1. Top » 
  2. 2013年01月

ペナント・レンジの離脱待ちであり、2月は5000円超えを意識する・・

本日の東京白金は、2円安の4963円で終わっている。夜間取引から4999円を上回る事が出来なかった事から寄り付きから売られ4953円を試したが、為替の円安と日計り商い買い戻しで4972円まで戻りを見せたが、米国のGDPの低下や雇用統計前の利食いに押され午前中で4935円まで売り込まれている。しかし売り一巡と為替の落ち着きや東証が引け際に買い戻しされ高値を更新した流れを受け、15:00過ぎから戻りを強めると前日比でプラスサイドまで戻りを見せて終わっている。

昼のコメントでも記載したが、南ア問題(リストラ策と電力料金引き上げ)は解決する雰囲気もなく、悪化を辿る可能性が高い事から「売られる根拠」が見当たらない。市場は単純に5000円が超えられないだけで悲観な心理が膨らんでいる。ただ高値が出尽くしているのであれば、4900円を維持する事無く大きく反落するのが白金の値動きと考えられる事から天井感は感じられない。

テクニカルは、日足が陰線で終わったが前日の高値を更新し、下値は切り上げるなど下がれば買い戻しされる動きを続けている。相対力指数は69.47%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが76.52%で下がり、slow%Dも81.98%で下げている。ただ依然と高い水準を維持しており、反転すると強気に転じる。RCIは、短期が+76%で上昇し、中期は+91%で横ばい、長期も+96%で横ばいしており、強気維持の状態が続いている。移動平均線は10日移動平均線が4913円で上がり、40日移動平均線は4523円で上げている。また200日移動平均線も4028円で水準を切り上げており、10日移動平均線と日足に乖離幅が解消されており反発期待が高まりを見せる。

今晩は、16:00にドイツ小売売上高、17:55にはドイツ失業率、22:00にはドイツ消費者物価指数、22:30には米個人所得、個人支出、PCEデフレータ、週間新規失業保険申請件数、23:45にはシカゴ購買部協会景気指数が発表され、ブラードECB専務理事の講演が開催される。また南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムによる市民参加の公聴会が最終日となる。

NY市場では1700ドルでかなりの売りポジションが存在するが、南ア問題が再度蒸し返すと1700ドルを上回る動きとなり、買い戻しの圧力で大きく反発する状況でないか。その事は東京市場で5000円を超える事を意味すると思われ、近い将来には現われる動きと思える。


週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






スポンサーサイト

問題は何も解決していない状況であり、5000円を上回るまで買いポジション維持・・

 

11:30の東京白金は、22円安の4945円で推移している。夜間取引から4999円を上回れなかった事や米国GDPの低下など軟調な展開を引き継いだ。ただ為替市場では9:00早々に91円台へ入った事から4953円まで下値を確かめた後は、4972円まで戻りを見せている。しかし週末の雇用統計を前にしてADP雇用統計の大幅な増加を意識した動きに4999円を上回る事が出来なかった事など利食いを急ぐ動きが強まりを見せ、寄り付き後の安値4953円を下回ると4935円まで売り込まれている。しかし4935円を2度ほど試して下回れなかった事から日計り的な買い戻しから戻りを見せている。

日足の動きでは、5000円と10日移動平均線(4911円)の狭いペナント・レンジ内の値動きで推移しており、5000円を目の前にして超えられない状況に買い方の心理が揺れ動いている状態と判断する。
ただ価格の方向性、変動要因でも南アフリカ共和国のアングロ・アメリカ・プラチナムの再建計画のリストラ策は「実施しなければならない」と28日に702トークラジオ番組でアングロCEOが質問に答えている。
また国営電力会社エスコムによる電力料金値上げ提案でも市民参加の公聴会を31日で終了し、本格的な値上げ交渉に移って来る。

2007年から南アフリカは電力需要に追い付かずエスコムは電気料金を2007年に比べ300%値上げを行っている。しかしこの複数年契約も裁判所の判決で行った値上げ幅であり、今回も法廷闘争になれば、年間16%の値上げ提案が下げられても値上げは許可される可能性が高くなるだけに、プラチナ鉱山における電気料金コストは引き上げられる。特にアングロ・アメリカ・プラチナムの閉山すると言われたルステンバーグ鉱山は、電気料金コストが異常に上昇した事がきっかえであり、エスコムの電気料金値上げ提案が成立する事はプラチナ価格が上昇する要因に結びつくと思われる。

現在の東京白金は、高値が取れなくなり日計り的商いや我慢できない買いポジションの決済で下値を試しているが、オシレーターで見るとストキャスティクスは下げているが、相対力指数は下降ラインを上回る状態が予想され、一時的な動きであり買いポジションに対して問題ない値動き。RCIでも短期が下がっているが、中期や長期が+75%以上を維持しており、強気維持の状態。移動平均線でも10日移動平均線が4911円で上昇しており、4900円を下回る事は難しいと判断する。

個人的には、単純な保合いの動きであり「売ってはいけない場面」でないか。また時間を掛けて天井が形成される事は皆無であり、5000円を上回ると10日間の時間を掛けたエネルギーが蓄積されており大きく反発する動きを見せると予想される。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






NY白金は南ア情勢と緩和継続で下値抵抗1660ドル(4860円)維持の値動き・・

本日のNY白金は、10.4ドル高の1689.3ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で19円高(2月限)と予想される。
注目のFOMCでは、バーナンキFRB議長の記者会見がなかった事や前回の声明内容とほとんど変化がない事などゼロ金利政策は継続し、850億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)や長期国債の購入は維持するとなった。ただタカ派のジョージ・カンザスシティー連銀総裁が反対を表明している。また雇用について声明内容では「穏やかに伸び続けたが失業率は高止まり」と発表している。また発表前の経済指標では、民間部門のADP雇用統計では事前予想の16万5000人を上回る19万2000人となった。ただ第4四半期GDP・速報値では、在庫投資や政府支出の縮小で事前予想の1.1%から-1%と予想外に低下している。

南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムの今後5年間、毎年16%の電気料金値上げ提案に対する3回目の公聴会では、全国労働組合や市民団体など反対意見を述べ、「貧困層の市民は電力のサービスが受けられない状況になる」と警告を告げるなどメディアの報道では「値上げは、新たなアパラトヘイトだ」と非難している。

NY貴金属は、GDPの低下から金融緩和の継続観測が膨らみ金価格が買われ、他の貴金属も追随する状況を見せている。南ア情勢が緊張を増す白金価格は、GDPの発表までは世界経済の回復期待から自動車販売台数の回復など期待感から1700ドルを窺う動きを見せたが、マイナス発表を受け利食いに押される動きを見せている。ただ南ア情勢で電力料金値上げ、鉱山のリストラ懸念など下値を支える要因が控えているだけに1660ドルを維持した値動きが続いているだけに、売り込めない情勢と思える。

NY白金のオシレーターでは、ストキャスティクスでは%Dとsow%Dも下落し、相対力指数は50%を下回る事なく反転している。RCIでは、短期が-43%で下げが止まり、中期は+61%で下げ、長期は+85%で維持している。そのためオシレーターでは、短期的な調整を行っている状態であり、買いへ転換する可能性があるだけに1660ドルを維持すると思える。移動平均線では10日移動平均線が1686.7ドルで上昇が止まり、40日移動平均線は1615ドルで上げている。そのため10日移動平均線で価格が支えられており、注意して動きを見極めたい。

本日の東京市場は、夜間取引で高値4993円までトライし5000円超えができなかった。ただ東京市場は為替の円安の影響から下値を切り上げており、5000円を上回るのも時間の問題と思える。きっかけは92円台への円安か、NY白金価格の1700ドル超えが考えられる事から日本の金融緩和や南ア問題が控えている以上、買い有利と判断する。

また同属であるパラジウムは、世界第一位のパラジウム生産会社、ロシアのノリリスク・ニッケル鉱山では2013年の鉱山生産は2012年とほぼ横ばいであると発表している。しかしロシア政府在庫が極端に低下し2013年は枯渇する懸念が高まりを見せており、2013年のパラジウム需給は供給不足と予想される事からパラジウム価格は、最終的には時間と共に値上がりは激しさを増してくると予想される。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






南アフリカ情勢の緊迫に円安環境から5000円は時間の問題・・

本日の東京白金は、48円高の4967円で終わっている。堅調に推移したNY市場を受け、夜間取引で切り返した流れをそのままに4939円で始まった東京市場は、為替の影響と朝方から東証が昨年来の高値を更新し、円安の動きと絡み徐々に白金価格も買われている。安倍総理の国会演説など行われる時間帯まで円安の動きで4977円まで高値を追っている。その後は31日4:15にFOMC声明文発表を控え、日計り的な商いの利食いに押されて引け際まで売られて終わっている。

また南アフリカ共和国の国営電力会社エスコムが行う公聴会が開催される会場では、入り口付近までデモ隊が押し寄せる可能性があると報道機関が伝えており、2007年からエスコムは電気料金を300%引き上げており、産業界や鉱業関係、市民団体から反対の表明が出されると予想される。

またアングロ・アメリカ・プラチナムの2012年第4四半期の鉱山コストも大幅に引き上げられており、南アでの電気料金の引き上げは経営から考えると死活問題になる状況でないか。

今晩は、19:00にユーロ圏業況判断指数、消費者信頼感指数・確報値が発表されイタリア5年、10年物国債入札が行われる。19:30にはドイツ30年物国債入札が行われ、21:00には米MBA住宅ローン申請指数、21:15にはADP雇用統計、22:30には第4四半期実質GDP・速報値、GDPデフレーター、個人消費・速報値が発表される。また31日3:00にはバイトマン・ドイツ連銀総裁の講演、4:15にはFOMC声明文の発表となる。

特に欧州の時間帯には南ア問題、米国時間帯は経済指標、東京時間帯にはFOMC声明文内容などが影響を受けると予想されるため注意が必要と判断する。

テクニカルでは、相対力指数が70.07%で上昇し、ストキャスティクスは%Dがslow%Dを下回っているがどちらも価格との逆行を示す動きを見せており、いままでの特徴から見ると逆行を覆し上昇する事で大きく反発を見せている。RCIでは、短期が+50%で横ばい、中期も+92%で横ばいと維持した状態で長期は+95%で上げており、強気維持の展開が続いている。移動平均線は、10日移動平均線が4898円で上昇し、40日移動平均線は4505円で上昇、また200日移動平均線も4025円で上昇を行っており、10日移動平均線を終値ベースで下回れない以上、買いポジションは維持したい。そのため5000円を超えるまで買いポジションは維持したい。


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






5000円を睨んだ動きを強め、再度チャレンジの動きが高まる・・

                     

11:30の東京白金は、33円高の4955円で推移している。米国の経済指標が事前予想を下回ったが、許容範囲内の動きと明日早朝(31日4:15)にFOMCの声明文が公表される予定であり、模様眺めの動きが強いと思えたが、日米間の金利差が拡大し円を売る動きが強まると4939円で始まった東京白金は、夜間取引で付けた高値を更新し4958円まで買われている。

南アフリカ情勢でアングロ、政府、労働組合の利害関係者は、協議を行い1月30日から60日間においてアングロ・アメリカ・プラチナムが発表した第189プロセス(再建計画)を停止し、協議を行っていくと発表した。しかしアングロCEOは「我々の赤字シャフトの現状の深刻さを考えると解雇は避けられないが、すべての当事者が望む何が重要であると感じ徹底して協議する」と述べている。

また702トーク番組に出演した際も「不採算の鉱山でプラチナを生産し、その生産がプラチナ価格を抑制しているのが要因である」と述べるなど、リストラは避けられない状況と思える。またブラジルにあるグループ会社の評価損が40億ドルを上回った事で2月4日に会見を行う事も伝えている。

国営電力会社エスコムは、今後5年間毎年16%電力料金値上げ提案について公聴会を開催する。またリンポポ州に2013年末に稼働予定をしている建設中の電力発電所が、労働者の抗議で2週間も工事がストップした状態である伝えている。

そのため4900円を売り込む事が出来ないで4870円で急速に買い戻しされた状態で推移しており、オシレーターで見ても相対力指数が高値を結ぶ下降ラインを相対力が上回ると買いのサインが生まれる。ストキャスティクスでも%Dとslow%Dが波打ちしながら上下を繰り返し横ばいした状態で推移している事から根強い強気が維持された状態。RCIでは短期が戻りを見せ、中期、長期が高い水準を維持した状態であり、依然と強気維持の内容。
移動平均線では、価格が10日移動平均線で下値が支えられ、10日移動平均線を下回るのが難しく思える。

今晩行われるFOMCではバーナンキFRB議長の記者会見も予定されていない以上、大きな反応も見せないで推移すると思える。週末には雇用統計が発表されるが、失業率が大きく低下するのは予想されいない事からQE3継続で米国のマネタリベースが増加する環境が続くと判断する。また一部金利上昇の不安が頭を過るが、金利差拡大は「円キャリー」の活発な動きを促進し円安の動きが加速する可能性があり、東京市場の円建て貴金属価格はプラス要因へ繋がると思える。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif






アングロCEO、地元702ラジオ番組でのインタビュー

本日のNY白金は、16.7ドル高の1678.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で9円高(2月限)と予想する。
発表された米経済指標では、S&Pケースシラー住宅価格が事前予想を下回り5.52%、消費者信頼感指数も事前予想(64)を下回る58.6となった。また為替市場では、アジア市場の旺盛なユーロ買いが進んでいる。特に昨晩から始まったFOMCや週末の雇用統計など米国の金融緩和に対する早期期間終了に市場は注目を集めるのではないか。また米国長期国債の指標である10年物金利が2%を付ける動きを見せ、景気回復に対する株式市場へ資金が回避する動きを強めている表れと思える。そのため金価格に対する悪影響を与える状態と見られる節もあるが、しかし米国における債務切り上げ問題や2月に行われるイタリア総選挙、8月にはドイツ議会選挙と欧米における不安要因は消えていない。また北朝鮮やイランなど核疑惑に長距離弾道ミサイル実験に北アフリカにおけるイスラム原理主義のテロなど拡大の動きを見せており、「地政学的なリスク」の高まりを意識する動きが表面化している。

南アフリカでは、アングロCEO、鉱物資源大臣、労働組合議長が1月30日から60日間、利害関係にある3代表が協議を継続する事で合意した。またアングロ社は60日間のリストラ策を延期する事を発表している。しかし南アフリカの702ラジオ番組に出演しインタビューに答えたアングロCEOは、2月4日にアングロはブラジルの鉱山投資に対する損失額を発表すると述べ、リストラについては「会社経営上必要」「不採算の鉱山でのプラチナ生産でプラチナ価格が抑えられ、会社は損失が膨らんでいる」と述べるなどプラチナ価格を押し上げたいニアンスである。また2013年7月で契約期限が切れる賃金交渉について「大きな問題である」と述べるなど今後簡単に終われない状況を示唆している。
また南ア・リンポポ州にある国営電力会社エスコムの電力発電所建設で2013年末には稼働予定であるが、日立などの下請け労働者が抗議のため2週間建設工事がストップした状態である。

NY貴金属は、金価格は米国経済指標が事前予想を下回った事から早期の緩和策終了が後退し買われたが、長期金利が2%台を付けるなど金利上昇から高値から抑えられている。白金は、60日間のリストラ猶予を合意したが、堅調な株価の動きに景気回復観測や東南アジアの自動車販売台数が好調な伸びを見せており、前日の安値から買戻しされて終わっている。

NY白金を日足で見ると前日の陰線の中で終わり、酒田五法で見ると「はらみ線」で終わっている。オシレーターでは相対力指数が戻りを見せたが、相対力指数の下降ラインを下回っており、ストキャスティクスも%D、slow%Dが下げ続けている。RCIでは、長期が+88%で維持しているが、短期が-50%まで下がり、中期は+71%まだ下げている。そのため短期の反転まで買えない状態が続いている。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4870円まで下値を試したが、NY市場の買い戻しに動きに4931円まで戻りを見せており、南アでのアングロ問題、国営電力会社エスコムの電力値上提案、30、31日に行われる公聴会開催、リンポポ州での電力工事のストップなどプラチナ生産に関わる要因が多い事から4900円を割り込めない。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




国営電力会社エスコム、電力値上げ提案の公聴会30、31日開催・・

本日の東京白金は、54円安の4921円で終わっている。軟調なNY市場と南アフリカ情勢を睨んだ利食いで夜間取引で大きく下落した状態から始まった東京市場は、一時夜間取引に安値4880円を狙った下げで4882円まで下値を捉えている。しかし為替水準が徐々に91円台に向かう動きを見せ日計り的な買い戻しにより4900円を回復すると、中国政府傘下のシンクタンクである中国社会科学院が2013年の中国経済成長見通しを8.4%と発表した事から買いが盛り上がり一時4939円まで買い戻している。ただ買い続ける要因不足と今晩から始まるFOMCを見極めたいといった動きから利食いに押されて、引け際には4902円まで下値を試して終わっている。

東京白金の値動きから見た動きは、為替の落ち着きと南ア問題の後退的な反応が重なり、高値から119円の調整を行っている。
特に今年になり昨年12月30日から比べると4999円で15.8%の値上がりを見せ、NY市場の同時期から比べ高値1706ドルで10.6%の値上がりを見せている。その差は東京外為市場の為替水準が同時期から5.2%円安に動いた状態であり、東京市場は円安分の上げ幅が加わった状況でないか。もし為替分を差っ引くと4771円と計算され、4800円を割り込めば東京市場は買い場と判断する根拠になる。

今晩は、19:00イタリア6ヶ月物入札が行われ、20:00にはプラートECB専務理事の講演が行われる。また23:00にはS&Pケースシラー住宅価格が公表され、30日0:00には消費者信頼感指数の発表される。3:00にはアスムセンECB専務理事の講演が予定されている。また30日、31日の2日間にFOMCが開催されるため為替市場は動き辛い状態が続くと思える。南アでは30日、31日と国営電力会社エスコムが電力値上げ提案の公聴会を開催する事から電力料金値上げに対する反応から白金価格は堅調に動きやすいと予想される。

本日の東京白金の日足テクニカルでは、相対力指数が66.99%で下がり、ストキャスティクスでも%Dが下がり、slow%Dを下回る可能性が強く、目先調整の動きに注意と判断する。RCIでは、短期が+58%で下がり、中期は+92%で軟調に落ち出すと長期が+94%で上げた事から中期が長期を下回っており買いポジションには注意と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4879円で上昇が止まり、40日移動平均線は上昇している事から一時的な調整から昨晩の安値4880円を下回る様であれば注意したい。

ただ現在の東京白金には、南アフリカ国営電力会社エスコムの電気料金値上げ問題は、まだ提案の段階であり相場に織り込んでいないと感じる。特にエスコムの提案では、1キロワット:61セントを2017年には128セントまで引き上げたい提案である。我が国に照らし合わせると日本はキロワット:約20円と考えると25セントぐらいであり、エスコムの値上げが非常に産業界にとって大きなコスト上昇に繋がる要因になるのがわかるのではないか。

またアングロ・アメリカ・プラチナムが大きな赤字決算になった要因もルステンブルク鉱山での電気料金コストが急激に上昇し、会社経営を悪化させたと説明しており、今後を占う上で30、31日とエスコムが行う公聴会には注目した方が良いと判断する。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




基調は強気維持でも目先の調整には注意・・2200円割れのパラジウムは新規買いのチャンス・・

                     

11:30の東京白金は、56円安の4923円で推移している。大幅に反落したNY市場を受け売られて始まった東京白金は、寄り付き早々に夜間で付けた安値4880円を試す様に売られたが、4882円で下値が止まると為替の円安に合わせる様に買い戻しが進み、4924円まで戻りを見せている。

NY白金は、南アフリカ共和国におけるアングロ、政府、労働組合との話し合いが行われている事から利食いを行い下落した状態である。ただ合意の内容から考えると60日間(2ヶ月)のリストラ策延期で合意したが、解決策や新たな提案は見出せなかった状況でないか。

特にアングロ社はルステンブルク鉱山の電気料金コストが大幅に上昇した事が赤字の原因と示しており大規模なリストラ策を発表し、国営電力会社エスコムは関税引き上げに伴い燃料コスト高に対応するため今後5年間、毎年16%の値上げを提案している。政府は関税引き上げを行った側であり、黒人層の地位向上を挙げ失業率を低下させたい。そのため出口が見えない袋小路に入った状態であり、電気料金を値上げすると鉱山会社のリストラ策は避けられず、黒人の失業率は高まりを見せる事になる。

東京市場の白金日足は、日足で下値が10日移動平均線が推移している4887円で支えれ買い戻しを見せているが、オシレーターでは、相対力指数が下がり、ストキャスティクスは%Dの上昇が止まり、上昇しているslow%Dに近づている。そのため調整安に注意と思える。RCIでは、短期が反転し、中期は+92%で維持しているが、長期が+94%で上昇しながら中期を上回っている。
そのため短期が中期を上回る事が出来ない時には調整に入り易い状態であり、今すぐ高値4999円を上回る事は難しく思え、一時的な調整を行い高値更新の動きを見せるのではないか。特に10日移動平均線を終値ベースで下回る様であれば、4800円近くまでの調整が予想されるため今晩のNY白金の値動きで1667ドルを維持できるかに注目したい。

同族パラジウムは、堅調に下値を切り上げており、白金が様子見の状況であればパラジウムを新規買いするのも一つの手でないか。個人的には、2100円を割り込む事は難しく、リスク70円と考えて対応するのが今のパラジウムと考える。

週報「プラティニの相場観」NO18を週末にアップしています。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




アングロ、政府、労働組合の協議で2ヶ月間のリストラ策延期・・

本日のNY白金は、32.7ドル高の1662.2ドルで終わっている。夜間取引に比べ寄り付き換算で87円安(2月限)と予想する。
米国経済指標では、耐久財受注が事前予想を上回る4.6%となったが、中古住宅販売成約指数が事前予想を大きく下回る-4.3%となった。また企業決算では景気指標ともいえるキャタピラの決算は中国企業の問題で大幅な赤字となったが、ダウ平均は静観に近い状態で終わっている。
欧州では、スイス・フランに対する要人発言が強く先安観が根強い。そのためユーロが堅調に推移している。

特に最近は先進国の株式が堅調に推移しており、そのあおりで長期金利が高まり、金ETF保有が減少を見せている。ただ上海証券取引所に上昇される予定である金ETFのルールが発表された。特に金ETFでは旺盛な購買力が予想され、1000トン近くの販売予想から金現物が不足する憶測も聞かれる。またIMFの報告では、ロシア中央銀行の先月までの金保有量が957.8万トン、2.1%増、カザフスタンが115.3トンと1.7%増となっている。

南アフリカでは、1月15日に発表したアングロ・アメリカ・プラチナムの再建計画に対するリストラ策に対して企業、政府、労働組合は28日に協議を行い、14000人に影響を及ぼすリストラ策に対して2ヶ月間の延期で合意したとの南アフリカ放送協会の発表を伝えている。本日、アングロのプレスでも本日中に発表を行うと伝えており、新たな提案がなされた思える。ただ18日行われたアングロCEOと鉱物資源大臣との協議で3月8日までの90日間の猶予期限で合意しており、問題の解決にはなっていないと思える。また国営電力会社エスコムは、3月30日に複数年契約が切れる事から今後5年間、毎年16%の料金値上げを提案し、1月30日、31日に公聴会を開催すると発表しているが、貧困層に対する配慮が欠けていると指摘されるなど根強い反対が拡大している。

NY貴金属は、金価格が1652.9ドルで安値で横ばいを見せている。白金価格は1700ドルを超えられない事から利食いに押される動きを見せており、ここ数日の強気に対する調整の動きと判断する。ただ南アフリカ情勢(リストラ問題、電力問題)が根底に存在し大きく反落すると買い場を提供する状況と思える。

NY白金の日足では、大きく反落し10日移動平均線を下回り16日に付けた安値1657.1ドルを試している。その価格水準を下回ると40日移動平均線が位置している1611ドル(4687円)まで試す可能性が高まりを見せる。オシレーターでもストキャスティクスや相対力指数が下げており、RCIでも短期の急落と中期の下落、長期は横ばいを続けており、短期的に一時的な調整の動きが予想される。

本日の東京市場は、夜間取引で10日移動平均線が位置している4887円で下値が止まっているが、NY市場は大きく下回っている事から4800円割れまで最悪覚悟する状態でないか。ただ東京市場は円建て取引である事から為替の恩恵を受け下値が支えられる可能性もあり、4800円を割り込む場面まで新規買いは我慢した方が良いかもしれない。ただ大勢は、5300円を目指す動きに変化はなく、下がれば新規買いのチャンスが膨らむと思える値動きと予想する。

週報「プラティニの相場観」NO18を週末にアップしています。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




5000円を目の前にして利食いに押されており、4900円割れまで調整に注意・・

本日の東京白金は、34円高の4979円で終わっている。為替の円安にNY高と週末の夜間取引から4997円まで高値を試した後は、寄り付きから再度高値を試したが届かず、4983円まで下値を試している。その後、91円を回復する為替の円安に合わせ4999円まで買われたが大台である5000円を目の前にし、14:00から国会で安倍総理の所信演説が行われたが、為替に言明する事無く今までの発言に終始した事から利食いが進み、4976円まで下げて終わっている。

南ア問題も進展性がない中、円安の動きも小休止の動きとなった事から目先の利食いに抑えられた状態で終わったと思える。また明日から始まるFOMCへ要因が移った状態であり、景気回復を示す米国や欧州の景気リスクが後退し、FOMCにおけるQE3の時間軸に焦点が移った様にも感じられる。特に前回のFOMC議事録では一部の委員から2013年末までの終了時間帯を示す発言があった事など意識した状態でないか。

ただ需給では、週末に発表されたアングロ・アメリカ・プラチナムでの2012年第4四半期のプラチナ生産が29%減少するなど、大きく売り込まれる要因は少なく、アングロCEOと鉱物資源大臣との協議で示した90日間の3月8日までは4700円を下回る事は難しく、調整があれば良い買い場を与えてくれる動きと考えるのが妥当と思える。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が75.66%で多少上昇が止まり、ストキャスティクスでは%Dがslow%Dを上回った状態で上げており、目先の調整には注意したい。RCIでは、短期が+75%で横ばいし、中期は+94%で横ばい、長期は+92%で上昇を続けており、調整があれど強気維持の中の短時間の調整と予想される事から新規売りは避けるべきと思える。移動平均線は、10日移動平均線が4869円で上昇し、40日移動平均線は4472円で上げている。また200日移動平均線は4018円と切り上げており、調整の範囲は10日移動平均線が位置している4869円までと思える。

今晩は、22:30に米耐久財受注、29日0:00には中古住宅販売成約指数、また2:00には米2年物国債の入札が行われる。ただ景気を占う上で米国企業決算のキャタピラの発表に注意したい。

週報「プラティニの相場観」NO18を週末にアップしています。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




5000円を目の前にして小休止か。ただ90日間の猶予の時間3月8日までは強気維持の相場・・

                     

11:30の東京白金は、48円高の4995円で推移している。寄り付きから週末の夜間取引で買われて終わった状態から5000円を意識した動きを見せたが、4995円で始まると5000円に対する抵抗を見せ利食いに押され4983円まで下値を試している。しかし為替市場の円安が保たれている状態とアングロ・アメリカ・プラチナムの2012年第4四半期の生産量がプラチナ部門で29%の低下を発表した事など大きく売り込むだけの要因が見当たらず、買い戻しされている。特に為替市場で91円台を付けるなどダボス会議におけるソロス発言や竹中・慶応大教授の「95円が適正」の発言など円安期待の買いで5000円へ向けて上げている。

ただテクニカルで、価格は高値を更新しているがオシレーターでは相対力指数やストキャスティクスでも上昇を行っているが、前回の高い指数の水準を超えていない事から若干の「逆行現象」を示すなど高値警戒の動きを示している。ただRCIでは、中期が+94%で横ばいし、長期が+92%で上昇を行い、短期の下落が+46%で止まった状態であり、依然と強気維持の展開が続いている。そのため4871円で上昇を続けている10日移動平均線を下回るまでは売れない状態が続くと思える。ただここまで来ると高値警戒のリスクも高まりを見せる可能性が予想され、買いポジションで4600円以下の安値を残して、利食いを掛ける場面に近づいたかも知れない。

しかし東京白金は、大勢が5300円へ向けた基本姿勢であり、乱高下に気を付ければ300円の値上がりを取る確率が高く、買いスタンスが崩れる状態にはない。そのためアングロと南アフリカ政府が合意した90日間のリストラの猶予時間(3月8日まで)までは強気の姿勢が続くと予想される。

週報「プラティニの相場観」NO18を週末にアップしています。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




2012年Q4のアングロ・アメリカ・プラチナムのプラチナ生産は29%低下で供給懸念が高まる・・

週末のNY白金は、11.1ドル高の1694.9ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で30円高(2月限)と予想する。
ECBが行った2011年の3年期間の1兆ユーロに及ぶ資金供給オペに対して繰り延べ返済が可能になる30日を前にして278行の金融機関が市場予想の840億ユーロを上回る1372億ユーロの返済が行われとの報道から欧州金融期間の健全性やECBのバランス・シートの縮小と言ったリスク緩和の動きに為替市場ではユーロが対円で2007年以来の122円台までユーロが買い戻しされている。またドイツの経済指標が回復を示す動きが重なり、欧州リスクの低下を示す内容となっている。また南アフリカ共和国においてプラチナ生産鉱山世界一位のアングロ・アメリカ・プラチナムの2012年第4誌半期のプラチナ生産が違法ストライキの影響で29%低下したとの発表された。

その為、NY貴金属市場では、リスク緩和に伴い金価格が低下し、白金価格は買われて堅調に推移して終わっている。特に白金価格は、1700ドルを目の前にして上回るのが抑えられているが、南アフリカの鉱山情勢に国営電力会社エスコムの値上げ提案や中国の環境汚染に伴う触媒需要の期待感など1700ドルを上回れない投資環境で無いだけに強気は維持した方が良いと思える。

本日の東京白金は、週末の欧州リスクの後退から円安の動きが強まると見られ、寄り付きから買われて始まると思える。特に夜間取引で5000円を目の前にして4997円で止まったが、5000円を上回るのも時間の問題と思える。特に週報「プラティニの相場観」で指摘している様に一代足は5300円を狙った上昇過程であり、値頃感は通用しない状態でないか。そのため強気維持の対応が無難と判断する。

週報「プラティニの相場観」NO18をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




ブレィク・タイム・・

スイス・ダボスで行われている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でジョージ・ソロスは「本格的に日本は金融緩和に動き出した」と指摘し、欧州経済については「目先の危機は脱した」と発言するなど為替市場では「ユーロ高:円安」の動きを指摘している。また欧州では2011年にECBが低金利1%で1兆ユーロの3年期間の資金供給オペを行ったが、その繰り上げ返済が可能になる30日を前にして返済金額が発表され事前予想の500億~1000億ユーロに対して278行の金融機関が1372億ユーロを返済すると発表された。そのため欧州金融機関の健全性をアピールしECBのバランスシートの縮小する事が評価されている。また最近のドイツ経済指標が好転を示しており、欧州市場における信用リスクの高まりを受けた危機は縮小の動きを強めている。
そのため昨晩は、2007年以来のユーロが対円で122円台を回復るなどユーロ買いの動きが強さを示している。

南アフリカ共和国では、15日に世界第一のプラチナ生産会社であるアングロ・アメリカ・プラチナムが、新CEO体制下で2鉱山、4シャフトの閉山を含む14000人に影響和与える経営見直し計画を発表した。その動きは、政府や鉱山労働組合に大きなショックを与え、信頼関係が損なわれた状況を生んでいる。またアングロ・アメリカはグループ会社全体として2012年第4四半期の生産量が、鉱山労働者の違法ストライキを理由に鉄鉱石やプラチナの「生産量が低下した事を発表している。プラチナは27万2590オンスの生産で29%減少したと発表している。
また南ア国営電力会社エスコムは、エネルギーコストの上昇を理由に2013年3月31日で複数年契約が切れる機会に電気料金を今後5年間、毎年16%の引き上げを提案している。この提案には産業協会や農業団体などがコスト上昇に伴いリストラを行わなう必要があると反対を表明している。

この状態で電気料金の値上げが行われれば、プラチナ鉱山は赤字経営から離脱するためには鉱山運営の機械化を進め人件費である賃金コストを下げるリストラを行うしか方法がないと思える。そのため90日間の時間的猶予の3月8日までに解決策は見付けられない状態と思え、需給に対するタイト感が膨らみを見せてくるのではないか。


週報「プラティニの相場観」NO18をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック


今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月26日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




5300円へ向けた長期スタンスで対応するのが妥当・・

本日の東京白金は、84円高の4947円で終わっている。ダボス会議でのソロス発言から90円台に入った為替の円安を受け買われて始まった東京市場は、4922円で始まると日銀の金融政策決定会合の議事録の公表に合わせる様に売られ4908円を試している。しかし4900円を割り込めなかった事や習総書記が初めて公明党代表と会談し、会話による解決を希望した発言が聞かれ、円に対する楽観的な見方が膨らみを見せている。そのため景気商品である白金やパラジウムが堅調に推移しながら徐々に買われだすと引け際には21日に付けた高値4951円値迫り4950円まで買われて終わっている。

白金の要因は、南アフリカ共和国のアングロ・アメリカ・プラチナムの鉱山閉鎖を伴うリストラ策で買われたが、そこに為替の円安が重なり、南ア・国営電力会社エスコムの電気料金値上げが浮上し、中国の排気ガス規制がガソリン車に対して3月1日から適応される動きなど供給懸念に需要拡大と受け取れる動きを見せており、大きく反落する懸念はなくなった状態でないか。

本日は、18:00にドイツIFO景況感指数が発表され、ダボス会議で18:30にドラギECB総裁の講演、19:00にはラガルドIMF専務理事が講演する。また20:00にはECBが過去行った3年物資金供給オペの予定返済額が公表される。そして26日0:00には新築住宅販売件数が発表される。
そのため20:00過ぎの発表後にユーロ売りやスペイン金利の動向には注意したい。

テクニカルは、相対力指数が74.22%で上昇し、ストキャスティクスは%Dがslow%Dを上回り買いサインが点灯した。RCIは、短期が+70%で横ばいし、中期は+94%で横ばい、長期は+89%で上昇しており強気継続の状態である。移動平均線は、10日移動平均線4844円で上昇し、40日移動平均線は4454円で上昇し、200日移動平均線は4015円で上昇が始まっており、買いの状態である。

個人的には一代足で見た東京白金は、5300円を目指す動きを行っており買い有利な展開を続ける状態である。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




南アの供給懸念、中国の需要拡大期待、日本の通貨安で5000円も時間の問題・・

                    

11:30の東京白金は、57円高の4919円で推移している。スイス・ダボスで行われている経済フォーラム(ダボス会議)でジョージ・ソロスが「ユーロ買い:円売り」を推奨する発言を行った事や甘利経済再生相の発言など為替市場で円安が進む動きを受けて始まった東京市場は、寄り付きから4900円を上回り4922円で始まり、一時4926円まで高値を試している。その後は為替の動きで一進一退の攻防となった事から4908円まで下値を試している。ただ為替市場における円安雰囲気を抑える動きもなく、4900円を維持して推移する動きを続けながら4920円前後の狭いレンジで維持している。

中国の環境汚染が非常に危険な状態まで来ており、政府は2月1日から現行より厳しい排気ガス基準が施行され、3月1日以降は新基準を満たさないガソリン車の販売は禁止される。そのため自動車触媒需要が高まりを見せるのは間違いなく、当面需要面では中国要因が居座る状態でないか。また南アフリカでは、国営電力会社エスコムが提案した今後5年間に毎年16%の電気料金値上げは、南アフリカ共和国の農業部門や産業界からも反対意見が飛び出しており、プラチナ鉱山においては労働者との賃金交渉を控え、新たなコスト上昇が重しになる状態であり、閉山する鉱山も出てき当たり前である。

特に昨年からアナリストの予想で名前が挙がっていたアングロ・アメリカ・プラチナムのルステンブルク鉱山が会社の経営見直しで閉山の動きを見せているが、ロンミン社のマリカナ鉱山も賃金引き上げの影響もあり、閉山する可能性が指摘されている。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数が反転した状態で上がり、ストキャスティクスでは%Dが下げ止まり、slow%Dと重なる動きを強めている事から買いの状態である。RCIでは短期は下げているが、中期が高値を維持しながら長期が上げており、調整場面が終われば強気維持の動きであり買い有利と判断する。また上昇していた10日移動平均線に価格が重なる寸前で上昇を行った事から買いの状態。

現在の東京白金は、生産国の南アフリカで鉱山会社のリストラ策、電力会社の値上げ提案、消費国で触媒需要の期待、取引国では自国通貨安に伴う価格上昇機運など売る要因が見当たらない環境であり、5000円を上回るのも時間の問題と判断する。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




中国政府、2月からガソリン車排気ガス規制強化。円安も重なり5000円へ向けた動き・・

本日の東京白金は、8ドル安の1683.8ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で36円高(2月限)と予想する。
昨日発表された米経済指標で週間新規失業保険申請件数が事前予想35万5000件に対して33万件となった。そのため米国の景気回復に対する期待感が高まりを見せ、金融緩和の時間的な短縮が一時話題となった。スイス・ダボスで開催されている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、ジョージ・ソロス氏が「世界における直近のの危機は終わったが、自己満足の時間はない」と述べ、為替市場については「ユーロは上昇し、円は下落する」と見通しを発言した。そのためNY市場が終了した後に2年半ぶりに90.56円の円安が進む動きを見せている。

NY市場では、株価は堅調に推移したが金価格は、新規失業保険申請件数が低下し、最近の中国、欧州、米国の経済指標が好転し早期の金融緩和終了懸念から1700ドルを目の前にして下げている。白金は、南アフリカ情勢の不透明感が根強く、供給懸念から堅調に推移して終わっている。

特に白金属を取り巻く投資環境では、アングロのリストラ策、国営電力会社エスコムの今後5年間16%の電気料金値上げ提案、2月から中国政府は自動車排気ガス規制を導入し、現在の排気ガス基準を厳しく設け3月からは基準以下のガソリン車は販売禁止が適用される事など供給不安に需要好調な動きが予想され、価格水準を切り上げる状態が続くと思われる。

NY白金の日足チャートでは、ドル高の影響もあり前日の安値を下回り10日移動平均線(1675.6ドル)まで下げている。オシレーターでは依然とストキャスティクスや相対力指数が徐々に下げながら高い水準を維持した状態である。RCIは、短期は下がり、中期も下がり上昇している長期と重なる動きを見せており、調整に動きが続いている。移動平均線は、10日移動平均線が上昇し、40日移動平均線も上げている。そのため乖離幅の調整が終わるかに注目したい。

本日の東京市場は、為替の円安が大きく進む動きを見せており、逆算で東京市場の円建て価格が4:00の時点か比べ換算ドル建て価格が割安になる事から寄り付きは買われて始まると思える。特に1月21日に付けた高値4951円へを上回る可能性が高まると思われ、5000円へ向けた動きを続ける状況と思える。特にNY市場のドル建て価格が、為替の影響を受け横ばいに近い状態で推移しているが、需給バランス要因から上げだすと東京市場は止められなくなる状況であり、強気維持の展開が続くと予想される。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




ストキャスティクスの買い転換待ちであり、下値は限定的となったと思える・・

本日の東京白金は、31円高の4862円で終わっている。夜間取引で安値4816円を試した後に買い戻しの流れを受けて始まった東京市場は、為替の円高で一時4818円まで下値を試した後は、HSBC中国製造業PMIが事前予想を上回った事から為替が円安に進み、徐々に買い戻しされると朝鮮日報が北朝鮮軍部の報道として核実験と再度の弾道ミサイル発射を行う用意があるとの報道で89円台へ円安が進むと4879円まで大きく反発した。その後は日計り的な利食いに押される動きを見せたが、西村内閣府副大臣がブルームバーグのインタビューで為替の水準に言明した報道から引け際まで買い戻しされて終わっている。

特に為替の円安に吊られ買い戻しを強めたが、南アフリカでは国営電力会社エスコムが13年3月31日で複数年価格契約が切れるため今後5年間は16%との電力料金の値上げを提案しており、国内産業や鉱山会社はコスト高を余儀なくされる状態である。またエスコムが建設している4765メガワットの石炭火力電力発電所では建設が止まる混乱を見せるなど隣国モザンビークから650メガワット電力を購入しており、国内電力供給量がタイトの環境にあるのを物語っている。

そのため鉱山コストの割高を抑えるためリストラを発表したアングロ・アメリカ・プラチナムに続く鉱山会社が出てくる可能性のあるのではないか。特に電力コストアップは、商品価格にダイレクトに反映する物であり、リストラの次は電力問題が頭を持ち上げてくるのではないか。そのため為替の円安が進む様であれば、4800円を割り込む事は難しくなるのではないか。

本日の東京白金の日足チャートは、相対力指数が69.69%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dが下げ止まり、slow%Dが下げている。そのためクロスから買いのサインが発生する状態。RCIは、短期が+70%で下がり、中期は+94%で横ばい、長期は+85%で上がってきており、強気に転じる可能性が高くなっている。移動平均線は、10日移動平均線が4807円で上昇し、40日移動平均線は4434円で上昇、200日移動平均線も上げだしており、平均線から考えて4800円を下回る事は難しくなった。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、金と白金が高値追いを継続した値動きを続けているが、それでも利益に繋がらない状態を抜け出せない方に必見です。買いポイントや売りポイントを見付ける方法を記載します。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




国営電力会社エスコム、2013年3月31日から今後5年間16%の値上げ提案・・

                     

11:30の東京白金は、7円高の4835円で推移している。寄り付きからIMFの世界経済成長見通しで下方修正された事や為替の円高など夜間取引で付けた安値4816円を試す動きを見せ、一時4818円まで下値を試したが夜間取引の4816円を下回る事が出来なかった事やHIBC中国製造業PMIが前月の51.5から51.9と発表された事から中国経済の回復に対する楽観的な見方が膨らみ買い戻しを強めると4844円まで戻りを見せている。

南アフリカ共和国では、プラチナ鉱山問題に隠れて国営電力会社エスコムが2013年3月31日で複数年価格決定が終了する事から今後5年間、16%との電力料金値上げを提案しており、国内産業や鉱山会社など電力コストが上昇する動きを見せて来る。また国内サトキビ産業では、労働者35000人が職を失う可能性があると反対を表明している事などアングロ問題に隠れて大きな要因が現われて来た事から4835円以下は新規買いで対応するのが良いと思える。

特に2007年から白金価格は、南アフリカの電力問題で3月まで堅調に高値を塗り替える動きを続けており、今年はアングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策問題も含め、電力料金が鉱山コストを押し上げる様であれば、次に控える高コストの鉱山の閉鎖に発展する可能性もある。またインパラプ・ラチナムでも賃金交渉に関する動きが伝わるなど当面、南アフリカに注目した方が良い。

東京白金の現在のテクニカルは、ストキャスティクスや相対力指数など徐々に低下しているが、RCIでは中期と長期が強気継続を示す様に高い水準で維持しており、短期が反転すると今回の高値を塗り替える昨年12月同様な値動きが予想される事から10日移動平均線(4804円)に重なると反発するのではないか。

午後からは、午前中に安値4816円を試しても売り込めない状態であった事から再度高値を試す動きを続けると判断する。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




IMF世界経済成長見通しで方向感が定まらない状態でも南ア問題で4835円以下は新規買い・・

本日のNY白金は、6.7ドル安の1891.8ドルで終わっている。夜間取引に比べ寄り付き換算で15円高(2月限)と予想する。
IMFが世界経済の見通しを発表、2013年世界経済成長率を従来の3.6%から世界経済見通しでも3.5%と下方修正した。特にユーロ圏経済成長を+2.0%から-0.2%と下方修正している。また「危機リスクが実現しなければ、世界経済の成長率は予想を大きく上回る可能性もある」と述べており、多少楽観的な見方も浮上している。
米国では、下院議会で2月に迫った債務上限問題に対して5月19日までの期間の債務上限引き上げ法案が成立した。そのため一時的に米国のデフォルト・リスクは後退したが、時間稼ぎの様相であり「リスク温存」の状態でないか。

南アフリカ情勢では、スイス・ダボスで始まった世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加している南アフリカ共和国ジェイコブ・ズマ大統領は、アングロ・アメリカ・プラチナムに対してスーザン鉱物資源大臣が「ライセンス(鉱業権)はく奪を行う事が出来る」と述べている事について「我々はアングロに対して圧力を掛けた事はない」と鉱業権のはく奪についてはロイター通信に対して否定している。また昨年12月のANC大会で合意した南ア鉱山に対する「資源税」の増税に対して南ア財務大臣は「その様な計画は持ち合わせていない」と否定している。

NY市場では、債務上限引き上げの一時延長法案が可決され、またドラギECB総裁が「債務危機の最悪期が過ぎた可能性」と示唆した事などリスク緩和の動きで株価など堅調に推移している。貴金属はイギリスのキャメロン首相が「ユーロ圏に参加するか2017年に国民投票を行う」と発言した事やIMFの世界経済見通しでユーロ圏経済成長見通しを-2%へ下方修正した事など欧州通貨「ユーロ」が対ドルで売られ、ドル高の影響を受けて金価格は軟調に推移している。ただ2月10日の中国旧正月入りを前にして現物需要が好調であり、金価格は支えられた値動きで終わている。

白金は、鉱山閉鎖や鉱業権はく奪など噂が飛び交う南ア問題で一時1700ドルを上回ったが、欧州経済低迷の予想にの欧州自動車販売の低迷など価格を押し下げる動きを見せている。ただ米国の自動車販売台数は好調な状態であり、1670ドルを下回れない事から下値に対する限界を示した値動きでないか。

NY白金の日足チャートは、1700ドルを高値として横ばいを続けており、10日移動平均線が1667ドル付近で上昇を続けており、下値が切り上がる動きを見せている。オシレーターでは、ストキャスティクスが徐々に下がり、相対力指数が70%を維持した状態であり、一時的な調整に動きと予想する。RCIでは、短期が下がっているが、中期が横ばいし、長期は上昇を続けており、短期が反転すると上昇に転じ高値を更新すると予想する。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4816円まで下値を確かめたが、その後は4800円を下回る事なく4879円まで戻りを見せ、高値保合いの動きであり大きく反落する可能性は低い。またオシレーターでは目先を示す相対力指数やストキャスティクスが徐々に低下する動きを見せ、RCIでは大勢を示す中期、長期が高い水準を維持しながら横ばいし、短期的な調整の場面と思える動きを見せている。そのため4835円以下は依然と新規買いのタイミングと判断する。

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




急速な調整がない分だけ、日々の下値が切り上がれば反転のサイン・・

本日の東京白金は、44円安の4828円で終わっている。日銀の金融政策決定会合や欧州市場におけるドイツ経済指標の好転など「リスク・オン」の流れを受けて始まった東京市場は、寄り付きから一時買われ4881円まで高値を追っている。その後は、「インフレ目標2%」に対する不信感や材料出尽くしに対する円の巻き戻しで円高に動き出すと、白金価格も徐々に売られだし金の反落に追随する様に下がると引け際まで売られ4814円まで下げている。

また一部では、アイルランド財務相が「ECBによる国債買い入れの可能性を削除しない」と述べるなど要人発言がきっかけとしてユーロが売られている。またドイツの有力議員が「G20で円相場を取り上げる」との発言が聞かれ、多少円の巻き戻しの動きが入ったと思える。

特に南アフリカ要因が小休止し為替の調整による下げを演じていると思えるが、しかし南ア問題が縮小する気配は感じられない事から売られる水準も自ずと限界があるのではないか。そのため昨年の値動きと比べると9月、12月に同様な値動きが存在し、調整後は急速に反転を演じて来るのではないか。また下値の目安としては上昇している10日移動平均線(4769円)と重なる時が一つの考え方と思える。そのため4835円以下は大きく売り込めない状態であり、新規買いで対応するのが妥当でないか。

今晩は、目新しい経済指標の発表はないが、本日からスイス・ダボスで世界経済フォーラム年次総会が開催され、欧州ではメルケル首相や甘利経済再生相など数多くの著名人が参加する事から発言内容に注意したい。

テクニカルは、相対力指数が67.48%で下がり、ストキャスティクスも%Dがslow%Dを下回り下げている。RCIは、短期が+80%で下がり、中期は+96%で横ばいし、長期は+82%で上昇している。移動平均線は、10日移動平均線が4769円で上昇し、40日移動平均線も4416円で上昇し、200日移動平均線も4010円で上げている。そのため目先調整の動きと思えるが、10日移動平均線に重なるまで調整が続くと思える。

週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




昨年9月、12月同様に反転機運が高まる値動きと予想し、4835円以下は新規買い・・

                     

11:30の東京白金は、5円安の4866円で推移している。日銀の金融政策決定会合、欧州市場におけるドイツ経済指標の回復、米国議会下院での債務上限の4ヶ月程度の引き上げ法案可決観測などリスク緩和に伴う要因で堅調に推移したNY市場を受け始まった。そのため寄り付き直ぐには4881円まで高値を試したが、為替の円安が落ち着きを取り戻した事で利食いに押される動きを見せ、寄り付き後の安値である4867円を下回った事から4855円まで売られている。

市場は、ビッグ・イベントが終了し事からポジション整理の値動きと方向感を探る動きに狭いレンジ内で上下を繰り返す状態でないか。ただ南ア問題は、企業、政府、労働組合の三者三様の主張が強く、信頼関係が失われた状態での妥協点を見付ける事は難しく思えてくる。特にアングロ・アメリカ・プラチナムはリストラ策発表でも政府に対して発表前に報告がなかった事から信頼関係は失われた状態でないか。特に南アフリカで英国会社が、南アフリカの地下資源を発掘しており、この事実に対して不平が出始めると問題の解決は難しくなる。

添付チャートで見た東京白金は、高値が取れなったがオシレーターでは徐々にストキャスティクスや相対力指数が下げており、RCIでも中期と長期が75%以上で維持されながら短期が下げており、目先に調整場面との見方が強い。特に同じパターンで考えると昨年9月、12月の場面と同じであり、上昇を続けている10日移動平均線と日足が重なり、反発を見せる動きに類似している事から4800円を割り込む事は難しく思える。

そのため10日移動平均線と日足が重なるタイミングで新規買いの対応が妥当と判断する。特にその後の値動きで昨日の高値4918円を上回ったら4948円を上回って来ると予想される。そのため本日より4835円以下は新規買いで徐々に対応する。

週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




NY金で1700ドルを上回ると貴金属全体は売れなくなる・・

本日のNY白金は、24.5ドル高の1698.5ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で49円高(2月限)と予想する。
日銀の金りすく・融政策決定会合で、インフレの目安1%を「目標」に変更し「インフレ目標2%」を目指す政策を政府、日銀で協力して行く事を決定した。また2014年から毎月13兆円に及ぶ資産買い取りも発表した。ただ市場では時期的な時間が遅過ぎるといった失望感も出ている。ただ政府、日銀がインフレを目標に合意した事からバイトマン・ドイツ連銀総裁は「中央銀行の独立性が損なわれる事と通貨競争に対する懸念」を述べている。

その欧州では、ドイツZEW景況感指数が事前予想の12を大きく上回る31.5となった事で「リスク・オン」の動きを強めている。ただ米国の経済指標で中古住宅販売件数が事前予想(510万件)を下回り494万件となっている。しかし明日には米国議会の下院で連邦債務の法廷上限到達を4ヶ月程度先送りする法案が可決される可能性が高まりを見せている。政府側も債務上限の期限延長に反対する理由もない事から成立の可能性が高い。
そのため日銀の金融政策決定会合、米国の債務上限の期限延長、ドイツの景気回復など「リスク・オン」の動きを見せている。

NY貴金属では、インドの輸入関税引き上げなどあったが、ドル建て金価格は徐々に水準を切り上げ1700ドルを上回る水準まで届いて来ており、2月の中国旧正月入りを前にした需要の引き締まりが窺える。白金も欧州経済の回復や日本の金融緩和の動きなど一時的に下げたが買い戻しを強めて1700ドルに迫る動きを続けている。特にNY白金の日足では、1700ドルを上値として横ばいに近い状態で推移しており、ストキャスティクスや相対力指数など高い水準を維持しており、RCIでも短期+855、中期が+95%で横ばいし、長期が+70%で上昇しており、強気維持の状態である。また移動平均線では10日移動平均線が1656.4ドルで上昇しており、下値を支える動きになるか注目したい。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4814円まで下値を試したが10日移動平均線で抵抗を見せている。そのため下値に対しては4800円を意識した状態であり、ドル建て価格が1700ドルを意識し、為替が88.50円を維持する様であれば東京市場で期近4834円を下回る事は難しくなる事から下がれば買われ易い状況でないか。そのため新規売りより新規買いに分があると判断する。

週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




Buy on rumor sell on fact.(噂で買って、事実で売る・・)

本日の東京白金は、17円高の4871円で終わっている。予想通りの為替に左右される乱高下に動きとなった。寄り付きから日銀の金融政策決定会合を意識した動きで始まり、一時4871円の安値を確かめた後は徐々に為替の円安に合わせ買われだすと、12:00前にはインフレ2%の目標を設定し、金融緩和はオープンエンドの無期限を決めている。また2014年での基金増額は10兆円と発表している。そのため発表時には為替が90.05円まで急速に円安となった事から4918円まで高値を追っている。しかし為替市場では「出尽くし相場」の様相から円高の動きが始まると白金価格も反落し、4851円まで反落している。ただ為替が89円を割り込んでからは買い戻しを強め、89円に戻った事から4875円まで戻して終わっている。

本日の為替は、材料出尽くしの買い戻しの円高であるが、89円を割り込む円高は行き過ぎた状態と映ったのか88円へ向けた円買いは出辛い水準と見る。ただ2014年の10兆円では、それまでに満期が来る国債を考えるとロールオーバーであり、増額と考える事は難しいと思え、一時的な失望の動きも入ったと思える。

南アフリカでは、大きな動きもなく海外のアナリストの報告や予想が飛び交っている。特に目を引いたのがアングロ・アメリカ・プラチナムは南ア政府から2010年に「鉱業権」を取得し、不測の事態や他の要因で価格の低迷があった時には、鉱山作業計画(MWP)の改正を申請する権利を保持しており、政府に対して減税を申請する可能性があると伝えられている。ただ昨年12月の与党ANC党大会で、国営化の議題を断念し「資源税」を鉱山会社から徴収する方向で進められており、他の鉱山会社が追随する可能性を考えると簡単な解決策は見付からないのではないか。

テクニカルは、相対力指数が72.71%で横ばいし、ストキャスティクスは%Dもslow%Dも横ばいを続けており、調整に転換するか注意した方が良い。RCIでは、短期が+78%で下がり、中期は+97%で上昇中、長期は+78%で上昇しており短期と長期が重なり、調整の動きに注意と判断する。移動平均線は、10日移動平均線が4726円で上昇し、40日移動平均線は4399円で上昇しており、日足と10日移動平均線との乖離幅の修正の動きと思え、10日移動平均線と日足の重なりまで注意した方が良いと判断する。

週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




方向感も定まらない状態で要因待ちの値動き・・

                     

11:30の東京白金は、8円高の4864円で推移している。NY市場がキング牧師の誕生祭で休場である事から本日行われている日銀の金融政策決定会合に注目が集まり、為替市場に比例した動きを行っている。そのため4882円で寄り付いた東京白金は、一時4870円で下値を確認した後は、為替の円安で徐々に買い戻しされると89.87円時点では4898円まで買われている。しかし麻生財務相が「来年度予算はかなり引き締まった予算にする」「円高はかなり修正された」などの発言が伝わると急速に円が巻き戻いされ白金価格も4862円まで下げている。ただ日計り的な商いが主体であり、買い戻しも強く方向性が定まった値動きとは思えない状態である。

先週末にアングロ・アメリカ・プラチナムと鉱物資源大臣との協議以来、材料らしき材料がなく方向性に乏しい動きと思える。ただ90日間の時間的な猶予が過ぎれば同じ問題が再浮上する状態だけに、売り込むのは「至難の業」と思える。また政府は、アングロの処理で他の鉱山が追随する可能性もあり、慎重に事態を考えているのではないか。そのためすぐに解決策が導かれる事は難しく、結果的にリストラ策が多少縮小されても実行されると思える。

テクニカルで見た東京白金は、相対力指数は73%で下げ止まり、ストキャスティクスは%Dがslow%Dを上回り上げており、目先下げ渋った動きに見える。RCIでは短期が+78%で下がり、中期は+97%で上昇し、長期は+78%で上昇し、短期と長期が重なった状態である。そのため一時的な調整の場面であり注意しながら対応したい。移動平均線は、10日移動平均線が4727円で上昇中、40日移動平均線も4399円で上昇しており、強気は維持した状態である。ただ価格と10日移動平均線の乖離縮小の動きが続いており、価格と平均線の重なりまで待つ時間帯でないか。

午後からは、金融政策決定会合が終了後の麻生財務相、甘利経済再生相、白川日銀総裁の共同記者会見まで動き辛い状態が続くと思える。

週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




インド金の輸入関税6%へ引き上げ決定、ただ債務上限切り上げ問題の不確定要因で金は今後3ヶ月で1825ドルへ・・

本日のNY市場は、キング牧師の誕生祭で休場となった。東京市場の夜間取引は4864円で推移している。NY市場が休場の中、インド中央銀行が、金輸入関税を現在の4%から50%引き上げ6%とする事を発表した。また南アフリカ共和国の世界第4位の金生産会社のゴールド・フィールズは、昨年起きた違法ストライキの影響から第4四半期(10月~12月)の生産量が81万1000オンスの予想が75万3000オンスとなったと発表している。
またゴールドマン・サックスの貴金属アナリストは、債務上限切り上げの不確実性を考慮すると今後3ヶ月で金価格は1825ドルまで上がる可能性を秘めていると発言している。

本日は8時から日銀の金融政策決定会合で開催され、甘利経済再生相も参加しインフレ2%を目安から目標に変更し、時間軸を「中期」と表示すると見られ、また2回連続で10兆円規模の金融緩和を行うと見られている。そのため昼過ぎには会議の内容が伝わり、為替市場は円安に進む動きを見せてくるのではないか。また記者会見では麻生財務大臣、甘利経済再生大臣、白川日銀総裁が「共同文書」を作成し3名で記者会見を行うと言う事から市場に対して強い意思表示を見せると思える。

本日の東京市場は、夜間取引で一時4827円まで下値を試しており前日の安値を下回ったが、日銀の金融政策決定会合に向けた買い戻しから戻りを見せている。しかし徐々に高値が切り下げられており、オシレーターではストキャスティクスが横ばいし、相対力指数は下げており、RCIは短期、中期、長期が+78%以上で重なりを見せており、目先下値に対して注意と判断する。

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




今すぐ切り返す要因不足から4700円台への調整あり・・

本日の東京白金は、88円安の4856円で終わっている。週末の見南ア政府の鉱物資源大臣とアングロCEOとの協議は90日間の保留で合意した事を受け、週末の夜間取引では利食いにより4840円まで下値を試している。その流れを受けて始まった東京市場は、米国下院で債務上限引き上げ問題で3ヶ月分だけ引き上げを行う法案が下院議会で成立する可能性が高いとの報道を受け円安から始まると4900円を回復して始まった。しかし東証市場が日銀金融政策会合を前にして利食いが進むと白金価格も徐々に下げている。特に午後からは引き際まで一直線に下げており、利食いの動きに傾いた状態でないか。そのため引け際には4851円まで下値を試しており、夜間の高値から100円下げた事になる。

南ア問題は、目先の鉱山閉鎖が時間的に3月8日まで猶予ができただけであり、その間に新たな提案がなされるかは不透明である。特に鉱山会社は昨年起きた違法ストライキでコスト高に伴う赤字経営に落ち込み、政府は高失業率が目先の問題となっており、妥協点を見付ける事は非常に困難と予想される。また鉱山労働組合側は、鉱山内での組合同士の縄張り争いが激化しており、2年に一度の賃金交渉も重なりリストラ撤回しか頭にない。そのため時間だけが浪費される動きになると予想され、2月は会社、政府、組合の駆け引きが激しくなる状況でないか。

そのため今しばらく下値を確かめると反転する機運が強まると思え、今しばらく下値を確かめて新規買いのチャンスを待つのが妥当と判断する。

テクニカルでは、相対力指数が71.99%で下がり、ストキャスティクスは%Dがslow%Dと同様に横ばいを続けており、調整に入り易く注意と買いポジションは思える。RCIでは、短期が+93%で下がり、中期は+94%で上昇、長期は+73%で上げており目先短期が下げる様であれば長期を下回ると調整の動き。移動平均線は、10日移動平均線が4682円で上昇し、中期も4379円で上昇し、200日移動平均線も4009円と引き上げている。ただ日足との乖離調整の動きであり、10日移動平均線と重なるまで新規買いは避けるのが妥当と判断する。

今晩は16:00にドイツ生産者物価指数の発表が行われ、22日1:00にはユーロ圏財務相会合、2:00にはオバマ大統領就任式、3:00にはバイトマン・ドイツ連銀総裁の講演が行われる。ただ米国市場はキング牧師の誕生祭で市場は休場となる事から下値に対する調整の動きに注意したい。

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




目先高値更新が止まり、利食いの動きに抑えられる時間帯であり、セオリー通りに「利食い1000人力」・・

                     

11:30の東京白金は、60円安の4886円で推移している。週末行われた南ア政府・鉱物資源大臣とアングロ・アメリカ・プラチナムCEOとのリストラ策に対する協議で90日間の時間稼ぎが合意し、早期の鉱山閉鎖が後退した事を受け一時4840円まで週末に下げたが、寄り付きは日銀金融政策決定会合や米下院議会での債務上限を3ヶ月間の引き上げ法案が成立する可能性が高くなった事から為替要因の円安で4900円を回復して始まっている。そのため一時4908円まで高値を試しているが、利益確定の円買いや白金売りで徐々に下値を試し4872円で支えられている。

ここ数日、白金価格は南アの世界第一位のプラチナ生産鉱山アングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策で生産量が低下し、投機資金の流入で急速に値を戻しているが、週末の政府との協議で90日間の時間の猶予ができた事で利食いに走る動きを見せているのではないか。ただ根本的な解決策は会社の黒字化であり、2年置きの賃金交渉を7月期限を控えた鉱山会社としてはリストラ策は避けて通れない。

また政府は、南アフリカの高失業率が頭の痛い部分であり、12月には与党大会で国内産業の育成を謳った構想もあり、アングロのリストラ策は時期が悪いとの見方が強いのではないか。そのため鉱山会社に対して鉱業権の取り消しをちらつかさせ会社側の譲歩を引き出したと思える。ただ3月8日までが期限であり、時間稼ぎの様相が強いと思える。

テクニカルでは、連続した高値更新が止まり、前日の安値を下回るなど今までの上昇に対して変化が見えだしており、またオシレーターではストキャスティクスが買いのサインを見せているが、相対力指数は下げており目先の動きには注意が必要と思える。RCIでは短期が下がり、中期、長期が上げており、依然と強気の動きは維持された状態と思える。また10日移動平均線が4686円で上昇し、40日移動平均線も4380円で上昇するなど強気維持の動きである。

しかし10日、40日移動平均線に対して日足の乖離幅が拡大しており、下げるか横ばいの時間帯に入った判断する事から買いポジションは目先の利食いが無難と思える。

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




アングロCEOと鉱物資源大臣の協議は90日間の時間稼ぎで合意・・

週末のNY白金は、26.5ドル安の1674ドルで終わっている。夜間取引から比べ寄り付き換算で10円高(2月限)と予想する。
週末の欧州市場では、スペインの昨年11月の不良債権比率が10月(11.23%)を上回り11.38%となったと発表、イングランド銀行(英国中央銀行)の金融政策メンバーは景気回復に対する新たな処置を支持する可能性があると述べるなど方向感に決め兼ねる動きである。米国ではミシガン大景況感指数が事前予想75から71.3と低下したが、企業決算が好調な発表と、2月には米国の財政が枯渇する「債務上限切り上げ」問題で下院共和党院内総務が「下院で3ヶ月間の債務上限引き上げる法案が可決される」と述べており、民主党でも一時的な賛成に回る可能性が高いと述べている。そのため朝からは、本日から始まる日銀の金融政策決定会合と米国の債務上限を3ヶ月切り上げる法案が下院で可決される可能性が高まりを見せてる事から対ユーロや対円でドル買いの動きを強めると予想される。

注目の南アフリカ情勢では、週末にアングロ・アメリカ・プラチナムと南ア鉱物資源省の間で今回のリストラ策に対する協議が行われ、90日間の時間を設け早期の操業停止にはならない事からNY市場では白金価格が大きく反落した。ただ赤字鉱山を操業し続けても株主に対する説明責任を果たしていない事や鉱山国営化の動きは昨年12月与党ANCの党大会で拒否され、資源税を徴収する案で合意しており、国営化の動きは否定できる。ただ国が閉鎖される鉱山を買い上げて国営化にする動きもあるが流動的であり、次々と採算割れの鉱山が出てくる事を考えると最良な方法とは思えない。

NY白金の日足は、連続して上昇した価格が大きく陰線で下げており、調整の動きに思える。オシレーターではストキャスティクスが横ばいしながら微妙に下げており、相対力指数は急落し、RCIは短期が下がり中期の横ばいを下回っている。長期は上昇を継続しており目先の調整には注意と思える。

本日の東京市場は、週末の急落に対して為替の円安で買い戻しされて始まると思える。ただ南アフリカ情勢に対する早期の閉山が低下した事から利食いに押される動きとなるのではないか。また1月17日の安値4713円を付けた日の寄り付きの価格4787円を下回る時には一時的な調整(上昇ウェッジのダウン・ブレィク)を覚悟した方が良いと予想する。ただ為替の影響を考慮すると逆張りが当面続くのではないか。

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワードの申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




ブレィク・タイム・・(プラチナについて)

15日アングロ・アメリカ・プラチナムが経営再建計画を発表し、2鉱山における4シャフトを長期的なメンテナンスを行うため閉山、ユニオン鉱山でもメンテナンスを行うため閉山し将来的には売却を行う。その影響で14000人の鉱山労働者に影響を及ぼすとリストラ策を発表した。ただNUMや南ア鉱物資源大臣は不快感を示すコメントが伝わるなど混乱を見せていた。そのため15日から閉山になる予定のルステンバーグ地区の鉱山で地下作業を2日間拒否している。しかし17日は職場復帰を行いましたが、NUM代表はアングロに政府が2010年に30年間の許可を出している鉱業権を取り消す様に提案すると述べるなど混乱を見せていた。

しかし18日には事 態収拾に向けてアングロCEOと南ア鉱物資源大臣がリストラ計画を議論するため協議を行った。NY市場では、早期の鉱山閉鎖が回避されるとの憶測でプラチナ価格が下げているが、内容はほとんどなく「一緒に仕事ができる方法を決定するため、今後90日間に積極的に従事する事で合意した」と述べており、期限は3月8日となっている。

特に南アフリカ政府は高失業率を抱え社会問題にもなっているおり、多くの鉱山労働者を抱えるアングロのリストラ策は頭の痛い問題となる。また2012年12月に行われた与党ANCの議長選挙で現大統領のズマ大統領が再選し、2014年の大統領選に向けて基盤を盤石にしていくためにも国内失業率を低下したい構図もある。そのためANCの大会では、国内鉱山の国有化の動きあったが拒否され、その代わりに鉱山会社に対して資源税を徴収する事で合意している。また鉱物を利用し、国内産業を育成するプランでプラチナ輸出に対してライセンス制を設け、輸出を制限し国内において蓄電池や自動車産業を育成するため国内消費に回す機運もある。

その状況下で昨年の違法ストライキにおける生産量尾低下に賃金アップといった会社経営のおける現金コスト・アップが2013年は昨年比で25%近く上昇するとのアナリストの予想もあり、他国でのプラチナ鉱山における現金コストは500ドル/オンスぐらいでも南アにおいては754ドル/オンスと言われており、赤字経営の鉱山会社が数多く発生するのもわかる様な気がする。そのため今回のアングロ・アメリカ・プラチナムのリストラ策に発展した状況でないか。また今年に入り2013年での閉山リスクが一番高いのはロンミン社のマリカナ鉱山と予想されていた事もあり、今後ロンミン社の動向に目が離せないと思える。

そのため閉山リスクの高まりで鉱山労働者のストライキやリストラ策に対する生産量の低下の動きで大きく反発したプラチナ価格は、NY市場で下がり、東京市場の夜間取引でも下落している。ただ記載した様に会社側と政府の協議では何ら事態が進展した動きも見られず、時間稼ぎの様相が強く、依然と混乱は続くと思える。特に2011年から2年置きの賃金交渉になったプラチナ鉱山は、7月で現契約が切れるため新たな契約を労働組合と結ぶ必要があり、今回のリストラ策が波紋を呼ぶ恐れが強く懸念されるため、大きくプラチナ価格が下がるとは思えない状況である。

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました・・

週報「プラティニの相場観」NO17をアップしました。週報閲覧のパスワードをお持ちの方は最下位にあります週報閲覧のバーナーからご覧ください。また週報閲覧希望の方は、無料パスワード申し込みはここをクリック

今後どうなる!?貴金属の値段
     金価格の6000円   白金価格の5000円  
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ              にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
     どっちともいえず     その他
       にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ             にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

週報のお知らせ
今週末に更新します週報「プラティニの相場観」は、南アフリカ要因が入り大きく反発の期待が高まっている白金について記載したいと思います。またパラジウムも12月から250円近く上げており、どこまで行くのか予想したいと思います。
週報のパスワードは、画面右上の「週報申込フォーム」か或いは下の無料パスワード申し込みの「クリック」から申し込み頂ければ無料で送信させて頂いています
またメールが届かない場合がございますので記載事項は全て記載して下さい。よろしくお願い致します。

週報「プラティニの相場観」の無料パスワード申し込みはここをクリック


週報「プラティニの相場観」について
週報会員様向けのレポートになります。
本レポートはページ右上にある「週報申込フォーム」より
無料登録いただいた方のみ閲覧することが可能です。

週報レポートの購読を希望される場合はページ右上よりお願い致します。


週報レポートを閲覧するには

①会員登録を行う
②記事下段にある「ダウンロードボタン」をクリックし、
  レポートをダウンロードする。
③週報レポート購読用パスワードを入力し、レポートを購読する。



1月19日週報レポートのダウンロード
button_download_lightbrown_20120918111006.gif




Page Top

FC2カウンター
24 Hour Spot Platinum

kitco 白金スポットレート

プロフィール

田栗 満

Author:田栗 満
以前の明治インフォメーション24の「プラティニの相場観」を5年間担当し、白金の相場観や勉強会の講師など行い、テクニカルや日柄計算にて独自の相場観を展開し、1998年からのパラジウムの大相場を予想し多くの隠れたファンが存在する。セミナー講師や業界新聞へ数多くコメントを配信している。現在、岡地㈱でコミッションを行っている。

先物取引についてのお問合わせ

お取引のお問い合わせの方は、☎0120-911-250、

までお問い合わせ下さい。お持ちしております。

クリックお願いします
最新記事
ブログパーツ
リンク
週報申込フォーム

週報「プラティニの相場観」を発行致します。 無料の会員登録はこちらから行ってください。

取引に係る重要事項

【取引に係る重要事項】 商品先物取引は、相場の変動により利益も損失も生ずるおそれのある取引です。また、委託者証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、預託した委託者証拠金の額を上回る損失が発生することがあります。 各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、一切責任を負いかねます。 提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。 重要事項の説明

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示