1. Top » 
  2. 2013年02月

エスコム電気料金8%の値上げを発表・・

国営電力会社エスコムが今後5年間、毎年16%の電気料金値上げ提案に対して半減するが8%の値上げを発表した。


週末2日に更新します週報「プラティニの相場観」NO23は、軟調な値動きが続く金や白金をどこで買えば良いのか、また今後の値動きがどうなるのか、様々な情報とオシレーターなど解説して予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








スポンサーサイト

エスコムの記者会見現地時間13時予定・・

国営電力会社エスコムの記者会見は現地時間13時(日本時間20時)を予定している。

週末2日に更新します週報「プラティニの相場観」NO23は、軟調な値動きが続く金や白金をどこで買えば良いのか、また今後の値動きがどうなるのか、様々な情報とオシレーターなど解説して予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








国営電力会社エスコム、5年間毎年16%の電気料金値上げ・・

本日の東京白金は、11円高の4813円で終わっている。イタリア総選挙の影響を受け一時大きくユーロ安の動きに円高が進み、バーナンキFRB議長の議会証言で早期の金融緩和解除が後退し、為替市場の落ち着きを好感した東京市場は、日銀総裁人事で議院運営委員会で黒田アジア開発銀行の提示が行われる事から円安に乗って始まっている。そのため4800円を回復し一時4823円まで戻りを試したが、4831円である新甫発会の水準を上回る事が出来なかった事や日銀総裁人事で提示の要因を織り込んだ事で円高に振れだすと、日計り的な商いに押され4782円まで下値を追っている。ただ奥田JBIS総裁の90円~100円の目標発言や木内日銀審議官の日銀の国債購入を容認する発言など引け際には買い戻しを強めて4813円で終わっている。

今晩は、ドイツやユーロ圏の失業率が17:55に発表され、19:00にはユーロ圏消費者物価指、22:00にはドイツ消費者物価指数が発表され、22:390には米第4四半期GDP・改定値が公表される。また個人消費に週刊新規失業保険申請件数など多くの経済指標が発表される。また要人発言でも22:15には昨年までのFOMCメンバーでハト派のロックハート・アトランタ連銀総裁の講演が行われ、1日0:00のはブラートECB専務理事の講演が控えている。また2:30にはFOMCメンバーでハト派のラスキンFRB理事の講演が行われる。

特に注目している南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムが3月30日に複数契約の期限が来るのを機に、今後5年間に及ぶ毎年16%の電気料金値上げ提案に対する記者会見(日本時間20時)に予定されており、決定した場合は10月から施行される。そのため現在の61セント/キロワットを128セントまで引き上げる事になるため鉱山会社や産業界に取ってコスト高に繋がる要因と受け留められる。

テクニカルは、相対力指数が36.02%で切り上げており、ストキャスティクスは%Dが13.07%で下がり、slow%Dも15.43%で下げている。まだ買い転換した状態にない。RCIでは短期が-75%で上昇し、中期が-81%で下げている、長期も-27%で下げている。ただ短期が中期を上回った事から目先買いのサインが発生してる。ただ長期の下落が続いており、本格的な反転には程遠い状態である。移動平均線は10日移動平均線が4958円で下がり、40日移動平均線は4881円で上げている。そのため10日移動平均線を日足が上回るまでは注意が必要と判断する。

2007年南アフリカでは、経済発展が著しく電力施設の整備の遅れから2008年には供給電力を消費電力が上回る状態が生まれ、プラチナ価格は生産ラインが停止する状態を引き起こし、プラチナ価格は7000円まで大幅に上昇した。報じていないが今月エスコムの発電所で1基のメンテナンス整備を行った時に電力不足に陥る寸前まで至っている。特に南アフリカ共和国では火力発電所を建設しているが、ストライキで1月16日から工事がストップしており建設現場は閉鎖状態である。そのため2013年末稼働は難しく電力不足は2014年も続くと予想される。


週末2日に更新します週報「プラティニの相場観」NO23は、軟調な値動きが続く金や白金をどこで買えば良いのか、また今後の値動きがどうなるのか、様々な情報とオシレーターなど解説して予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








まだ買えないオシレーターであり、来週までこの状況が続く・・

                     

11:30の東京白金は、4円安の4798円で推移している。NY市場の軟調な値動きに夜間取引で4751円まで下げを見せられ、売られて始まると思えた東京市場は、日銀総裁人事が議院運営委員会で黒田氏が提示される運びを考えた円安の動きで買い戻しを強めて4800円を回復して始まると一時4821円まで高値を追っている。その後は徐々に日計り的な商いで押されだすが、再度買い戻しから4823円まで戻りを見せている。ただここ数日の値動きを意識した売り込みが強まりだすと4800円を割り込み4785円まで下げている。

イタリアの政局不安、米国の強制的な歳出削減の期限、日銀総裁人事と為替を揺らす要因が日替わり的に評価され、為替の落ち着きが示されない事から、東京白金の方向感をなくした値動きで高値を切り下げ安値を切り下げている。そのため4800円以上は今は買えないし、4750円以下は売れない。

ただ南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムが今後5年間で毎年16%の電気料金値上げを提案しており問題で本日17時から23時の間に記者会見を行う予定であり、値上げ決定であれば鉱山コストに影響され1600ドルを下回るのが難しくなってくるのではないか。ただ金曜日には米国の歳出削減停止期限が過ぎる事から円高・ドル安、株安の反応が予想される事から注意して対応するのが良いと思える。

テクニカルで見た東京白金は、ストキャスティクスが%Dとslow%Dが17%以下で低迷を続けており、相対力指数は戻りを見せているが、高値から結んだ抵抗ラインを下回っており、時間的に3月5日過ぎまで日柄が必要になるか見極めが必要と思える。RCIでも短期が-78%で上げており、注意が-81%まで下げて短期が中期を上回った事から買いのサイン、長期も-27%で下げており、中期の反転と長期の反発が必要であり、日柄を掛けて底値を確かめる動きが予想される。移動平均線は、10日移動平均線が4957円で下がり、40日移動平均線は4881円で上げており、日足が10日移動平均線を上回るまでは買えない状態。

方向感をなくした値動きであり、底値を確認するまでは買えないため今しばらく時間が必要と判断する。

週末2日に更新します週報「プラティニの相場観」NO23は、軟調な値動きが続く金や白金をどこで買えば良いのか、また今後の値動きがどうなるのか、様々な情報とオシレーターなど解説して予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








イタリアの政局リスクに歳出削減問題とリスク逃避の動きへ変化・・

本日のNY白金は、16.4ドル安の1600.1ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算んで11円高(4月限)と予想する。
本日は下院でバーナンキFRB議長が議会証言を行い、前日の上院での内容と変化する事もなく、金融緩和の継続的な発言で終始した。またイタリア総選挙で政局混乱が話題を占めている中、イタリア長期債の入札が行われ、順調に通過した事からリスク緩和に伴い株価は大きく反応を示している。特にダウ平均は14000ドルを上回り、世界の流動性資金が米国の流れ込む動きを見せており、貴金属価格は売られている。

ただオバマ大統領は3月1日に延長期限が切れる強制的な歳出削減問題で期限後に協議を予定しており、一度発動させ妥協点を見付ける動きを出している。また共和党は、暫定予算が切れる3月25日まで引き延ばして歳出削減と予算を人質に有利な妥協点を見付ける手段と思え、ドルは売られ易くなり、円高に注意した方が良いと思える。

貴金属は、株価の大幅高に対する相関関係に戻り金や白金は売られている。ただ1600ドルを維持する動きを見せており、ドル高に株高と価格を押し下げる要因にイタリアの政局不安、米国の強制的な歳出削減に対する不安心理などリスク緩和とリスク回避が共存する方向性が定まらない状況と思える。

NY白金は、一時金価格の下落で1600ドルを下回る場面を見せたが、最終的には1600ドルを回復して終わり、依然と下値模索の値動きを続けている。日足では1600ドル起点にほぼ横ばいを続け、1595ドル~1620ドルのレンジ内で逆張りの動きを見せている。オシレーターでは、ストキャスティクスが20%以下で%Dもslow%Dも横ばいを続けており、相対力指数も30%以下で上下を繰り返しながら横ばいを続けている。そのため弱気の継続であり、依然と下値を模索する展開が続くと思える。RCIでは、短期が-90%で横ばいし、中期、長期が下げており、短期が中期とクロスするまで3日間と思われ、来週3月5日以降に反転する時間帯に入ると予想される。
移動平均線は、10日移動平均線が1652.8ドルで下がり、40日移動平均線は1658.8ドルで上昇し、10日が40日移動平均線を下回った事でデットクロスが発生した。そのため10日移動平均線を日足が上回るまでは新規買いは手控えられる。そのため10日移動平均線と日足との52ドルのギャップが埋まるまで下値を探る動きに注意と判断する。

本日の東京市場は、日銀総裁人事問題で本日議院運営委員会で黒田日銀総裁が正式に提示される運びであり、発表までは円安の動きを見せて来ると思える。そのため寄り付きからは買われて始まるのと思える。ただここ数日の値動きは日計り的な商いが主であり、逆張り的な値動きが続くと思われる。


週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








為替に削られた強気の心理が南ア情勢で戻って来るか注目の時間・・

本日の東京白金は、40円高の4802円で推移している。バーナンキFRB議長の議会証言とイタリア総選挙後の大連立模索の報道で買い戻し優勢の動きから2月限の発会値を更新して始まった。そのため戻り高値4870円を試す動きを見せたが、4867円で止まると届かなかった利食いで4816円まで下値を試している。その後は、4811円~4848円の範囲で上下を行いないながら午前中の安値4811円を下回ると引け際には4800円まで試して終わっている。

今までの発会後の値動きに照らし合わせると発会値である4831円を上回った事から戻りを強めると予想されるが、目先の為替の動きが不透明であり、また4870円を超えられなかった心理的な弱さが見え隠れしている。特に本日5870円を上回れなかった事で引け際の下げは、上昇に対する半信半疑の心理が窺える。特に為替要因以外は、昨年欧州リスクの高まりでユーロに合わせてプラチナが狙われて売られた経過がありその動きを試していると思える。

今晩は、17:30にブラートECB専務理事の講演、19:00にイタリア中長期債入札、ユーロ圏消費者信頼感指数・確報値、21:00にはMBA住宅ローン申請指数、22:30には耐久財受注、28日0:00には中古住宅販売成約指数とバーナンキFRB議長の下院金融委員会で議会証言、2:30にはドラギECB総裁の講演が行われ、6:30にはフィッシャー・ダラス連銀総裁の講演が予定されている。

ただ明日の夕方から夜に掛け、南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムは、今後5年間毎年16%の電気料金値上げ提案に対する発表が行われる予定であり、またリンポポ地区に建設中の火力発電所は、1月16日から建設工事が労働者とのトラブルで中断した状態であり、昨日エスコムは「ロックアウト」の言葉を使い、閉鎖中と表現を行っており、今年中の稼働は難しい状況でないか。

テクニカルは、相対力指数が34.90%で上昇し、相対力指数の下降ラインを上回っており、ストキャスティクスでは%Dが下がり、slow%Dが横ばいした状態であり、まだシグナルは発生していない。RCIでは短期が-85%で下げ止まり、中期は-70%で下がり、長期も-8%で下げている。そのため短期と中期がクロスするまでは注意した方が良い。移動平均線は、10日移動平均線が5002円で下がり、40日移動平均線は4868円で上げている。日足が40日移動平均線を下回っている事から上回るまでは注意と思える。

金がイタリアの政情不安や3月1日の強制的な歳出削減を受けてリスク回避から堅調に推移しており、白金価格を支える動きに繋がるのではないか。また出遅れた動きが遅れて白金価格を押し上げる状態を作るため金の上昇が始まれば、追い掛ける展開が予想され4750円以下は堅くなるのではないか。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








確率論で5000円へ向けた値動きであり、時間が底値を形成する値動き・・

                      

11:30の東京白金は、67円高の4828円で推移している。イタリア総選挙の結果から一夜明けて大連立の構想が流れるなど選挙後から多少リスクが低下し、バーナンキFRB議長の議会証言など3月1日延長期限が切れる強制的な歳出削減法案に対する懸念を表明するなど早期の緩和策解除が後退し、買い戻しを受けたNY市場に合わせる様に買い戻しから始まった東京白金は、昨日の高値4870円に向け4831円の発会価格を上回って始まっている。

そのため4867円まで戻りを見せたが、4870円を上回る事が出来なかった事から再度売られ4811円まで下値を試している。ただ再度4831円の発会価格を上回っている事から買い戻しの流れであるが、4870円を上回れなかった事から戻りの売り圧力が強く出ている。

オシレーターでは、ストキャスティクスが18%で%Dとslow%Dが横ばいを続けており、弱気継続の動き。相対力指数では、相対力指数の高値を結んだ下降ラインを相対力指数が上回り、買いのサインを見せている。またRCIでは短期が下げ止まり、中期、長期が下げ続けているため短期と中期のクロスを待って新規買いと判断する。移動平均線は、10日移動平均線が5004円で下げており、40日移動平均線は4869円で上昇が止まった状態である、また日足が40日移動平均線を下回っている事から上回るまでは注意が必要と判断する。

総合的に見てオシレーターでは、金の方が買いやすい状態に変化しており、白金価格を支えるだけに4800円を維持できるのではないか。また4800円割れでは引け際には買い戻しが強まると判断する。

個人的には、新甫5831円を再度上回った事から確率論で考えて買い有利と判断する。ただオシレーターの中長期の見方が依然と弱含みであり、来週まで下値を探る動きを見せるが、大きく下落すると翌日のは買い戻しされる値動きを続けると予想する。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








バーナンキンFRB議長の発言で4830円を超えると4870円は通過点・・

本日のNY白金は、4.2ドル安の1616.5ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で37円高(4月限)と予想する。
イタリア総選挙の上院での過半数を超える政党不在による政情不安に対して中道右派連合のベルルスコーニ元首相は「イタリアを統治無き状態にできない」と発言し、中道左派連合との大連立の動きを見せ、中道左派連合も「再選挙している時間はない」と前向きな発言を伝えている。ただ根本的な緊縮財政策の方向性が正反対であり、大連立を組んでも将来の政権運営に支障が予想される。

また米国上院の銀行委員会で議会証言を行ったバーナンキFRB議長は「米経済は今年に入り再び上向きつつある」と述べ金融緩和が米国経済に対して効果が出ている事を強調した。また3月1日に延長期限を迎える強制的な歳出削減には「鋭角的な歳出削減はすべきでない」と発言し警告を述べるなど早期の金融緩和策に終了時期には慎重な姿勢を見せている。また同時刻に発表された新築住宅販売件数が事前予想(38万件)を上回る43.7万件となった事も受け、NYダウが112ドルと大きく反発している。

NY貴金属もイタリア総選挙の結果を受け一時大きく反落したが、バーナンキFRB議長の発言や米経済指標の好転を受け買い戻しされている。特に金価格は欧州リスクの高まり、金融緩和の継続を好感し安値から30ドル近く反発している。白金も同様にNYダウの大幅上昇に金価格の反発などを受け安値から反発し1600ドルを回復して終わっている。ただ前日投資銀行の大手ゴールドマン・サックスはゴールドマンは金の3ヶ月相場見通しを1オンス当たり1825ドルから1615ドルに引き下げ、半年の予想は1805ドルから1600ドルに、1年の見通しについては1800ドルから1550ドルにそれぞれ下方修正しを発表している。

南アフリカでは、電力不足を補うため2013年末に稼働予定である国営電力会社エスコムがリンポポ地区に建設中の4800メガワットの火力発電所では、1月から建設工事が建設労働者ストライキでストップした状態であるが、エスコム関係者は建設現場を閉鎖した「ロックアウト」状態と伝えている。また28日には今後5年間毎年16%の電気料金値上げ提案に対する発表を行う。そのため電気料金の値上げに電力不足は最低でも2014年も続く可能性が高くなった。

NY白金は、大幅の一時反落し急速に戻りを見せて終わり、陽線の下ヒゲを引いている。オシレーターではストキャスティクスが下げ止まってクロスを見せ、相対力指数が下値で下げ止まり、RCIでは中期、長期が下げ続けながら短期が-90%で横ばいを続けている。そのため底張りの展開が予想され、今しばらく1600ドルを挟んだ往来相場が予想される。

本日の東京市場は、夜間取引の安値4745円から70円近く反発を見せ、4800円を回復している事から戻り高値である4820円を上回り、発会値である4830円を試すか注目したい。もし発会値を超えると次の目標値である4870円を目指すと予想され、4870円を上回ると戻りを強めながら5000円を回復する値動きに発展すると予想される。そのためセオリー通りに発会値を超える時には新規買いと判断する。


23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








2月28日、国営電力会社エスコム電気料金値上げ記者会見予定・・

本日の東京白金は、新甫2月限発会で4759円で終わっている。ちなみに12月限で170円安の4754円で終わっている。
イタリア総選挙の結果で下院は、過半数を上回った与党民主党が勝利したが、上院はベルルスコーニ率いる中道右派連合が善戦し、過半数を上回る党が出なかった事から再選挙の可能性が噂され、ユーロを取り巻く環境でリスク回避のユーロ売りが強まり、東京市場が始まる前に4円近い円高となる90円台を付けるなど市場は悲観の流れで始まった。
ただ新甫2月限は買い優勢から一時4870円まで戻りを見せたが、徐々に高値を切り下げると発会値を下回ると4800円も下回り、引け際には4725円まで売られている。多少最後は買い戻しを入れたが、4765円を上回れなかった事から戻りも限定的となっている。

終わり方から考えると夜間取引で4765円を上回ると4800円までの戻りを見せると思えるが、新甫発会の値段4831円を上回るまで買えない状態である。

イタリア総選挙の結果がここまで円高になる必要性があるのか、ドル円ベースよりユーロ円の動きが著しく動いており、今晩はドルユーロの動きでドル高を誘発する様であればドル建て価格は下げてくると思える。特に金と白金の価格差が、安値の瞬間では3円の価格差まで縮小し、昨年までの欧州要因で白金が売られた様相と同じ動きを見せている。

ただ今晩は、19:00にイタリア総選挙後初めてのイタリア6ヶ月物債入札が予定されており、23:00にはS&Pケースシラー住宅価格が発表され、27日0:00には新築住宅販売件数、消費者信頼感指数の発表され、注目のバーナンキFRB議長が上院の銀行委員会で議会証言が行われる。また3:30にフィッシャー英国中銀総裁の講演が予定されている。

特に欧州時間帯や米国時間帯は、イタリア総選挙の結果を織り込み為替がユーロ売りに傾き易い環境と思え、バーナンキFRB議長がQE3に対する評価を表明する様であれば、早期の期間終了観測が後退しユーロの買い戻しから戻りを見せて来ると思える。

東京市場の引き継ぎチャートで見たテクニカルは、相対力指数が30.15%で下がり、ストキャスティクスは「%Dが18.08%で下がり、slow%Dが横ばいし弱気継続を示す動きであり、まだ反転動きを見せていない。RCIでは、短期が-89%で下がり、中期は-51%で下がり、長期も+15%で下げている。そのため短期が反転し中期を上回るまで下値に注意と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が5041円で下がり、40日移動平均線は4854円で上昇が止まりだしており、日足が40日移動平均線を下回っている事から注意と判断する。

市場では、「相場が転換した」とか「天井を付けた」とか弱気の発言が聞かれ、4750円を下回っている。今まで新甫発会では、高値で発会したケースは一時下値を試して戻りを行う動きを行っているが、今回も同様のケースになるか注目したい。また南アフリカでは、2月28日に国営電力会社エスコムの今後5年間毎年16%電気料金値上げ提案に対する記者会見、アングロ・アメリカ・プラチナムの60日間のリストラ停止処置の期限が1月30日から3月30日までとなっている。そして2年置きに行われる賃金契約期限が6月30日とスケジュールから考えれば、4月までの4700円以下はイタリア問題だけで維持できる水準ではないと考える。


23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








新甫発会から買われたが、下値を試していないだけに4831円を下回ってくるか・・

                      

11:30の東京白金は、新甫2月限で4843円で推移している。ちなみに12月限では、86円安の4860円で推移している。本日はイタリア総選挙の結果を受け、下院より上院での中道左派連合が勝利した事で混乱が続く可能性が高まりを見せた事からユーロが大きく売られている。そのため為替の円高を受けて大きく売られて新甫2月限が発会している。そのため4831円から買われだすと4870円まで短時間で買われたが、日計り的な商いから徐々に高値が抑えられ、4833円まで売り込まれている。その後は買い戻しされる場面を見せてが、4853円で戻りが止められると4835円~4850円の狭いレンジ内で往来している。

経験則から新甫発会は、下ヒゲを引く確率が非常に高く、4831円の発会値を下回ってくると予想される。特にオシレーターで見た動きで、ストキャスティクスで%Dがslow%Dを上回る動きを見せたが、横ばいしながら継続の動きを見せている。また相対力指数でも相対力の下降ラインに戻っており、再度下値を試す可能性が予想される。
また上昇している40日移動平均線を価格が下回った事から反転の予兆である10日移動平均線を日足が上回る時を待ちたい。

そのため発会値である4831円を下回り、安値を試す動きを見極めてから再度4831円を上回るのを待つのが良いと思える。一代棒で見た動きも発会値が少し高過ぎるため4800円を下回る可能性があると思える。

そのため今しばらく調整の値動きを見極めるのが無難と判断する。ただ南アフリカの国営電力会社エスコムは28日に電気料金値上げ提案に対する新しい電気料金を発表する。そのため電気料金が提案している今後5年間、毎年16%の値上げを行い、2012年の61セント/キロワットから2017年には128セント/キロワットへ値上げしたい意向であり、鉱山コストに直結する提案だけに注目される。

2007年には6セント/キロワットが電力不足にトに伴い、リンポポ地区に4800メガワットの火力発電所を建設しているが部品納入の遅れや2回に及ぶストライキで1ヶ月近く建設がストップしており、建設の遅れに伴い今年一杯は電力不足が続く状況である。そのため隣国からの電力輸入や賃金上昇などコスト高に対する値上であり、避けて通れないと予想する。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








和平協議を欠席したAMCUが、月曜日に和平協定に調印・・

本日のNY白金は、13.3ドル高の1620.7ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算は107円安(4月限)と予想する。
欧州、米国市場は、イタリア選挙の出口調査で緊縮財政策を推し進める政権与党であるベルサニ民主党の票が伸びず、上院でベルルスコーニ率いる中道右派が票を伸ばしている報道でユーロが売られている。前日は黒田アジア開発銀行総裁が日銀総裁内定した報道で円安の動きで推移したが、一転してユーロ安から円高の動きとなっている。

南アフリカでは、先週鉱山での和平協定を協議する会合を欠席したAMCUは、週明けに行われた協議ですべての労働組合が鉱山での暴力、脅迫、違法集会、ストライキを控える様に書き込まれた和平協定に署名したと報道されている。そのため一時1630ドル近くまで買われていた白金価格は、1620ドルで終わっている。

イタリア選挙結果は、上院では政権与党であるベルサニ率いる民主党が過半数を確保したが、混乱が予想された下院ではベルルスコーニ率いる中道右派が過半数に迫る勢いから為替は一時90円までユーロ売りから円高に振れている。もし過半数を取る党がなければ、再選挙となる事からイタリアの政局混乱でユーロに対するリスクが高まりを見せると思える。

NY白金の日足では、1600ドル割れで反転を見せ、ただ1631ドルで上値が抑えられており、1631ドルを終値ベースで上回るまでは安心できない。オシレーターでは、ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、slow%Dを依然と下回り、相対力指数は反転しており、目先戻りを見せる動きでないか。RCIでは短期が下げ、中期、長期も下げている。そのため下値に対して抵抗を見せるが、基調転換までは至っていない状況でないか。

本日の東京市場は、イタリア総選挙の結果で為替市場が大きく円高に動いており、その影響から乱高下を行う可能性が高い。特に新甫発会の2月限は寄り付きから円高の影響を受け売られる様であれば、今までと同様な値動きが予想され、週報で説明した一代棒の値動きから新規買いのチャンスが膨らむと思える。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








注目の新甫発会を明日に控え、オシレーターは買いのシグナル・・

本日の東京白金は、10円高の4926円で終わっている。週明けを早々に日銀総裁人事でアジア開発銀行総裁の黒田氏に内定したとの報道から為替の円安が進む環境となった事を受け、4900円を上回り4910円で始まっている。しかし先週までの下落で戻りを売り向かう動きが強まり、4900円を下回ると4868円まで短時間で下げている。しかし時間外取引でも1600ドルを一時下回った水準から買い戻しされ、戻りを強めた事から4900円を回復すると徐々に買い戻しが強まり、引け際には4933円まで高値を追って終わっている。

今晩は、19:00にイタリア債の入札が行われた後に、イタリア総選挙の開票が行われ結果次第では欧州通貨であるユーロが大きく動くと思われる事から注意して対応したい。特に米国の経済指標の発表がなく、要人発言ではイタリア総選挙の投票が締め切られた後に26日0:30にバイトマン・ドイツ連銀総裁の講演が行われ、3:00にはアスムセンECB専務理事が講演する。そのためイタリア情勢に対する発言や欧州安定メカニズムに対する発言など注意したい。

また週末には、新華社通信が2012年中国の金総生産が12%増加の403.1トンと発表され、WGCは中国の消費量は昨年は横ばいで776.1トンと報告している。その差額香港経由の金輸入量で埋めている計算になる。

東京白金のテクニカルは、先週末の安値を切り上げて終わり、相対力指数が40.01%で横ばいし、ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、下げているslow%Dと重なった状態であり、目先新規買いサインが点滅している。RCIでは、短期が-67%で上げだし、中期が-29%で下がり、長期も+37%で下げている。そのため短期と中期がクロスするまで注意したい。移動平均線は10日移動平均線が5082円で下がり、中期は4841円で上昇しながら日足は40日移動平均線で下値が支えられている。

明日は、新甫2月限の発会にイタリア総選挙の開票と重なり、発会から下げる様であれば発会値を上回ってから新規買いと判断する。またオシレーターでもストキャスティクスや相対力指数の買いサインが発生し、RCIも続く様であれば、新甫2月限は買いと判断できるため、5050円へ向けた目先の戻りを始めると考える。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








目先ストキャステックス、相対力指数の買いサインに注目・・

                     

11:30の東京白金は、17円安の4899円で推移している。週明けの東京市場は、日銀総裁人事で週末から大幅に傾いた円安を受け、買われて始まり4900円を回復している。しかし為替も憶測のニュースであり、冷静さから徐々に円高の動きを見せだすと下がりだし、再度4900円を下回り4868円まで売り込まれている。

ただ今後考えられる日銀総裁人事やイタリア総選挙、バーナンキFRB議長の議会証言、米国の強制的な歳出削減の延長期限に隠れて南アフリカ共和国国営電力会社エスコムの電気料金値上げ提案に対する回答期限と続くだけに4900円を売り込み続ける情勢にない事から買い戻し優勢な動きと思える。

また3月1日は日米の新車販売台数発表が控えており、好調な収益から考えると減少する事は考えられず、需要関係に対する後押しになる。

現在の東京白金の日足では前日の下値を切り上げ、上昇を続ける40日移動平均線に沿って下値が支えられ、オシレーターでは、相対力指数が下げている相対力指数の高値を結ぶ下降ラインと重なり、ストキャスティクスでは%Dが下げ止まり、下げているslow%Dと重なるなど、オシレーターで見た目先買いシグナルがこのまま終われば発生する状態。RCIでは短期が-78%で下げ止まり、中期と長期が下げている事から短期と中期の買いサインまでは手放しでは喜べない。

そのため明日の新甫2月限の発会から買いのサインが続けば目先買い有利になると判断する事もでき、注目したい発会ではないか。

23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








日銀総裁人事、イタリア総選挙、バーナンキFRB議長議会証言と続く要因に注意・・

週末のNY白金は、12.6ドル安の1607.4ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で32円高(2月限)と予想される。
週末のNY市場は、ECBが行った資金供給に対して民間銀行の返済資金が611億ユーロと事前予想を下回った事やイタリア総選挙を前にしてユーロ圏に対する信用リスクが高まりを見せた事でユーロが売られ、貴金属全体が下げている。しかし週明けのオーストラリア・ウエリントン市場では、日銀総裁人事で前財務次官で「円高ファイター」の異名を持つ国際銀行総裁の黒田東彦氏の内定したとの報道で円安が進み一時94円台後半を付けている。
そのため東京市場は、寄り付きから為替に円安を受け週末の夜間取引から比べ買い戻しを強めた動きを行って来ると思える。

ただNY市場の日足チャートでは、依然と下値を試す動きを続けており、オシレーターでもストキャスティクスや相対力指数など下げ続け、RCIでも短期、中期、長期も下げており、依然と買いのシグナルは発生していない。

またイタリア総選挙は日本時間23時に投票が締め切られ、26日までには結果が判明すると思える。報道では、現政権が下院でリードしており、上院における地方票でベルルスコーニ前首相率いる中道右派連合の動向がカギとなるのではないか。

南アフリカでは、アングロ・アメリカ・プラチナムで発生した労働組合同士の争いで鉱山会社における労働者の争いをなくすための協議が行われたが、インパラやロンミン社で新興勢力である鉱山建設労働組合連合(AMCU)が参加を拒否しており、6月30日で2年間の賃金契約の期限切れを睨んだ主導権争いを続ける意思表示と受け取れる。

本日の東京市場は、寄り付きから為替の円安を受け買われて始まると思え、4900円を回復する動きに注目したい。また3月1日で米国の強制的な産出削減が発動される可能性が高く、上院では超党派による話し合いが始まると思えるが、発動までの時間が非常に乏しく妥協点を見付けるには難しいと思える事から金価格に取っては買い要因となるのではないか。
また26日には、イタリア総選挙の結果も注目したいが、米国議会上院銀行委員会でバーナンキFRB議長が議会証言を行いQE3に対する評価を発言すると予想される事から市場に蔓延した「早期の緩和策解除」に対する懸念を払拭する内容となるか注目したい。


23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








只今よりセミナー開催準備・・

本日は13時から岡地セミナーを開催しますので週報「プラティニの相場観」だけの更新となります。
ちなみに今週の週報「プラティニの相場観」NO22は更新しましたのでブログの最後にある「ダウンロード」をクリックし、画面右上に表示されます「ダウンロード」をクリックしてください。すると「パスワード」の画面が表示されますからメールで届いたパスワードを入力して頂ければ週報「プラティニの相場観」NO22が閲覧できます。
なお閲覧ご希望の方は、下にあります「無料パスワード」の申し込みバナーをクリックしてください。


週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月23日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








ドイツ・コメルツ銀行コモディティ専門家、金価格は2000ドルの強気見通し(ブルームバーグ発)・・

本日の東京白金は、5円安の4916円で終わっている。寄り付きから夜間取引で4806円の安値から買い戻しされた流れを引き継ぎ買われて始まった東京市場は、一時4900円を割り込み4884円まで下値を試した後、買い戻しされだすと下値を切り上げ高値を切り上げるなど引け際まで4941円まで買い戻しされている。ただ最後は、日計り的な利食いから高値から26円近く下げて終わっている。

今週は、南アフリカのアングロ・アメリカ・プラチナムの要因で買われて始まり、ただ一日で通常業務に戻った事やFOMCの議事録の公開で金融緩和に対する早期の解除観測が強まり、リスク商品が売られている。特にWSJの電子版で報じられた様なSACキャピタルのインサイダー取引に伴う、約6億6000万ドル(約600億円)の返金の動きなど商品全体を押し下げた要因となった。ただ金や白金から資金が逃げ出した形跡は見受けられない事から「恐怖の連鎖」が大きな下落に繋がった状況でないか。

南アフリカでは、今回の騒動を機に鉱物・資源大臣とルステンバーグ地区のプラチナ鉱山の4組の労働組合とで鉱山での暴力を無くす意味合いから和平協定で合意したと報道されたが、昨年のロンミン社・マリカナ鉱山での暴動や今回のNUMを襲撃したAMCUは協議を欠席しており、問題の解決にはならない状況である。

またアングロ・アメリカ・プラチナムのCEOは、前日の行われた政府との協議でリストラ策を撤回する意図は聞かれなかった事や現在のプラチナ鉱山の赤字経営から脱するためにリストラを含むプラチナ生産調整で価格を押し上げる事が有効であると述べるなど、政府と労働者の協議でも代案が見当たらない状況と思える。そのため60日間のリストラ策停止期間が3月中旬には解除されるため価格は大きく下がらない状況と判断する。

そのため今回の反落は、買えない価格が到来した状態である事、来週行われる新甫発会に伴う発会値の水準がチャート上で下値ラインに近い水準まで下がった事は歓迎できる値動きと思える。

本日のテクニカルは、相対力指数が38.73%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが16.74%で横ばい、slow%Dが21.28%で下げており、来週中には買いのサインであるクロスが各々発生すると思える。RCIでは、短期が-83%で下がり、中期も-4%で下げ、長期も+53%で下げている。そのため中期が下げて、短期が中期を上回るサインが出れば新規買いと判断する。移動平均線は、10日移動平均線が5108円で下がり、40日移動平均線は4826円で上げている。そのため日足が10日移動平均線を下回った状態であり、オシレーターのクロスで10日移動平均背まで戻りを見せる状況でないか。

今晩は、18:00にドイツIFO景況感指数が発表され、19:00には欧州委員会の経済見通しの公表、クレーンECB専務理事の講演、20:30にアスムセンECB専務理事の講演が予定されている。また24日にはイタリア総選挙が行われ、週明けの東京市場では即日開票の結果に大きく反応すると思える。

個人的には、一代棒の水準や3月1日に米国の強制的な歳出削減がこのままであれば発動される事になるため、来週は超党派の協議が活発化すると思え、金の下値が切り上がって来ると予想される。また白金は、鉱山コストの上昇に喘ぐ鉱山会社は、電気料金値上げ問題が浮上する状況を考えると4806円を下回る事は難しいのではないか。


週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








WSJ電子版、SACキャピタルのインサイダー取引関連を指摘・・

                      

11:30の東京白金は、5円高の4928円で推移している。連日反落したNY市場を受け夜間取引で4806円まで下値を試した東京市場は、戻りを見せた夜間取引を引き継ぎ、4909円で始まった。直ぐに4900円を割り込み4884円まで下値を試したが、5300円の高値から494円の下落を行い12月の安値から1105円の上昇に対する半値戻りを見せ、週末でもある事から買い戻し主体の値動きとなっている。そのため徐々に上がりだすと前日の終値である4933円を一時上回ると4935円まで買われている。

WSJ電子版によると運用資産が2兆円規模ともいわれるSACキャピタルはインサイダーに関与した問題で、顧客から投資資金17億ドルを引き揚げる動きが出ているとの事。まず来月には6億6000億ドル(600億円)が返金されると言う事。また別の報道では、ファンド閉鎖の可能性を示唆する事により、監督当局からの訴追を免れようとしている事も伝わり、換金売りの可能性を危惧する動きがでたとの事。

東京の日足は、40日移動平均線まで調整を行い、大きく反転し下ヒゲを引いた状態であり、4800円で抵抗を見せた値動きである。またオシレーターでは、ストキャスティクスの%Dが下げ止まり、相対力指数も下げ止まった状態を考えると、売れない水準まで届いた状態と思える。

今晩はイタリア総選挙が控えているが、即日開票であれば日本時間に発表され、週明けは現在の東京市場の戻りを受けて上昇が期待できるだけに買われて来ると思える。ただ26日に新甫で買われて始まると一時的に安値を試す可能性が予想される事から注意して対応した方が良い。

悪率を上げるためオシレーターが反転する時間帯を狙って新規買いか、新甫発会を待って下げた後の発会値を超える時に新規買いかの二段構えで対応するのも良いと思える。


週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








21日行われたアングロ・プラチナムの4労働組合の和平協定にAMCU欠席・・

本日のNY白金は、27.1ドル安の1620ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で34円高(2月限)と予想する。
FOMC議事録公開から連日貴金属は大幅に下落を繰り返している。特にリスク回避の流れに圧迫され「究極のバブル」とまで言われた金価格が1550ドルまで下げており、世界銀行が予想した2014年の金価格予想水準まで下げている。
米国の経済指標は、消費者物価指数が事前予想を下回り0%、週間新規失業保険申請件数も事前予想を上回る36万2000件、フィラデルフィア連銀景況感指数でも事前予想を下回る-12.5となるなど議事録後の米国景気を示す指標は尽く低下した。ただ住宅関連指標である中古住宅販売件数は事前予想の490万件をわずかに上回る492万件となった。
要人発言では、FOMCメンバーでタカ派のブラード・セントルイス連銀総裁がゼロ金利について「2014年6月までに上昇する可能性」を指摘したが、昨年のメンバーでハト派のムーア・サンフランシスコ連銀総裁「金融当局の債券購入は年後半しばらく必要」と述べている。またフィッシャー・ダラス連銀総裁はQE解除について「完全中止はないが、最終的には徐々に解除して行く必要であり、遅いよりも早い方を支持」と多少早期の解除意見が聞かれている。

NY市場は、株価は下落し、金は下げ止まり、白金はアンダーシュートした雰囲気である。特に昨日のファンド破たんのうわさは、一日経ったが会社名や損額など不透明であり、噂の域を抜け出していない。そのため存在しない恐怖にリスク逃避の動きを見せたのではないか。特にNY白金の取組高が異常に増加した事から己の陰に恐れた姿と思える。
南アフリカでは、19日発生したルステンバーグ鉱山でNUMとAMCUの組合同士の衝突で12名に及ぶ負傷者を出した事からNUM、AMCU、他の2組合、鉱物資源大臣、会社など協議を行い鉱山から暴力を無くす和平協定に調印がなされたが、新興勢力で昨年のロンミン社マリカナ鉱山での事件など武道派であるAMCUは欠席するなど今後の組合同士の権力争いは終わる気配にない。

NY白金の日足では、2日間で100ドルの下落を見せ一時1600ドルを割り込むなど12月31日の安値1519.1ドルから2月6日の高値1744.5ドルの225.4ドルの上昇に対して、昨日までに145.5ドルの下落を行い上昇幅に対する3分の2に相当する押しを完了した。オシレーターではストキャスティクスが%Dが下げ止まりを見せ、相対力指数は下げている。そのため急速な反転が発生する可能性あり。RCIでは短期が依然と-70%で下げ、中期、長期も下がりながら短期の反転を待つ動き。移動平均線は、10日移動平均線が1693.3ドルで下がり、40日移動平均線は1650.9ドルで上昇している。そのため日足が40日移動平均線を下回っているが、短時間の売られ過ぎに域の中にあり売れない水準と思える。

本日の東京市場は、為替の円高は気になるが噂だけで1600ドルを割り込む南アフリカ情勢でなく、噂で売られた100ドルは短時間で戻りを見せてくると思われる。特にイタリア総選挙と週末の利食いで4900円を回復すると底値を確認する底形成に入ると思える。特に格言で「谷深ければ山高し」、悲観が拡がった市場だけに「上がると思っても手が出ない」心理で、反発しだすと5100円まで戻る動きと思える。

週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








南アフリカ要因、FOMC要因では200円は下がらない、パニックの値動き・・

本日の東京白金は、175円安の4923円で終わっている。大幅に反落したNY市場を受け、失望的な動きで始まった東京市場は、一時5017円まで戻りを見せたが、5000円の大台を下回ると売りが加速し4950円、4900円と次から次へと下回ると一日のサーキット幅である200円の下落を見せて4888円まで売り込まれている。ただNY時間からファンド破たんのポジション解消の売りと吹き込まれていた市場も、憶測の域を出ない噂で4900円以下を売り込み続ける懸念が膨らみ、引け際には買い戻しで戻りを見せ4948円まで戻して終わっている。

南アフリカ情勢のアングロ・アメリカ・プラチナムの操業再開だけでここまで売り込まれる要因でもなく、またFOMC議事録で200円幅の下落を行う程の要因にも思えない。そのため市場は、金ETFが20トンの減少を見せた事に関連し、ファンドが破たんする可能性が高い方に印象付けた表れでないか。
特に市場心理でリスクが高くなった時にはパニックを起こし「我先に出口に殺到する行為」であり、見えない恐怖に怯えた心理的な投げを誘った値動きと見る。

特に南アフリカでは、鉱山資源委員会でプラチナ鉱山の経営者が参加し、プラチナ業界が置かれている厳しい状況を説明しており、プラチナ鉱山経営側は供給を絞り、プラチナ価格をテコ入れしたい状況と思える。そのためリストラ策を政府が反対する様であれば逆に多くの失業者を生む事になると遠回しに説明したと思える。

またアングロ・アメリカ・プラチナムで起きた操業停止でも4000オンスの生産減となった事など南アフリカ要因で売られる要因とは見受けられない。そのため一時的なパニックが終われば、急速に戻りを見せると思えてならない。少し自分も冷静になってきたのではないか。

ただテクニカルは、相対力指数が39.23%で強弱の分岐点である50%を下回り、ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが下げ続けており、目先のオシレーターである反転を待って新規買いと判断する。RCIでは、短期が-75%で横ばいし、中期は+28%で下がり、長期も+66%で下げている。そのため短期が上昇し、下げている中期を上回るまで注意と思える。移動平均線は、10日移動平均線が5146円で下げており、40日移動平均線は4812円で上昇している。そのため40日移動平均線で抵抗を見せるか注目したい。

テクニカルは、依然と買えない状態であるが、行き過ぎた価格が自律反発を見せる可能性があり、あや戻しには注意して対応したい。個人的には、2012年10月から見たN波動で5300円から462円の調整で4838円、12月21日の安値4195円から5300円の上昇幅が1105円であり、黄金比の0.382の戻りで422円の調整が4878円となる事から本日の安値が4888円であり、4900円割れれば試し玉を考える場面かもしれない。

週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif








アングロ鉱山稼働、緩和策の早期の解除、欧州ファンド破たんの噂で悲観な値動き・・

                     

11:30の東京白金は、171円安の4928円で推移している。FOMC議事録を受けQEに対する早期の解除観測から時間外取引で更なる下落を受け始まっている。そのため寄り付きは5008円で始まったが、5017円で戻りが止まると徐々に売られだし、金価格が4700円を割り込むなど夜間取引の安値4950円を下回り、4906円まで短時間で売られている。特に金ETFでSPDAゴールドの残高が一日で20トン近く減少し、欧州の大手ファンドが倒産した換金売りが出たなど噂が飛び交っている。そのため急速な失望売りの値動きになったと思える。

市場は一番に「何故か」と理由を探すが、一番は「どうするか」であり、その失望の売りが出た状態でないか。
冷静に判断すると値動きで高値から本日の安値まで5300円から394円の下落を行っている。過去に12年10月5日4395円の高値から10月30日の安値3933円までの下落幅で462円と計算され、13年の高値5300円から想定すると4838円で日柄では同じ17日間で考えると3月5日までとなる。また今回の上昇で考えると12月21日の安値4195円から530円で1105円の上昇幅であり、調整安を想定した場合の0.382の黄金比で422円で4878円と計算され、午前中の安値から見てもまだ足りない。3月5日までに4878円~4838円の間にチャンスがあると予想される。

日足チャートを見てもらっても10日移動平均線が5148円で下げており、オシレーターではストキャスティクスや相対力指数も下げるなど買いのサインは発生していない。そのため午前中の急速な下落で売り込まれた価格は、日計り的な商いの買い戻しで戻りを見せてくると思えるが、オシレーターの反転のシグナルを待って仕掛けるのが無難と思える。

また南アフリカでは、昨日に政府の鉱山資源委員会でアングロ・アメリカ・プラチナムCEOやインパラ・プラチナムCEO、ロンミン社などで意見を出し合っているが、アングロ・アメリカ・プラチナムCEOは「リストラは避けられない」といった意見であり、インパラ・プラチナムCEOは世界景気が低下し自動車触媒需要の低下を中国などの宝飾需要が補ったが、供給過剰の市場を補うことができなかった。また市場はプラチナやロジウムからパラジウムへ製品転換が起きているが、南アフリカは世界のプラチナが50%、ロジウムは29%を生産しパラジウムは5%に過ぎない。またアングロは、違法ストライキがあり経常収支で85%の損失となったが違法ストライキがなくても25%~35%の損失のなったと思える。しかし鉱山企業では59%の損失が会社経営として限界であると述べるなど、プラチナ業界の危機的な状況を説明している。

そのため現在の値動きは、持続的な値動きとは思えない。また電力発電問題や電気料金値上げ問題、アングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策、また7月に2年契約が切れる賃金交渉など解決しなければならない問題が山済みであり、下げ止まれば急速な反発が待っているのではないか。そのためにも新甫2月限が発会する26日以降の値動きに注目したい。


週末23日に更新します週報「プラティニの相場観」NO22は、大幅な反落、南ア問題、金の下落、FOMC議事録など弱気に傾いた動きが今後どうなるのか、金と白金について要因やテクニカルで総合的に「予想したいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







南アフリカ情勢、FOMC議事録で悲観的な相場展開であり、値動きのスピードで考える暇を与えない・・

本日のNY白金は、50.4ドル安の1647.1ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で91円安(2月限)と予想する。
南アフリカ共和国のアングロ・アメリカ・プラチナムのルステンバーグ鉱山で19日発生したNUMとAMCUの衝突で職場放棄した鉱山労働者が20日には通常業務に戻っている。ただ朝方公表されたFOMCの議事録で「経済見通しやコスト評価に応じて資産購入のペースを変更」「資産購入は経済情報に従い会合ごとに変えるべき」との発言もあり、QEについて早期の終了観測が高まりを見せるタカ派的な内容が報じられ、リスク資産に対する楽観的な見方が後退している。

そのためNY市場では、NYダウが110ドル安、原油価格が2ドル安、金価格は26ドル安、白金は50ドル安とリスク商品が尽く反落して終わっている。またQEを象徴していた金ETFでSPDRゴールドの残高が前日比で20トン減少しており、ファンドのポジション調整の表れと予想される。
ただ発表されたNY経済指標は、住宅着工件数は事前予想の92万件から89万件と低下し、生産者物価指数も事前予想を下回っている。

本日のNY白金の日足で見た動きは、安値を下回り、高値が切り下げられ40日移動平均線が位置している1648ドルまで下げている。オシレーターでは、ストキャスティクスや相対力指数が下値を追い続けており、RCIでは短期が-63%で横ばい、中期と長期も下落しており、弱気に傾いた状態で維持されている。そのためストキャスティクスと相対力指数の反転が起きるまでは買えない。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4950円まで反落して戻しているが、市場には悲観的な心理の圧力が膨らみだしており、底値を打つタイミングを考えて行動を起こす事が妥当でないか。また来週は新甫発会で2月限が発会する事を考えると調整の下落であり、天井を取った後とは思えない。しかし下落のスピードは上昇の3倍近い速さで下落を行う事から注意して対応するのが良いと思える。

また南アフリカ情勢には、変化の予兆は見受けられない状況であり、今回の操業停止でも3886オンスの生産が失われており、エスコムの電力発電所の建設現場でのストライキにも1年間の雇用契約期限を本日に向かえ公営企業大臣が労働者側と協議を行っており、発電施設の工事停止は南アフリカの経済成長を押し下げる重大な問題であるだけに政府が動き出している。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







アングロ・アメリカ・プラチナムのルステンバーグ鉱山・・

南アフリカ報道、アングロ・アメリカ・プラチナムの鉱山では、鉱山労働者は坑道に向けて進んでおり、正常に戻ったと発表している。また南アフリカ株式市場では、アングロ・アメリカ・プラチナムの株価が447ランドで前日比で1%高と上げています。


週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







このままであれば、納会まで注意して対応するのが良いかも知れない・・

本日の東京白金は、17円安の5099円で終わっている。夜間取引の時間帯で南アフリカ共和国で発生した鉱山労働組合同士の争いから19日は抗議集会から職場放棄をおこなったが、労働組合や会社広報関係者も「20日は職場に復帰する」と発表があった事から1700ドルを下回っている。ただ東京市場では、日銀総裁候補の4名の名前が報道された事で外債購入に慎重な武藤元日銀副総裁の名前がなかった事から安心感で円が売られ、円安の動き受けて夜間取引で付けた高値に迫る5165円まで買われている。
しかし5166円を上回れなかった事や参議院予算委員会で麻生財務相、安倍総理が再度外債購入に対して否定的な発言を行った事や再度南アフリカの労働者が職場復帰を行う予定が意識され、引け際には5100円を下回り前日の安値である5090円まで下値を追っている。

寄り付き前から南アフリカ共和国における抗議集会は20日に職場復帰を行うと報道されており、衝突前の価格水準まで戻した状態である。また19日には南ア・鉱物資源大臣と全国鉱山労働組合の代表と協議し、鉱山から暴力を無くす事で合意したと述べ、水曜日に鉱山労働組合(NUM)、鉱山・建設労働組合連合(AMCU)、NUMSA、Uasaの4労働組合と利害関係にある政府や会社が協議を行う予定であると述べている。そのためリスク後退した事から売りが勝る展開となっているのではないか。

特に今回の組合同士の衝突の原因である会社側が認める組合の規定を改正する事が出来るかが焦点となる。しかしインパラ、ロンミン社ではNUMは組合員数の減少で承認組合の権利をなくしており、賃金交渉の年だけに問題は簡単に終わらないと予想される。

テクニカルは、相対力指数が52.14%で下がり、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げており、RCIでは短期が-75%で下がり、中期も+56%で下がり、長期も+82%で下げている。そのため短期と中期がクロスするタイミングが発生するまで買えない。移動平均線は、10日移動平均線が5175円で横ばい、40日移動平均線は4799円で上げている事から10日移動平均線を上回るまでは買い注意と判断する。

昨日の夕方に報道され、朝には解決の情報が流れ、高値から前日の安値まで戻した状態である。素直に見ると下値を探る動きを依然と続けているが、今から南アフリカが動き出すため労働者が職場に復帰するまでは注意して対応したい。


週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







一時日銀総裁候補で円安となったが、夜間取引の高値5166円を上回れなかった事から利食いに押されている・・

                     

11:30の東京白金は、28円高の5147円で推移している。昨日17:30に報道された南アフリカにおいて発生した労働組合同士の衝突は、10000人規模の抗議集会で19日の職場放棄をおこなった。ただ20日には職場に復帰するとのコメントが労働側、会社側から伝わった事からNY市場は1700ドルを下回っている。その流れから大きく動かないと見られたが、寄り付き前から日本の朝刊で4名の日銀総裁候補がの名前が挙げられ、元日銀副総裁の武藤候補の名前が無かった事から外債購入も視野に入れた緩和策が予想され、一時為替は93.81円まで円安となった。そのため寄り付き早々に買われだすと5165円まで買われたが、夜間取引の高値5166円を上回る事が出来なかった事で利食いに押されている。

朝方は為替の影響が大きく高値を捉えた動きとなったが、南アフリカ情勢で楽観的な見方が膨らみ、スト懸念の後退で売られている。ただ17:00過ぎには、南アフリカ情勢で鉱山労働者が職場に戻っているのか判明するため、これ以上の新規買いを入れられない状況と思われる。また南アフリカ要因が後退した事から24日に行われるイタリア総選挙に焦点が移り、慎重な姿勢に戻っていると予想される。

しかしアングロ・アメリカ・プラチナムの鉱山情勢も注意が必要であるが、国営電力会社エスコムの電気料金値上げ問題、リンポポ地区で2013年末に稼働予定である80メガワット6基で480メガワット発電能力がある火力発電所を建設中であるが、6組合のストライキで1ヶ月間建設がストップし、明日は12ヵ月間の建設に対する雇用契約の期限である。もし契約しなければ解雇から大規模な抗議行動に発展すると予想され注意が必要と思える。
そのため鉱山会社、電力会社と様々な問題が山積みであり、プラチナ鉱山会社の生産能力は低下する可能性が高くなると思える。

テクニカルでは、昨日同様にストキャスティクスは反転したが買いサインは出ていない。相対力指数でも下降ラインを相対力指数は上回っていない。そのためまだ買えない状態。RCIでも短期は下げ止まり、中期は下げて来ており、長期も下げている。短期が中期を上回るまでは買えないか。

午後からは、方向感もなく材料待ちで下値を探ると思えるが、5150円を中心に保合いの時間が長くなると底値が固まり、オシレーターは反転する状況と思える。そのため大きく反落する確率は少なく、イタリア総選挙まで5100円を維持した動きとなるのではないか。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







鉱山労働者の抗議行動は水曜日に職場復帰予定・・

連休明けのNY白金は、19.8ドル高の1697.5ドルで終わっている。夜間取引に比べ寄り付き換算で12円高(2月限)と予想する。
連休中にはG20が行われ、市場では為替の落ち着きを歓迎する中、大手格付け会社が英国の格付け「AAA」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げる憶測が流れ、ヘッジファンドが積極的にポンド売りを仕掛けておりポンドが対ドルで売られている。ドル円では安倍総理の「外債購入」発言を麻生財務相、甘利氏が打ち消す発言を行っており、一時的に調整の動きに入っている。

欧州時間帯には、南アフリカ共和国のルステンバーグ地区でアングロ・アメリカ・プラチナムのプラチナ鉱山でNUMとAMCUとの間で組合事務所の縄張り争いから12人が負傷した事を受け、鉱山労働者の10000人が競技場で集会を開催し職場放棄している。そのためNY白金は時間外取引では一時1704ドルまで高値を試したが、労働組合スポークスマンや会社関係者が「水曜日には職場復帰」と報道され、また欧州市場における新車販売台数が16ヶ月連続で減少した報道など沈静化と販売減少で最後は売られて終わっている。

NY金価格も世界的な景気回復とドル高の影響から「リスク逃避の金」からリ「スク選考の株」へ資金が流れだしており、また金利上昇も金価格の戻りを抑えている。

本日のNY白金の日足は、前日の陰線の中で値動きが推移する「はらみ線」で終わり、オシレーターではストキャスティクスが下がり続け、相対力指数は50%で上げている。ただ相対力指数の下降ラインを上回る事は出来ていない。そのため目先はまだ買いの状態に転換していない。RCIは、短期が-63%で下がり、中期、長期が+47%と+42%で下げている。そのため目先下値を探る動きを見せている。移動平均線は、10日移動平均線が1711ドルで横ばいし、40日移動平均線は1646.3ドルで上昇している。そのため日足が10日移動平均線を上回るまで買えない状態。

本日の東京市場は、南アフリカ要因と朝から為替の円安など買われる可能性が高い。ただ南ア情勢は、対立する労働組合のリーダーが会合を持つ話も出ており、会社のリストラ策や賃金交渉など前にして今後の争いに対する歯止めを掛けたい意向と思える。ただ一部ではインパラ・プラチナムやロンミン社で会社が承認する組合からNUMの組合員数の減少で外された事が大きく、今後も主導権争いが激化すると思える。

ただ2013年に稼働する国営電力会社エスコムのリンポポ地区に建設中の4600メガワットの発電所では17000人が1ヶ月間ストライキで工事がストップしており、長引く様であれば今年中の稼働できない事になる様であれば、南アフリカにおける電力不足は改善できない。特にストライキ中の労働者は明日が和平署名の期限であり、もし署名しなければ解雇に繋がり、大規模な抗議行動が行われる可能性が高いと報じられている。

そのため鉱山が落ち着いたとしても電力不足懸念が続く様であればプラチナ価格は下げ渋る状況であり、28日のエスコムの値上げ期限と合わせて今後電力問題で買われる相場展開か。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







26日新甫2月限の発会日まで下値に注意して対応する・・

本日の東京白金は、45円安の5119円で終わっている。NY市場がプレジレントデーの休場であり、東京市場は為替の動きに合わせかと思えたが、時間外取引で南アフリカ共和国のアングロ・アメリカ・プラチナムでNUMとAMCUとの労働組合同士の縄張り争いから警官隊が出動した報道で、13名の負傷者が鉱山病院へ搬送され朝方は買われて始まったが、麻生財務相が前日の安倍総理の外債購入発言に対して「外債購入の予定はない」と発言し、為替の円高と失望の売りで一時5143円まで下げている。

その後は豪州の議事録や予算委員会の発言内容などで寄り付きの5166円まで戻りを見せた。午後からは、一転して下がる内容となり午前中の安値である5143円を下回ると下落のスピードを増して5100円を下回り5090円まで急落している。何ら材料らしき材料がない中、ロスカットを巻き込んだ反落を見せている。ただその後は、引け際まで5100円を回復すると5132円まで戻しながら5100円を維持して終わっている。

南アフリカ情勢の要因が入ったが、昨年のロンミン社・マリカナ鉱山の様な事態にならなかった事など買われた後を狙った売り叩きの様相でないか。また自動車関連商品のゴムの価格が、サーキットブレーカー2発(10円幅)の反落を見せた事など白金価格もポジション調整の動きと思える。

日柄変化日の動き見ると明日が短期の基調が転換する日柄と予想され、当面逆張り的な値動きが続く状況でないか。
テクニカルで見た場合は、相対力指数が54.33%で下げている、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも下げており、目先相対力指数の下降ラインを相対力指数が上回っていない、またストキャスティクスの反転が見受けられない事から、まだ買えない状態。RCIでは、短期が-70%で反転し、中期は+68%まで下げてきている、長期は+87%で下げており、短期と中期のクロスが起きるまで買いポジションは注意と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が5173円で上昇が止まり、40日移動平均線は4781円で上昇中であり、日足が10日移動平均線を下回った状態だけに軟調な動きが注意と判断する。

特に白金は欧州リスクに大きく反応する動きであり、来週のイタリア総選挙は現在行われている緊縮財政策を問う内容となる事から欧州リスクの再熱に関係するだけに白金は売られ易い状況になる。ただ今までも欧州リスクで下がる場面は、最終的に反転し下落をすべて巻き戻して来た経過を考えると売り込み続けるのは難しい状況でないか。また日足は上昇過程の下降ウェッジを形成しており、今しばらく下値を捉えた調整の値動きと考えるのが妥当と思える。

そして26日の新甫2月限の発会日であり、2000年から2月限だけ捉えた発会後の値上がり幅は、平均で940円の値動きを見せている事など26日以降は新甫発会の価格を上回ると高値追いに転じる可能性が高い。また28日は国営電力会社エスコムの電気料金値上げ提案に対する発表が行われる予定を考える26日までの調整には注意して対応するのが無難と判断する。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







5150円以下は短時間の調整場面であり、5300円を上回るための押し場面・・

                     

11:30の東京白金は、3円安の5160円で推移している。NY市場が休場のため為替オンリーの動きと見られたが、南アフリカ共和国のアングロ・アメリカ・プラチナムのルステンバーグ鉱山で組合同士の衝突を材料に買われて始まった。しかし麻生財務相の「外債購入は考えていない」と昨日の安倍総理の予算委員会での答弁を否定する内容であった事から5143円まで下落している。市場は為替相場に対する要人発言に神経質に反応を見せており、方向感が定まらない状態である。しかし豪州で行われた金融政策決定会合の議事録が公表され、「インフレ見通しに対して一段の緩和策が必要」と公表されるなど、価格は下げ過ぎた日計りの買い戻しから5168円まで戻りを見せている。

特に欧州では、来週24日にイタリア総選挙を控え、ユーロの買い戻しが一服し白金価格もユーロの値動きに合わせる様に調整を行っている。ただ26日には新甫2月限の発会であり、28日は国営電力会社エスコムの値上げ提案に期限と流れる事からイタリア総選挙の結果を織り込めば、安値から新規買いを行う時間帯になるのではないか。

また新甫発会の値動きは2013年10月限で1290円の値上がり、2013年12月限では1524円の値上がりを行っており、新甫発会からの値動きは過去2限月を考えた場合でも確率は高くなる。また2000年から2013年の2月限だけで考えた場合は、新甫発会から平均で941円の値上がりを行い、その後の下落の平均は478円と計算される。(2009年の場合は特殊事情で削除)

今の東京白金のオシレーターでは、ストキャスティクスは下げ続けており、相対力指数は下げ止まっているが、相対力指数の下降ラインを上回っていないためまだ買えない。RCIでも短期が-57%で下げ止まり、中期は+68%で下がり、長期は+87%で弱含みを見せている。ただ長期が+75%を下回っていない事から大勢は強気が維持されている。移動平均線は、10日移動平均線が5177円で横ばいし、40日移動平均線は4782円で上昇を続けている事から日足が10日移動平均線を上回ると新規買いのサインと判断する。

オシレーターでは、今週末から来週前半のには遅くとも転換する可能性があり、強気維持して新甫発会の価格を新規買いで対応するのが良いと思える。


週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







アングロ・アメリカ・プラチナムのルステンバーグ鉱山でNUMとAMCUの衝突・・

本日のNY白金は、プレジデントデーで休場となる。夜間取引の東京市場は、±0円の5163円で推移している。時間外取引から夜間取引と比べ寄り付き換算で13円高(2月限)と予想する。
NY市場の休場から夜間取引の東京市場は、方向性がない現状維持の値動きで推移して終わっている。欧州時間帯には、ドラギECB総裁が欧州議会で証言を行い、ユーロ・円の水準に対して妥当な水準であり「ユーロ高の認識はない」と発言している。
また南アフリカ共和国では、アングロ・アメリカ・プラチナムのルステンバーグ鉱山で全国鉱山労働組合(NUM)と新興勢力の鉱山・建設労働組合(AMCU)との権力争いが激化している。18日には鉱山の労働組合事務所の所有権争いから騒動に発展し、警官隊が出動し両組合員を引き離すためゴム弾を発砲し、13人の組合員が病院へ搬送されている。
特に今年は2年置きに行われる賃金交渉の年でもあり、会社が承認する労働組合員数確保で争いが絶えない。特にNUMはインパラ・プラチナム、ロンミン社と総従業員の過半数を組合員数が確保できず、会社が承認する組合から外されている。そのため賃金交渉は会社が認める組合と行うため、唯一過半数を上回る組合員数を確保しているアングロ・アメリカ・プラチナムでは権力争いが激化する傾向にあるのではないか。

そのためNY市場の時間外取引では、16ドル近く反発を見せており、アングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策、エスコムの電気料金値上げ、そして労使交渉前の組合員数確保で労働組合同士の権力争いと白金価格を支える要因が多く控えているため、1700ドル以下は短時間と判断する。

本日の東京市場は、為替の円安に南アフリカ情勢の動きから堅調に買われてくると思え、夜間取引で付けた高値5173円を上回って来ると思える。また8:50に日銀の金融政策決定会合の議事録が公表され、9:50からは白川日銀総裁が参議院予算委員会で公明党の質問に答弁する。そのため為替の動きに注意して対応した方が無難でないか。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







南アフリカ情勢から判断すると5150円以下は依然と買い場と判断する・・

本日の東京白金は、93円高の5163円で終わっている。週末のG20において日本に対して名指しの批判がなかった事から「アベノミクス」に対する評価を得られた反応で為替が94円台に戻る動きを見せ、週明けの東京市場は寄り付きから買われて始まると一時5187円まで買われている。特に参議院予算委員会で安倍総理が「デフレ脱却のため外債購入の購入すると言う考え方もある」と発言した事など円安の動きを受けている。ただ午後になると為替も落ち着き午前中の高値を抜けなかった事から徐々に下値を切り下げて終わっている。

先週後半から続いていた為替の円高調整は、G20を無事に通過した事から92円を上回る円高には警戒感も現れ、節目となる状況でないか。そのため目先日銀総裁人事で92円~94円の水準で円相場は意識される状況と判断する。
今晩は、米国が「プレジレンツデーの休日」のためNY市場での経済指標の発表もなく、18:00に12月のユーロ圏経常収支だけが発表される。また23:30にドラギECB総裁が欧州議会でECB関連の証言を行う予定であり、良好な内容であれば、ユーロ買いの反応が予想される。

本日の東京白金は、相対力指数が58.13%で上げているが、相対力指数の下降ラインを上回っていない、ストキャスティクスは%Dが56.375で下がり、slow%Dも65.65%で下げており、買いのシグナルである%Dの反転は見られない。RCIでは短期が-25%で下げており、中期は+77%で下がり、長期も+89%t下げている。そのため短期が中期を上回るまでは安心できない。移動平均線は、10日移動平均線が5172円で上げており、40日移動平均線の上げている事から大勢は強気維持の状態。ただ10日移動平均線を日足が下回って終わっている事から上回るまでは新規買いには注意が必要と判断する。

今週はFOMC議事録、住宅着工件数、生産者物価指数、消費者物価指数、週間新規失業保険申請件数、中古住宅販売件数、フィラデルフィア連銀景況感指数と発表が行われる事から米国経済指標の好転する内容が続く様であれば、為替市場では円安が進む可能性が高まりを見せると見られ、注目して捉えた方が良いと思える。

また25日が期近2月限の納会日で翌日26日が新甫2月限の発会日である、28日は南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムの電気料金値上げに対する回答日を考えると、毎回行われている様に新甫発会で下げた後の発会値を更新するタイミングで新規買いと判断するのも一つ手ではないか。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







急速な下落と急速な反転で「迷い」を起こさせる動きであるが、天井を確認した相場ではなく、5300円は上回る・・

                     

11:30の東京白金は、101円高の5172円で推移している。週末にG20が閉幕し日本に対する批判内容には触れる事無く声明文が作成された安心感から為替の円安に合わせる様に5100円を上回り5133円で始まっている。その後は、安部総理が参議院予算委員会で「デフレ脱却への金融緩和策として外債の購入すると言う考え方もある」と述べるなど為替は94円を回復し、一時白金も5187円まで戻りを見せている。

週末のG20が閉幕し、為替市場では注目された日本批判がなかった事から94円を回復るなど、円建て価格は買い戻しを強める動きを見せている。ただドル建て価格の落ち着きがまだであり、オシレーターで見た新規買いのサインが出ない事など、一時的な反発の域を抜け出していない。そのため26日の新甫発会まで下値を探る展開が予想される。

また29日には、国営電力会社エスコムの2017年までの電気料金値上げ提案に対する回答期限であり、鉱山コストを押し上げる要因だけに注目した方が良いと思える。

現在の東京白金の日足をオシレーターで見た場合、相対力指数は反転しているが高値を結んだ下降ラインを上回っておらず、ストキャスティクスでも%Dがslow%Dを下回り下げている。またRCIでは、短期が-50%で横ばいし、中期と長期が下げて来ており、短期が反転を示し、下げてきている中期を上回るタイミングで新規買いと判断する。ただ10日移動平均線(5174円)を価格が下回っており、終値ベースで上回って終われるかに注目したい。

午後からは、為替に合わせる様に戻りを強める可能性が高く、為替の影響だけの変化であり、下値を試すとしても下落基調に転じる可能性は少ないと思われ、オシレーターの反転から新規買いで対応するのが妥当と思える。

週末16日に更新します週報「プラティニの相場観」NO21は、南ア問題を抱え、昨年と180°反転した白金と金の価格差拡大。投資環境の変化で昨年のリスクヘッジ商品が金から白金へ移っている。またファンドの投資スタンスも白金系に注目しており、白金が上げ続けることが出来るか、プラチナ相場を考えてみたいと思います。
週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報「プラティニの相場観」NO20は、「2008年に付けた7000円へ向けた上昇があるか、金価格はどこまで上がるのか。」について記載したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



2月16日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif







Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

またはmitsurunagasaki@yahoo.co.jp までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示