1. Top » 
  2. 2013年05月

AMCU、明日までにプラチナ、金鉱山に対する賃金要求確定・・

鉱山・建設労働組合連合(AMCU)の議長は、土曜日までにプラチナ、金鉱山セクターの賃金要求を確定すると述べたと報じています。
特にライバル組合である全国鉱山労働組合(NUM)は5月に金、石炭鉱山に対して最低賃金7000ランド、60%の賃上げ賃金要求を行っており、AMCUの要求はNUMの要求を上回るものと予想されます。


週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






スポンサーサイト

引け際30分の下落は、明日の中国製造業PMIを織り込んだ売りか・・?

本日の東京白金は、52円高の4830円で終わっている。堅調な動きで終わったNY市場を受けて始まった東京市場は、夜間取引の戻りを受けて4856円で始まると夜間取引の高値4866円を1円上回る4867円まで買われている。その後は日計り的な利食いで4841円まで下値を試している。株価は前日の巻き戻しから買われて堅調な動きも為替の円安を誘い、徐々に戻りを見せだすと4862円まで戻している。その後は週末の薄商いの中、4851円~4861円の狭いレンジ内で上下を繰り返している。ただ引け際には300円近く上昇した株価が185円高まで下がると、明日発表される中国製造業PMIに対する警戒的な逃避の動きで4841円を下回ると引け際には4821円まで下げて終わっている。

1140円近く反落した日経平均は、中国HSBC製造業PMIが事前予想を下回り、好不景気の分岐点である50を下回った事がきっかけとなっただけに、明日公表される中国製造業PMIの事前予想の50.6を下回る様であればリスク逃避の動きに拍車が掛る可能性がある。

ただ米国の4月に発表された雇用統計でもADP雇用統計が事前予想を下回る雇用者数からプラチナ価格など貴金属価格は大きく反落した。しかし雇用統計の悪さは織り込まれ、市場予想通りに悪化した数字が出ても市場の反応は織り込み済みから「知ったら仕舞」の値動きとなり大きく反転している。

そのため中国製造業PMIの発表が行われても、市場はすでに50を下回った予想を立てているだけに週明けの東京市場は買い戻しを強める展開となってもおかしくない状況である。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が50.69%で上昇し、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも上昇中であり、目先の強気姿勢は維持された状態である。ただRCIでは短期が-40%で上昇しているが、中期が-60%で下がり、長期も+39%で下げている。そのため中期を短期が上回った事から買いのクロスと見る事ができる。しかし中期と長期の反転がまだであり、依然と下値不安は残している。移動平均線は、10日移動平均線が4827円で下がり、40日移動平均線は4785円で横ばいし、200日移動平均線は依然と4470円で上昇を続けている。そのため日足が終値ベースで10日移動平均線を上回った状態で推移しており、10日移動平均線を下回れば押し目買い気運と取れる。

来週は、4873円を試す週になると予想され、4800円を下回る動きがあれば新規買いを多様化したい。ただ条件は中国経済指標を受けた週明けの時間外取引が、1450ドルを維持した場合と考えて対応したい。


週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






中国製造業PMIに対するリスク逃避の動きとテクニカルの強気の狭間・・

                     

11:30の東京白金は、78円高の4856円で推移している。急反発を見せたNY市場を受けて買われて始まった東京市場は、4856円で始まると一連の相場の値動きが4573円で止まった事を受けて利食い先行で4841円まで下げたが、為替の円安と株価の戻りを受けて買い戻しが強まり、4862円まで戻りを見せている。ただ週末や金価格の上昇が止まった事など利食いの動きも強く、4855円~4860円の狭いレンジ内で推移した値動きである。

特に明日の土曜日AM10:00に中国製造業PMIが発表される。先月が50.6で事前予想は50となっており、好不景気の分岐点である50を割り込む様であれば、日経平均が大幅急落したきっけとみられる中国HSBC製造業PMIが49.6となった時と同様に中国経済の後退懸念で週明けの東京市場はリスク逃避の動きになる可能性がある。そのため利食いの動きも強いのではないか。

しかしNY市場の日足では1450ドルの底値から離脱し、NY金も目先の戻り高値1414ドルを上回った事から目先1487.2ドルの戻り高値を狙った動きに注目され、中国経済指標のリスクはあるが東京市場で4750円を下回る事は難しく、下がれば新規買いのチャンスと判断する。特にリスク逃避の動きが強まる様であれば、逃避先の円が買われ、昨日同様にドル安からドル建て貴金属の価格は買われ易い状態と思え、注意は必要であるがポジション解消までは考え過ぎと思える。

現在の東京白金の日足は、下値を切り上げ3日前の戻り高値4873円を上回る事ができるかに注目したい。またオシレーターでは、相対力指数が下降ラインを上回り、底値を確認した上昇基調に入っている。ストキャスティクスも%Dがslow%Dを上回った状態で上げており、買い有利な展開が強い。RCIでは、短期が上昇し、下げてきた中期を上回り目先の買いのシグナル、ただ長期も下げているため注意は必要。移動平均線が下げていた10日移動平均線が4830円で止まり、40日移動平均線は4786円で横ばい維持の動きであり、日足が10日移動平均線を超えた事からも4750円を目先の下値と判断する。

午後からは、週末の利食いを抑えて4850円以下になれば買い戻しされる動きを続けて来ると思える。また引け際に4873円を超える様であれば、夜間取引では4900円を試すと判断する。

週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






予想通りのNY白金の動きで4873円超えに注目したい・・

本日のNY白金は、29.7ドル高の1482.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で18円高(6月限)と予想する。
アジア時間帯に日経平均が737円反落し、為替はリスク逃避先の円買いから対ドルで円高の動きとなった。またドル建て金価格が2週間ぶりに1400ドルを回復するなどドル安のリスク逃避買いの動きが見られている。その動きを受けたNY市場は、週間新規失業保険申請件数が事前予想を10000件上回る35万4000件となり、第一四半期GDP・改定値でも事前予想の2.5%を下回る2.4%となった事から量的緩和策早期の解除が後退し、リスク選好の動きも加わり株価は堅調な動き、ドルは売られ、貴金属はアジア時間帯を引き継ぎ堅調に推移して終わっている。

特にNY金価格が、チャート上で強気の分岐点である1414ドルを上回った事で1417ドル近くまで高値を追っている。NY白金も、ドル建て日足チャートで連日底張りの動きを行い、急反発が予想されていた。そのため金価格が1400ドルを上回った事や経済指標の低下で量的金融緩和の早期の解除も後退した事など強気に転じている。

また南アフリカのリンポポ地区にあるグレンコアエクストラータ・クロム鉱山でAMCU組合員1500人の違法ストライキが火曜日から発生し現在も続いている。先週は他のクロム鉱山会社でNUM組合員が違法ストライキを行い、週末には一回限りのボーナスを獲得して終結しているが、今回はすでに会社側は200人の解雇を行うなど最後通告を出しており、現在進行中であるプラチナ鉱山での賃金交渉に悪影響を与える動きと思え、警戒感が高まりを見せて来るのではないか。

NY白金の日足チャートは、1450ドルから反発を見せ、1500ドルに向けた上昇基調に転換している。オシレーターでもストキャスティクスが%Dが反発しslow%Dを上回っている。相対力指数でも53%と強弱の分岐点の50%を上回り目先回の対応が妥当な動きに思える。RCIでは、短期が-28%で上昇し、中期が-72%で下げているが短期が中期を上回った。長期も-63%で下げており、次に中期が反転し長期を上回ると買いの動きにが強まる。移動平均線は10日移動平均線が1467ドルで下がり、40日移動平均線も1480ドルで下げている。しかし日足が10日、40日移動平均線を上回った事から上昇を続けている200日移動平均線(1582ドル)に向けて戻りを強める値動きに思える。

本日の東京市場は、日経平均の戻り期待の円安の動きに買われて始まると思え、2日前に付けた戻り高値4873円を狙った動きが予想される。特に2番底確認の動きを強める展開が予想され、5000円へ向けた値動きと思える。ただ5000円までに注目される4975円、4974円の2点の「脳天杭打ち」を切り返す事ができるかが一番の注目する点でないか。


週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週末の更新します週報「プラティニの相場観」NO36は、金と白金の動きが日米で反転を強めだし、株価の下落で神経質な値動きから離脱したのか、オシレーターや一代足で来週の目標は、何時まで続くのか、また金と白金の価格差はどこまでなど金や白金を予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





今晩は、米GDPと週間新規失業保険申請件数に注目度が高まり、ドル建て貴金属は反転するか・・

本日の東京白金は、62円安の4778円で終わっている。NY市場の軟調な動きを受けて始まった東京市場は、4781円で寄り付くと円高:株安の動きを受けて夜間取引の安値4757円まで下値を試したが、為替の円安の動きに変化し時間外取引も戻りを見せた事から4800円を窺い4798円まで高値を追っている。日計り的な利食いに押され4783円まで試した後、再度4800円を試すが日経平均が下落を強めだすと徐々に下値を切り下げ、14時過ぎには4765円まで売り込まれている。しかし日経平均が500円を超える下落幅を見せると為替の円高にリスク逃避の金買いから時間外取引で1400ドルを回復し、東京金もプラスサイドに転換している。そのため白金も追随する値動きを見せるが、4787円まで戻すが株価の700円を超える下落で引き際には4774円まで売り込まれて終わっている。

本日の東京市場は、東京金が円建て価格であるが、円高でも日経平均が下落した事からリスク逃避の円買:ドル安の動きを受けて買われており、株価に反比例する従来のリスク・ヘッジの値動きに思える。また白金も株価と金価格の狭間で日経平均が700円以上の下落を見せた割には4750円を維持し、時間外取引でも1450ドルを上回っている。

そのためドル建て価格は売り込めない水準まで届き、いつでも反発する動きに変化してきており、13500円台の日経平均と100円台の為替の円高水準で4750円を維持している事は、株価の戻りと円安の動きが重なる様であれば5000円までの戻りは短時間と思える。

本日の東京市場のテクニカルは、相対力指数が42.77%で下がり、ストキャスティクスは%Dとslow%Dがクロスした後に横ばいしており、下値は限定的な動きに思える。RCIは、短期が-55%で横ばい、中期は-39%で下がり、長期も+48%で下げている。そのため短期と中期のクロスまで辛抱の時間帯が続くか。移動平均線は、10日移動平均線が4837円で下がり、40日移動平均線は4784円で維持した状態である。価格が40日移動平均線を下回った事から逆張りの買いと判断する。また200日移動平均線は依然と4464円で上昇を続けており、大勢は強気が維持された状態と思える。

今晩は、18:00にユーロ圏消費者信頼感指数、18:30には南ア生産者物価指数、21:30には米第一四半期GDP・改定値、個人消費、週間新規失業保険申請件数の発表がある。また23:00には中古住宅販売成約指数が発表される。
注目は、21:30の米国第一四半期GDP・改定値の発表と新規週間失業保険申請件数と思える。事前予想は前期と先週と変わりない予想である。そのため事前予想を上回る数字が出れば、株価高・ドル高:円安の動きに拍車が掛ると見られ、ドル建て貴金属の反転に繋がる要因となるのではないか。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





労働裁判所、ロンミン社でAMCUを承認組合と認める命令。NUM組合事務所は7月16日に撤去指示。

                      

11:30の東京白金は、57円安の4787円で推移している。前日の上昇幅をそっくり切り替えし、夜間取引で4757円まで下値を試した東京市場は、4781円で寄り付くと急速に売り込まれ夜間取引の安値4757円まで下値を確かめた後は、為替の円安で戻りだすと4798円まで戻りを見せている。再度4798円を試し超えられない事から日計りの利食いに押されて4786円で推移している。

東証の株価が大きく反落した動きを欧州株式やNYダウの下落で蘇り、売り込まれた動きは今週の安値である4750円で再度抵抗を見せており、4750円~4870円の120円程度のレンジ相場に入っている状態でないか。ただNY市場におけるNY白金の値動きは、1450ドルで抵抗を示しており、また200日移動平均線に対する乖離率が7%を上回った状態を考えると行き過ぎた反発がそろそろ見受けられてもおかしくない状況と思える。

また南アフリカ・プラチナ鉱山であるロンミン社でAMCUが承認組合であるか認可するかで労働裁判所の命令は、承認組合と認めるとの命令が出され、ロンミン社もこれを認めている。そのため昨年まで承認組合であったNUMは、労働裁判所が示した4月30日から7月16日までに承認組合である条件を満たさない限り、7月16日をもって承認組合の権利が消滅する。そのためマリカナ鉱山のNUM組合事務所の撤去期限が7月3日から16日に延期されている。

現在の東京白金に日足チャートでは、前日から下がった日足は再度4757円まで下値を試している。オシレーターでは、ストキャスティクスでは%Dがslow%Dを上回り、相対力指数は上昇に転じだしており、売り込めない状況と判断する。RCIでは、短期が-55%で上昇が止まり、中期は-35%で下げている。また長期も+51%で下げている状態であり、短期と中期のクロスが発生する可能性が高い。また移動平均線でも10日移動平均線が4838円で下がり、価格の戻りを抑えているが、40日移動平均線は4785円で横ばいを続けている。そのため4785円から4838円の狭いレンジ内で上下を続ける動きである。ただ200日移動平均線は4464円でNY同様に上昇を続けており、大勢は買いのままである。

午後からは、午前中に4798円まで戻りを見せており、下げても戻りを強める流れと思える。ただ4800円は夜間取引になる可能性が強いと思え、売り込むのは避けた方が良いと思える。ここはじっくり買いポジションを作るのが無難と思える。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





Sibanyeゴールドで1110人のリストラ発表・・今後のプラチナベルト地帯の賃金交渉に波紋懸念・・

本日のNY白金は、8.8ドル安の1453ドルで終わっている。前日の南アフリカ議会で鉱物・資源大臣が発言した金、プラチナ鉱山に対する支援策の評価に疑心的であり、また欧州株価の大幅下落やNYダウの下落でリスク逃避の動きでドルが弱含み、NY市場の貴金属ではドル安の動きとリスク逃避の動きで金が買われ、白金が売られる動きを見せている。
特に白金価格は、前日の上昇幅を取り消す動きを行うなど株価の反落が引き金となっている。南アフリカ情勢では、Sibanyeゴールドの金鉱山で2月に発生した坑道の火災事故が原因で操業がストップし続け、会社側は1110人のリストラを行うと発表、最大3000人のリストラを行う可能性がある事も伝えている。また坑道の老朽化のため永続的な人員削減になる可能性があるとも伝えている。そのためプラチナ鉱山での今後の賃金交渉に対する懸念が膨らむ可能性が高くなるのではないか。

NY白金の日足チャートでは、前日の同じ価格水準で横ばいの動きを見せ、オシレーターではストキャスティクスで%Dとslow%Dが重なり、相対力指数は40%で下げ止まっている。RCIでは、短期が-76%で反転し、中期は-82%で短期を下回りながら下げ止まり、長期は-56%で下げている。そのため1450ドルでは抵抗を示している動き。移動平均線は、10日移動平均線は1468ドルで下がり、40日移動平均線も1482ドルで下げている。ただ200日移動平均線が依然と1582ドルで上昇中であり、乖離幅が拡大し続け率で7.4%まで来ており、行き過ぎた弊害が現れる状態と思える。

本日の東京市場は、日本に続き欧州株式が下落した事からNYダウに対するリスク逃避の心理が拡がりを見せると思え、為替市場の円高が予想される。そのため夜間取引で4757円まで下値を試した動きを受けて、寄り付きから下値を試す可能性があると思える。ただ最後は買い戻しされてくると予想される事から依然と4650円の底固めの動きと予想する。

週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





今週末までNYダウの動きに注意したい・・

本日の東京白金は、36円高の4844円で終わっている。南ア要因で堅調に終わったNY市場を受けて始まった東京市場は、寄り付きすぐに買われだすと4868円まで高値を試したが、夜間取引で付けた高値4873円に届かなかった事や時間外取引でドル建て白金価格が伸びなかった事など利食いの押され4842円まで下値を試している。その後は、円安と4800円を上回った値動きと102.53円まで円安が進む動きから徐々に買い戻しを続け再度4868円の高値を付けている。しかし日経平均や時間外取引でダウ平均が下げている事で引き際には4839円まで下値を試して終わっている。

昼に書いたコメントで終値ベースで10日移動平均線が位置する4852円を上回る事が条件であったが、その条件を満たす事ができなかった。そのため再度夜間取引で4800円を試すか注目したい。

また今晩のNYダウが下値を試すのか、日足チャートで見た場合は「ダブル・トップ」に見える事から今しばらくNYダウの下落には注意が必要と思える。今晩は、16:55にドイツ失業率、失業者数が公表され、18:00にはイタリア6ヶ月物証券入札が行われる。20:00にはMBA住宅ローン申請件数、21:00にはドイツ消費者物価指数が公表され、30日AM2:00にはローゼングレン・ボストン連銀総裁の講演が行われる。

本日のテクニカルは、相対力指数が51.74%で上昇し、ストキャスティクスでも%Dがslow%Dを上回っている事から目先の安値を確認した状態と判断する。RCIでは、短期が-55%で上昇し、中期が-6%で下がり、長期が+61%で下げている。そのため短期の上昇と中期の下落で買いのサインまで注意と思える。移動平均線は10日移動平均線が4852円で下がり、40日移動平均線は4785円で横ばい、200日移動平均線は4458円で上昇を維持しており、長期は強気のスタンス。ただ日足が10日移動平均線を上回る事ができなかった事から40日移動平均線を試すのか注目したい。

ただ今週の安値は目先の底値と判断する動きであり、4700円台は新規買いの対応が無難と思える。時間外取引でNYダウが35ドル安と軟調な動きから為替は円高の動きに代わっており、目先の下値を探る動きに注目したい。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4800円を回復し、終値ベースで4853円を上回るかに注目したい・・

                      

11:30の東京白金は、47円高の4857円で推移している。南アフリカ政府の金、プラチナ鉱山に対する救済計画を議会で鉱物・資源大臣が発言した事を受けて、堅調に推移したNY市場を受け4840円で始まった。その後、前日の高値を夜間取引で塗り替え4873円を窺う動きを見せ4868円まで買われている。しかし日計り的な利食いや為替の円高の影響から再度下値4842円まで試したが、売り込めない事から4860円まで戻している。

スーザン鉱物・資源大臣が議会で発言した救済策は、具体的な内容までは触れていないが、今年ヨハネスブルグで開催われた「BRICs会議」でプラチナ生産国であるロシアとプラチナ価格の支援で書簡を交わした一環であり、プラチナ産業(自動車、燃料電池産業)の育成で、輸出を制御し国内で消費を行い労働市場の改善と価格引き下げを狙った動きと思える。

ただアングロ・アメリカ・プラチナムが発表した6000人におよぶリストラ策に対して政府は、失業率の高まりと来年の選挙を考えると極力リストラ人数を縮小したい。特に労働組合はリストラ策に対して強硬に反対を表明しており、プラチナ鉱山で違法ストライキが発生する様であれば、米国経済が回復基調を強めだしプラチナ需要が期待できるだけに、ストライキで南アに対する外人投資家の投資資金が逃げ出す可能性が高くなる事は避けたい。そのため週明け早々に労働組合と副大統領が会合を設け協議を行っている。

そのため現状の要因に伴い、昨日まで付けていた4750円以下は目先の底値と判断して対応するのが妥当と思える。

現在の東京白金の日足では下値を切り上げ4800円を回復し、オシレーターでストキャスティクスと相対力指数が反転し買いシグナルが発生している。またRCIでは、短期が-55%で上昇し、中期は-6%で下がり、長期も+61%まで下げて来ている。そのため短期が中期を明日以降に上回る様であれば買いのシグナルが発生する。移動平均線では10日移動平均線が4953円で下げ止まりを示し、40日移動平均線は4786円で横ばいを続け、日足が10日移動平均線で止められている。そのため買いの動きに転換した状態である事から4800円は目先下回る事は難しくなった。

しかしNY株式市場のNYダウが日足で見た場合、「ダブル・トップ」を形成した動きを見せており、NYダウが調整の動きを見せるかには注意が必要である。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





南アフリカ鉱物・資源大臣、「金・プラチナ鉱山会社救済支援計画」策定を議会で発言・・

本日のNY白金は、9.9ドル高の1461.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で9円高(6月限)と予想する。
3連休明けのNY市場は、米経済指標で消費者信頼感指数が事前予想71.2を大きく上回る76.2と5年ぶりの高い数値となった事で米国経済に対する先行き期待が高まりを見せ、NYダウは一時200ドルを上回る上昇を見せている。特に指標になる米10年物国債の金利が2.16%と2%を上回る状態で維持しており、貴金属に市場におけるNY金価格は売りが先行し軟調な動きで終わっている。

NY白金は、米経済指標の好調な数値を見てテクニカル的な買いので30ドル近い反発を見せたパラジウムに支えられ、南アフリカ・スーザン鉱物・資源大臣が28日の南ア議会金やプラチナ鉱山に対して国家計画の一環として「救済計画」を策定していると述べ、下値から20ドル近く反発して終わり、前日比で9.9ドル高で終わっている。

「金・プラチナ鉱山会社救済計画」は4月に行われたBRICs会議でプラチナ生産国であるロシアと南アはプラチナ需要の育成に協力する事や供給過剰な対応する事で合意した流れを受けて、現在の南アフリカにおける金やプラチナ鉱山会社が大幅な損失を抱えながら操業している環境下で経営を後押しする「需要と供給サイドの介入の両面で鉱山救済策を策定するため動いている」と述べた。ただ具体的な内容までは伝えていない。また会議の先立ち週末のNUMの中央委員会では、スーザン鉱物・資源大臣がアングロ・アメリカ・プラチナムの6000人およぶリストラ策に触れ「リストラ人数を縮小させる事は可能である」と述べるなど、来年の選挙を前にして鉱山会社、労働者両方に配慮した発言と思える。

NY白金の日足チャートは、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げているが、相対力指数は反転切り返しの動きを見ている。RCIでは、短期が-80%で反転し、中期は-79%で下げ止まり、長期も-32%で下落している。そのため目先の買い転換か注意したい。移動平均線は、10日移動平均線が1472ドルで下がり、40日移動平均線も1485ドルで下げている。ただ200日移動平均線は1581ドルで上昇を続けており、乖離幅の拡大で突発的な反発が予想される。

本日の東京市場は、堅調なNY市場と為替の動きを受けて買われて来る可能性が高い。またオシレーターの動きでもストキャスティクスや相対力指数で買いのサインが発生し、10日移動平均線が位置している4851円を上回る動きを夜間取引で見せている事から強気に転じた状態と思える。そのため4900円、5000円へ向けた値動きが続くと判断する。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





オシレーターは4750円以下を目先の底値と判断した・・

本日の東京白金は、16円高の4810円で終わっている。NY市場の休場から東京主導の値動きで始まると、東証の日経平均が13800円から戻りを見せだし、為替の巻き戻しで円安の動きも重なって始まった。そのため4775円から買い戻しを強めると4800円を上回り4803円まで戻りを見せている。その後は時間外取引で軟調な状態で推移した事で再度4780円まで売り込まれている。しかし金価格が4560円台へ買われており、売り込む向きも少なく4784円~4798円の狭いレンジ内で上下を続けていた。ただ為替の102円台に対する円安や株価をに睨んだ時間外取引の戻りを意識して4798円を上回ると引き際には4803円も上回り、4812円まで買われて終わっている。

NY市場の連休中は、結果として先週末の水準まで戻した値動きであり、東京市場の4750円台は目先の底値になる可能性が高いと判断する。また南アフリカ情勢でもリストラ策に対する協議再開、AMCUとインパラ・プラチナムの労使交渉、NUMとロンミン社の労使交渉とプラチナ鉱山でも賃金交渉が始まった状態である事など、外的な要因で4750円以下を売り込むだけの動きは見受けられなくなった状況と思える。

今晩は、17:00にノワイエ仏中央銀行総裁の講演、18:00にはイタリア債入札が行われ、18:30には南アフリカ第一四半期GDPが発表され、21:00にはアスムセンECB専務理事の講演が行われる。22:00にはS&Pケースシラ住宅価格が公表され、23:00には消費者信頼感指数が発表される。

また休場明けのNY市場は、金に対する値動きに注目したい株価の反転し、為替の円安:ドル高でNY金が反発する様であれば、流れが変化した可能性から1400ドルを窺う値動きが期待できる。ただ1414ドルを超えきれない状況であると再度下がる可能性が残っていると判断する。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が47.10%で下げ止まり、相対力の下降ラインを上回っている。ストキャスクスでも%Dが下げ止まり、slow%Dを上回れるか注目したい。そのため目先は反転する時間帯に入った確率が50%を超えていると判断する。RCIでは短期が-83%で下値を切り上げ、中期は+11%で下がり、長期も+67%で下げている。そのため短期と中期のクロスがまだであり、注意して対応したい。移動平均線は、10日移動平均線が4865円で下げ止まり、40日移動平均線は4785円で横ばいを続けている。また大勢感を示す200日移動平均線は4451円で上昇が継続した状態で推移しており、強気の流れはそのままである。

以上の事から下値4750円を意識した値動きであり、4800円を固めると4900円へ向けた値動きに変化して行く。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4780円で支えられ、4863円を睨んだ値動き・・

                      

11:30の東京白金は、1円高の4795円で推移している。メモリアルデーにスプリング・バンクホリデーと欧州、米国市場が3連休で休場となる中、東京市場は時間外取引で日経平均が13800円台まで下がった流れを受けて売られて始まるが、寄り付きから東証の日経平均が切り返すと為替も円安が進み4800円台を超えて4803円まで高値を追っている。金価格も水準を切り上げ4567円まで買われてきている。しかし白金価格は、日計り商いや時間外取引の反応が金より劣り、上下を繰り返しながらペナントレンジで動き続け、狭いレンジの高値である4793円を上回った事からレンジの離脱を確認し、午後からは4798円、4803円の本日の高値を狙った上昇の値動きが予想される。

株価の軟調な動きと時間外取引で前日比で依然とマイナス状態が続いており、そのため東京市場でも金が堅調な動きを行い白金が軟調な動きを行う状態で推移しているのではないか。ただ日経平均が2日間で14%の2303円の大幅安を演じ、白金も景気商品から4900円で維持した価格が4750円まで下げている。

ただ南アフリカに目をやるとアングロ・アメリカ・プラチナムは6000人のリストラ策を政府と鉱山労働組合と協議を再開し、また鉱山・建設労働組合(ANCU)は、プラチナ生産第2位のインパラ・プラチナムと賃金交渉を今週末までには開始する。そしてライバル組合である全国鉱山労働組合(NUM)はプラチナ精錬会社ロンミン社と本日から3週間の賃金交渉を開始すると報じされている。そのためプラチナ生産会社の1位~3位までが大きな問題を抱えており、信用リスク逃避の動きで4750円まで下げたが、これ以上の下値は売り込めない水準と思え、反発に備えるのが無難と思える。

現在のテクニカルでは、相対力指数が下げ止まった動きを見せ、高値を結ぶ下降ラインを相対力指数が上回る状態を見せており、ストキャスティクスでも%Dが下げ止まり、slow%Dと重なる状態が近づいている事から下値に対する抵抗を見せて来るのではないか。RCIでは、短期が-93%で横ばいし、中期と長期が下げて来ている。そのため短期と中期のクロスが起これば買いのチャンスと判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4863円で下がり、40日移動平均線は4784円で下げ止まった状態で推移している事から40日移動平均線で抵抗を示している。そのため10日移動平均線が位置している4863円を上回って来ると判断する。

午後からはレンジ相場からの離脱を確認し、今晩から始まるNY市場に合わせる様に4800円を回復して終わる様であれば、明日は4863円に位置している10日移動平均線を試す値動きになるのではないか。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





WGC、今年の中央銀行の金購入は550トンを予想・・

本日のNY市場は、メモリアルデーの休場となり、現在の時間外取引では0.9ドル安の1451ドルで推移している。夜間取引から比べ29円安(6月限)と予想される。
米国市場はメモリアルデー、ロンドン市場はスプリング・バンクホリデーで休場となった事から東京市場の夜間取引は前日とほとんど変化はなかった。しかし時間外取引で日経平均が375円安と14000円を割り込んでおり、依然とリスク回避の円高が進む環境下にあると思える。

その状況下でワールド・ゴールド・カウンツル(WGC)は2012年のロシアの金保有は8.5%拡大し、現在は990トン。カザフスタンが41%拡大させ、今年は8.9%増加の125.5トンまで保有が増加している。また2012年の世界の中央銀の金購入量は534.6トンで2013年の中央銀行は550トンの金を購入すると予想を出している。

ここ数日の日経平均の調整で、リスク回避の円買いが進み円は対ドルで101円を挟んだ狭いレンジ内で推移し、ドル建て金への資金流入を推し進めている。そのため金と白金の価格が縮小し、一時400円近くまで拡大した価格差が230円まで縮小している。

南アフリカ情勢では、アムプラッツ(アングロ・アメリカン・プラチナム)の人員削減数はもっと減らす事が出来るはず―。金曜日の会見(Business Report)のなかでスーザン・シャバング南ア鉱物資源相はこう語った。
大臣は会見の中で同社の人員削減数について具体的な言及は避けたものの、世界最大の白金生産を誇る同社が協議後には、ルステンバーグ鉱山での労働者6000人解雇という話を引っ込めるのではないか、と語っている。

本日の東京市場は、寄り付きから金価格の堅調な動きにつられ買い戻しを強める動きが予想される。ただ時間外取引で日経平均が下げている事から為替に円高に注意が必要と思える。
特に夜間取引の安値4753円を試し再度買い戻しされており、この水準を維持できるかに注目したい。
また時間を掛けて下値を確かめる動きであれば、4750円以下は時間と共に売り辛くなると思われる。また南アフリカでの賃金交渉、リストラ策に対する協議、電力不足、組合同士の縄張り争いといった不測の事態がいつ起きてもおかしくない状況でもあり、大きく売り込む事は難しくなってくると予想される。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





南ア情勢では、今週から始まる賃金交渉に焦点が移る・・

本日の東京白金は、13円安の4794円で終わっている。週末の軟調な動きに合わせて円高基調も重なり4770円で始まった東京市場は、一時4782円の戻りを見せたが、101円を下回る円高に4750円を試す動きを見せ4742円まで下値を試している。その後は、NY市場の休場に金価格の戻りを確認して徐々に買い戻しを強めると、引け際には午前中の高値4782円を上回り4798円まで戻りを見せて終わっている。

今晩はNY市場(メモリアルデー)、ロンドン市場(スプリング・バンクホリデー)ともにフロアー取引が休場のため、4742円から4798円まで戻した短期売買の利食いで再度下値を試すと思われる。特に経済指標も要人発言も予定されていないため、動きずらい状態が続くのではないか。

また為替は東証の日経平均に追随する様な動きが予想され、今しばらくリスク逃避先の円買い基調が予想される。ただ欧州では、キプロス財務相が「ユーロに留まる事が最善である」と発言し終盤にはユーロが買い戻しされている。

南アフリカでは、NUMの会議で昨年37887人の組合員を失ったが、今年で6000人が復帰したと述べている。また鉱物資源大臣は、アングロ・アメリカ・プラチナムの示した6000人のリストラ策を協議するにあたり、「さらに削減されるだろう」と述べており、南アフリカ政府は来年の選挙を前にしてリストラ策に対する反対姿勢を強める動きと思える。またNUMは、ロンミン社と3週間の賃金交渉のプロセスを明日から開始する予定である。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が44.89%で下げ止まる動きを見せており、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げ続けている。そのため反転を示す動きがあるまでは慎重に対応するのが無難と思える。RCIでは、短期が-93%で横ばいし、中期は-29%で下げている。また長期も+74%で下げて来ており、依然と下向きの雰囲気を見せている。ただ2月末から3月初旬が同じ動きを示している事から同様に底固めの値動きが予想され、5000円へ向けた準備と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4876円で下がり、40日移動平均線は4786円で横ばい、200日移動平均線は4445円で依然と上昇を続けている事から、日足が10日移動平均線を上回る動きを見せれば反転の兆しと判断する。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





4750円以下は買われており、下げても短時間の場所・・

                      

11:30の東京白金は、38円安の4768円で推移している。週末の軟調なNY市場と日経平均の500円安を受けた円高に合わせる様に4770円で始まった東京市場は、徐々に売られだすと4742円まで下値を試している。その後は買い戻しから4766円まで戻りを見せている。特に為替は101円を挟んだ動きに、白金価格は4750円を下値と見た抵抗を示す値動きである。

しかしオシレーターの方向性が依然と下向きであり、反転するきっかけを待った状況と思える。特に東証の日経平均が落ち着くか、為替の逃避的な動きが収まるかに焦点が移っている。そのため金価格がドル安と逃避買いの動きで堅調な値動きから白金価格との価格差を縮小する状況が生まれている。ただ昨年までの欧州リスクや信用不安は後退しており、金と白金の価格差が逆転する時代ではない。そのため200円以下の価格差まで縮小すると白金価格の割安感と金価格に対する割高感が価格差の縮小を抑えると思われ、4700円を下回る水準があれば目先の安値と判断して対応するのが無難と思える。

特に需給に対する白金の報告はJM社、トムソン・ロイターの両社ともに供給不足を予想しており、価格予想でも1600ドル~1700ドルが妥当と思える事から現在のストライキや賃金交渉を前にして1450ドルは下値に値する水準と予想される。ただ東京市場の円建て価格の最大の弱気要因である円高は、アベノミクスや日銀の「質的・量的金融緩和策」を進めている状態では、100円を超える円高は厳しく総合的に見て東京市場で4750円を割り込む事としても短時間(2日~4日)と判断する。

また南アフリカにおける賃金交渉期限がアングロ・アメリカ・プラチナム、インパラ・プラチナムで6月30日、ロンミン社のマリカナ鉱山におけるNUM組合事務所の撤去期限が7月3日、アングロ・アメリカ・プラチナムと政府、鉱山労働組合との仲裁委員会の下で再開したリストラ策に対する協議が遅くとも7月25日までに結論を出すと見られることなど6月~7月末まで南アフリカ情勢から目が離せない。そして2008年より厳しい電力事情に追い込まれている国営電力会社エスコムの対応など不測の事態に備えるのが必要である。

午後からは、午前中に下値4742円を試し買い戻しを強めた値動きであるが、依然と下値に注意して対応するのが良いと思える。

週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif





日経平均のリスク回避の円高と南ア情勢の緊張拡大の綱引きで下値が堅くなる・・

週末のNY白金は、5.3ドル安の1451.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で14円安(6月限)と予想する。
メモリアルデーの3連休を前にして米耐久財受注が事前予想(+1.5%)を大きく上回る+3.3%となった。またドイツIFO景況感指数も事前予想を上回る105.7となったが、連休を前にしたポジション調整と大証の時間外取引が500円近く下げて終わった事など依然とリスク回避の動きが続いている。そのためNYダウは、静観に近い状態で推移し為替市場はリスク回避の円買いが進む動きを見せている。

貴金属では、金が逃避先の買いで先行したが米経済指標で予想を上回る伸びやSPDRゴールド金ETFの減少が続いており、1400ドルを上回ることなく下げている。白金も金価格の下げに追随する状態で軟調な動きを見せており、東証の日経平均の下げ止まりが確認されるまでは落ち着かない状態で推移するのではないか。

南アフリカでは、25日からアングロ・アメリカ・プラチナムの6000人のリストラ策に対する協議が仲裁委員会の下で南アフリカ政府、鉱山労働組合の協議が再開されており、またクロム鉱山でストライキが続いていたがNUMと会社側は1回限のボーナス支給で合意している。特に今週にはプラチナ生産会社世界第2位のインパラ・プラチナムとAMCUが賃金交渉の協議を開始する予定であり、混迷を強める南ア情勢と思えドル建てで1450ドル以下は売り込めない状況でないか。

週末のNY白金の日足は、じりじりと1450ドルに近づく動きを見せている。しかしオシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数が価格同様に下げ続けているが、下げ止まれば急反転する状況に思え、1500ドルに向けた戻りに注目したい。RCIでは、短期が-91で下がり、中期も-76%で下げている。また長期も-11%まで下げて来ており、まだ買えない状態である。移動平均線は、10日移動平均線が1475.2ドルで下がり、40日移動平均線も1488.6ドルで下げている。ただ200日移動平均線は1581ドルで上昇を続けている事から乖離幅が拡大しており、売られ過ぎに対する急反発の動きに注目したい。

本日の東京市場は、大証の時間外取引が500円近く下げて終わった事を受けて朝方から日経平均は売られて始まると思える。そのため為替も円高の動きを見せると判断する。特に東京白金は4750円を維持出来るかに注目した動きを見せると思える。特に南ア情勢で賃金契約や電力不足、リストラ策など大きな問題を抱えており、4750円、1450ドル以下は6月末には200円、100ドル近く安い価格のなると思われ、今は長期スタンスに立ってポジションを作るのが妥当と判断する。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。岡地相場セミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、岡地相場セミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




ブレィク・タイム・・(日経平均と貴金属の関係・・)

東京市場発、リスク回避の動きが強まっている。23日木曜日AM10:40に中国HSBC製造業PMIが事前予想を下回り、好不況の分岐点である50を下回った49.6となった事からリスク逃避先である円が買われだし、東証の日経平均で500円高に近い状態で16000円を目の前にして急落、前日比で1143円安と大幅下落を演じている。翌日24日は、前日の大幅下落に対する調整から400円高で戻りを見せ落ち着きを取り戻したかと思えたが、昼過ぎに外人機関投資家の大量の売りで600円安まで下落している。ただ終値ベースでは140円高近くで終わっている。しかし大証の時間外取引では一時510円の14100円まで下落する動きを見せている事から依然と調整の動きが続いている。

為替も日経平均買い:円売りポジションを積み増していた投資家の巻き戻しを強め、23日には100円台まで円高を試す動きを見せている。また昨日のNY市場では、ドルが対円で100.65円まで円高の動きも見せている。

今回の日経平均の下落は、NY時間22日のバーナンキFRB議長の上下両院合同議会証言で金融市場に対する質疑応答で「出口戦略」に近い発言がハト派の急先鋒であるバーナンキ議長から発せられた事が導火線に火をつけた状況でないか。また中国経済に対する景気減速懸念が「火に油を注ぎ」、6月を前にして利食い場を探していたファンドの決済が重なった状態と分析する。

また貴金属においては、順調な株価の上昇と円安の流れを受けて、工業品商品であるプラチナ、パラジウムは堅調な動きを示し、金価格は景気回復に伴い株価の上昇で見直し相場の調整を続けていた。しかし23日を機に、東京市場におけるリスク回避の動きが、昨年の欧州リスクの高まりで見せた様にプラチナ売り:ゴールド買いの動きを強めている。
特にプラチナ価格は、2010年からギリシャ・リスクで欧州市場の混乱を招き、ユーロの信用低下を引き起こしていた。そのため金価格よりプラチナ価格が下回った歪な価格形成を余儀なくしていた。しかしユーロ市場に置けるリスク後退から、信用要因から需給要因へ転換しプラチナ価格が金価格を上回る正常な価格形成の戻している。

今回の東京発、信用リスクの回避行動でも株価と為替を組み合わせたキャリー取引の巻き戻しが株安と円高の同時進行を促している。ただ今の株価は、一時的な投機の動きが強いとしても、昨年までの欧州市場の様な信用リスクの高まるではなく、上昇過程にある株価の調整であり、その動き伴う円高との見方が一般的である。そのため5月末までは調整の動きが予想されるが、6月に入ると新たなポジションを構築で株高:円安の動きが再び戻りを見せて来ると予想される。

そのため貴金属においても一時的なドル安の動きも株価の落ち着きと共にドル高:円安の動きに変化し、金と白金の価格差は拡大傾向を続けると判断する。


週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。今回は、明日のセミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、週末のセミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO35をアップしました。今回は、明日のセミナー資料と合わせてプラチナ価格の値動きを予想しています。週報「プラティニの相場観」は、無料のパスワードを取得して頂ければ、誰でも閲覧する事ができます。週報は、毎週土曜日昼過ぎには更新していますので、来週の相場の見方にお役立てください。
詳しくは<週報お知らせ>をご覧頂きご請求して下さい。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、週末のセミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月25日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




実需で売れない水準でも短期的な投機の動きで心理的に売らされる値動き・・

本日の東京白金は、7円高の4806円で終わっている。前日の東京市場に比べ比較的に落ち着いた値動きで推移して終わったNY市場を受けて始まった東京市場は、日経平均の上昇や為替の円安も手伝って、4852円で始まると4873円まで戻りを見せている。昼過ぎまでは4840円を底として4863円まで戻りを見せていたが、昨日同様に日経平均が500円高から値上がり幅が消えると4740円の安値を下回り、為替でもリスク回避の円高の動きから30分で4800円を下回ると4762円まで下げている。その後株価の戻りと円安の動きで引け際までに4800円を回復して終わっている。

昨日から日経平均の調整安で、株価の下落に対するリスク回避で円高の動きを誘発する事から金がドル安に反応して買われている。また白金は、昨年のギリシャ・リスクが高まりを見せたおりも、ユーロを売るよりプラチナ需要の後退に目を付けプラチナ売りがヒットした。そのため今回の日経平均の調整でも金より白金を売る向きが強く思われる。しかし昨年までの欧州リスクと違い、日経平均の調整は一過性の要因であり、5月中には底値を確認して6月からは基調が変化すると思える。

またドル建てで現在の白金は1458ドルであり、今年の特徴である供給面に重大な問題を抱えているだけに1400ドルを割り込む事は難しい情勢と思える。また6月にはアングロ・アメリカ・プラチナムとインパラ・プラチナムの2大鉱山で賃金交渉が予定されており、またどちらの鉱山も赤字経営に喘ぐ状態である事など賃金交渉では紛糾の恐れありと思える。そのため現在の価格水準は白金要因の外的な材料による価格であり、6月にはプラチナの供給面の問題が材料となるだけに5000円を超える価格が想像できる。

本日の東京白金の日足チャートで見たテクニカルは、相対力指数が45.91%で下げ止まった状態で横ばいし、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げ続けており、売りのままの状態。そのため下値に注意して反転のタイミングを計るのが妥当と判断する。RCIでは、短期が-91%まで下がり、中期も+47%まで下げて来ている。長期は+80%で下げており、目先短期の反転を見定めて新規買いと判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4890円で下がり、40日移動平均線は4787円で下げ止まった状態で横ばいを続けている。ただ200日移動平均線が4439円で上昇を続けている事から大勢の流れは高値追いの状態。そのため日足が10日移動平均線を上回る動きが起きれば新規買いと判断する。

本日のNY市場は、3連休の前日となる事から利食いやポジション調整に注意したい。また目新しい経済指標の発表は17:00にドイツIFO景況感指数、21:30には米耐久財受注の発表が行われる。要人発言では、19:00にバイトマン・ドイツ連銀総裁の講演、21:30にはコンスタンシオECB副総裁の講演が予定されている。

依然と4750円台を意識した売りが4800円台後半では出易い情勢が続いており注意したい。ただ6月30日から見た現在の価格水準は「買いたい価格水準」と思えるため、為替や株価の調整に注意してロング・ポジションを作って行きたい。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、週末のセミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




目先の底固めで6月に高値更新の値動きが予想される・・

                     

11:30の東京白金は、48円高の4849円で推移している。前日の東京市場に比べ株価の戻りやNY白金の下落幅の縮小で夜間取引から買い戻しされた東京市場は、寄り付きから為替の円安を受けて4852円で始まると一時4873円まで高値を試している。その後は日計り的な利食いや値ごろ感の買い戻しで4840円で下げても抵抗を見せた値動きから4855円まで再度買われている。

NY市場は、レーバーディの3連休を前にして買い戻しを強めて来るのではないかと見た値動きも見られ、目先行き過ぎの値動きの買い戻しが続くと思える。特に金価格が昨日の株価の下落でリスク回避の円買いが強まり、早期のQE解除観測でドル買いの動きも止まった状態と判断するとドル建て金価格が買い戻しで戻りを強める状態でないか。

そのため堅調に金と白金の価格差が拡大していたが、5月末までは株価に対する不安要因が浮上し、今しばらく価格差が縮小する動きになるのではないか。ただ南アフリカ情勢で25日から和解調停及び仲裁委員会(CCMA)の下、アングロ・アメリカ・プラチナムの6000人におよぶリストラ策の政府、労働組合の協議が再開され、2週間後にはリストラ策が決定する状況である。また同時期にはインパラ・プラチナムとAMCUの賃金交渉が行われる予定であり、またNUMは金鉱山、石炭鉱山に対して60%の賃上げ要求を出しているなど6月に入るとプラチナ鉱山(アングロ・アメリカ・プラチナム、インパラ・プラチナム)と労働組合の賃金契約期限である6月30日まで高値を追う動きが予想される。

現在の東京白金は、オシレーターで見た動きは相対力指数が50.88%で下降ラインまで戻している。ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げ続けており、今しばらく底値を確認する値動きに注意と判断する。RCIは、短期が-85%で下げ止まり、中期は+48%で下がり、長期も+81%で下げて来ている。ただ短期の下落が早過ぎるため目先は戻りを見せる可能性が高い。移動平均線は、10日移動平均線が4894円で下げだし、40日移動平均線は4788円で下げ止まり、日足が40日移動平均線で下値が支えられている状態であり、10日移動平均線を日足が上回る時に買いのタイミングと思える。

以上の事から今しばらく下値を確かめる動きを続ける確率が高いが、ただ4890円を上回ると5000円を意識した値動きに変化し、買い有利な値動きが続くと思えるため長期スタンスに立って4800円台は買いポジションを作っていきたい。
また週末更新しています週報「プラティニの相場観」NO35は、週末のセミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO35は、週末のセミナーで使う資料と白金価格の予想を掲載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




25日からアングロ、南ア政府、労働組合の3者はCCMAの下、リストラ策の協議を開始・・

本日のNY白金は、12ドル安の1457.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で3円高(6月限)と予想する。
前日の中国HSBC製造業PMIが好不景気の分岐点である50を下回り49.6とまった事を機に東証の日経平均が1143円下落し、リスク回避の動きを強めた流れを受けて始まったNY市場は、前日のバーナンキFRB議長のQE縮小発言と合わせて売り要因からNYダウは150ドル近く反落して始まった。しかし週間新規失業保険申請件数が事前予想34.5万件を下回り34万件、新築住宅販売件数も事前予想425万件を454万件と2.3%増加を示し、買い戻しを強めた株式市場は前日比12ドル安まで戻している。

貴金属市場では、NY金が世界的な株安を受けて逃避買いで対円でドルが売られ、ドル建て金はリスク回避と見直し相場の様相を強め買い戻しから24ドル反発している。NY白金は、株価の下落で景気減速要因が強まり、一時1450ドルを下回る動きを見せている。しかし米経済指標の好転を受けた株式市場の反転を受け1471ドルまで戻りを見せるが、最終的に軟調な動きで終わっている。

またタカ派でFOMCメンバーであるブラード・セントルイス連銀総裁の講演では「債券購入プログラムは経済データに対応すべき」と述べ早期の緩和策解除に振れたが「失業率は年末までに約7%の可能性、失業率が6%に向けて低下すると予想されるため、FOMCは選択肢を検討する必要」と述べている。特にバーナンキFRB議長は、インフレ率2.5%以上か失業率6.5%以下をQE縮小の条件と挙げている事から縮小は来年以降の問題と指摘している雰囲気である。

また南アフリカ情勢では、アングロ・アメリカ・プラチナムの6000人のリストラ策を推し進める動きを見せだしている。そのため25日からは産業仲裁機関である和解調停及び仲裁委員会(CCMA)を介した会社、政府、労働組合の3者協議が再開されるとアングロは声明を述べている。
また国営電力会社エスコムは、木曜日の電力事情で予備電力が132MWしかない状態で利用可能な電力は0.4%しかなかったと述べている。

本日のNY白金の日足チャートは、1450ドルを維持した状態で下げ止まり、オシレーターではストキャスティクスや相対力指数が下げ止まる動きを見せている。そのため当面1450ドルを維持する値動きと思える。RCIでは短期が-73%で下げており、中期も-56%まで下げている。長期は+8%で下げて来ており、短期が中期を上回る反発が見受けられれば買いの動きに転換する。移動平均線は、10日移動平均線が1478.6ドルで下がり、40日移動平均線も1491.7ドルで下げて来ている。そのため乖離もなく価格の急反発が入れば1500ドルを窺う展開が予想される。

本日の東京市場は、前日の大幅下落に対する買い戻しを強める展開が予想される。特に東証の日経平均が戻りを強める様であれば4900円台へ向けた値動きが強くなると思える。また現在の為替が102円台を回復し、急速の円安スピードを速めながら戻りを強めているだけに目先戻りを意識した値動きと思える。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




時価総額30兆円が消えた東証のパニック売りが要因か・・

本日の東京白金は、74円安の4801円で終わっている。堅調な動きで終わったNY市場を受けて買われて始まった東京市場は、4895円で始まると一時4938円まで高値を追っている。しかし中国HSBC製造業PMIが発表され事前予想を下回る49.6となった事から豪ドルの下落や円高の動きに、徐々に売られだし4900円を割り込むと日経平均が300円高から300円安に下落を示すと為替の円高に拍車が掛り、102円を割り込む水準まで円高が進んでいる。株価の1143円安を受けて引け際には4800円を割り込み4780円まで売り込まれている。

本日の下落は、一言でいって東証の1143円安に対する為替の2円の円高が要因と思える。この状況であれば、欧州時間帯の株価が下がり、次に米国時間帯の株が下がる。そして地球を一周して東証が下げ止まれば、買い戻しを強める状態が始まるのが定番である。そのため本日の夜間取引で再度同じ要因で売り込まれれば、買い戻しを強めるのではないか。何度も記載するが4900円を割り込み長期低迷する環境下に置かれた白金の市場環境ではない。

特に25日からアングロ・アメリカ・プラチナムと政府に労働組合のリストラ策に対する協議が開始される。政府、組合側はリストラ策撤回の意見で一致し、組合側はリストラ策撤回するためのすべての方策を活用すると伝えている。また会社側は、会社の赤字経営を盾にリストラ策を推し進める動きを見せると思える。そのため協議は短時間で終わるとは思えないし、長期化する様であればストライキの機運が高まりを見せると思える。

本日テク二カルは、相対力指数が45.79%で下がり、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げており、下値を試す動きを続けている。RCIでは、短期が-88%で下げ止まり、中期は+60%で下がり、長期も+85%で下がりだしており、短期的に下値に届いた状態であるが、反転するまでは注意が必要と思える。移動平均線では、10日移動平均線が4905円で上昇中、40日移動平均線は4788円で横ばいしており、200日移動平均線は依然と上昇を続けている。そのため価格が40日移動平均線で下値が支えられ、10日移動平均線を再度上回る動きを見せれば高値追いの動きに変化したと思える。

本日は株価の反落に為替の円高が重なり、市場はリスク回避の動きが強まった状況である。ただ経験則で明日の日経平均が下げ止まる動きを見せれば、買い戻しを強め4850円以上まで急反転する値動きになると予想する。また白金のこれまでの値動きで急落した価格は、最終的に戻ってきており、辛抱の時間帯と考える。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




売られる根拠が判らない相場であり、反発すると5000円では止まらない・・

                     

11:30の東京白金は、5円高の4878円で推移している。バーナンキFRB議長の上下両院合同の議会証言で緩和策継続と緩和策縮小の考慮の両極端の発言を行った事か夜間取引では4974円まで買われ、4875円まで下げた流れを受けて始まった東京市場は、為替の円安が進み買われて始まると4938円まで高値を追っている。その後は中国HSBCの影製造業PMIが事前予想50.4を下回る49.6となった事で時間外取引でドル建て白金が8ドル安を示すと徐々に下げだし、為替の円高に転換してからは4900円を割り込み4870円まで売り込まれている。

朝方から昨晩の巻き戻しで4938円まで高値を追ったまでは良かったが、その後に中国経済指標でPMIが強弱の50を下回った事が響いた状態と思える。特に新興市場の自動車販売台数が増加し、プラチナ触媒需要が回復する動きが後退する反応を見せたと思える。ただ欧州要因が市場から遠ざかり、南ア情勢で下値を切り上げ、中国要因で売られている動きは、一時的な反応と予想するのが妥当ではないか。

また南アフリカのプラチナ・ベルト地帯であるルステンブルグ地区では、先週からクロム鉱山で違法ストライキが発生し依然と続いている。また金鉱山や石炭鉱山に対してNUMが60%の賃上げを要求し、25日からアングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策に対してAMCUやNUMと協議を行う予定であることから何も解決策が見出せない状況が続き、長期化の恐れがある労使交渉であり、4900円以下を「なぜ売れるのか」疑問に思えてくる。

現在の東京白金の日足チャートは、前日の戻り高値4974円と2日前の高値4975円で高値が止められた雰囲気が腰の据わった買い手がいない状態を示しているのか。また5000円を超えたところでは売られている状況など戻りを売りたい向きが強い様に感じる。オシレーターでは、ストキャスティクスで%Dがslow%Dを上回り買いのシグナル、相対力指数も下落している水準が下げ止まりを示す下降ラインを上回った状態である。そのためオシレーターから見ても売り妙味なしの水準と思える。

また4975円はドル建て換算で1499ドルでJM社の半年(2013年11月まで)予想で1415ドル~1710ドル、トムソン・ロイターGFMSは2013年の平均予想が1600ドル、またブルームバーグの調査では1690ドルが予想されており、今の水準は売る場面と考えるより、新規買いでポジションを作るタイミングではないか。

午後からは、午前中の日計り商いの買い戻しや売り過ぎた反動から4900円を上回って終わると予想する。

セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




バーナンキFRB議長の議会証言で目先強弱入り乱れる値動き・・

本日のNY白金は、10.8ドル高の1469.2ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で23円安(6月限)と予想する。
注目された上下両院合同議会証言でバーナンキFRB議長は「当面資産買い取りプランは継続する」と発言しハト派的な発言を行いNY市場は安堵感からリスク商品であるNYダウが買われ一時150ドル近く反発を見せた。しかし「雇用の持続的な改善を見せれば、QE縮小も可能性がある」と述べ、QE後退の反応で利食いの押されNYダウは80ドル安で終わっている。また4月30日、5月1日の2日間で行われたFOMCの議事録では、多くのメンバーがQE縮小に対して時期早々の見解を示したが一部からは「経済指標が力強ければ、次回の6月の会合でQE縮小を主張」と伝えている。
そのため雇用情勢で非農業部門就業者数が20万人を超える時間帯が3ヶ月以上、週間新規失業保険申請件数が30万人を下回る動きを見せてから半年の猶予が必要と思え、緩和策縮小は早くとも10月以降になると思える。

NY貴金属は、一時バーナンキFRB議長の議会証言で買われる動きを見せたが、経済指標の動向で縮小もあり得る考えが伝わると金が高値から50ドル近く反落している。また白金も一時1500ドルを窺う動きを見せたが、金の急落で値を消しだすと1458.8ドルまで売られている。ただ米国の住宅関連の経済指標は中古住宅販売件数が事前予想を上回る0.6%増加の497万件となるなど景気回復の動きは強まっている。

特に為替市場では、バーナンキFRB議長の議会証言と中古住宅販売件数の上昇でドルが買われ、ドルは対円で103円台を回復している。そのためドル建て貴金属はドル高の影響も受けた状態である。

南アフリカ情勢では、NUMが金鉱山や石炭鉱山では南アフリカのインフレ率の6倍にあたる60%の賃金引き上げを要求しており昨年のロンミン社ではないが他の賃金交渉に悪影響を与える可能性もある。またロンミン社は、AMCUが承認組合の条件を満たしていないと発表している。また6000人のリストラ策を公表したアングロ・アメリカ・プラチナムとプラチナ鉱山最大の労働組合AMCUは5月24日に、リストラ策に対する協議を開始すると発表している。特に南アフリカの様々な鉱山は、賃金アップにコスト高、また世界経済の低迷により鉱物価格の低迷で赤字を積み上げる状態が続いており、今年の賃金交渉は賃上げ率が非常に高く予想され長期化の様相が強く懸念される。

本日のNY白金の日足は、陽線で終わったものの下値は切り上げているが上値は抑えられる動きを見せている。ただオシレーターでは、相対力指数が下げ止まりの動きを見せ、ストキャスティクスも%Dがslow%Dが上回り上昇を示している事から底値は確認したと予想される。RCIでは、短期が-65%で下げ止まり、中期も-54%で止まる雰囲気、ただ長期が+26%で下げて来ており、短期と中期のクロスまで注意と思える。移動平均線は10日移動平均線が1484.5ドルで下がり、40日移動平均線も1494ドルで下げて来ており、日足は40日で戻りを抑えられている。しかし200日移動平均線が1581ドルで上昇を続けている事から乖離幅の拡大で1500ドルを終値ベースで回復すると2番底形成から1550ドルに向けた値動きが始まると思える。

本日の東京市場は、寄り付きから時間外取引の動きと為替の円安を受けて買われ4900円を回復すると思える。ただバーナンキFRB議長の議会証言は、当たり前の発言内容であり、市場は過敏反応を見せているのではないか。そのため今週末から来週末に掛けて南アフリカ情勢では、労使交渉が活発化し不測の事態も予想される事から4800円台は新規買いのスタンスは変えないで対応したい。また4975円、4974円で2日間高値が抑えられており、この水準を切り上げに成功すると、次は4999円と4997円の5000円の抵抗帯と思える。ただ南ア情勢で労使交渉の激化が伝えられば、超えるのは容易いと思え、4875円以下は売り手控え、新規買いのチャンスと判断する。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




今週が過ぎれば来週は南ア鉱山の労使交渉ラッシュ・・

本日の東京白金は、36円安の4873円で終わっている。軟調なNY市場を受けて夜間取引で一時4822円まで下値を試し、買い戻しの流れを受けて始まった東京市場は、一時4900円を試す勢いから4898円まで買われている。しかし金価格の下落や為替の動きを受けて徐々に下回りだすと4865円まで売られている。ただ日銀金融政策決定会合で年間60兆~70兆円に相当するペースでマネタリベースを増加させる金融緩和策を継続する事で決定した。そのため昼過ぎには、為替が円安の方向性を見せだした事から4887円まで戻りを見せている。引け際には4887円を2回ほど試して超えられない事から日計り的な利食いに抑えられて終わっている。

3日間で下値を4765円、4802円、4822円と切り上げて来ており、4900円を回復すると4975円を試す確率が高くなるのではないか。特に金価格における下落は、ドル高に対して「魅力が薄れた」環境が、ETFに対する投資妙味が消え、金ETF残高が450トン近く売却されているが、白金のETF残高はJM社「プラチナ2013」の報告で昨年12月末で46.6トン。またブルームバーグの調査では、2013年1月からETPの保有量がプラチナは31%増加しており、金と違い白金、パラジウムの投資は継続した状態を維持しており、金価格との価格差も拡大を継続している。そのため白金の価格で4800円台を売り込むのは根拠がなく、避けるのが妥当と判断する。

テクニカルでは、相対力指数が53.01%で下がり、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが下げている事から反転を待って新規買いと判断する。RCIでは、短期が-83%まで下がり、中期は+71%で下げており、長期は+88%で上昇を続けている。そのため短期の反転が起きれば、買いの状態に転じ中期を上回るまで買いの状態が続くと思える。
移動平均線では、10日移動平均線が4905円で上昇し、40日移動平均線は4790円で下げ止まった状態で横ばいを続けている。また200日移動平均線は依然と4427円で上昇を続けている事から反転すると10日移動平均線を再度上回る動きを見せて来る。

金価格の弱気の要因や105円を目前にして円高の動きで4900円以下を付ける値動きを見せているが、需給バランス、ETF残高、南ア・プラチナ鉱山における労使交渉と労働組合同士の縄張り争いなど今後問題が発生する要因が続くだけに、大きく売れない水準と判断する。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




今後の南ア情勢を考慮すると4900円以下は売らない水準・・

                     

11:30の東京白金は、33円安の4878円で推移している。軟調に終わったNY市場を受けて夜間取引で一時4822円の安値を試した後買い戻しから戻りを引き継いで始まった東京市場は、時間外取引で5ドル高の動きと為替の円安を受けて4861円で始まると徐々に水準を切り上げ4898円まで試している。4900円を前にして日計りや目先の高値対する利食いに押され、4874円まで売られている。ただ20日の安値4765円、21日の安値4802円、そして本日の安値4822円と下値を切り上げている。

また金価格は、前日に大幅高を演じた事からNY市場とのギャップを埋める調整の動きが主であり、方向性は依然と定まっていない。特にドイツ銀行、シティなど金価格のドル高に伴う下値不安にインドの金輸入制限処置など信用面と実需面が弱気に要因で示され、4月16日に付けた安値1321.5ドルを試すのか注目したい。ただ今週の安値でNY金は、1336.3ドルで止まり、銀価格は16日の安値を下回るなど金に対する見方が多少2番底を意識する値動きに見える。

ただ金ETFが昨日6トン近く減少しSPDR保有金残高が1031トンまで下げている。ドイツ銀行のレポートに基づくとさらに100トン近いファンドのポジションが縮小するとの見方であり、金ETFから金価格の底値を考えればETF残高が950トンまで縮小しなければ安心した買い場とは言えない。ただ東京市場の金の日足チャートでは、レンジ取引で下値を切り上げる動きを見せており、6月1日までレンジ離脱が起こるかに注目した方が良いと判断する。

そのため来週から南アフリカでは、週末からNUMの主導でストライキを行っているルステンブルグ地区のクロム鉱山では、警官隊がゴム弾を発砲し数人の労働者にけが人が発生したとの報道もあるが、今は会社側とNUMが協議をおこなっている。また来週は国営電力会社エスコムの賃金交渉がNUMSAとの間で協議が行われ予定であり、また南アフリカ・プラチナ生産第2位のインパラ・プラチナムとAMCUが賃金交渉を始める可能性が高いと思われる。

今年の南アフリカ情勢では、来年の南ア議会の総選挙が予定されており、プラチナ鉱山では採算コストが去年から上昇し、赤字操業を続けている。そのためアングロ・アメリカ・プラチナムが6000人規模のリストラ策を発表している。2年一度の賃金交渉で初めて承認組合になったAMCUが高いベースアップを求める可能性が高い事。またNUMとAMCUの縄張り争いが激化している事など考慮すると賃上げ要求が高まる労働組合と賃上げよりコスト意識したリストラ策を推し進めたい鉱山会社と妥協点を見付ける事は難しく、交渉は長期化する可能性が高い。

そのため今週末から来週末に掛け南アフリカ情勢を要因として下値が限られる値動きになると予想される事から白金買い:金売りのポジションは有効になると判断する。個人的にはNY市場で金:白金の価格差は200ドルを目安に拡大傾向にあると思え、600円の価格差まで東京市場では拡大する予想する。

現在の東京白金の日足チャートは、下値を切り上げながら高値が4900円で止められており、オシレーターではストキャスティクスが依然と%Dとslow%Dが下がり、相対力指数でも下げている。ただ相対力指数は反転すると相対力の下降ラインをブレィクする状況であり、突発的に反発する値動きに注目したい。RCIでは、短期が-83%で下がり、中期は+71%で下げだしているが、長期が+88%で横ばいを見せるなど短期的な調整が終わる前であり、売れない状況。移動平均線は、10日移動平均線が4905円で上昇が止まりだし、40日移動平均線は4790円で下げ止まりの動き。そのため日足が4905円を再度上回る動きを見せれば高値を捉えた動きに変化し、2番底形成の値動きを行うのではないか。

午後からは材料難から静観の動きと日計り的な動きが重なり、4900円~5860円のレンジ内で今しばらく動くと思える。ただ今後南アフリカ情勢を考えると4800円台を売り込むのは避けるべき行為と判断する。


セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




シティリサーチでコモディティ・スーパーサイクルの終了指摘・・

本日のNY白金は、26.2ドル安の1458.4ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で18円安(6月限)と予想する。
主だった経済指標の発表もない中、今年のFOMCメンバーであるハト派のダドリーNY連銀総裁、タカ派のブラード・セントルイス連銀総裁の講演が行われ、ハト派のダドリーNY連銀総裁は「資産購入の総額を調整する準備を整えるべきであり、現在の不確かな経済見通しにより資産買い入れ額を増やすか減らすかは不透明である」と述べた。またタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁は「QEに沿って調整し継続すべき」と述べるなど、タカ派、ハト派も早期の緩和策終了に触れなかった。そのため見極めたい雰囲気の中、株価は堅調に推移したが、貴金属は大きく反落した状態である。

NY金価格は、一時1400ドルを窺う動きを見せたが、シティ・バンクが発表したシティリサーチでは、10年間続いたコモディティ・スーパーサイクルが終焉を迎え基本的には終わっている指摘している。特にドル高に伴い金価格は「輝きを失っている」と述べるなど2013年の平均で1555ドル、2014年1435ドルと予想している。そのためか一時は1358ドルまで売られる場面を見せている。
NY白金は、金の下落とアジア時間帯の軟調な値動きで推移したが、要人発言で金融緩和策継続を材料に買い戻しされている。またブルームバーグの調査でプラチナ、パラジウムのETPを利用した購入で年初来から保有量が31%と増加、パラジウムは16%増加している。また年末までにプラチナは1690ドル、パラジウムは800ドルと予想を発表している。そのため1450ドル割れからは買い戻しされている。

NY白金の日足は、前日の高値から下がり陰線の「はらみ線」で終わっている。オシレーターではストキャスティクスは%Dとslow%Dが重なり下値に対して抵抗を見せている。相対力指数は40%まで下げ戻り売り的な動きを示している。RCIは短期が-71%で下げ止まり、中期も-51%で下がり、長期も+40%で下げて来ている。そのため短期的な下値を探る動きであり、突発的な反転に備えるのが妥当と判断する。ただ移動平均線は10日移動平均線が1488ドルで下がり、40日移動平均線も1497ドルで同様に下げており急反転が予想されため注意と判断する。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4822円まで下値を試した後に4862円まで戻りを見せ、時間外取引でも5ドル程度反発した状態。為替は日銀の金融政策決定会合を控えているため方向感に欠ける値動きと判断する。そのため昨晩までに下げた買い戻しと日替わり的な逆張り値動きで戻りを見せて終わると思える。特に下値は切り上げた状態で推移しており、下値を下回る動きには注意して対応するのが無難と判断する。

セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




4975円超えで2番底確認し、5000円への値動きと見る・・

本日の東京白金は、80円高の4911円で終わっている。寄り付きから堅調に切り返したNY市場を受けて買われて始まった東京市場は、4910円で寄り付くと4929円まで買われたが、米国の格付け引き下げ懸念で景気減速の動きとリスク逃避の金買いの動きが重なり、価格差の動きでも金買い:白金売りの流れが強まると徐々に価格水準を切り下げだし、昼過ぎには4906円まで下値を確かめている。ただ為替の円安の動きと金高が支えとなり、4900円っを割り込む事ができない事を確認すると徐々に基準を15:00には本日の高値である4937円まで戻りを見せている。しかし日計り的な商いに利食いが重なり引けには4907円まで下値を試している。

金価格は、150円高のサーキットブレーカーが掛る水準を上回り172円高まで買われており、売られ過ぎの買い戻しによる反発と思える。これで2番底を打ったのか確認が必要である。そのためにもドル高要因になり易いバーナンキFRB議長の発言やFOMC議事録の公開まで注意したい。

白金は南アフリカ要因が一時的に小休止し、5月31日までには行われるであろうインパラ・プラチナムとAMCUの賃金契約の交渉まで反発の動きが抑えられ、金価格の反発に追随する値動きが予想される。ただブルームバーグの調べでは上場取引型金融商品(ETP)を通じた金保有量は、2013年通して金が16%減少したが、白金は31%増加し、パラジウムは17%しているとの報告もあり、金より白金やパラジウムの値上がりが予想される結果となっている。

そのため一時的に下げた価格は、反発力も増して5000円へ向けた値動きを行うと思われ、4800円台は新規買いのポジションを作るのが長期投資観点からベストではないか。

今晩は、17:30にスペイン短期証券の入札が行われ、22日AM0:30にはブラード・セントルイス連銀総裁の講演が行われる。2:00にはダドリーNY連銀総裁の講演が行われる。そのためFOMCメンバーのタカ派、ハト派の急先鋒の講演だけに注目したい。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が強弱の分岐点である50%を上回り57.64%で、ストキャスティクスの%Dもslow%Dも下げており、%Dの反転を待ちたい。RCIでは、短期が-27%で下がり、中期は+79%で下げだし、長期は+87%で上昇している。そのため短期的な調整の時間帯であり4800円台が下値になる値動きでないか。移動平均線は、10日移動平均線が4896円で上昇し、40日移動平均線は4790円で下げ止まり、200日移動平均線は4420円で上昇を続けている。そのため40日移動平均線を下回る事は難しく、移動平均線で見ても4800円台は買いと判断する。

個人的には、2番底確認の値動きと捉える事ができ、4800円台は積極的に仕掛けていくのが良いかもしれない。

セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




5月25日「岡地の相場セミナーin東京」開催のお知らせ・・

セミナーのお知らせ
5月25日PM13時より、岡地㈱東京支店7階会議室にて「岡地の相場セミナーin東京」を開催いたします。
今回は、第一部は特別企画「今、注目の銘柄ー金・プラチナ・穀物の行方を占う!」と題しまして商品データー社長 古川 昭治氏、私、田栗が講演を行います。
また第二部では、「異次元の金融政策が為替・商品・株価をどう変えるか!?」と題しまして経済評論家 杉村 富生氏に講演を行って頂きます。
また懇談会では、毎回のように講師の先生を囲みまして皆様方のご質問にお答え致します。奮ってのご参加お持ちしております。

詳しくはこちらを岡地の相場セミナーin東京参加申し込み

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




単純な価格差縮小の値動きであり、2番底形成の動きになるか注目したい・・

                     

11:30の東京白金は、78円高の4910円で推移している。寄り付きからリスク回避の金買いが強く、一夜にして切り返した動きを見せている。そのため東京白金も4910円で始まると徐々に切り上げ4929円まで高値を追っている。その後は横ばいの値動きで推移しており、為替の円安や金価格の上昇にも追随していない。特に金価格が買われ続けており、金と白金価格の価格差が60円近く縮小し321円で推移している。そのため価格拡大のポジション解消の金買い:白金売りの商いが強まっていると思える。

特に南アフリカでは、今後予想されるスケジュールでは、6月1日までにAMCUとインパラ・プラチナムの賃金交渉が開催され、6月30日はアングロとインパラの賃金契約期限、7月3日はロンミン社におけるNUM組合事務所撤収期限、9月30日はロンミン社の賃金契約期限となる。そのため今後賃金交渉で会社側と組合側の協議が激化してくるのは間違いない。また南アフリカは、6月は冬の時間帯に入り電力不足に伴う鉱山の操業停止のリスクも考慮する必要性に駆られ、売り込み要因が見当たらなくなる。

そのため1460ドル(4800円)を下回る水準では新規買いか買い戻しを強めるのが良いと判断する。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が相対力の高値を結ぶ下降ラインを相対力指数が上回り、ストキャスティクスは%Dもslow%Dが下げており、反転の買いクロスを待って新規買いと判断する。RCIでは短期は下落し、中期も下落し、長期は上昇を続けており、目先短期の反転で買いにシグナルと判断する。移動平均線は10日移動平均線が4896円で上昇し、40日移動平均線は4790円で下げ止まりを示し、200日移動平均線は4420円で上昇を続けている。そのため4800円以下は買いと判断でき、下がれば逆張りの動きで対応するのが良いと判断する。

午後からも方向性がなく、金との価格差縮小の動きを強めながら4900円を割り込むのか注目した方が良いと思える。特に本日の金価格上昇要因は、米国債の格下げ懸念が最大の要因であり、景気減速懸念で白金の高値を抑え込む動きが強まる発想でないか。しかし格付けは引き下げられる懸念であり、格下げを行った訳ではない。そのため今週末までには再度下値を固めて反転した値動きに転じていると予想する。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の5000円   白金価格の6000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ


週報のお知らせ
18日に更新しました週報「プラティニの相場観」NO34は、アングロ・アメリカ・プラチナムやロンミン社といった鉱山会社とAMCUやNUMの争いが本格化し、高値を狙った値動きが予想される。ただテクニカルやチャートなど見極める必要が大事であり、金と白金でそのアドバイスを記載したいと思います。

週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。


5月18日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

またはmitsurunagasaki@yahoo.co.jp までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
ワールドタイム
最新記事
ブログパーツ
QLOOK
QLOOKアクセス解析
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示