1. Top » 
  2. 2013年09月

2012年から4400円台を売りで儲ける確率と買いで儲ける確率は買いポジションが確率は高い・・

                 

11:30の東京白金は、17円安の4503円で推移している。週末のエバンス・シカゴ連銀総裁の10月FOMCでQE縮小後退発言を受けてドル建て価格が買われたが、米国の上下両院議会での債務上限問題に絡み暫定予算法案のつぶし合いで10月早々には政府機関の一時閉鎖懸念が膨らみ、為替市場でリスク逃避の円高の動きを受けて、4500円を割り込み4499円で寄り付くと売りの利食いから4514円まで戻している。しかし為替や時間外取引に中国HSBC製造業PMI・改定値が事前予想を下回る50.2となった事から寄り付き直ぐの安値4497円を下回ると4489円まで売り込まれている。そのため週末の安値4487円を下回る事が出来なかった事に対する買い戻しで4503円まで戻りを入れている。

債務上限問題がクローズアップされ、リスク逃避の動きや景気に対する悪影響から工業用品需要が一番のプラチナ価格は、金以上に大きく弱い反応を示しており、世界の70%を超える南アフリカのプラチナ生産に対して懸念が高まりを見せる鉱山労働者のストライキの影響を無視して採算コストと思われる1400ドルまで下値を追い、東京白金は為替の影響も入り4500円を割り込む水準まで下げている。

ただ今までのプラチナ価格の値動きでは、今以上の為替の円高で4500円を割り込んだ時間帯は短時間であり、また4500円割れの後には、南アフリカ情勢を材料に4900円を超える値動きを見せている。そのため今から下値を意識した取引を考えるより、債務上限問題が解決した時間帯から高値を追う値動きに照準を合わせ、買いポジションを如何に多くのポジションを作るかが勝敗を分けるポイントになると思える。

そのため売りのヘッジポジションは資金配分を考え解消する方向で対応する事にする。

現在のテクニカルでは、相対力指数が29.70%で下がり、ストキャスティクスは%Dが10.33%で下がり、slow%Dも13.33%で%Dと平行に下げている。そのため%Dが反転すると買いに転換するポイント。RCIでは、短期が-73%で下がり、中期は-92%で横ばい、長期も-90%で横ばいしており、中期と長期の乖離が存在しない状況であり、短期が反転すると底値が堅くなる。移動平均線では10日移動平均線が4604円で下がり、40日移動平均線は4728円で、200日移動平均線も4711円で上昇を続けており、行き過ぎた乖離から下げ止まりの動きを強める状況と判断する。

ただ戻りを見せて下げている金より、次々に下値を下回る値動きの白金が金と白金の価格差を縮小され、293円まで縮小うした事からも売られ過ぎの白金価格と判断する。
今までと同様に下がれば4487円以下を意識して売り込まれ、気付いたら価格は4700円まで戻っているパターンを何度も遭遇した値動きであり、我慢の場面と判断する。


週報「プラティニの相場観」NO53をアップしました。
プラチナが底値打ったのか注目される場面と思えます。週足のNYチャートを東京チャートは規則正しく反映しており、方向性や値動きを見極める事で予想もし易くなります。またテクニカルで行き過ぎた状態なのか検証しました。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO53は、白金が8月以来の4400円台まで売り込まれ、失望的な値動きが見られたが、テクニカルは逆行現象を行うなど買いのシグナルが出ている。そのため今後の戻りが何処までか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





スポンサーサイト

債務上限問題、イタリア議会問題でリスク逃避の円高の動き・・

週末のNY白金は、4.2ドル高の1414.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で49円安(10月限)と予想する。
市場に10月のFOMCでQE縮小観測が高まる中、今年のFOMCメンバーでハト派のエバンス・シカゴ連銀総裁が今年中のQE縮小を削除しないと述べているが「10月に縮小が行われなくても個人的には意外ではない」と延べ、今年のQE縮小観測が後退を示すなど一転してリスク許容度の高まりを意識した巻き戻しの値動きを見せている。為替市場でもドルが売られ円高の動きを見せるなど、市場は9月のFOMC後からFOMCメンバーの言動で市場は振り回されており、バーナンキFRB議長の真意を測りかねている。

また発表された経済指標では、消費者信頼感指数・確報値は事前予想の78を下回るが77.5で上方修正を行っている。また南欧の信用リスクもスペインの2014年度の経済成長見通しを0.7%に上方修正、失業率は下方修正しているが従来の信用リスクは後退を示しており、欧州市場の経済回復が進んでいる証と思われる。

南アフリカでは、世界最大のプラチナ鉱山であるアングロ・アメリカ・プラチナムが公表したリストラ策に対して最大組合員を誇るAMCUがストライキを開始し、ルステンブルグ地区の鉱山で20%の組合員がストライキを行い鉱山会社側は「販売には支障ないが、生産には今後支障が出る可能性」を伝えている。特に市場では、大規模なストライキではないため楽観的な見方が支配的であり、価格には大きく反映されていない。ただ週明けには、AMCUは集会を開催しスト中止するか継続するかの会合を行うと述べているが、AMCUは当初からリストラ策の撤回を勝ち取るまで無期限ストライキを行うと述べており予断を許されい状況が続くと思える。

また2年に一度の賃金交渉は、インパラ、ロンミン社で承認組合となったAMCUは150%の賃上げを要求し、鉱山会社の南アのインフレ率6.5%に比例する賃上げ回答と乖離が激しく、賃金交渉では協議すら行われていない状況を考えると、来月10月に入ると鉱山会社の賃金交渉の先延ばしに抗議をするためストライキの頻発が予想される。

週末のNY市場は、下値から買い戻しされ一時1400ドルを割り込んだが、最終的には1414ドルで終わっている。オシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数など下値を切り上げる水準で切り返しており、売り込めない状況である。RCIでも短期の上昇が止まり-43%で推移し、中期は-87%で横ばい、長期も-94%で横ばいしており下値を固める動きと判断する。そのため移動平均線で見た10日移動平均線が1430.2ドルで推移しており、この水準まで戻りを見せて来ると思える。

本日の東京市場は、米国の債務上限問題に絡み上下両院で暫定予算の法案の駆け引きが行われており、早ければ10月1日に一部の政府機関で職員の自宅待機が発生する可能性もあり、またイタリア問題では連立放棄の動きが発生するなどリスク回避の円買いの動きが強まっている。そのため寄り付きから売られて来ると見られ、4500円を再度下回る値動きが発生する可能性が高い。ただ日米ともに白金価格の日足では、オシレーターが底値を固める展開が予想され、4500円以下はロングポジションが有効と判断する。特に南アフリカ情勢は、必ず価格に反映されだす要因であり、最後は「需給に勝るもの無し」の価格水準まで戻る値動きと判断する。


週報「プラティニの相場観」NO53をアップしました。
プラチナが底値打ったのか注目される場面と思えます。週足のNYチャートを東京チャートは規則正しく反映しており、方向性や値動きを見極める事で予想もし易くなります。またテクニカルで行き過ぎた状態なのか検証しました。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO53は、白金が8月以来の4400円台まで売り込まれ、失望的な値動きが見られたが、テクニカルは逆行現象を行うなど買いのシグナルが出ている。そのため今後の戻りが何処までか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ブレィクタイム・・(今回のストライキの影響・・)

金曜日から南アフリカのプラチナ鉱山で最大の労働組合まで上り詰めた鉱山・建設労働組合連合(AMCU)は、1月に世界最大のプラチナ鉱山アングロ・アメリカ・プラチナム(Amplats)が提案した14000人の影響を与える2鉱山5坑道を1鉱山3坑道に集約するリストラ策に抗議し、ルステンブルグ地区プラチナベルト地帯にあるリストラ策対象の鉱山であるKhuseleka鉱山の坑道1とKhomanani鉱山の坑道2でストライキを開始している。

特にアングロ・アメリカ・プラチナムは、経営赤字に落ち込んだ会社収益を黒字化の目的で当初14000人のリストラ策を失業率が25%で高止まりし頭が痛い南アフリカ政府や労働組合の激しい反対に3300人までリストラ策を削減し、鉱山経営にとって必要不可欠な処置である事を強調しており、これ以上の妥協は望めない状態である。しかし大幅な賃上げを要求しているAMCUは、賃金交渉の協議が会社側の提案する南アフリカのインフレ率6.5%に沿った値上げ率との乖離が大きく、進展する気配が見受けられない。そのため賃金交渉は前進する事無く2ヶ月が過ぎ様としており、打開策の切り札としてAMCUは無期限のストライキに入った可能性もある。

ただ現在のスト参加者は、ルステンブルグ地区の2鉱山に絞られ、その鉱山労働者の20%にあたる規模であり、Amplats側は、「販売に対して影響はでないが、生産に対する影響は今後予想される」と述べるなど市場は至って冷静な反応を週末は見せている。しかしAMCUは、「リストラ策が撤回されるまでストライキは継続する」と週末に述べるなど合法ストライキだけに長期化が予想される。

特に金鉱山でもAMCUは17%程度の鉱山労働者の支配率であるが、会社側の示す8%の値上げ提案を唯一拒否している組合であり、今回のリストラ策に対する抗議ストライキは、進展しない賃金交渉の起爆剤にしたい意図が見え隠れしている。また昨年のロンミン社マリカナ鉱山で始まったストライキも同地区であるプラチナベルト地帯で発生した経過から安易な安堵感は持たない方が無難と思える。

またAMCUは、一部の鉱山労働者に対して仕事に就く事を妨害している噂もあり、もしライバル組合であるNUMの鉱山労働労働者とのトラブルが起きれば、昨年のマリカナ鉱山の悲劇の再来になりかねない。そのためにも今後ストライキが拡大し、生産に対する影響が高まりを見せだせばプラチナ価格は、昨年8月から10月に掛けた大幅値上がりを辿る可能性を秘めているのではないか。

週末のNY白金の値動きは、QE縮小観測で一時1400ドルを割り込む状況まで売り込まれ、南アフリカのストライキの影響は織り込まれていない。また今年のFOMCメンバーであるハト派のエバンス・シカゴ連銀総裁が「10月にQE縮小が開始されなくてもおどろかない」と述べるなど来年1月まで延期される可能性を述べた事でリスク逃避の値動きが後退している。特に市場は、今年の南アフリカのストライキが短時間や回避された事から今回も同様に大きな影響はないと踏んでいる。ただ今までは、違法なストライキであり、今回は合法なストライキの違いが評価されていない。そのため時間が経過する事で終わりを見ないストライキが続き、徐々にプラチナ価格を押し上げる影響を与えて来ると予想され、1400ドル割れを回避する要因に繋がると思える。


週報「プラティニの相場観」NO53をアップしました。
プラチナが底値打ったのか注目される場面と思えます。週足のNYチャートを東京チャートは規則正しく反映しており、方向性や値動きを見極める事で予想もし易くなります。またテクニカルで行き過ぎた状態なのか検証しました。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO53は、白金が8月以来の4400円台まで売り込まれ、失望的な値動きが見られたが、テクニカルは逆行現象を行うなど買いのシグナルが出ている。そのため今後の戻りが何処までか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週報「プラティニの相場観」NO53をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO53をアップしました。
プラチナが底値打ったのか注目される場面と思えます。週足のNYチャートを東京チャートは規則正しく反映しており、方向性や値動きを見極める事で予想もし易くなります。またテクニカルで行き過ぎた状態なのか検証しました。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO53は、白金が8月以来の4400円台まで売り込まれ、失望的な値動きが見られたが、テクニカルは逆行現象を行うなど買いのシグナルが出ている。そのため今後の戻りが何処までか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





アングロ・アメリカ・プラチナムでAMCU、無期限ストライキ開始・・

本日の東京白金は、58円安の4520円で終わっている。米経済指標の好転からQE縮小観測が高まりを見せ、軟調な動きから夜間取引で4540円の直近の安値を下回った流れを引き継ぎ売られて4533円で寄り付くと、4540円を底値と見た買い方の投げから4487円まで10分間に40円の下落を行い出来高は1400枚と売り込んだ値動きでないか。そのため引け際までは4510円~4520円の間で推移して終わり、ストを前にした警戒を強めた動きと思える。

そのストライキは、南アフリカでAMCUがアングロ・アメリカ・プラチナムのルステンブルグのプラチナ・ベルト地帯のKhuseleka鉱山のシャフト1で開始した報道が入っており、立ち合い終了後の出来事であり、夜間取引は巻き返してくる値動きが起こるのではないか。

テクニカルでは、相対力指数が30.65%で下がり、ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、slow%Dは下げるなど買いクロス前と判断する。RCIでは、短期が-61%で横ばいし、中期は-91%で下がり、長期は-90%で下げている。そのため中期が長期を上回る事があれば買いの動き。移動平均線は、10日移動平均線が4627円で下がり、40日移動平均線は4730円で上昇し、200日移動平均線は4710円で上昇している。そのため日足が10日移動平均線である4627円を上回ると40日や200日に向けて上昇を強めると判断する。

南アフリカでアングロ・アメリカ・プラチナムに対する無期限のストライキが開始された事は、1400ドル割れで4500円を売り込んだ踏みが4600円への上昇をサポートする値動きなると判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO53は、白金が8月以来の4400円台まで売り込まれ、失望的な値動きが見られたが、テクニカルは逆行現象を行うなど買いのシグナルが出ている。そのため今後の戻りが何処までか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月28日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ストライキ懸念を無視し、あるか判らないQE縮小要因で採算コスト割れまで下げている東京白金・・

                      

11:30の東京白金は、67円安の4513円で推移している。米経済指標の週間新規失業保険申請件数が低下した事やFOMCメンバーであるFRB理事が僅差で縮小が否決された事を伝えると10月のQE縮小観測が高まりを見せ、夜間取引で東京市場が4540円の安値を下回った事から寄り付きから売り込まれると一時4500円を下回り、4487円まで下落している。ただ出来高が5分間で1114枚と投げた形跡が見受けられる事から急反転すると4533円まで戻りを見せている。しかし週末や心理的な安値を下回った事など買い手が削がれている。

特に不思議なのは、6月にはロンミン社マリカナ鉱山で承認組合問題からストライキを行うとAMCUが伝えた時には、4750円をストライキの当日までスト要因で維持した。しかし明日に迫ったAMCUのリストラ策に対するストライキの予告時間帯でも徐々に売られ、一時は4500円を割り込み時間外取引でも1400ドルを割り込む値動きを見せている。

もしストライキを素直に受ける様であれば、4500円を割り込む事など起きないのが普通であり、今の値動きは異常としか思えない値動きでないか。そのため市場は、南アフリカのストライキに対して疑心的な見方で対応していると思われ、ストライキの発生の一報が入れば、テクニカルの逆行減少と合わせて昨日の4607円を軽く超える値動きとなるのではないか。

現在のオシレーターでは、相対力指数が31.13%で下がり、ストキャスティクスも%Dとslow%Dが下げている。ただ価格が4540円を下回っているが、オシレーターは4540円を付けた水準を下回っていない。そのため逆行を示しており、売り込みには注意と判断する。RCIでは、短期が-61%で横ばいし、中期が-91%で下がり、長期も-90%で下げている。そのため反転するタイミングは中期の反転が必要であり、今しばらく反転を待つのが無難と思える。

午後からは、午前中に大きく売り込まれた状況から買い戻しを強めた値動きから寄り付きの4533円を戻してくるのか注目したい。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4600円から一転して4540円を割り込み、テク二カルは逆行を示す展開・・

本日のNY白金は、18.1ドル安の1410.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で70円安(10月限)と予想する。
東京市場では夕方に税制調査会の法人税引き下げ前倒しを材料で4607円の高値を付けたが、一転して米国で発表された経済指標で週間新規失業保険申請件数が事前予想の32.5万件を下回る30.5万件となった事やスタインFRB理事の講演でQE縮小は僅差で否決された事から10月のFOMCで縮小観測が高まりを見せ、貴金属は金や白金が売られている。

特に白金は、6月~7月の安値である水準まで下がっているが、1400ドルに抵抗を見せているのも間違いない。テクニカルでは、ストキャスティクスや相対力指数は逆行を見せており、売られ過ぎの域の中に入っていると思える。RCIでは短期は-45%まで戻りを見せ、中期が-88%で横ばい、長期も-94%で横ばいしており、今しばらく下値を試す可能性あり。移動平均線では、10日移動平均線が1432ドルで下がり、40日移動平均線は1481ドルで軟調になり、200日移動平均線は1521ドルで微妙に下げている。
そのため1400ドルを割り込む事は難しいと思うが、それに近い状況を見せて来るのは間違いないのではないか。

南アフリカでは、週末のアングロ・アメリカ・プラチナムでAMCUがリストラ策に抗議してストライキを予定している。ただ市場は、6月のロンミン社マリカナ鉱山での承認問題でストライキを予告しながらも決行を行わなかった事を考慮し、ストライキが発生するまで模様眺めを決めつけている。そのため今晩は反発する可能性も秘めている事から非常に難しい判断が迫られると思える。

特に東京市場は、夜間取引で4600円を回復したと水準から売られ、4540円の安値を下回るまで一直線に下げている事から失望的な売りが寄り付きから見られるのではないか。ただオシレーターは、相対力指数やストキャスティクスは4540円を付けた水準を下回っていないため、オシレーターと価格の逆行現象が発生する動きと思える。そのため売られ過ぎのアンダーシュートが見られる展開と思える。

個人的には、QE縮小観測が消えたり現われたりしているが、現実的には債務上限引き上げ問題が控えており、不透明な状況が続く可能性が高く10月の縮小は難しいと判断する。また本日のスタインFRB理事も「7.5%の失業率は高過ぎる」と述べ、また「失業率が10ベーシスポイント更に下がれば月の購入額の削減可能」と述べるなど6.5%まで失業率の低下が必要と認めている事から10月は難しいと判断する。

そのため本日は売り込まさせる展開の値動きが予想され、再度安値である4522円を試す試みが行われるのではないか。しかし今日、明日の値動きを考えるより、10月の値段の位置を考えれば4500円を維持しているとは思えない事から売り込むのは避けたい時間帯である。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





テクニカルは反発前夜であり、強気を維持し4700円へ向けた戻りを考える・・

本日の東京白金は、16円安の4580円で終わっている。QE縮小観測後退と債務上限切り上げ問題でドル安の動きを強めたN市場は堅調に推移したが、裏を返せば円高の煽りを受けて東京市場は、4558円で寄り付き一時買い戻しで4570円を試したが、円高の煽りから4553円まで売り込まれている。しかし11:00過ぎに税制調査会で法人税引き下げを1年前倒しで開始する事で調整に入るとの報道がされ、為替は一挙に60銭円安:ドル高の動きを見せ、白金価格も4593円まで短時間で戻りを見せている。その後は、日計り的な商いから4568円まで下値を試したが、引け際には4588円まで買われて終わっている。

18:00には、公的年金の運用見直しを議論する有識者会合の記者会見が予定されており、株式運用率引き上げなど押し上げを狙った動きがあれば、為替は円安が進む動きを見せて来る。そのためか15:30には99円台に入る円安が進む動きを見せている。

本日のコメントにも記載したが、南アフリカ情勢や債務上限引き上げ問題、QE縮小観測後退など様々な要因を織り込み、金以上に弱い値動きを見せている白金は、4550円以下は鉱山コストや為替の円安による価格の切り上げ率で4558円以下は存在しても短時間とみられ、上がらないから売らなければと言った論理は通用しない値動きではないか。

特に明晩に迫ったアングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策に対するAMCUのストライキの可能性が高まりを見せる時間帯となる事からNY市場で1425ドルを維持する動きが予想される。そこの為替の円安が進む状況が入った形であり、4550円を下回るだけの要因が見当たらない状況である。

テクニカルは、相対力指数が35.40%で下がっているが下値は切り上げており、ストキャスティクスでも%Dが下がり、slow%Dも下げているが、反転する前に感じる。RCIでは、短期が-61%で上昇し、中期は-91%で下がり、長期は-83%で下げている。そのため中期が長期を上回る事が出来れば、新規買いのサインとなる。移動平均線は、10日移動平均線が4657円で下がり、40日移動平均線は4731円で上昇し、200日移動平均線も4708円で上昇を続けている。そのため日足と40日移動平均線の乖離幅が拡大し、売られ過ぎに咎めが現れるパターンと判断する。

今晩は、15:40にラッカー・リッチモンド連銀総裁の講演、17:30にアスムセンECB専務理事の講演、18:00頃に伊藤・東大大学院教授による公的・準公的資金の運用・リスク管理高度化有識者会議の記者会見、21:30には週間新規失業保険申請件数、第2四半期GDP・確報値、個人消費・確報値が奉公される。23:00には中古住宅販売成約指数が発表され、23:10にはスタインFRB理事の講演、27日1:15にはコチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁の講演、1:35にピアナルト・クリーブランド連銀総裁の講演が行われる。

特に18:00頃の年金運用の記者会見、21:30に週間新規失業保険申請件数、GDPの発表に注意と判断する。ただ今晩のドル建てはテクニカルから見て上昇に拍車が掛る可能性があり、強気維持のスタンスが無難と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





法人税引き下げ1年前倒し報道で円安の動き・・4550円台は新規買い・・

                      

11:30の東京白金は19円安の4578円で推移している。QE縮小観測の後退や債務上限問題の浮上により、ドルが売られ易い環境下で堅調な動きを見せたNY市場を受けて始まった東京市場は、為替の円高を意識して4558円で寄り付いた価格は、一時4570円まで戻りを見せた。しかし為替の円高の動きに日計り的な動きも入り、再度4553円まで下値を試したが、政府方針で法人税引き下げを早期な検討明記の方向で調整を行っているとの報道から円が売られだすと、白金価格も急速に買われだし夜間取引で付けた高値4593円を睨み4590円まで買われている。

一転して買われた状況であるが、米国が抱える債務上限問題でドルは売られ易い状況下にあり、日本はアベノミクスから法人税引き下げを前倒しで行う可能性もあり、欧州では南欧の信用リスクも落ち着き、ユーロが買われ易い環境が強まっており、為替の動きは目先ユーロ買い:ドル売り:円売りが強まる展開が予想される。しかし最終的には、日銀の当座預金残高が金融機関から積極的に国債を買い入れており、初めて100兆円を超えている状勢を考慮すると100円を目指す展開が妥当と思える。

そのためNY市場のドル建て価格は、1400ドル~1700ドルのレンジを意識し、東京の円建て価格は為替の円安効果が加わる事から、右肩上がりを続けている。そのため日米の週足を照らし合わせれば、4550円以下は売れないのが一目瞭然である。ただ円高に動く時だけに注意する事だけを忘れないように。

現在の東京白金のオシレーターでは、相対力指数が35.24%で下げ止まり、ストキャスティクスでは%Dが下がり、slow%Dは下げ止まった動きを見せている事から反転する前と判断する。RCIでは、短期が中期と長期を上回っている。ただ中期と長期が下げている事から中期が長期を上回ると買いの状態が鮮明になる。移動平均線は、10日移動平均線が4657円っで下がり、40日移動平均線、200日移動平均線は4731円、4708円で上昇を続けている状況である。そのため10日移動平均線を上回る値動きが出れば新規買いと判断する。

午後からは、法人税引き下げ報道で円安で大きく反発したが、突発的な要因は時間と共に剝げ落ちて来るが、しかし4550円を数日間試しており、下値を固めた動きを見せている。そのため4600円を回復すると4659円へ一挙に反発する値動きを見せると判断する。また明日夕方には、南アフリカにおけるプラチナ鉱山でストライキの発生確率が非常に高くなる事から4550円台は新規買いで対応するのが妥当と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週末の南ア・ストライキを材料に「Buy my Platinum」・・

本日のNY白金は、10ドル高の1428.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で21円安(10月限)と予想する。
QE縮小観測が不透明さを増す中、発表された経済指標で新築住宅販売件数が事前予想を上回る421件となり、耐久財受注も事前予想を上回る0.1%となった。ただ債務上限切り上げ問題で、政府機関が閉鎖される時間帯まで1週間、国庫が枯渇する10月17日まで時間が限られドル売りの動きを強める内容となっている。特にルーニー財務長官は「米政府、10月17日までに借り入れ上限に達すると予想。借り入れ上限到達時の手元資金は約300億ドルの予想」と発言し「投資家が過度に楽観視している」と述べ合意への安心感について警告を発している。

南アフリカでは、アングロ・アメリカ・プラチナムの3300人のリストラ策に対して週末27日にAMCUはストライキを行う事を伝えているが、ライバル組合であるNUMは労働裁判所にリストラ策の停止を求めて提訴を行うと述べている。またアングロ・アメリカ・プラチナムの広報担当者は、AMCUからのストライキ通知を確認していると述べ、週末には緊張が高まりを見せて来ると思える。

ただストライキの規模や継続時間に対する不透明さが依然と存在し、ストライキが発生するまで市場は織り込む事はしないと思える。そのため週末にストライキが発生すれば、急反発を値動きを見せるのは間違いなく1420ドルを下回る値動きは望めないと思える。

特にNY白金のオシレーターでは、ストキャスティクスは%Dが下げているが反転する動きを見せており売れない。相対力指数も39.70%で上昇し、下げ止まりを示す動きを見せている。RCIでは、短期が-38%で上昇し、中期は-88%で下げている長期を上回っている。その長期は-94%で下げている。移動平均線は、10日移動平均線が1435.5ドルで下がり、40日移動平均線は1482.3ドルで横ばいし、200日移動平均線は1522.8ドルで下げている。そのため日足が10日移動平均線を上回るかに注目したい。

本日の東京市場は、ドル建て白金は下げ止まった動きで1420ドルを維持する値動きを見せている。ただ債務上限問題が引き続き話題に上がるため円高の影響を受けやすく、東京市場では下値を探る展開を続けると判断する。ただ日銀の当座残高が本日にも100兆円を上回るのは間違いなく、そのため債務上限問題が片付けば円安に傾き100円に向けた値動きになると予想される。そのため週末のストライキ要因とドル安要因を受けてドル建て価格の下落はあり得ない状況である事から、円高にだけ注意して対応するのが無難と思える。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4600円を回復すると4500円台は底値と判断し、新規買いを多様化するのが良い・・

本日の東京白金は、20円高の4597円で終わっている。米経済指標が後退した事でQE縮小観測が後退したが、今年のFOMCメンバーでもあるハト派のダドリーNY連銀総裁から「今年後半のQE縮小は削除しない」との発言も聞かれ夜間取引で一時4541円まで下値を試したが、南アフリカにおける賃金交渉の中、アングロ・アメリカ・プラチナムの3300人に対するリストラ策に抗議を行う事から週末金曜日にストライキを行うとの発言で下値を下回る値動きが難しくなっている。
そのため時間外取引で10ドル近く反発した値動きを受けて4575円で寄り付くと一時4566円まで下値を試している。その後は、時間外取引が堅調に上昇を続け1431ドルを回復すると、寄り付き直ぐの高値4585円を上回り、徐々に切り上げだしている。引け際には4582円まで下値を試したが、引け際には本日の高値を塗り替え4599円まで買われて終わっている。

19日の早朝にFOMCでバーナンキFRB議長がQE継続を発表してから、翌日にはタカ派のブラードセントルイス連銀総裁の「経済指標の如何では、10月のFOMCでQE縮小も可能」と述べた事から一転して売り込まれたが、指摘した経済指標が尽く低下し、ダドリーNY連銀総裁も「6月の時点に比べ経済情勢は悪くなっている」と述べるなどQE縮小に対する自信が薄れている。

またプラチナ鉱山での賃金交渉が進展を見せない中、プラチナ鉱山での最大労働組合であるAMCUが、アングロ・アメリカ・プラチナムが発表した3300人のリストラ策に抗議を示すストライキを金曜日に実行する事が伝わり、現在も多方面で賃金交渉を行っている南アフリカでストライキを機に波紋が拡大する懸念が高まりを見せるのではないかと憶測も飛び出している。そのためプラチナ価格は、下値が支えられる反応を見せだしており、1410ドル、4540円は日米ともに下回る事が出来ない状況でないか。

また為替市場では、一時米長期金利が2.9%まで上昇を見せたが、FOMCを境に金利は低下し2.7%を下回る水準まで下げており、日米の金利差縮小からドルのロングポジションが解消される動きを見せている。そのため今しばらく円高の動きには注意したいが、貴金属のドル建て価格を下支えする要因になるため、この点からも下値を切り上げる展開が予想される。

テクニカルでは、相対力指数が36.98%で上昇し、ストキャスティクスでは%Dが下がり、slow%Dは上昇が止まった状態であるため、%Dが反転する動きを期待したい。RCIでは、短期が-65%で上昇し、中期は-85%で横ばい、長期は-72%で下げている。特に長期の下落が止まれば基調は転換したと見る事ができ、下値に対する不安は縮小し、底値から反転する動きを強めると判断する。移動平均線は。10日移動平均線が4679円で下がり、40日移動平均線は4731円で緩やかに上昇し、200日移動平均線も4707円で依然と上昇を続けている。
そのため6月から7月に掛けて底値を打ち、上昇い転じたパターンと同様であり、売りは安値売りに繋がる事から避けた方が良いと判断する。

今晩は、20:00にMBA住宅ローン申請指数、21:00にアスムセンECB専務理事の講演が行われ、21:30には耐久財受注、23:00には新築住宅販売件数が発表される。26日0:00にはバイトマン独連銀総裁の講演が行われる予定であり、ドイツ連邦議会の総選挙を受けた発言に注目したい。また米経済指標では、新築住宅販売件数が事前予想を上回るのか注目したい。ただ経済指標が好調な数字となれば、QE縮小観測から売られる場面を見せて来るかも知れないが、4540円を下回るまでは難しく、4560円以下は新規買いのタイミングと予想する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週末のストライキ要因で4540円を下回る事が出来なくなった東京白金・・

                      

11:30の東京白金は、11円高の4587円で推移している。軟調な動きで終わったNY市場を受けて、夜間取引では一時4540円の安値を試す動きを見せたが、1円届かなかった事で買い戻しされている。また時間外取引が10ドル近く反発した事で寄り付きから買われると4575円から4585円まで高値を追っている。その後は為替の円高やQE縮小観測に対する警戒感から4566円まで下値を試すが、南アフリカでストライキが週末には行われる可能性が高い事から1400ドルを下回る可能性は低いと思え、買い戻しが強めると4585円を上回り4588円まで買われている。

市場はQE縮小に対しては10月実施を織り込み済みであるが、南アフリカのAMCUのストライキに対しては実施されるまでは半信半疑で模様眺めを決め込んでいる様に思える。そのため金曜日の夕方にストライキ突入の報道が入れば、大きく反発する状況と判断できる。またストライキ懸念は、4540円を下支えする値動きの影響を与えると見られ、昨晩の安値4541円が物語っている。

ただAMCUは、ロンミン社マリカナ鉱山での承認組合問題で同様に週末ストライキを宣言しながら実行まで至っていない事実が存在する事から、ストライキの発生を確認してからでも遅くないとの見方も強く、現在の4500円台で低迷している値動きになっているのではないか。ただ今回のストライキは、現在進行中である賃金交渉と違い、リストラ策に対する抗議の形であるため合法的なストライキとなる。そのためストライキを機に、賃金交渉の進展が見受けられない石炭鉱山やプラチナ鉱山に波紋を拡げる事が南アフリカ経済の懸念材料となるのではないか。

現在のテク二カルは、相対力指数が34.86%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが下がり、slow%Dを下回っている。RCIでも短期が-73%で下がり、中期は-87%で下げ渋り、長期は-73%で下げている。そのため短期が長期と重なり、買い転換する間際と判断する。添付チャートから6月から7月に掛けての底値を形成した動きに類似している事から4540円を固め、4700円、4800円へと基準を引き上げながら5000円を目指す展開が予想される。

そのため今の時間帯に4500円台まで下げている事は、買いポジションを保持しながらⅠヶ月後には200円~300円の利益を積み重ねていると判断するため、4500円台は新規買いで対応するのが妥当と思える。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





AMCUのスト懸念から底値を切り上げる展開へ・・

本日のNY白金は、7.1ドル安の1418.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で46円安(10月限)と予想する。
週末からQE縮小観測が高まる中、注目された英経済指標の発表では、S&Pケースシラー住宅価格が事前予想である12.40%を下回り12.39%となり、コンファレンスボード消費者信頼感指数も事前予想の79.9を下回る79.7となっている。そのため10月のFOMCでQE縮小観測が後退を見せている。またハト派でFOMCメンバーであるダドリーNY連銀総裁が「年後半の債券購入枠の縮小を排除しない」と述べたが、「緩和策縮小には労働市場と経済の改善が要求され、

現在の経済はFRBの6月時の想定よりも弱い」と述べるなど、緩和縮小に対する自信が揺らいでいる。
そのため株価はNYダウが軟調な動きで、長期金利は低下するなど、リスク回避の動きを強める結果となっている。

貴金属では、米経済指標の低下でQWE縮小の10月開始観測が後退し、金価格が買われる動きを見せている。白金は、南アフリカでプラチナ鉱山で70%を占める労働者を獲得した鉱山・建設労働組合連合(AMCU)が、3300人の鉱山労働者のリストラを発表したアングロ・アメリカ・プラチナムに対して昨日ストライキを通達し、48時間後である週末金曜日に実施する事を伝えている。特に大幅賃上げを要求している今年の賃金交渉が、妥協点が見つけられず1ヶ月以上も進展がない状況であり、週末のストライキをきっかけに多くの鉱山でストライキに繋がる可能性があるとロイターは伝えている。

昨日のNY白金は、一時1416ドル近くまで売られ、今年の7月末から8月上旬に掛けて1411ドル~1418ドル付近で底値を形成した水準で維持されている。オシレーターでは、ストキャスティクスは%Dが下がりslow%Dを下回っている。相対力指数も34.96%で下げているが、下値を切り上げておりオシレーターでは下げ過ぎを示す動きを見せている。RCIでは、短期が-50%で上昇、中期は-91%で切り上げ、長期は-92%で下げている。そのため長期を中期がクロスし、底張りに近い状態で推移している。そのため大きく売り込まれても逆行する可能性が高く、1400ドルを下回る可能性は低い。移動平均線では、10日移動平均線が1440ドルで下がり、40日移動平均線は1482ドルで横ばいし、200日移動平均線は1523ドルで下げている。そのため10日移動平均線が下げている1440ドルを上回ると40日移動平均線まで上昇を行ってくる。

本日の東京市場は、夜間取引で4540円を試して4541円で止まった事から下値に対する抵抗を見せている。また時間外取引では、朝から10ドル近く上昇し1429ドルで推移しているが、為替の円高で再度4541円を試す動きを見せて来ると予想され、寄り付きから売り込まれる場面が想定される。ただ東京市場もNY市場と同様にオシレーターでは下げ過ぎた水準を示す動きを見せている事から4540円を一時的に下回ったとしても逆行であり、売られ過ぎに入る価格と予想される。
そのためテクニカルで弱くなった動きを、最後は心理で売り込みを誘う展開が発生して底値を打つと予想される。特に7月の底値を打ったパターンと同様であり、下がれば買い続けるのが最後は大きな利益を生む水準と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





AMCU、金曜日にリストラ策に抗議しストライキを伝える・・

AMCUは、3300人のアングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策に抗議を行うため、火曜日に鉱山側に対してストライキの通達を行い、48時間後の金曜日にストライキを行う予定である。


21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





今週が下値目途の時間帯になるため、木曜日まで下値に注意・・

本日の東京白金は、127円安の4576円で終わっている。3連休中にNY市場の下落を受けて売られて始まった東京白金は、4570円で寄り付くと一時4587円まで高値を追っている。その後、軟調な動きから4562円まで下値を試すが、4540円を下回るまで売り込む要因でもなく、徐々に買い戻しを強めながら戻りを見せている。引け際には4588円まで買われるが、日計り的な商いから売られて終わっている。

時間外取引は、アジア時間帯には1420ドルを維持しており、1400ドルを下回るまで売り込む事は難しく思える。また南アフリカでは、一部プラチナ鉱山でストライキの懸念が噂されており、大きな鉱山ではない事と賃金交渉が理由でないため、インパクトには欠ける展開と思える。ただ一つ引き金にはなる可能性もあるため、1400ドルは維持されてもおかしくない。

またQE縮小観測が高まりを見せているが、あくまでも経済指標の如何によるとコメントを付け加えており、手放しに10月に行うとは言っていないため、織り込み過ぎの巻き返しに注意と判断する。

テクニカルでは、相対力指数が34.28%で下がり、4540円を付けたポイントである28.31%を下回っていない。ストキャスティクスでは、%Dがslow%Dを上回った状態で上昇を行い続けており、売りに転換した状況でもない。RCIでは、短期が-71%で下がり、中期も-84%で下げ、長期も-60%で下げている。そのため長期が下げ止まりを見せるまでは下値に対して注意と判断する。移動平均線では、10日移動平均線が4702円で下がり、40日移動平均線は4729円で上昇し、200日移動平均線も4705円で緩やかに上昇を続けている。そのため乖離幅の拡大で40日移動平均線に向けた戻りを見せて来るのではないか。また10日移動平均線を上回る事が出来れば新規買いのポイントと判断する。

今晩は、20:00に コンスタンシオECB副総裁の講演、22:00にS&Pケースシラー住宅価格、22:30には中立のピアナルト・クリーブランド連銀総裁の講演、23:00にはコンファレンスボード消費者信頼感指数が発表、25日2:00にはタカ派のFOMCメンバーであるジョージ・カンザスシティー連銀総裁の講演が行われる。そのため週末のセントルイス連銀総裁と発言の事もあり、注意して対応したい。ただ織り込み過ぎも考え物であり、巻き戻しの動きも強まる展開が予想される。


21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4540円を狙っているが、底値は確認した後であり、4540円を下回っても短時間・・

                      

11:30の東京白金は、135円安の4566円で推移している。週末のFOMCでリスク許容度の高まりで買われた値段が、一転してタカ派のFOMCメンバーであるブラード・セントルイス連銀総裁の「10月のFOMCで緩和策縮小も可能」の発言が独り歩きし、市場は過剰な反応を見せている。そのため東京市場は、3連休中に47ドル下げたNY市場を受けて、売られて始まると4575円で寄り付いている。その後は、4589円まで買い戻しで高値を付けるが、再度売られると4568円まで下値を試している。ただFOMC前に付けた安値4540円を下回るまでの力はなく、時間外取引でも買い戻しを見せている。しかし市場は悲観的なQE縮小を織り込んでおり、戻れば売られ易い状況を続けている。

特に昨日発表された製造業PMIは、事前予想を下回るなど雇用内容でも悪化した事が物語っている。また週末の下院議会では、共和党主導の下で暫定予算法案が可決されたが、オバマ大統領のオバマケアの打ち切りが織り込まれており、上院では否決される公算が高い。そのため10月中旬に国庫が枯渇する状況が、10月のFOMCでQE縮小を開始する状況になれないと見られる事から、織り込み過ぎた悲観要因が仇になる値動きが予想されるにではないか。

また為替市場においても円高が進む環境にもなく、ドイツの総選挙がメルケル続投で決定的となった事など連立政権の樹立の時間的なリスクも残っているが、大きく変化するとは見受けられない事からリスク緩和で円が一番売られ易いと思える。そのためNY市場の下値は1400ドルで維持され、為替は円安が進む状況であれば、4540円を底値とした値動きは維持される状況でないか。

テクニカルは、相対力指数では下げているが前回の安値までは届いていない。ストキャスティクスでは%Dが若干伸びがなくなってきたが、slow%Dも上昇を続けており、売りのサインは出ていない。RCIでは短期が-71%で下がり、中期は-91%で横ばいし、長期は-60%で下がっており、長期が下げているため下値に注意と判断する。移動平均線では、10日移動平均線が4701円で下げているが、40日移動平均線は4729円で横ばい、200日移動平均線は4705円で上昇しており、乖離幅の拡大から行き過ぎた水準は戻りを強める。

午後からは、日計り的な動きと悲観的な売りで再度4568円を試す場面があってもおかしくないが、ただ4540円を下回る要因はQE縮小実施か円高が必要と思え、売り込むリスクが高いと判断する。また次期FRB議長は、突然に講演が中止されたイエレン副議長が有望であり、バーナンキFRB議長を継承すると思われ、ブラード・セントルイス連銀総裁の発言を打ち消す事が出来るのではないか。


21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週明けはNY連銀、アトランタ連銀総裁のハト派発言・・

週明けのNY白金は、6.7ドル安の1425,9ドルで終わっている。東京市場の3連休中には、47.1ドル安となる。そのため週末の夜間取引に比べ寄り付き換算では98円安(10月限)と予想する。
週末には今年のFOMCメンバーであるタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁が「経済指標を如何では、10月のFOMCでQE縮小も可能」と発言した事からリスク逃避の動きが強まり、リスク商品は大きく売り込まれている。

しかし週明けには、ダドリーNY連銀総裁の講演では「経済は依然として大変緩和的政策が必要。失業率6.5%達成にはかなりの時間がかかる可能性もある」と述べ、QE縮小見送りを肯定している。またロックハート・アトランタ連銀総裁も「10月の会合までに足元の経済についての絵図を大幅に変えるような根拠が積み上がるとは思っていない」と発言するなど週明けはハト派の発言が聞かれている。

また発表された米製造業PMI・速報値は52.8に低下、雇用指数は3ヵ月ぶりの低水準となるなど雇用悪化を示す内容となっている。週明けの中国HSBC製造業PMIでは、51.2となり6ヶ月ぶりの強い数字となっている。

またドイツ連邦議会総選挙では、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟が41.5%を獲得し第1党となったが、連立の自由民主党が5%を獲得できない事から第2党である社会民主党との大連立を模索する動きを見せて来る。ただ選挙後の39日以内に新しい議会を開催しなければならないとドイツ基本法で定められており、連立協議が長期化する様であれば、欧州リスクが高まりを見せる要因に繋がりかねない。

2日間の値動きを受けたNY白金の日足は、高値から2日間下落し陰線の動きで終わっている。ただFOMC前の安値1411.8ドルは下回っていない。オシレーターでは、ストキャスティクスが上昇を続けているが、相対力指数は下げている。またRCIでは短期が-51%で上昇し、中期は-90%で横ばい、長期も-89%で下げており、底張りの値動きが予想される。また移動平均線は、10日移動平均線が1445.5ドルで下げ、40日移動平均線は1483.1ドルで横ばいし、200日移動平均線は1524.6ドルで緩やかに下げている。そのため乖離幅拡大で10日移動平均線を日足が上回ると40日移動平均線まで反転する。

本日の東京市場は、連休中の下落を朝一番の寄り付きから織り込み、大幅安で始まって来ると思える。ただQE縮小を織り込み過ぎると雇用統計の悪化や経済指標が悪くなると買い戻しを強める展開が予想される。ただオシレーターでは、底値は確認した事を物語っており、FOMC前に付けた安値4540円を試せば売れない水準と判断する。そのため寄り付きに4600円を割り込む水準を付けて来ると思え、売り込み過ぎには注意した方が良いと思える。最後は下値を確認して3連休前の高値4762円を上回ってくると予想されるため、寄り付きを売り込むのは避けるべきと判断する。


21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ブラード・セントルイス連銀総裁のQE縮小発言で市場は混乱・・

週末のNY白金は、40.4ドル安の1432.6ドルで終わっている。週末の夜間取引から比べ50円安(10月限)と予想される。ただ週明けの東京市場は秋分の日で市場が休場でとなるため、今晩のNY市場が週末のNY市場との違いが決めてなる。
しかし週末のNY市場は、今年のFOMCメンバーであるブラード・セントルイス連銀総裁がブルバーグTVのインタビューで「今後の経済指標の如何では10月のFOMCで金融緩和の縮小も可能」とQE縮小に含みを持たせた発言を行った事から、19日行われたバーナンキFRB議長のQE継続発言でポジティブサプライズの反応を見せたが、一転してセントルイス連銀総裁の発言は、市場を混乱させる内容となっている。そのためNYダウは、185ドルの大幅反落、長期金利は低下し、ドルは買われる動きを見せている、特に貴金属は、QE1、2、3で大幅な上昇を続けた金価格は、一夜明けた週末では36ドル近く下落している。また白金は金価格を上回る40ドルの下落を見せており、取り組みの少ない商品は大きく反落している。

しかしその裏には、10月中旬には国庫が枯渇する状況になる債務上限問題が絡んでおり、米下院は12月15日まで政府機関の閉鎖を回避する暫定予算を賛成多数で可決している。しかしその暫定予算法案には、オバマ大統領の医療保険制度改革法関連(オバマケア)の予算打ち切りを盛り込まれており、米上院では否決されるのは間違いなく、10月の雇用統計やFOMC議事録公開と合わせて今後債務上限切り上げ問題は注目度を増してくると判断する。

また週末行われたドイツ連邦議会総選挙では、。メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟が支持率42%を確保し第1党となったが、連立を組む自由民主党(FDP)が5%を上回る事が出来るかが焦点となり、もし議会の過半数が確保されない場合は、第2党にある最大野党の社会民主党(SPD)と大連立の可能性も高まっている。

今晩のNY市場の値動きが注目されるが、日銀の黒田総裁や白川副総裁の質的・量的緩和策の継続発言も聞かれ、欧州の混乱も無い事やQE縮小観測の高まりを再熱させた事から為替市場では対ドルで円相場は100円を回復する動きが強まると予想され、米経済指標の好転が続けば円相場は100円を固めた動きを見せてくると思える。



21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





ブレィク・タイム・・

17日、18日の2日間行われた連邦公開市場委員会(FOMC)では、5月、6月の議会証言やFOMCでQE縮小に言明し、フォアード・ガイダンスを公表するなど今回のFOMCでQE縮小(テーバリング)が開始されると思われた。しかし蓋を開けて見ると、市場が予想したテーバリング先送り、緩和策継続の声明内容から貴金属にはポジティブ・サプライズとなり金が60ドル近く反発している。またQE縮小で流動性資金が逃げ出していた新興国通貨はブラジル、インドネシア、インド、南アフリカと2%~5%近く反発している。

しかし週末には、今年のFOMCメンバーであるタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁がブルバーグTVのインタビューで「経済指標が好転する様であれば、10月のFOMCでも緩和策縮小は実施される可能性もある」と延べ、市場は一転してQE縮小観測が再び拡大し、NYダウは180ドル近く大幅な下落を見せている。貴金属においても大幅安となり、週末の夜間取引で金価格は上昇の半分を消し、白金においては上昇の50%を上回る下落となっている。

ただFOMCで記者会見したバーナンキFRB議長は「10月にテーバリングを行うとは一度も言っていない」と発言し、最後に「新興国市場に与える影響が懸念される」と述べるなど市場との対話方式を勤めてきたFRBであったが、今回のFOMCでFRBの信頼より、市場に与える悪影響を避けた状況である。このことは昨日のカンザスシティー連銀総裁も「市場に与える影響はある」と述べて認めている。そのため1ヶ月後の10月のFOMCで実施される可能性は非常に難しいのではないだろうか。

特に今後の米国の経済指標の発表で貴金属の価格の振れ幅が上下を繰り返すと予想され、特に来月中旬に公開される9月のFOMC議事録公開の時には十分に注意して対応するのが良いと思える。また10月4日の雇用統計の時には、事前予想を上回る数字にはQE縮小観測が高まりを見せてくると思えるため、この点にも注意が必要である。

ただ週報でも記載した様に東京市場の金や白金は、ある一定の法則が加わり、下値を切り下げる値動きは予想できないため、買い有利な値動きに変化は見られないため強気を維持した展開が予想される。(週報参照)


21日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





週報「プラティニの相場観」NO52をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO52をアップしました。

本日更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きを日足、週足を使ってオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
本日更新しました週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月21日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





NY市場で1450ドル以下、東京市場で4650円以下に売る根拠が見当たらない・・

本日の東京白金は、15円高の4701円で終わっている。FOMCを受け大幅高を演じたNY市場を受けて始まった東京市場は、夜間取引で4762円まで高値を取った後の下落を引き継ぎ4710円で寄り付くと4721円まで高値を試した後は、3連休を前にした利食いに押されている。そのため徐々に下値を試し4700円を下回ると4693円まで下げている。ただ大きく売り込要因もなく、日計り的な買い戻しから引け際には4704円まで戻して終わっている。

9月12日の高値4823円からQE縮小観測の金相場の下落を受けて4540円まで下値を試したが、根本的な縮小観測が据え置かれ新興国通貨や金価格の大幅反転で4700円を回復しており、下げ要因が消えた市場だけに4823円の売られだした水準まで戻りを見せてもおかしくない。また南アフリカ情勢や欧州市場の信用リスク、米国の景気回復など売られ続ける根本的な要因が見当たらない事など4700円以下は新規買いの域の中と判断する。

しかし市場心理は、依然と戻り売りとの見方を強め、買いポジションの利食いを進める展開を行っている雰囲気である。特にQE縮小が実施されなかったが、10月、12月のFOMCでは実施されるとの見方が売り安心を支えている様に感じる。しかしバーナンキFRB議長の記者会見では、QE縮小を実施しなかった理由に米国の債務上限切り上げ問題に触れており、10月のFOMCまでに上下両院議会の合意が得られるか疑問も残る。そのため明日や来週と言った時間帯でもなく、当面QE縮小観測で長期金利が上昇する事もなく、リスク許容度の高まりは今しばらく続く情勢でないか。

南アフリカでは、金鉱山で大幅賃上げ要求を行い唯一労働組合で合意を行っていないAMCUは、プラチナ鉱山でも賃金交渉が進展しない状態を続けており、この事がプラチナ価格を下支えする要因へ繋がる状況と思える。そのため1450ドルを下回るためにはQE縮小の実施が必要であり、下値不安は当面消えたと判断する。

テクニカルは、相対力指数が44.64%で上昇が止まりだし、しかしストキャスティクスでは%Dとslow%Dが上昇を続けており、買いの域の中である事を物語っている。またRCIでは、短期が-68%で上昇し、中期は-81%で横ばいし、長期は-48%で下げている。そのため4540円で下値を確認し、基調は転換した状態と見られ下げは一時的な調整と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4722円で下がり、40日移動平均線は4730円で横ばい、200日移動平均線は4704円で穏やかに上昇を続けている。そのため4700円を下回ったポイントでは新規買いを多様化するのが妥当と判断する。

今晩は、目新しい経済指標の発表もない中、20:30にバイトマン・ドイツ連銀総裁の講演、21日1:30にはタカ派のFOMCメンバーであるジョージ・カンザスシティー連銀総裁の講演、1:55にはタカ派のFOMCメンバーであるブラード・セントルイス連銀総裁の講演、1:45にはタルーロFRB理事の講演、2:45にはコチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁の講演が予定されている。そのためQE縮小について要人発言に注意したい。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
明日21日に更新します週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





売られても1450ドルを維持できる値動きから4700円以下は買いで対応する・・

                      

11:30の東京白金は、17円高の4706円で推移している。FOMCを受けたNY市場が47ドル高と大幅高を受けて始まった東京市場は、時間外取引が円安を受けて7ドル近く下げた事から一時4702円まで下値を試したが、4700円を割り込む環境にない事から買い戻しを強め4721円まで直ぐに戻りを見せている。しかし昨日にFOMC材料は東京市場は織り込み済みである事から、3連休を前にした利食いに押されだすと徐々に下値を追う展開を続け4703円まで売り込まれている。

特に3連休中にはドイツ連邦議会選挙が22日に行われ、週明けのNY市場は選挙結果を受けて為替や商品が動くと思える。ただ9月10日以降は17、18日に開催されたFOMCで国債買い取り縮小を予想し、大きく売り込まれた価格だっただけに「縮小見送り」の反応はポジティブ・サプライズと受け止める。そのため東京白金価格は12日から下げだした高値4823円まで戻るのが道理であり、現在の4700円を試す値動きは3連休を前にした一時的な調整と判断する。

また明日更新する週報では、NY白金と東京白金の値動きを比べ4540円で止まった根拠と5000円を狙う値動きが続く根拠を示したいと思う。

現在のテクニカルでは、相対力指数が45.14%で上昇し、ストキャスティクスでも%Dが上昇しslow%Dも上昇し、%Dがslow%Dを上回っている。そのため買いの域の中と判断する。またRCIでは短期が-68%で切り上げだし、中期は-81%で下げ止まり、長期は-48%で下げて来ている。移動平均線では10日移動平均線が4724円で下がり、40日移動平均線は4730円で横ばいし、200日移動平均線は4704円で緩やかに上昇を続けている。そのため4700円では抵抗を見せる構図であり、4600円台は買い場と判断して対応するのが妥当と思える。

午後からは、午前中で売られた値段が買い戻しされ日計り的な商いで引け際には買い戻しされて来ると予想される。特に3連休を前にした要素が強く感じられるが、根本的な金融政策の変化による要因であり、あえて流れには逆らう必要性はない。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
明日21日に更新します週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





FOMCで基調転換した値動きであり、円安も加わり4823円へ向けた値動き・・

本日のNY白金は、47.8ドル高の1473ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で37円高(10月限)と予想する。
FOMCでQE縮小予想を覆し、サプライズの据え置きの流れを受けて始まった。発表された経済指標では新規失業保険申請件数、フィラデルフィア連銀製造業景況指数、景気先行指数、中古住宅販売件数が事前予想を上回る好調な数字となり、ドルが買われる動きを見せ99円台まで戻している。

FOMCでバーナンキFRB議長が指摘した債務上限問題に絡んで、ホワイトハウスは医療保険制度改革法(オバマケア)の予算打ち切りを盛り込んだ下院共和党から出ている予算案では、オバマ大統領は拒否権を発動するだろうと述べるなど、市場の注目は金融政策から財政政策へ徐々に移っている。

貴金属では、QE縮小見送りで一番恩恵を受け買い戻しを強めている金価格は1375ドルまで買われ、白金価格も1483ドルまで買い進められている。そのため金価格で1400ドル、白金で1500ドル回復を視野に入れ、来週中には達成する勢いだと思える。特に週末3連休中には、欧州でドイツ連邦議会選挙が22日に実施され大方の予想である現政権維持の動きで終われば、ユーロは買われ、円安が進む動きを見せて来る。そのため一連の流れから円安有利の中、リスク許容度の高まりを受けてドル建て商品も堅調な動きを見せると思える。

本日のNY白金は、前日の高値を更新し下げていた10日移動平均線が1457.5ドルで反転を示し、下値が止まった事から1450ドルを下回る事は難しくなった。オシレーターではストキャスティクスや相対力指数が転換し反発している。RCIでも短期が-71%で上昇し、中期と長期を上回る動きを見せ強気に転換したパターン。その中期は-92%で反転、長期は-82%で下げ止まりを見せている。そのためNY白金は1450ドルを下回る事は難しくなったと結論付ける。

本日の東京市場は、夜間取引で4762円まで反発し、安値も4700円を下回る事が出来ない状態で維持した事から4700円以下があれば新規買いと考える。ただ先週に続き今週も3連休となる事から大きく反発しただけに利食いも先行する値動きとみられ、調整の動きが予想される。ただ4700円を200日移動平均線が維持しながら上昇を続けている事から新規買いの分岐点は4700円以下と目標を定め、4700円を下回ればすかさず新規買いで対応したい。

依然と市場は上昇に対して半信半疑の値動きを見せているが、中央銀行の金融政策に逆らう事無く、価格の流れを見極めて対応するのが一番であり、根本的な要因が逆転した状況を理解したい。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
明日21日に更新します週報「プラティニの相場観」NO52は、FOMCを機に転換した貴金属が来週はどうなるのか?金、白金の値動きをオシレーターや一代棒で予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





日米の金融当局者の緩和継続発言で4824円まで止まらない・・

本日の東京白金は、104円高の4689円で終わっている。早朝のFOMCでバーナンキFRB議長は、雇用情勢、債務上限問題、長期金利の上昇懸念を考慮してQE縮小を見送っている。そのためリスク許容度の高まりから新興国通貨が大幅高、ドル安が売られる中、時間外取引で貴金属価格が大幅高となった事を受けて4686円で始まっている。特に3日前の高値である4664円を上回って始まっている。ただ日計りや買いポジションの利食いで4667円まで下値を試したが、4664円を下回る事が出来なかった事から徐々に買われだし、寄り付きの高値4696円を上回ると4700円を回復し4705円まで高値を追って終わっている。

本日の値動きは、昨日までの市場心理からFRBの政策を読み間違えた事から一転して基調が転換している。しかし昨日までの大衆心理は、本日の値動きや要因でも安値覚えの心理から買う勇気を読み取る事は出来ない状態であり、QE縮小観測で12日から下落した水準である4824円まで戻りを見せて来るのではないか。

特に1月、4月、7月と4600円を割り込む安値まで売られているが、弱い材料が一巡するかリスクを打ち消す対策が講じられば下がりだす以前の水準まで戻している。そのため今回の下落が始まった12日の高値4824円まで戻りを行ってくるのが妥当と判断する。

テクニカルでは、相対力指数が43.88%で上昇に転じており、下降ラインを相対力指数が上回る展開。ストキャスティクスでも%Dが反転し、slow%Dの下げ止まった水準を超えており、買いのサインが発生している。RCIでも短期が-75%で反転し、中期は-81%で下げ止まり短期が中期を上回っている。ただ長期が-37%で下げ続けており、短期が長期を上回りまで買いの域の中と判断する。移動平均線では、10日移動平均線が4736円で下がり、40日移動平均線は4729円で横ばいし、200日移動平均線は4702円で緩やかに上げ続けている。

そのためオシレーターで見た動きは、ストキャスティクスや相対力指数、RCIで買いのサインが発生した状況であり、目先10日移動平均線に向けて上昇を続けると判断する。

今晩は、21:30に週間新規失業保険申請件数、経常収支、23:00にはフィラデルフィア連銀製造業景況指数、中古住宅販売件数が発表される。また20日1:30には中立派のピアナルト・クリーブランド連銀総裁の講演が行われる。
特に17:30に黒田日銀総裁が会見で「必要に応じて質的・量的金融緩和策を継続する」と発言しており、日米の中央銀行が緩和策を継続するとの発言の重みを考慮すれば、買うのは・・「今でしょう」。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





QE縮小観測で下げだした水準である12日高値4824円まで戻る値動き・・

    

11:30の東京白金は、101円高の4683円で推移している。早朝行われたFOMCで市場が予想したQE縮小開始が据え置かれ、貴金属にポジティブサプライズの巻き戻しが起き、時間外取引での大幅高を受けて始まった東京市場は、2日前の高値4664円を上回った4686円で寄り付くと4696円まで高値を確かめた後は、買いポジションの利食いで押され4667円まで下値を確かめている。特にFOMCで最大の売り材料であったQE縮小が覆り、金価格は寄り付きからサーキットブレーカー(150円高)を演じており、日計りでも売れない状況から徐々に戻りだすと4692円まで戻している。

特に市場心理は、昨日お安値4540円からの戻りに対して売り浴びせが行われ、夜間取引で4548円まで下げを見せられた事から下値では買えない、また今日の段階では安値から150円近く反発した事から高値の印象が強く、買いたくても下がる心配から手が出ないのが本音でないか。そのため寄り付き後に価格の伸びが見れないのはそのためと思える。

しかし先週12日から19日発表されるFOMCでQE縮小が実施される事を織り込み、4824円から売られて4540円まで下げた経過から見て、売り要因が消えただけに今週末か来週の連休明けの26日までには4824円を回復してくる値動きと思われる。特に白金価格は、南アフリカ情勢でストライキのリスクが残り、景気を表す株価が史上最高値を更新しており、金価格の下落だけで売り込まれた経過から見て、元の水準に戻らない理由は存在しない。

また南アフリカのプラチナ鉱山での賃金交渉が大幅な賃上げ要求から鉱山会社と組合側の協議の進展が無いのことで、プラチナ価格が売られているが、しかし進展がないのは1400ドルを売り込むだけの根拠がない事であり、4600円以下は売られ過ぎの域の中にあったと思える。
また昨日4540円まで売り込まれ、夜間取引でも4548円まで下値を確かめる動きを見せた事から4500円台は怖くて買えない、また今日の上げた水準は下がるリスクがあるから買えないと市場心理が揺れていると思える。ただQEで売られた金価格で白金価格が4540円まで売られ、金の売り要因が消えた状況で4680円が高いか安いか考えた場合、200円安いと私は考える。

テクニカルでは、ストキャスティクスで%Dがslow%Dを上回り、相対力指数でも相対力指数の下降ラインを相対力指数が切り返した事から買いの状態である。RCIでは短期が-75%で上昇し、中期もは-81%で横ばいし、短期が中期を上回り買いのサインとみる。ただ長期は-37%で下げており、目先の底値を確認した動きと判断する。
移動平均線は、10日移動平均線が4735円で下がり、40日移動平均線は4729円で横ばいし、200日移動平均線は4702円で上昇を続けている。そのため目先10日移動平均線を意識して戻りを入れて来ると思える。

午後からは、今晩のNY市場が上昇するには間違いなく、そのため売りきれない状況が続くと判断する。特に経験則からプラチナ価格の特徴は、信用リスクや外的要因で下げた場合は、要因がなくなると需給が存在するだけに下がる以前の水準に戻るのが特徴である。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





貴金属に取ってポジティブサプライズの反応を強め、12日終値まで戻りを見せる・・

本日のNY白金は、2.8ドル高の1425.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で99円安(10月限)と予想される。ただ3:30のFOMCの結果を受けて時間外取引で1464.20ドルまで上昇しており、時間外取引から見ると夜間取引に比べ25円高(10月限)と計算される。

注目されたFOMCは、市場の予想を覆すQE継続のサプライズの内容となった。特にバーナンキFRB議長の記者会見では、「雇用状況は望ましい状況からかけ離れている」また「少なくとも失業率が6.5%までは現在の低金利が適切」「失業率が6.5%を相当程度下回るまで利上げはない公算」「フォワードガイダンスを強化する術もある」など述べ「FOMCには予定外の記者会見という選択肢がある」と年内の実施についても含みを持たせている。
特にQE縮小を見送った要因は、G20で話題にもなったQE縮小の影響から新興国に配慮した流れと米国に残る債務上限切り上げ問題が残っている事を示している。

そのため市場は、株価は史上最高値を更新し、QE縮小観測で大きく売られた金価格は、時間外取引で56ドル高と大幅に反発している。また為替市場では、QE縮小で長期金利が上昇し、ドル高と見たドル買いポジションの解消で97円台まで円ドルで円高が進む動きを見せている。また白金では、NYマーカンタイル取引所のプラチナ取引の立会時間が2:00に終了する事からFOMCを受けていない事から1425.2ドルで静観ムードで終わっているが、FOMCを受けた時間外取引で40ドル近く反発している。そのため今晩行われる欧州時間とNY時間ではドル安:株高:商品高のリスク許容度の高まりの動きが予想される。

南アフリカ情勢では、リンポポ地区のBokoniプラチナ鉱山で会社側の賃金交渉の協議に応じない対応に対して組合側はデモ行進を企画している事が報道されている。ただアングロ・アメリカ・プラチナム、インパラ・プラチナム、ロンミン社の大手プラチナ鉱山が多く存在するルステンブルグ地区のプラチナベルト地帯から離れており、大きな影響は与えないと思える。ただプラチナ鉱山側が、大幅値上げ要求を嫌って賃上げ協議を意図的に遅らせている構図が明らかであり、金鉱山において唯一の賃金交渉で合意していないAMCUの動向が鍵を握っている。

NY白金の日足は、安値を一時切り下げているが時間外取引で急反発した動きを見せ、オシレーターでもストキャスティクスや相対力指数が反転する動きを見せ、RCIでは短期が-96%で下がり、中期は-96%で横ばい、長期も-79%で下げており、短期が反転するタイミングと思える。また移動平均線では、10日移動平均線が1458.4ドルで下がり、40日移動平均線は1483ドルで横ばいし、200日移動平均線も1526.9ドルで緩やかに下げている。そのため10日移動平均線を今晩には超える可能性が高く、買いの動きが強まる。

本日の東京市場は、NY取引が終了した時間帯にFOMCの結果を受け時間外取引で大幅高とサプライズの反応を見せており、寄り付きから4600円を超え17日の高値4664円を上回る値動きを見せて来ると思える。そのため昨日付けた安値4540円が目先の底値として対応するのが良いのではないか。特に今回の下落が始まったポイントが12日の高値4823円であり、その水準まで回帰するパターンと予想され、寄り付きから買いのパターンと判断する。またオシレーターでもストキャスティクスや相対力指数が買い転換するのは間違いなく、下げている10日移動平均線(4629円)まで戻りを目先強めると判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





19日はFOMC、満月、大転換の基調変化で上昇強し・・

本日の東京市場は、45円安の4582円で終わっている。寄り付きから軟調なNY市場を受けて売られて始まった東京市場は、4577円で寄り付き時間外取引で金価格が11トンのロスカットを巻き込み1300ドルを割り込むと4546円まで売り込まれている。その後、日計り的な商いから4565円まで戻すが、再度売り込まれ4540円まで下げている。ただ時間外取引で1415ドルの前回の安値まで届いた事など買い戻しを強めだすと4565円まで戻している。その後15:00まで売られたが下ね4540円が下回れなかった事やFOMCを前した利食いから引き際まで買い戻しを強めて寄り付きの価格である4577円を上回り4585円で終わっている。

市場は、FOMCにおけるQE縮小観測を織り込み、金価格の1300ドル割れや失望的な投げを見せ、出来高は16088枚に対して4600円以下で9050枚の出来高が膨らみ、安値の売り込み方に変化する動きと思える。また時間外取引でも1400ドルを維持して終わった事からドル建てでも下値に対する抵抗を見せだしている。特に基調に転換では、今晩NY市場の立ち合いが終了してFOMCを受けた時間外取引で1438ドルを回復する動きを見せると、明日の寄り付きから50円以上買われて始まり、4664円を超える値動きを見せた時には、急速な反発が待っているのではなか。

特にオシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数が下げ過ぎの分岐点を超えており、いつ反発しておかしくない状況であり、陽線で切り返せばオシレーターは転換する。またRCIでは短期が-85%で横ばいし、中期も-79%で下げ渋り、長期は-24%で下げ続けている。そのため短期が中期を上回る事が出来れば買いのサインと見る。移動平均線では、10日移動平均線が4762円で下がり、40日移動平均線は4728円で上昇が止まり、200日移動平均線は4700円で上昇を続けている。そのため10日移動平均線と日足の乖離が拡大し、行き過ぎの域の中にあると見られ、戻りは200日移動平均線が位置している4700円を超える値動きが起こり易い。

今晩は、20:00にMBA住宅ローン申請件数、21:30に住宅建設許可件数、住宅着工件数、そして注目の19日3:00にFOMC、3:30にバーナンキFRB議長の記者会見が行われる。
最後の仕事になるバーナンキFRB議長の記者会見もこの2ヶ月間、姿を表に見せないで沈黙を守った事から市場に対するインパクトは大きいと思われ、フォワードガイダンス(時間軸)の変更に注目したい。もし時間軸を変更しない場合は、失望的なドル高:円安が進むと思える。



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4500円台は弱気の心理の現われであり、時間が過ぎれば「需給に勝るもなし」・・

                     

11:30の東京白金は、75円安の4549円で推移している。19日早朝3:30にバーナンキFRB議長の記者会見を控えて模様眺めの雰囲気が強まる中、QE縮小観測を織り込みリス逃避の動きが強まりを見せるNY市場を受けて、4600円を下回って始まった東京市場は、4577円で始まると時間外取引で金価格が11.9トンのロスカットから1300ドルを割り込むと4546円まで売り込まれている。その後、日計り的な巻き戻しから4565円まで戻りを見せるが、失望とリスク逃避の売りから安値を更新し4540円まで売り込まれている。

特に金価格の下落で投げを誘い、昨晩から4600円を下回る水準で9812枚の出来高の記録し、17:00から始まった4650円から4600円の間以上に4600円以下で売り込まれている。また今年の値動きで4500円台は1月に7日間存在するが、その後はドラギECB総裁の「何でもやる」のユーロ防衛発言と南アの電力不足問題で5300円まで上昇している。また4月でも4500円台は7日間存在するが、QE縮小観測から金価格の大幅下落後に買い戻しで4999円まで高値を追い続けている。また6月~7月に4125円までキプロスや中国シャドーバンキング問題で下落し、4500円台は26日間存在する。しかしその後は、1月や4月同様に需給要因に戻り、4956円まで戻している。

そのため今回のQE縮小観測が発表されれば市場は織り込み済みから巻き戻しが強まり、南アフリカにおける賃金交渉に話題性が移ると見られ、4900円へ向けた上昇に転換すると予想する。

特にオシレーターで見ると、相対力指数が26.42%で直線的に下げており、突発的な反転が一挙に始まるパターンが予想される。ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが10%以下で下げ続けており、陽線転換が起きれば%Dがslow%Dを上回り買いのサインが発生する可能性が高い。RCIでは短期が-85%で横ばいし、中期も-79%で下げ止まり、長期も-24%で下げている。そのため短期が中期を上回る動きが出れば買いの状態に転換する。また移動平均線で10日移動平均線が4758円で下げているが、日足との乖離幅が200円近く拡大し、短期的な価格の行き過ぎを示している。

そのため大きく下げ過ぎた価格は、バーナンキFRB議長の記者会見でNY白金は立ち合い終了後に時間外取引で1422ドルを上回る動きを見せて来ると本日の東京市場の下落は、行き過ぎと判断される事から一挙に急反転する値動きに変化すると思える。特に商品価格は「需給に勝るもの無し」で一時的に反落した価格は下がる前の高値を塗り替える値動きを続けて来ており、4500円台は行き過ぎた価格水準と判断する。

ただ価格の値動きには心理が先行し「アンダーシュート」が多く見受けられるため、行き過ぎた価格が陽線転換するまで注意が必要と判断する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





今年の4500円台は1月7日間、4月7日間、6月から7月の26日間だけであり、その後は5000円を目指す値動き・・

本日のNY白金は、18.8ドル安の1422.4ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で66円安(10月限)と予想する。
週末にローレンス・サマーズ氏がFRB議長就任を辞退した事から「サマーズ・プレミアム」が剝げ落ち、円高:ドル安の動きを為替市場では見せている。特に18日に行われるバーナンキFRB議長の記者会見でQE縮小開始、フォアードガイダンス(時間軸)の変更を述べるのか注目され、市場は模様眺めを強めている。商品価格は、緩和策縮小を受けて軟調な値動きを見せている中、金市場はインド政府が財政赤字縮小を狙った金の関税引き上げを発表し、白金市場では欧州自動車販売台数が2ヶ月連続で低下するなど貴金属価格は売られて終わっている。

南アフリカでは、金鉱山で唯一賃金交渉に合意していないAMCUを廻って、鉱山会社側と労働組合側との主張が真逆であり、鉱山会社側は賃金交渉で76%の労働者が合意を行い、17%のAMCUも同様に受け入れるべきと発言している。AMCUは、3つの鉱山で過半数を超える組合員数を確保しており、ストライキは行う権利を有すると主張している。特に会社側はストライキを行なえば、違法ストライキと断定し、労働裁判所へ提訴すると発言している。しかしAMCUは、プラチナ鉱山でインパラ・プラチナム、ロンミン社と過半数を超える承認組合であり、強気の姿勢を崩す雰囲気は見出せない。またプラチナ鉱山での賃金交渉も、150%の大幅値上げを要求しているAMCUと協議を行える雰囲気でもなく、長期化の様相を秘めている。

また市場は、今晩(日本時間19日AM3時)に行われるバーナンキFRB議長の記者会見で金融緩和縮小観測が拡がり、長期金利上昇に伴う金利差拡大からドル高:円安の動きを織り込んだが、サマーズ氏の一転した辞退報道で、ドル買いポジションが解消している動きと思える。特に金利上昇は、貴金属に取って弱気の要因であるが、QE1、QE2の終了時は長期金利は低下しており、市場は記者会見後の方向感を模索してい雰囲気である。

本日のNY白金は、前日の安値を下回り8月の水準まで届き、10日移動平均線が40日移動平均線を下回っている。オシレーターでは、相対力指数が23%で下がり続けており、ストキャスティクスは%Dがslow%Dを上回り上げている。そのためストキャスティクスは逆行中であり、相対力指数は突発的に急反転する状況。RCIでは、短期が-93%で下がり、中期も-96%で下げ、中期が短期を下回っている。長期も-72%で下げており、短期が反転するまでは注意と判断する。

本日の東京市場は、夜間取引で前日の安値4602円を下回った事から一時4565円まで売り込まれ、FOMCを前にして失望的な売りが見られた状況である。ただ過去の値動きから4500円台は4月中旬の4500円割れた7日間、6月~7月の4125円まで下げた26日間であり、その後は両方ともに4950円を超える値動きに繋がっている。
そのため今は疑心暗鬼で4500円を売り込まされる値動きを行うと思えるが、売れば苦しむ我慢どころと予想され、4500円台は資金配分を考えて新規買いで対応するのが妥当な動きと思える。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





19日FOMC、22日ドイツ連邦議会選挙、24日中国シャドーバンキングを織り込めば、4600円を下回る事が難しくなる・・

本日の東京白金は、37円安の4624円で終わっている。3連休明けの東京市場は、休場中にローレンス・サマーズ氏のFRB議長就任報道と辞退報道が重なり、FOMCを前にした米経済指標の悪化などQE縮小観測が後退するなど透明な見方が値動きを難しくしている。そのため4615円で始まると一時4643円まで買われたが、日計り商いの動きから一時4615円を下回ると4610円まで売られている。しかし4600円を意識してか買い戻しが膨らみだすと徐々に戻りを強め4643円を上回り4644円まで戻りを見せている。市場は方向感が定まらない日計り的な商いが主流と思われ、引け際には4618円まで下値を試して終わっている。

市場では、7割方サマーズで決まっていた次期FRB議長が、本人の辞退発言で早期のQE縮小観測が後退し、現FRB副議長であるイエレン氏が有望候補となった事で緩やかな緩和策縮小が予想された事でドルを売る向きが強まる一方で新興国通貨の買い戻しが予想される。白金では、南アフリカ・ランドが対ドルで買い戻しを強めており、会社収益がランド高で低下し、大幅な賃金交渉に応じれない事は明らかであり、現在のプラチナ鉱山と労働組合の賃金交渉は協議すら行われていない状況であり、長期化の様相は間違い状況である。

そのため南アフリカ要因は、プラチナ価格の下値を支える要因へ繋がる状況と思える。特に早期に金鉱山でNUMやUasaなど賃金交渉で合意したが、AMCUは週末に鉱山会議所で行われた8%の賃上げ提案を拒否を表明し、ストライキに入る構えを見せている。ただ会社側は、もしストライキを行えば違法ストライキと位置付けており、大幅なリストラ策を発表する可能性も残っている。そのためAMCUに絡んだ賃金交渉は、長期化する様相が金、プラチナ鉱山で予想される。

テクニカルでは、相対力指数が31.11%で下がり続け、ストキャスティクスでは、%Dとslow%Dが下がっており、売りの状態で推移している。ただどちらも行き過ぎた水準まで届いており、いつ反発が起こってもおかしくない。RCIでは、短期が-85%で下げ止まり、中期は-77%で下がり、長期も-6%で下げている。ただ短期が中期に向けて傾き出しており、重なりが出れば下値の目途が見えてくる。移動平均線では、10日移動平均線が4794円で下がり、40日移動平均線は4729円で横ばいから軟調な動きを見せだし、200日移動平均線が位置する4698円へ向けて下げている。ただ日足が200日移動平均線を下回った水準で位置し、10日移動平均線との乖離幅が拡大した状態であり、戻りを見せる場面か。

今晩は、17:00からユーロ圏経常収支、17:30にはブラードECB専務理事の講演、スペイン短期債入札、18:00にはドイツEZW景況感指数、ユーロ圏貿易収支の発表とギリシャ短期債入札が行われる、21:30には米消費者物価指数、22:00には米証券投資が発表される。また18日2:00にはブラートECB専務理事がパネルディスカッションに参加する。特に今晩からはFOMCが18日まで開催されるため、米経済指標の発表も意識するが、ほぼ6割はQE縮小観測で市場は織り込み済みである。そのため焦点は国債買い取り額の縮小幅に移っていると思える。またサプライズは、フォワードガイダンスの変更であり、失業率を従来の6.5%から6.0%へ変更するか注目したい。

またFOMCを織り込み、22日ドイツ連邦議会選挙、24日中国シャドーバンキングの58兆円規模の償還を乗り切る事が出来れば、4600円を下回る事は難しくなると判断する。そのため今週から来週連休明けまでが下値の勝負の時間と判断する。



今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ



Video streaming by Ustream
9月3日のコモディティ・オンライン・TVの録画



週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」NO51は、プラチナ特集で今後に相場展開を予想したいと思います。特に東京白金は、一定の法則で価格は上げたり、下げたりを続けており、その流れから今後の予想を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


9月7日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示