うかの組合員を交えての協議が、会場確保の遅れから来年1月に延期された事が発表された。ただストライキで買われた場面も2ヶ月間なかった事からも行き過ぎた売り込みと思える。特に現在の4495円を為替102.08円でドル換算すると1369.1ドルであり、1400ドルの鉱山コスト、JM社「プラチナ2013」で報告した半年間の下値予想である1360ドルに匹敵する水準であり、ストライキで買われた経過が存在しない値段が失望から売り込まれ過ぎた水準でないか。

そのため戻りが入りだすと4530円までは簡単に戻る値段であり、また南アフリカのプラチナ鉱山でAMCUのストライキが消えた訳でもなく、12月10日にはAMCUが承認組合であるロンミン社で仲裁委員会の下で賃金交渉が行われる。そこでロンミン社のAMCUが合法的なストライキの権利を取得すると南アフリカにおけるプラチナ鉱山での第1位から第3位までの鉱山でストライキが発生する高確率の条件が整う事になる。

故に現在のプラチナ価格を売り込む要因は見当たらず、幽霊の影に怯える心理同様にいつまでも上がらない価格の動きに下がる恐怖が演出した値動きと思え、また売り込まれた価格は急反発するエネルギーを蓄えている状況でないか。特に東京白金は、10月29日の47388枚の取組から昨日で56721枚まで増加している。そのため大きく売り込めば、反発は急激な反応が出ると予想される。

現在の東京白金のテクニカルは、相対力指数が32.28%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが14%と17%で下がっており、両オシレーターでは下げ過ぎた水準で推移している。RCIでは、短期が-75%で横ばい、中期は-78%で短期を下回り、長期は-42%で下げている。そのため依然と弱気の動きが支持されているが、12月中旬までには今の水準は存在しないと予想する。また移動平均線では10日移動平均線で日足の戻りが抑えられ、40日移動平均線を下回った存在する事から行き過ぎの値動きに注意した方が良い。

午後からは、午前中の安値が4585円で反発を見せており、下値不安はまだ拭いきれないが「南アフリカ情勢はまだ始まった訳でもなく、終わった訳でもない」ことが事実ではないか。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





10月の再来であれば、12月には4500円の水準は底値となる値動きが予想される・・

本日の東京白金は、39円安の4539円で終わっている。軟調な動きを受けた東京白金は、時間外取引で一時4507円まで下値を試した流れを受けて、4530円で寄り付いた東京市場は、一時4518円まで下値を試したが、夜間取引の安値を下回る事無く買い戻しを強め4533円まで戻している。しかし日計り的な商いから再度売られるが、4520円で止まった事や為替の円安が進み、寄り付き直ぐの高値4533円を上回り、引き際まで買い戻しが優勢になると4545円まで高値を追って終わっている。

QE縮小観測の動きから金価格に比例する様に売られている白金価格は、南アフリカのプラチナ鉱山でのストライキ期待が後退し、失望的な値下がりを続けている。特にNY市場のプラチナ価格に比べ円安の影響を受けた東京市場のドル建て換算価格が、割高に推移している事が売り要因となっている。本日の終値では、1383.4ドルで推移しており、現在の時間外取引で1375ドルあり、依然と8ドル近いギャップが存在する。そのため夜間取引に入ると東京市場は、売られ易い環境から下値を試す状況である。

ただ為替の動きでは、一日でキャップ埋める値動きになるため、鉱山コストである1400ドルを下回った1370ドル台を売り続けるリスクは高いと判断する。

今晩は、目新しい要人発言はないが経済指標の発表が18:00にドイツGfk消費者信頼感、21:00にMBA住宅ローン申請指数、22:30には耐久財受注、週間新規失業保険申請件数、23:45にシカゴ購買部協会指数、23:55にミシガン大学消費者信頼感・確報値、28日0:00に景気先行指数と行われる。そのため景気回復に伴うQE縮小観測の期待に注意したい。

テクニカルでは、相対力指数が37.81%で下がり、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが横ばいに近い動きを見せている。またRCIでは、短期が-75%で横ばいし、中期は-70%で下がり、長期も-20%で下げている。そのため依然と下値を模索する動きに注意と判断する。移動平均線では、10日移動平均線が4603円で下がり、40日移動平均線は横ばいし、日足が40日移動平均線を下回る動きを見せている。ただ移動平均線と日足の乖離が拡大しており、下値に対する抵抗を見せている。

依然と軟調な動きを見せているが、目新し要因もない中で為替の逆算でのギャップを埋める値動きが続いており、行き過ぎた価格まで下げている可能性が高い。またNY市場のドル建て価格の急反転する値動きがオシレーターの動きで予想され、NY市場の反発で安値からの巻き戻しが強まると思える。そのため4500円前半の価格を売るのは避けた方が無難と判断する。

個人的には、需給バランスが崩れている商品は、最終的に価格で補う事が必要となる事から供給不足の価格がいつまでも下がり続ける事は出来ない。特に12月になるとロンミン社の協議が10日、インパラ・プラチナムでは12日と鉱山会社や仲裁委員会との協議が行われる予定であり、現時点で両社の提示条件とAMCUが求めている要求額との乖離が大きく、合意の可能性は非常に低いと予想される。そのため最終的にはストライキが実行される状況と判断するが、市場の期待した時間帯を既に過ぎており、今の値動きは期待の膨らみが失望の売りを強めているのではないか。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





為替から考えれば10月の安値4302円に相当する4507円の安値・・

                      

11:30の東京白金は、50円安の4529円で推移している。東京時間帯の円建て価格に対してドル建て価格が上昇しなかった事から買われ過ぎた反動から一時4507円まで売り込まれた流れを受けて始まった東京市場は、寄り付きから一時4518円まで売り込まれたが、下値に届かなかった事や為替の円安で4533円まで戻りを見せている。その後に再度4520円まで売られたが、下値が切り上がった事から日計り的な買いで戻りを強めている。

QE縮小観測や賃金交渉の停滞など白金を売り込む動きが強いが、JM社やHSBCなど供給不足の商品と見た予想を発表しており、またJM社やHSBCの下値予想も1360ドル~1500ドルと両社の予想から比べ10ドル程度しか開きがない事から下値に対するドル建ての抵抗を示す動きが予想される。

特にオシレーターでは、9月~10月に掛けての動きと同様であり、安値を売り込まさせると急激な戻りに遭遇する可能性が高い。その時には4700円を試すまで短時間となる事から反転する予兆には注意したい。

テクニカルでは相対力指数が下がり、ストキャスティクスも下がり、下値を模索する状況が続いている。RCIでは短期が-75%で横ばい、中期も-70%で下がり、長期も-20%で下げている。移動平均線は、10日移動平均線が4602円で下がり、40日移動平均線は4551円で横ばいしており、下値で抵抗を見せて来るかに注目したい。

テクニカルでは、今しばらく下値に対する不安は残るが、売られ過ぎた水準からの反発に注意したい。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





今週末のAmplatsにおけるAMCUの組合会合が延期・・

本日のNY白金は、5.9ドル安の1371.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で39円安(12月限)と予想する。
目新しい材料もなく発表された経済指標が強弱入り乱れ、年内のQE縮小観測も後退し、米国の株式市場ではナスダックが4000ドルを上回る動きを見せている。特に感謝祭を前にして商いは薄く、ポジション調整の動きが強いと思える。
為替市場でも方向感がない状態の中、感謝祭明けの雇用統計までドリ高傾向が続く可能性が高いと思える。
貴金属は、金は堅調な動きで推移したが、白金は軟調な動きで終わっている。

特に南アフリカでは、アングロ・アメリカ・プラチナムで合法ストライキの権利を得ていたAMCUが、11月30日か12月1日にストライキを行うか組合の会合を開催する予定であったが、会場の確保が出来なかった事を理由に延期されている。またインパラ・プラチナムでは、12月12日に今年最後となるAMCUと協議を行うと発表され、合意できない場合は、7月に遡った給料について年内の支払いないと述べている。そしてロンミン社においては12月10日に仲裁委員会の下で協議を行う事になっている。そのためクリスマスを前にして協議の大詰めを迎える事になる。

NY市場の日足では、前日の安値を下回り売り込まれているが、オシレーターではストキャスティクス、相対力指数が下げ過ぎを示し、RCIでも短期が-98%、中期が-93%、長期が-89%で重なる寸前であるため、底値に近い水準まで達した状況でないか。そのため10日移動平均線や40日移動平均線との乖離幅が拡大し、行き過ぎた値動きに注意と判断する。

本日の東京市場は、夜間取引で4505円まで下値を試すてから、買い戻しの動きで4530円まで戻りを見せた事から再度4505円の安値を日中に試す売り込みの値動きが予想される。ただ行き過ぎた値動きは一瞬で戻りを見せる事が経験則で学んでおり、鉱山コストを無視して売り込み続ける事は避けた方が良い。10月の時も安値を試したが、オシレーターの逆行を示したポイントまで最後は戻りを見せており、今から50円~100円の下値が存在したとしても4750円に戻る値段である。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





貴金属のテクニカルが好転し、円安の流れの中で1400ドルを回復する値動きから4700円へ・・

本日の東京白金は、22円高の4679円で終わっている。金価格の大幅高で始まった東京市場は、一時軟調な換算を受けて4578円で寄り付くと一時4556円まで下値を試した後は、徐々に買い戻しされだすと4583円まで高値を付けている。その後は日計り的な商いから4568円を底値として4575円を挟んだ上下を繰り返していたが、引け際には下値を取る事が出来ない事から4581円まで高値を追って終わっている。

QE縮小観測の高まりから売り込まれた金価格に合わせる様な値動きを続けていただけに、本日の金価格が4100円を捉えた買い戻しで基調が転換した雰囲気である。特に金価格のオシレーターでは、相対力指数にストキャスティクスが反転し、買いのシグナルを見せるなど4200円に向けた反発場面に入った可能性が高い。またNY白金の日足で見たオシレーターでもストキャスティクスや相対力指数が下げ過ぎを見せており、いつでも反発する状況まで届いている。
そのため東京白金で、売る根拠が見当たらず巻き戻し的な値動きが予想される。

また南アフリカでは、3週間続いているノーザム・プラチナでNUMが会社側の書簡でリストラ策に対する言明があり、ストライキも長期化の様相が強まっている。またAMCUが進めている賃金交渉で、最後に残ったロンミン社での仲裁委員会の下で12月上旬にでも協議が行われ鵜可能性が高く、インパラ、アングロ、ロンミン社の3社で同時にストライキが行われる懸念が高まりを見せてくる。そのため4500円を下回る事は難しくなった情勢と判断する。

テク二カルでは、相対力指数が44.42%で反転し、ストキャスティクスでは%Dとslow%Dが下げ止まり横ばいを続けている。RCIでは下げ続けていた短期が-71%で切り替えし、中期は-56%で下がり、長期も+3%で下げて来ている。そのため短期が中期を上回る買いサインに期待が持てる。移動平均線は10日移動平均線が4613円で下がり、40日移動平均線は4551円で横ばいしながら、日足の下値の抵抗を示している。また200日移動平均線が4704円で推移している事から目先10日移動平均線が位置している4615円へ向けて上昇を続けると判断する。

今晩は、21:30にメルシュECB専務理事の講演、22:30に9月、10月の住宅建設許可件数、23:00にはS&Pケースシラー住宅価格、27日0:00には消費者信頼感が発表される。3:00にはアスムセンECB専務理事の講演が行われる。そのためECBにおけるマイナス金利や利下げ観測に対する意見に注目した方が良い。

またNY市場で前日の高値1389.5ドルを上回る値動きが予想され、1400ドルに向けた値動きに注目したい。



12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





東京白金は、金価格の反発で「眠れる獅子が目を覚ます」状況・・

                       

11:30の東京白金は、20円高の4578円で推移している。軟調に終わったNY市場であったが、金価格が堅調に買い戻しから大きく反発し、4100円を回復する値動きを見せている事で寄り付きから東京白金も買われて始まっている。
4578円で寄り付くと一時4556円まで下値を試し、夜間取引との窓埋めを行った後は、買い戻しを強めながら寄り付き直ぐに付けた4580円を上回ると4583円まで買われている。
日計り的な商いを続け下がる場面を見せるが、4522円、4525円、4538円、4545円と着実に下値を切り上げて来ており、売れない情勢とNY市場のドル建て価格が反発する直前とみれるテクニカルの強さで買い戻し主体の値動きと思える。

特にQE縮小観測で大きく売り込まられた金価格が、円安の影響から東京市場では4000円を割り込めなかった事から金の反発で買い戻しされている。またHSBCのプラチナ予想でも供給不足であるが、価格はQE縮小観測の金価格に比例した値動きで上昇が抑えられているが、来年は供給不足が拡大し、金価格と違った独自の値動きを行ってくると予想されている事から供給不足に対する下値を切り上げる状況下にあると思える。

また南アフリカでは、NUMが行っているノーザン・プラチナで3週間もストライキが継続しており、AMCUに対する警戒感から妥協が出来ない状況と思われ、長期化の様相が強い。AMCUもインパラに続きアングロ・アメリカ・プラチナムで合法的なストライキの権利を取得し、今後行われるロンミン社での仲裁委員会の元での協議が決裂する様であれば、12月には大規模なストライキがプラチナ鉱山で行われる状況であるため、徐々に下値を切り上げる値動きを続けて来ると予想するのが妥当と判断する。

現在のテクニカルでも、ストキャスティクスで%Dがslow%Dと重なり下げ止まった動きを見せ、相対力指数でも反転し保合いから離脱した動きを見せている。また昨日まで下げていたRCIの短期が反転を示し、基調の変化を見せている。そのため40日移動平均線の下げ止まりで日足が支えられ、目先下げている10日移動平均線が位置している4612円まで戻りを見せて来ると判断する。

午後からは、4571円~4580円の狭いレンジ内で上下を繰り返し、下値を切り上げる動きを維持してくると判断する。特にNY白金の値動きは、オシレーターで見て急反発を行う状況が迫っており、本日は買いを仕込む時間帯と判断する。



12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





NY白金の急反発に備える時間帯に入っている・・

本日のNY白金は、4.9ドル安の1377.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で54円安(12月限)と予想する。
米国・イランの6ヶ国協議で核開発合意をきっかけとした原油価格の下落にドル高の動きから堅調な内容で推移した。貴金属は、ドル高の動きの中、ECBの要人による利下げ観測の発言から国債市場における金利差によるユーロ高に金価格が買われ、1250ドルを上回る値動きを見せている。白金は、南アフリカのノーザム・プラチナが3週間続いているNUMのストライキで2000万ドルの損失を受けていると会社側が発表し、NUMの書簡でリスクトラ策に言明した事から「生き残りのカギ」と表現するなどAMCUに対抗してストライキの長期化懸念が膨らみを見せている。

しかしHSBCのプラチナ予想では、供給不足が24トンに上ると予想したが、金価格の下落やQE縮小観測を受けて価格に反映されない動きが予想される。ただ来年は、金と白金は独自に材料から価格差が拡大する動きを予想し、強気の内容となっている。そのため金やパラジウム価格は買われたが、白金価格は軟調な動きで終わっている。

本日のNY白金の日足は、ストキャスティクスや相対力指数が下げ続けているが、突発的に反転するレベルまで下がっており、RCIでは短期が-93%で下がり、中期も-91%で下がり、長期は-80%で下げている。そのため短期に反転に注意と判断する。移動平均線では10日移動平均線が1413.7ドルで下がり、40日移動平均線は1423.4ドルで軟調な動きで推移している。そのため日足と移動平均線との乖離幅が拡大し、行き過ぎた買い戻しの水準まで届いた可能性が高い。

本日の東京市場は、金価格の反発や為替の円安の値動きに買われる確率が高いと思える。テクニカルでもストキャスティクスや相対力指数が下げ渋りを見せている。ただRCIが短期、中期、長期が下げ続けており、依然と下値に対する不安が残っている。また換算では54円ほど東京市場が高い水準であり、換算で見た場合は行き過ぎた価格きに対する調整が必要にも思える。そのため下値に対して注意を行いながら、ドル建て価格の反発に備える事が必要と判断する。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





為替相場の様相であり、ドル建ては弱く、円建ては底堅い値動き・・

本日の東京白金は、13円安の4558円で終わっている。週末の軟調なNY市場を受けて売られて来ると思えた東京市場は。4547円で寄り付くと換算通りに下がりだすと4525円まで下値を試している。特に4522円を下回れなかった事や為替の円相場が101.14円から101.92円まで進む円安相場で買い戻しされて4579円まで戻りを見せている。しかし円相場から相対的にドル建て価格が時間外取引で下がりだすと、徐々に下がりだし引け際には4552円まで下値を追って終わっている。

現在の時間外取引でも1374ドル近くまで下値を追っており、JM社の「プラチナ2013」の下方予想や10月の安値1361.1ドルなど1360ドルを意識した値動きが予想される。ただ東京市場は、為替の円安が10月に比べ4円近く円安であり、200円の違いが4500円を維持する効果に繋がっており、4522円、4525円と下値を切り上げの動きを見せているのではないか。

また今の価格は、明らかに南アフリカ情勢を無視した値動きであり、この材料が表面化する12月には4700円台を維持した価格に変化していると予想される。そのため4500円の前半で上下を繰り返したとしても、下げ続ける値段ではなく、一時的な値動きと判断するのが妥当と考える。

テクニカルでは、相対力指数が39.23%で下がり、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが19.72%で横ばいした動きを見せており、下値に対する抵抗を示している。しかしRCIでは、短期が-82%で下がり、中期も-50%で下がり、長期も+17%で下がっている。そのため下値を模索する値動きが予想される。移動平均線では10日移動平均線が4620円で下がり、40日移動平均線は4549円で横ばいし、200日移動平均線は4706円で軟調な動きを見せている。日足は40日移動平均線を下回ると買い戻しを強める様な値動きを見せているため、底値を固める展開を続けると予想される。

今晩は、0:00に中古住宅販売成約指数が発表され、連銀総裁の講演や記者会見は予定されていない。そのため為替の動きに比例したドル建て価格は安値を試す値動きに注意したい。


12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





セミナー案内・・12月14日開催・・

12月14日(土)に岡地の相場セミナー年末特別企画を開催します。
会場は、岡地(株)東京支店 7階会議室で定員80名(先着順)
スケジュールは、13:00より第一部「今、注目の貴金属、ドル/円の行方を占う」と題しまして、私とYEN蔵こと田代 岳様と講演を行います。
第二部は、小次郎講師による「伝説の小次郎講師が説く!使えるテクニカル分析講座」の講演を行って頂きますので奮ってのご参加宜しくお願い致します。
参加ご希望の方は岡地の相場セミナー年末特別企画をクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





10月の安値4302円の時と為替で4円の円安を考慮すると4500円は割り切れない・・

                    

11:30の東京白金は、5円安の4568円で推移している。週末のNY市場が軟調な動きで終わり、換算でも44円程高い水準で終わっている東京市場は、4547円の寄り付きから売られ一時4525円まで下値を試している。しかし為替が円安に振れだすと、寄り付きの4547円を上回り、円相場もも101.80円まで円安が進むと買い戻しが強まり、一時4579円まで戻りを見せている。特に4558円、4565円と上昇時に機転を設けており、午後からこの水準を下回る事が出来るかに注目したい。特に日足では、4522円の安値に対して4525円で止まる値動きを見せた事から、夜間取引では4525円を下回る事が出来るかに注目したい。

為替の動きも市場ではシカゴ先物で円売りが11万枚も拡大しており、円高に対する警戒感も強い事から逆に円高に成りきれない要素に繋がっている可能性もある。ただ相場格言で「中央銀行に逆らうな」といった動きもあり、日銀の異次元的な緩和策にFRBの年内QE縮小観測後退と市場が素直に受け取れない要因が今の円安:ドル高を演出しているのではないか。そのため日米の株価は、高値追いの動きを続け、行き場を失った資金は素直に株式市場へ流れ、経験則に基づく警戒感が裏目に表れていると思える。

そのため東京市場の円建て商品は、下がりそうで下がれない構図が出来上がっていると思える値動きである。
また東京白金では、10月の安値が4302円で、その時間帯にNY白金は1361.1ドルであり、現在の時間外取引では1380ドルで推移している事から後20ドルのギャップを埋めて来ると予想する向きが強い。ましてJM社の発表した下限が1360ドルであり、その20ドルを意識して売り込む向きが存在するのは間違いない。

ただ為替は、10月時に対ドルで97円で推移していたが、現在は101.67円であり、4円の円安が存在する。単純計算で1円で50円の違いから200円の価格に相当し、NY白金が同様な水準でも4302円に対して200円プラスした4502円が妥当な水準と思える。そのため今の相場では4500円を割り込む事が計算上を難しく、5422円に近づくと反発を強める値動きとなるのではないか。

現在のテクニカルでは、相対力指数やストキャスティクスが下げ止まり、RCIでも短期と中期が下げており、長期がそれを追い掛ける下げを演じている。ただ短期と中期の乖離は少なく、一度価格が反転すると短期が中期を上回る動きを見せ易くなる。そのため4540円以下を売り込む状況は避けた方が良いと判断する。特に移動平均線では10日移動平均線が4621円で下げているが、40日移動平均線は4550円で下げ止まった動きで日足が反転する基準となっている。そのため40日移動平均線を下回る時は短時間で回復を見せるため、下値を模索した値動きに思える。

午後からは、為替の円安で戻りで4570円以上を維持する事が出来なくなると、4565円、4558円と下値を試す値動きに注目したい。また為替以外で買い続ける要因が、今は乏しだけに突発的に下値を探る値動きに注意して、ロンミン社の仲裁委員会の協議の結果を待つ事が妥当と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





大相場に入る前の振るい落としに注意と判断する・・

週末のNY白金は、9ドル安の1382.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で44円安(12月限)と予想する。
年内のQE縮小観測や南アフリカ国営電力会社エスコムの緊急事態宣言が解除されるなど1400ドルを目の前にして回復できなかった事から下落して終わったNY白金は、一時1381.1ドルまで売り込まれている。特にプラチナ鉱山でのストライキ懸念も第3位のロンミン社におけるAMCUと仲裁委員会の下で協議開催が不透明な状況であり、ストライキの懸念が後退した動きである。

また米国とイランが核開発協議で合意した報道が原油価格を押し下げており、週明けの動きはエネルギー価格の下落も加わり貴金属が売られる動きを見せて来ると予想される。今週は米国で感謝祭の休日が入り、週末には経済指標の発表もない事からアジアと欧州市場だけの動きとなる事から為替に合わせる調整の動きを続ける可能性が高い。

そのため週末のNY白金の日足の動きでも前日の安値を下回り、10日移動平均線が40日移動平均線を下回り下げている事から10月に付けた安値1361.3ドルを意識した値動きに注意したい。特にJM社「プラチナ2013」で報告した半年間の下方予想が1360ドルである事にも注意したい。またオシレーターでもストキャスティクスや相対力指数も下げ続けており、RCIでも短期が下がり、下げ止まった中期を下回り、長期も下げている事から売りのままで推移している。

本日の東京市場は、週末のNY市場の下落と換算で44円近く東京市場が高い水準である事から週末の夜間取引で付けた安値4541円を試し再度4522円を窺う値動きが予想される。そのため7月や10月の安値と同様に売り込みのパターンを形成し、その後の反転に備える値動きが予想され、11月末までの安値形成に注意して12月からの反転相場に備えるのが良いと判断する。

特にストライキや電力不足の南アフリカ情勢を意識した底堅い値動きが、一時的に底値を更新する投げ相場の動きに注意して対応するのが良いと思える。個人的に今までの白金相場は、信用リスクで度々1400ドルを割り込み売り込まれては切り返して高値を更新する値動きを見せて来ており、今回も世界の75%を占めるプラチナ生産の南アフリカで85%占める鉱山でストライキが行われる可能性を秘めており、一度起これば200円の反発が必達であり、その値動きの前の振るい落としの値動きに注意したい。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ブレィク・タイム・・(ポールソン氏のクライアントへの説明)

年内のQE縮小観測が膨らみを見せている。先週14日に次期FRB議長のイエレン副FRB議長が上院議会指名承認公聴会で、ハト派的な長期的な緩和策を表明してから、連日FRBメンバーや連銀総裁のタカ派による年内QE縮小発言で一時治まりを見せていた金価格の下落、為替市場ではドル買いの動きで100円を超える円安が進みだしている。

9月19日のFOMCで、バーナンキFRB議長が早期のQE縮小観測を否定し、急速に貴金属の価格が反発を見せたが、2日後にはタカ派で今年のFOMCメンバーであるカンザスシティー連銀総裁が10月のFOMCでQE縮小もあり得ると発言し、一転して貴金属は大幅に売られだした。その時と同様にイエレン氏の発言を否定する様な連日のタカ派的な発言で、長期金利は上昇し、株価は景気指標の好転から買われている。

特にNY株式市場では、消費者物価指数が低下しインフレ懸念が後退し、緩和策の継続に対する安心感も手伝い、14日以降大きく資金が流れ込み市場最高値を更新している。そのため株式市場では、QE縮小は軽視した反応であるが、金相場では金利が引き上がる時代だけに金市場への投資の魅力が低下し、ファンドは大きく売り込む動きを見せている。

また昨日は、金投資では著名な投資家であるポールソン・ファンドが、クライアントに向けた説明会で「今後、インフレ率が上昇するか明白でないため、これ以上、金に対して投資水準を上げない」と述べるなど買い方筆頭の動きの変化は、今後金価格を押し下げる要因に繋がる懸念が高まりを見せるのではないか。

そのため同族の貴金属であるプラチナ価格も徐々に下値を模索する展開を続け、2011年以降から鉱山コストと考えられていた1400ドルの水準を割り込む値動きを見せている。特に白金市場では、大きな意味を持つJM社の需給報告「プラチナ2013」が報告され、5月の10トンの供給不足が11月には18トンまで拡大している。しかし半年間の価格予想では、1415ドル~1710ドルを今回は1360ドル~1580ドルと下方修正している。

この事は、供給不足であるが目先の二次供給による品薄感が消え、金価格同様にドル高傾向に対する配慮と見ざるを得ない。しかしレポート以外で5月までの南アフリカにおけるストライキの影響を10%程度と見ていたが、ストライキが発生した場合は30%の供給削減に繋がる可能性が高いと指摘しており、年末に迫るストライキ懸念の高まりを今後プラチナ価格を押し上げる要因となるのは間違いないと予想される。

そのため今注目のQE縮小観測の決め手になる雇用統計で基調が転換する可能性が高い。もしQE縮小観測が後退する動きを見せれば、一番売られた金価格は大きく買い戻しを見せ、その動きに比例してプラチナ価格も買い戻しされる状況でないか。そのため今しばらくQE縮小要因で下値を模索するが、その要因は需給を考慮しない価格形成であり、その事は年末のストライキが発生した場合は、大きく反発するエネルギーが蓄積されている状況と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週報「プラティニの相場観」NO60をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO60を更新しました。
無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





目先の動きに惑わされず、12月以降の4900円を意識したスタンスに切り替えるのが妥当・・

本日の東京白金は、6円高の4573円で終わっている。堅調なNY白金の値動きと為替の円安から4571円で寄り付いた東京白金は、為替の円安から買われだし、夜間取引で付けた高値4590円へ向けて上昇を続け、4589円まで高値を追っている。しかし一転して昼から円高の動きに変化すると寄り付きの4571円を下回り4564円まで売り込まれている。ただ為替の動きだけであり、引け際に向けて買い戻しから4576円まで戻して終わっている。

QE縮小観測の高まりからドル高に金利高と金価格を押し下げる要因から、白金価格も同様に売り込まれているが、根本的な需給要因は、世界の75%のプラチナ生産を行っている南アフリカの電力問題や賃金交渉の不調に伴うストライキが控えている事から単純に下がり続けるとは想像できない。

また電力不足は、老朽化した火力発電設備のメンテナンスが南半球である夏の時間帯に行われるため、12月~3月において2007年から電力不足の動きが続いている。特に新規の電力発電所の稼働が2014年末からとなっており、今年の年末から年始に掛けて電力不足は起こり得る状況である。

また需要面においても欧州新車販売台数が回復に予兆を見せている事から2014年は50万オンスの需要が期待でき、そのため1500ドル/オンスを上回る可能性もあるとマイニングサイトでは報告されている。そのため需給バランスに照らし合わせれば、1400ドルを割り込む様な環境下に置かれている状況でもなく、金融政策の変更に伴う憶測の域を出ない材料で意図的に抑えられている状況と思える。

そのため12月に入り南アフリカでストライキに動き出すと世界の供給の70%が操業停止する事態に陥るため、一日で200円~300円の大暴騰が起こってもおかしくない環境下である。そのため一時的に1400ドル、4500円以下を意識した値動きには近い将来を考慮すると買いの水準であり、迷いを捨て信念を持って買いポジションを維持したい。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が41.75%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、slow%Dが下げており、買いのクロス直前である。そのため目先の下げが一服した状況である。RCIは、短期が-67%で下がり、中期も-40%で下がり、長期も-27%で下がっている。そのため目先の方向性は下向きである。移動平均線は、10日移動平均線が4628円で下がり、40日移動平均線は4550円で下げ止まった動きを見せており、価格が10日と40日移動平均線のレンジ内で上下を繰り返す動きが予想される。

今晩は、米国の目新しい経済指標の発表はなく、17:30にドラギECB総裁の講演、19:45にバイトマン独連銀総裁、ショイブレ財務相の講演が行われる。22:40にはFOMCメンバーであるタカ派のジョージ・カンザスシティ連銀総裁の講演が行われる。そのため要人発言に注意して対応するのが妥当と思える。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO60は、今後の南アフリカ情勢に基づき、12月の東京白金の値動きを予想したいと思います。QE縮小観測が高まりを見せているが、依然と年内の開始は不透明であり、ストライキで5000円を付けるのは確率的に高く、何処で仕掛ければよいか解説したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









為替から見て1390ドルでは、4522円を下回る事は難しい・・

                      

11:30の東京白金は、17円高の4585円で推移している。QE縮小観測を織り込み大きく売り込まれ4522円まで下値を試した状況から、為替の円安と海外高の流れから巻き戻しの値動きを見せている。特に南アフリカ情勢では、依然と電力問題は来年3月まで続く可能性が強く、12月に入るとインパラ、アングロと合法的なストライキを取得したAMCUが、第3位のロンミン社で行われる仲裁委員会の下での協議を待っており、協議決裂になる事は間違いなく、ストライキの懸念が潜んでいる。
そのため一時的にQE縮小観測の憶測で売られ、1400ドルを割り込む状況まで下げた価格が、為替の円安で4500円を割り込む事が難しくなった東京市場は、買い戻しを強める展開で推移している雰囲気である。そのため4569円で寄り付くと徐々に買い戻しを強めると夜間取引で付けた高値4590円を窺う値動きを見せ、4589円まで買われている。

テクニカルでは、ストキャスティクスや相対力指数が目先の止まる雰囲気を見せだしているが、ただRCIでは、短期、中期、長期が下げ続けており、まだ買いの域に入った状況まで届いていない。しかし移動平均線では、10日移動平均線が下がりながら、40日移動平均線が下げ止まりを示し、価格はその平均線に挟まれたレンジで上下を続けており、4500円を下回る事が難しく思える。ただ10日移動平均線が4629円で推移している事から4620円以上では利食いの動きに押される状況でないか。

午後からは、再度4590円の高値を試す試みが行われると思えるが、週末の値動きも入り終盤は日計り的な決済で調整に動きがあると思える。ただ為替市場が101円を維持する譲許であれば、4522円の安値は下回る事が難しくなる。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









11月で底値を形成し、3月に向けた700円の上昇劇を予想する・・

本日のNY白金は、7.9ドル安の1391.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で25円安(12月限)と予想する。
週間新規失業保険申請件数やフィラデルフィア連銀景況指数が事前予想から比べ悪化した。特に雇用部門では、数字上で目立った回復が見受けられない。そのため12月6日に発表される雇用統計では、失業率は変わらず、雇用者数では若干良くなる位と予想されている。

要人発言では、前日までECB関係者のコメントでECBがマイナス金利を採用する憶測が流れていたが、本日はドラギECB総裁は完全に否定している。またタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁は、日本を反面教師にたとえ、ゼロ金利政策の問題点を指摘している。そしてラッカー・リッチモンド連銀総裁は「現在の買い入れプログラムには賛成せず」と述べ、年内のQE縮小観測が維持されている内容である。

しかし雇用状況や経済指標の好転が無ければ12月17、18日に行われるFOMCでQE縮小は踏み切る事が出来ない事から、本日発表され12月の雇用統計に反映される週間新規失業保険申請件数では、目覚ましい雇用環境の改善は見受けられない事から2月以降の状況でないか。

南アフリカでは、国営電力会社エスコムの電力供給不足懸念は、週末に比べ需要が低下する時間帯であり、余裕が見受けられている。しかし金曜日から日曜日に掛けて電力消費量が上昇する事から週末には注意と判断する。また世界第3位のジンバブエ政府は、自国にあるアングロ・アメリカン・プラチナ、インパラ・プラチナとアクエリアス·プラチナの三社が2年経過しても精錬所を建設していない事から政府の意向を無視するのであれば「南アフリカに輸出するプラチナ鉱石を停止する処置を取らざるを得ない」と鉱山大臣は発言している。ジンバウエは、2013年の予想で40万オンス(11トン)の供給が予想されている。

また欧州市場の自動車販売台数が回復の予兆を見せており、来年は需要回復に伴い1500ドルの回復を後押しすると伝えている。

本日のNY白金は、さらに下値を試して終わっているが1400ドルを一時回復している。そのため下値を模索する展開が続いている。オシレーターではストキャスティクスや相対力指数が下げ続け、RCIでは短期が下げ止まり、中期と長期が下げ続けている。そのため11月で底値を形成し、12月から上昇に転じる可能性が高いと思える。また移動平均線では、40日移動平均線を10日移動平均線が下回っており、下値に届いた予兆が窺える。

本日の東京市場は、為替に円安が進む環境で下値に対する抵抗を示す値動きが予想される。特に40日移動平均線が4550円で下げ止まりの値動きを見せている。オシレーターではストキャスティクス、相対力指数が下げ続けているが、良い水準まで届き、RCIでは短期が-71%、中期も-40%、長期も+25%で下げ続けており、大勢は下向きの流れが予想される。そのため為替の円安とNY白金の綱引きで下値を模索する値動きが続くと予想される。

ただ南アフリカで鳴りを潜めているプラチナ鉱山でのストライキの動きは、第3位のロンミン社において賃金交渉が仲裁委員会の下で協議が行われる時間が12月初旬と予想され、その動向が最大のストライキの懸念が高まる状況である。そのため11月の安値は毎年の様に3月の高値まで平均で700円~1000円の値上がりが期待できる状況と予想される。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









QE縮小観測を織り込み、鉱山コストを割り込んだ咎めは必ず代償を払わされる・・

本日の東京白金は、19円安の4568円で終わっている。一転して年内のQE縮小観測が連銀総裁の発言やFOMC議事録で膨らみ、リスク逃避の動きから金価格が大きく売られた事から夜間取引で白金価格も4536円まで下値を試している。寄り付きから安値4536円を下回ると4522円まで安値を試している。その後は日計り的な巻き戻しや為替の円安を受けて、引け際まで買い戻しされ4577円まで戻りを見せて終わっている。

QE縮小観測が膨らみ、長期金利は上昇し株価は軟調な動きを見せ、金価格は金利上昇にドル高の反応から売られている。
しかし年内のQE縮小観測は、イエレン氏の指名承認公聴会の発言やフォワードガイダンスの変更を考慮すると、12月におけるFOMCにてQE縮小を行うには、12月6日に発表される雇用統計だけではデーター不足であり、最低でも2月の債務上限問題を解消してからでないと景気の腰を折る可能性が強く、難しく思われる。

そのため憶測の域を出ない要因で、鉱山コストを割り込んだ水準まで売り込まれたか価格は、織り込みが終われば大きく反発する動きを見せて来ると予想される。この事は2011年から2012年の欧州市場で蔓延したギリシャの信用リスクの問題が浮上するたびに、1400ドルまで売り込まれたが、その後は大きく反発する値動きを見せており、今回も同様に行き過ぎた値動きは、最後は買い戻しにより元の水準まで戻してくると予想される。

今晩は、17:30はドイツ製造業PMI・速報値、ドイツ非製造業PMI・速報値、18:00にはユーロ圏製造業PMI・速報値、ユーロ圏非製造業PMI・速報値、19:00にはドラギECB総裁、メルケル首相の講演が予定され、22:30で新規失業保険申請件数、生産者物価指数、23:45にパウエルFRB理事の講演、22日0:00はフィラデルフィア連銀景況指数の発表が行われる。1:00にバイトマン独連銀総裁の講演、2:30にラッカー・リッチモンド連銀総裁の講演、2:50にブラード・セントルイス連銀総裁の講演が行われる。
そのため年内のQE縮小観測が膨らみを見せただけに週間新規失業保険申請件数が予想が下回ったり、要人発言に注意して対応したい。

テク二カルでは、相対力指数が40.69%で下げ渋り、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下がり続けており、依然と軟調な動きを示している。RCIでも短期が-50%、中期も-23%、長期も+39%で下がっており、下値を模索する展開が予想される。移動平均線では、10日移動平均線が4635円で下がり、40日移動平均線は4551円で横ばいしており、日足は40日移動平均線で抵抗を見せている。そのため終値ベースで10日移動平均線が40日移動平均線を下回るデッド・クロスまで下値に注意と判断する。

個人的には、今年の安値4302円を試す様に思えるが、為替の円安が進む状況が強まっているだけに、下値に対する抵抗に注意してチャンスを待てば、10年に一度の大きなストライキが発生する可能性が高く、4500円台の水準は2週間と続かない。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









QEの憶測で売られ、需給の事実を無視した値動き・・

                       

11:30の東京白金は、30円安の4558円で推移している。タカ派の連銀総裁による発言やFOMC議事録による年内QE縮小観測の高まりで金価格が大幅な反落となり、白金も夜間取引で付けた安値4536円を下回った水準である3533円で寄り付くと4522円まで下値を試している。その後は急速な円安から日計り的な巻き戻しで4559円まで戻りを見せている。また中国経済指標の発表から下値4543円を試した後は、4560円を試す値動き見せながら4559円を超えて4562円まで買われている。

本日の下落は、タカ派のFOMCメンバーによる年内QE縮小実施の憶測が膨らみを見せる発言をきっかけとなり売られたが、経済指標の好転があればと述べている点やイエレン次期FRB議長の上院議会での指名承認公聴会の発言など、今年中に開始する根拠は見当たらない。また長期金利が2.8%まで上昇しており、このままであれば景気回復の腰を折る可能性が高いだけに、QE縮小を開始する前に長期金利が引き上がらない仕掛けが必要である。そのため12月に従来のフォアードガイダンスにおける失業率5.5%以下までに修正する必要があり、早くても来年1月以降と考えるのが妥当と思える。

そのため一方的な憶測で鉱山コストである1400ドルも割り込み、為替の円安も進む中で4522円まで下値を探った値動きは、何も考えないで売り込んだ価格であり、巻き戻しが強まる展開も想像がつく。
ただ目先のテク二カルでは、ストキャスティクスや相対力指数が依然と下向きであり、RCIにおいても短期、中期、長期が下がり続けており、今しばらくは下向きの動きが予想される。

ただ世界の75%のプラチナ生産国である南アフリカでは、世界第1位と第2位のプラチナ生産鉱山でストライキの懸念が高まりを見せており、電力会社エスコムのメンテナンスが影響し、電力不足になる可能性が高まりを見せた事から2008年以来の緊急事態を宣言し、大口需要家に対して10%の節電義務を課している。またBHPやハーモニ・ゴールドなどアルミや金鉱山には3時間から5時間の電力停止を行っている。またアングロ・アメリカ、インパラ・プラチナムには今後時間停電が課せられる可能性が高まる。

そのため年内のQE縮小観測の高まりの憶測だけで需給を無視して鉱山コストを割り込んだ価格水準を売り続けるリスクは非常に高く、オシレーターでストキャスティクスの買い転換を示すクロスが発生した時には、売り決済の新規買いのチャンスと判断する。

特に今年の7月、10月に1400ドルを割り込み、東京市場でも4300円台を試しているが、7月は為替は100円前後で1360ドルまで下がったのが要因であり、10月は為替が97円の円高に1380ドルまで下げている。そのため今回は100円を超える水準で1400ドルを下回った状況であり、4500円を割り込む確率は低いと判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









需給を無視した値動きは、相場の転換で見せる予兆であり、コスト無視の値動きは買い場の時間・・

本日のNY白金は、20.3ドル安の1399.6ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で17円安(12月限)と予想する。
注目された要人発言ではダドリーNY連銀総裁は、ハト派的な発言でQE縮小は時期早々の内容となったが、今年のFOMCメンバーでタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁が9月のFOMCの時にはQE縮小に対する疑心的な意見だったがブルームバーグのインタビューでは「経済指標や雇用統計の結果では年内縮小も必要でないか」と述べるなど年内QE縮小観測が膨らむ中、一時ECBの関係者が「追加緩和が必要ならマイナス0.1%の中銀預金金利を検討」とマイナス金利を意識した発言で一時大きく買い戻しの動きを見せたが、朝方FOMC議事録が公開され「経済指標次第では今後数回の会合でQE縮小決定できる」と多くのメンバーが支持した事でリスク逃避の動きを見せているが、しかし「超過準備預金金利の引き下げは検討の価値がある」また「一部は6.5%の失業率数値基準の引き下げを支持している」などQE縮小前にフォアードガイダンスの修正を意味する発言を行っており、年内縮小観測も受け取りで肯定、否定のどちらでも受け取れる言い回しである。

そのため消費者物価指数の低下でインフレ率が下がった事や年内QE縮小観測の高まりで金価格の大幅下落が貴金属全体の足を引っ張る値動きに繋がっている。特に白金価格は、南アフリカのプラチナ鉱山で行われている賃金交渉で、プラチナ鉱山で最大労働組合であるAMCUのストライキの可能性が高まりを見せている中、国営電力会社エスコムが老朽化した火力発電所の電力モーターのメンテナンスで2008年以来の電力不足に備える緊急事態を宣言し、最大ユーザーであるアルミ、金、プラチナの鉱山で10%の電力使用制限が伝えら、BHPやゴールドフィールズは2時間~5時間の電力停止の動きを見せている。アングロ・アメリカやインパラ・プラチナムでも今後電力制限が課せられる状況である。

そのため外的なQE縮小観測の高まりで大きく売り込まれる動きを見せているが、次期FRB議長のイエレン氏が上院指名承認公聴会で、年内のQE縮小観測を後退させるタカ派的な発言を行うなど、お化けの様に消えては現われるQE縮小の年内開始の憶測は、2012年までの欧州市場に蔓延した信用リスクでギリシャ破たんの噂と同じであり、最後は需給に戻り元の水準まで価格も戻りを見せて来ると思える。

ただNY白金の日足は、連日下値を切り下げ、鉱山コストである1400ドルを割り込んだ状況である。またオシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数が下げ続け、RCIでは短期は-70%で横ばい、中期は-86%で下がり、長期も-46%で下げている。そのため依然と下向きの展開が予想される。移動平均線では10日移動平均線が1431.7ドルで下がり、40日移動平均線は1425ドルで維持されている。しかし日足が40日移動平均線を下回った状況だけに売られ過ぎた域の中に入る売り込みの値動きと行ってくると予想される。7月、10月で1400ドルを下回った時間帯は存在するが、ほぼ2週間程度で1400ドルを回復する値動きを見せており、売られ過ぎた水準と判断する。

本日の東京市場は、金価格の下落から寄り付きは売られて来ると考えるのが妥当と判断する。ただ60円安を超える4528円を下回る状況は売られ過ぎた価格であり、行き過ぎと判断する。個人的には、1400ドルを下回った水準で売り込めば、その分だけ反発力が強まる状況であるため、4500円割れを一瞬試す可能性を見せて売り込みの水準を作って来ると思える。また一代棒で見た値動きでは、8月限で試した安値4302円を意識させる値動きで4425円で下値が止まる値動きを見せて来るのか注意したい。
ただすべては一時的な値段であり、時間と共に再度4700円へ動きだす。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









南アフリカ情勢が価格に反映されないで、弱い心理に押されている値動き・・

本日の東京白金は、21円高の4588円で終わっている。前日の大幅下落から買い戻しされて終わったNY市場を受けて、夜間取引で一時4632円まで戻りを見せたが、為替の円高に抑えられ4606円で寄り付くと昼過ぎまでは下値を誘う展開から4575円まで売り込まれている。その後は行き過ぎた安値に買い戻しを見せるが、チャートの足が悪く4600円を回復する事無く終わっている。方向感が定まったない状況であり、目先下値を模索する展開を見せている。

現在の白金価格は、ストライキが開始されるまでは大きく買い上げる事を避けている向きもあるが、現在起きている国営電力会社エスコムの電力供給量が消費量を下回るため、2008年以来の緊急事態宣言を発動し、その中で大口消費者に対して10%消費電力削減を義務ずけている。そのため昨晩はゴールド・フィールズでは2時間の電力供給が制限されるなど、金やプラチナ鉱山で生産停止の動きが強まる様な状況である。特に今週は老朽化した火力発電所のメンテナンスを行っており、突発的な緊急停電が起こる可能性もある。

また今晩は、17:30に公的年金改革に関する有識者会議の結果公表、21:00にはMBA住宅ローン申請指数、22:30は小売売上高、消費者物価指数、21日0:00に中古住宅販売件数、企業在庫が発表され、ダドリーNY連銀総裁の講演が行われる。2:10にはブラード・セントルイス連銀総裁の講演が行われ、4:00に10月行われたFOMC議事録が公開される。

そのため17:30の結果では円安に進み易い環境が膨らむ可能性が高く、為替の動きに注意したい。

テク二カルでは、相対力指数が43.21%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dも下がっており、目先下値を模索する展開が続いている。RCIでは、短期が-21%で下がり、中期も+2%で下がり、長期も+57%で下げており、短期の反転まで買いの手控えと判断される。移動平均線は、10日移動平均線が4649円で横ばいし、40日移動平均線も4551円で下げ止まりを見せている。そのため4551円~4649円内の100円レンジで上下を繰り返す状況と予想される。

そのため夕方に公的年金の株式運用比率で円安に動き易く、最後はFOMC議事録でQE縮小観測の後退を再認識する動きに4600円への戻りを強める展開が予想される。また南アフリカで停電やストなど大きな要因が表に現れる時間まで辛抱と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









4600円を固める値動きであり、今後12月を意識した場合は買いポジションを作るタイミングと判断する・・

                     

11:30の東京白金は、17円高の4587円で推移している。前日の反落から夜間取引で4632円まで戻りを見せて、買い戻しを意識した値動きから4608円で寄り付くが、為替の円高に押され徐々に4600円を割り込むと4585円まで売り込まれている。その後は日計り的な買い戻しを見せ、4598円まで戻りを見せるが4600円を回復できない事から4590円前後で推移している。昨日の大きく反落した事から失望や期待の後退が強まり、ポジション調整の値動きから売られている。

ただ10:50過ぎに4590円で1000枚近い出来高が膨らみ、売りの買い戻しと思われる動きに思える。そのため午後からも4590円前後で下値を維持しながら引け際には4600円を回復して終わると思える。

特に米国のQE縮小観測や為替市場における円高の動きも、単発的な要因となる事から現在進行中の南アフリカの電力不足の問題やプラチナ鉱山における賃金交渉決裂に伴うストライキ懸念の拡大は、すべて供給面に対する問題点となる事から外的な要因で一時的に売られた場面は買い拾う状況が無難と思える。

テクニカルでは、相対力指数やストキャスティクスなど下向きの値動きを支持している。またRCIでは、短期が下げ止まりを見せているが、中期や長期は下げ続けており、短期が中期を上回るクロスまで下値不安が続くと思える。また移動平均線では、10日移動平均線が4649円で下げ止まり、40日移動平均線の4551円で下げ止まりを見せており、目先4551円~4649円のレンジ内で推移する動きに思える。

午後からは、下げ渋る値動きから4600円を回復して終わる値動きを続けると判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









国営電力会社エスコム、19日17:00より大口需要家向けに緊急処置発動・・

本日のNY白金は、8.9ドル高の1419.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で17円安(12月限)と予想する。
目新しい材料がない中、米国長期金利が2.7%に上昇し、為替市場では100円まで対ドルで売られている。株価も連日の上昇に対して利食いの動きを見せるなど、本日早朝から行われるバーナンキFRB議長の講演内容に注目が集まるのではないか。
南アフリカでは、第5位のノーザム・プラチナでは、7000人のNUMがストライキを続けているが、会社側が提案した9%のベースアップで合意した報道がなされている。ただ会社側が年間6%のインフレ率に比例して7%の賃上げ提案を行っていた。特に合意であればスト終結から値下がり要因になる動きが、9%のコストアップが逆に意識されて堅調な反応になっている。
また国営電力会社エスコムでは、現地時間19日17:00に電源の緊急事態宣言を行っている。そのため大口需要者に対して10%の電力供給削減を提示しており、金やプラチナ鉱山で生産低下につながる処置が行われている。国営電力会社エスコムと大口需要者の間で割安な電力料金で契約している項目に、緊急時の電力カットが記載されており、この影響から毎年エスコムの老朽化した火力発電タービンのメンテナンスを行う事から2008年から必ず生産低下に伴い春先に大きく反発を見せている事に注意したい。

NY白金の日足は、前日の下値を試してから反転し陽線下ヒゲを引き買い戻しされている。オシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数が下値を固める動きを見せ、RCIでは短期が-70%で横ばい、中期は-85%で下がり、長期も-29%で下げている。そのため短期が中期を上回っているが、今しばらく下値を模索する展開が予想される。移動平均線では、10日移動平均線が1438.5ドルで下がり、40日移動平均線は1426.5ドルで横ばいしている。しかし日足が40日移動平均線を下回っており、日足の戻りを抑えられる値動きに注意したい。

本日の東京市場は、夜間取引で大きく反発し、4632円まで戻りを試している。そのため4600円をキープできるかに注目したい。特に10日移動平均線と40日移動平均線に挟まれ日足が4651円~4551円内の狭いレンジ内で上下を繰り返す状況だけに今晩から明日に向けて10日移動平均線を上回る事が出来るかに注目したい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









一時的な調整と予想するが、4600円を上回れるかに注目したい・・

本日の東京白金は、106円安の4570円で終わっている。大きく反落したNY市場を受けて夜間取引で4585円まで売り込まれた値動きを引き継ぎ4583円で寄り付くと一時戻りを見せ4588円まで高値を狙ったが、円高に動きが重なると売りがが売りを呼ぶ値動きに4544円まで下値を試している。8月の折は、40日移動平均線までの調整から反発を見せている。そのため40日移動平均線が位置している4554円までが下値の限界と見たが、売り込みは4544円までのアンダーシュートを行なった状況でないか。午後からは、日計り的な売り込みの買い戻しから引け際まで巻き戻しから4577円まで戻りを見せている。

そもそも本日の下落の要因はなんであるか。市場では、ハト派のダドリーNY連銀総裁がタカ派的な発言が聞かれ、リスク逃避に動きが強まったとか、テクニカル的な内容が悪く目先の調整を入れた動きとか様々な憶測で売られていると思えるが、しかし商品価格を形成する根本的な要因である需給バランスは18トンの供給不足と予想され、さらにストライキが発生すれば8トンの生産低下に繋がるとの予測もあり、本日の様に100円以上の下落を行う値動きが解せない。

特にNY市場で1411ドルまで売り込まれているが、鉱山コストが1400ドルでコストを意識した値動きを続けて来て、JM社の供給不足の報告に、世界第1位と第2位のプラチナ鉱山でストライキ懸念が高まりを見せている状況下で、本当に売り込む値動きを続ける事が出来るのか見ものである。

テクニカルでは、相対力指数が40.86%で下がり、ストキャスティクスでも%Dがslow%Dを下回りながら下がっており、RCIでも短期が-13%、中期も+35%、長期も+71%で下がっており、下向きの雰囲気を醸し出している。移動平均線では、10日移動平均線が4656円で上昇が止まり、40日移動平均線は4554円で下げ止まる動きを行っている。そのため日足が40日移動平均線で抵抗を示すか注目したい。

今晩は、19:00にドイツZEW景況感指数の発表が行われる。また要人発言では4:15にハト派のエバンス・シカゴ連銀総裁の講演が行われる。そのため引き続き要人発言には注意と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









40日移動平均線まで調整を行い、下げ止まれば急反発の予想・・

                      

11:30の東京白金は、109円安の4565円で推移している。大きく反落したNY市場を受けて夜間取引から大幅安演じている流れを受けて4583円で寄り付いている。しかし4600円を割り込んだ事や為替の円高も重なり、昼前には4544円まで売り込まれている。その後は日計り的な買い戻しから4567円まで戻して推移している。

午前中は、前日までの高値4740円を超える期待感が強く感じられ、4670円を維持する動きを見せていた。しかし9月に付けた高値4762円を目の前にして4740円で高値が抑えられた状況だけに、失望的な売りが入り易かった状況である。ただ8月の時も目先高値が上回る事が出来なかった事から一時40日移動平均線までの調整を入れた後に大きく反転している。今回も南アフリカ情勢やJM社の需給報告など考慮すると、4500円を割り込む確率と4762円を上回る可能性であれば、後者の4762円を上回る方が妥当と予想できる。

そのためテク二カル的な仕掛けを行い、振るいに掛ける値動きを行っている可能性が高いと判断する。特に需給バランスでは、時間が経てば経つほどストライキの可能性が高まる状況であり、このまま下げ続ける価格ではない。また世界第1位と第2位のストライキが発生した場は、南アフリカのプラチナ供給量の87%が失われる状況になる。
また季節的に南アフリカでは国営電力会社エスコムが、老朽化した火力発電所のメンテナンスを行う時期になり、電力供給不足に対する鉱山会社の生産停止の処置が行われるため、年間通して一番上げやすい時期と重なって来る。

テク二カルでは、相対力指数が40.69%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dが横ばいしている。RCIでは短期、中期、長期が下落に転換しており、今しばらく買えない雰囲気である。移動平均線では、10日移動平均線が4655円で下がり、40日移動平均線は4553円で下げ止まった動きを見せている。そのため日足が40日移動平均線まで届き、目先に調整は終わった可能性が高い。

午後からは、大きな動きもなく日計り的な商いで上下を行うと予想され、4600円を回復するには時間が必要と判断する。そのため今週末までに4600円を上回る動きを見せていれば、週足は強気と判断する事ができる。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の3200円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

<11月5日に行ったコモディティ・オンライン・TVの録画です>


Video streaming by Ustream


週報のお知らせ
週末に更新しています週報「プラティニの相場観」NO59は、南アフリカ情勢が緊迫度合いを高めており、ストライキが入れば何処まで反発するのか、また年間通して一番上げ易い時間帯に入った事など期待が持てる時間帯に入った説明を行いたいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


11月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif









Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

またはmitsurunagasaki@yahoo.co.jp までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示