全ての記事の表示

新甫4月限の発会後に3200円以下を試す値動きに注意・・
2019/04/23
目先ポジション調整の動きであり、再度3200円割れに注意・・
2019/04/23
地政学的なリスクの高まりで高値トライに失敗したNY白金・・
2019/04/23
オシレーターの強気を受けて、新甫発会までに3272円を超えるか・・
2019/04/22
高値更新から3272円を狙った上昇を維持か・・
2019/04/22
大型連休を控え、ポジション調整に伴う買い戻しの動き・・
2019/04/21
ブレィクタイム・・
2019/04/21
週報「プラティニの相場観」NO324をアップしました・・
2019/04/20
3200円を回復して終わった東京白金は強気の表れ・・
2019/04/19
「木を見て森を見ず」、大勢感は3272円を超える値動き・・
2019/04/19
相場の動きは、リスクから金利へ移行し、金:白金の価格差は縮小し続ける・・
2019/04/19
2018年4月~6月の回帰相場のレンジ下値は3144円~3166円・・
2019/04/18
下降ウェッジの形成であり、下げても下値は限定的か・・
2019/04/18
中国要因でリスク緩和の要因から880ドルを維持したNY白金・・
2019/04/18
3151円を下回る可能性は残るが、目先は3151円を下回る事が出来なかった反動高・・
2019/04/17
中国GDP、事前予想を上回る6.4%となり、目先買い戻しの動き・・
2019/04/17
米国の貿易懸念後退で長期債の金利上昇からドル高・・
2019/04/17
今晩の夜間取引で3160円を連続して下回れるかに注意が必要・・
2019/04/16
オシレーターやチャートパターンでも3200円を付けたサプライズが売りの疑心を高めた・・
2019/04/16
カナダ中銀、企業景況感調査で2016年Q3以来のマイナス・・
2019/04/16
3185円を夜間で下回ると3165円、3151円を試す値動きへ・・
2019/04/15
3200円の攻防であり、割り込むと3151円を下回る確率は高くなる・・
2019/04/15
リスク緩和に伴う為替市場のユーロ高:ドル高:円安の影響であり、上値は重たい・・
2019/04/14
ブレィクタイム・・
2019/04/14
中国経済の底堅さから欧米の長期金利の上昇が要因であり、長続きはしない・・
2019/04/13
週報「プラティニの相場観」NO323をアップしました・・
2019/04/13
当面900ドル~860ドル(3235円~3090円)のレンジ相場・・
2019/04/12
徐々に値動きが縮小する動きに注意が必要・・
2019/04/12
本格的な上昇が始まる賃金交渉の開始までの振るい落としに注意・・
2019/04/12
目先、3151円を下回れなかった反動高であり、次は3272円を超えられなかった値動き・・
2019/04/11
強気を維持しながら高値を更新する雰囲気は保持しているが、要因不足は否めない・・
2019/04/11
臨時EU首脳会議、英国離脱期限を10月31日まで延期で合意・・
2019/04/11
高値3272円から0.382の調整を達成し、必然的な買い戻しの動き・・
2019/04/10
イベントを控え乱高下に注意して、安値の売り込みは避けた方が良い・・
2019/04/10
IMFの世界経済の下方修正とEUに対する110憶ドルの関税懸念・・
2019/04/10
3197円を下回るとシンプルに下げ相場の様相・・
2019/04/09
2月の波動を照らし合わせると3119円~3082円のレンジまでの調整安に注意・・
2019/04/09
高くなれば、下がるのが相場の鉄則であり、維持する力が陰りを示している・・
2019/04/09
昨年8月の安値2680円から2割の戻りを行い、2014年からの下げ相場は終わっている・・
2019/04/08
大勢感は強気を維持しているが、目先は短時間の調整待ち・・
2019/04/08
10日、臨時EU首脳会議に向けてリスク逃避の利益確定・・
2019/04/07
トランプ大統領、メキシコ製自動車に対する25%の関税示唆、FRBに対する利下げに言及・・
2019/04/06
3223円以上を夜間取引で維持できるかに注目したい・・
2019/04/05
N波動の動きから利益確定の場面・・
2019/04/05
東京、NYのスパイラル現象で昨年6月15日の水準まで戻る・・
2019/04/05
昨年6月の水準に向けた回帰相場であり、3177円の次は3273円を試す・・
2019/04/04
回帰相場の動きであり、安値覚えの心理が仇となる・・
2019/04/04
2010年8月、2015年3月に見られたドイツ国債のキャリートレードの巻き戻しに注意・・
2019/04/04
3088円を通過点として3127円まで高値追いが続く・・
2019/04/03
レンジ離脱を確認し、3088円に向けた動きを示す・・
2019/04/03
日米のペナントレンジからの離脱が近付き、下振れしても売れない相場・・
2019/04/03
東京白金は、時間を掛けた分だけ強気のレンジ離脱を待つ・・
2019/04/02
リスク緩和に伴いレンジ内の上限を試す値動き・・
2019/04/02
英国下院議会、4つの代案すべての採決否決でポンド安・・
2019/04/02
2016年1月以来、40日移動平均線が200日移動平均線を超え強気のサイン・・
2019/04/01
株高や円安、パラジウムの上昇を受けた動きであり、レンジ離脱は確認されていない・・
2019/04/01
中国、製造業PMIの50.5を受けて買い戻し主体の値動き・・
2019/04/01
ひとり言・・
2019/03/31
ムーディーズ、南アフリカの格付け発表延期・・
2019/03/30
週報「プラティニの相場観」NO321をアップしました・・
2019/03/30
イベントを控え、3020円~2970円の逆張り的な値動きに注意・・
2019/03/29
東京時間は円安、欧州、NY時間はドル高を意識した値動き・・
2019/03/29
合意なき離脱、リラの枯渇、ランドの格付けでドルへのリスク逃避・・
2019/03/29
高値は要因で抑えられ、下値はテクニカルで支えられた値動き・・
2019/03/28
3010円を下回るか否かで目先の値動きが変化する・・
2019/03/28
メイ首相の修正代替案の採決に向けて市場の乱高下・・
2019/03/28
28日AM2:00 からのメイ首相の議会演説の内容に注目される・・
2019/03/27
依然とレンジ内の値動きを示しており、逆張り相場に注意・・
2019/03/27
逆イールドの過度な警戒感が低下し、リスク緩和の株高:ドル高・・
2019/03/27
2950円に向けた値動きが想定され、下値の見極めの時間帯・・
2019/03/26
戻りが抑えられ期待感が低下するなど、3000円割れに注意・・
2019/03/26
英国下院議会、拘束力のない代替案の採決実施を承認し5月22日への延期目指す・・
2019/03/26
2970円を下回ると2950円を試す可能性が高く、ボラティリティの高い値動き・・
2019/03/25
27日まで見極めであり「休むも相場」の格言で対応・・
2019/03/25
アジア時間帯の株価の下落に注意が必要であり、目先2950円を試すか見極めの相場・・
2019/03/25
ひとり言・・
2019/03/24
ユーロやトルコ・リラの下落で850ドル割れの調整安・・
2019/03/23
週報「プラティニの相場観」NO320をアップしました・・
2019/03/23
合意なき離脱が無ければ、3000円以下は買いの域・・
2019/03/22
EU首脳会議、英国の法律で欧州議会選挙の有無の回答前の4月12日まで延期承認・・
2019/03/22
EU首脳会議、無条件に4月12日までの延期と承認を条件で5月23日までの延期を想定・・
2019/03/22
FOMC、2019年の利上げ回数をゼロと予測しハト派の声明内容・・
2019/03/21
一代棒が示す3177円を意識した値動きに備える・・
2019/03/20
様々な要因が存在するが東京白金は3127円を狙った値動き・・
2019/03/20
ロシアのスクラップ輸出禁止の憶測で850ドルを回復したNY白金・・
2019/03/20
総合的に2950円以下は離れても売り込むのは避けるべきか・・
2019/03/19
イベントを控え模様眺めの値動きに「離れに付く」動きか・・
2019/03/19
労働裁判所、AMCUのシバニーゴールドのリストラ策阻止の申請も棄却・・
2019/03/19
依然とテクニカルは弱気に傾き出しており、一時的な買い戻しは注意・・
2019/03/18
スト懸念が消えた南アフリカに、ムーディーズの格付け懸念が残る・・
2019/03/18
多重移動平均ではイベントがなければ、2850円~3020円のレンジを示唆・・
2019/03/18
ブレィクタイム・・(プラチナの過去、現在、未来)
2019/03/17
11社に及ぶAMCUのストライキを労働裁判所が要請を棄却・・
2019/03/16
週報「プラティニの相場観」NO318をアップしました・・
2019/03/16
逆張り的な相場であり、徐々に下値を模索する値動きか・・
2019/03/15
一時的な抵抗を示しても2949円を下回ると19日まで下値模索が予想される・・
2019/03/15
英国のEU離脱問題、米中通商協議の楽観的な見方の後退・・
2019/03/15
22日まで2910円以下に向けて目先の調整安を行う可能性・・
2019/03/14
英国議会の採決を巡る要因一巡で利益確定の動き・・
2019/03/14
合意なき離脱が回避され、リスク緩和に伴う欧州通貨買いの巻き戻し・・
2019/03/14
力強さは残るが、買い続ける要因不足は否めない・・
2019/03/13
今晩の欧州市場やNY市場の動向がカギになる・・
2019/03/13
英国下院議会、391対242でEU離脱代替案を否決・・
2019/03/13
13日未明の英国下院議会の勇断に期待・・
2019/03/12
リスク緩和に伴い、今晩の下院議会での採決まで高値追いは継続・・
2019/03/12
メイ首相とユンケル欧州委員長の共同記者会見待ち・・
2019/03/12
メイ首相の辞任がない以上、想定済みの期限延長で影響は限定的・・
2019/03/11
底値レンジ内の確認であり、売り込むリスクが高い値動き・・
2019/03/11
12日の英国下院議会の採決で否決される可能性が高く、メイ首相の動向に注意・・
2019/03/11
ひとり言・・
2019/03/10
南アフリカ、中部と北部で大規模な停電発生・・
2019/03/09
2950円以下は最終的に戻りを見せる水準であり、売り込むリスクに注意・・
2019/03/08
上昇幅の0.618の調整を終え、昨年からの底値レンジで抵抗を強めるか・・
2019/03/08
ECB理事会、イタリア国内銀行救済の形を変えた景気刺激策(QE)でユーロ安・・
2019/03/08
ECB理事会、トランプ大統領とムニューシン財務長官の会談の予定・・
2019/03/07
2950円以下は、ストライキ懸念が残る6月末までの買い場の域・・
2019/03/07
WPIC、2019年プラチナ需給バランス予想は、21トンの供給過剰拡大・・
2019/03/07
ストライキ要因以前のレンジの高値2900円までの回帰相場に注意・・
2019/03/06
前日の安値2994円を下回った事から、次は0.5の2954円に注目・・
2019/03/06
要因織り込みで方向性を模索する展開であり、ECB理事会や英国下院議会の動向次第・・
2019/03/06
0.382の調整を達成し、次の目標である2954円を試す値動きに注意・・
2019/03/05
中国全人代、2019年の成長目標「6~6.5%」へ引き下げ発表・・
2019/03/05
話題性はストライキから全人代の成長目標へ・・
2019/03/05
ストライキ要因を織り込み買われ続けただけに、次に待つリスク逃避の動きに注意・・
2019/03/04
米中通商協議の進展の思惑を受けたリスク・オンの動きの円安効果・・
2019/03/04
今週は全人代で示す中国経済成長率の目標の引き下げに注意・・
2019/03/03
ブレィクタイム・・(AMCUとシバニースチールウォーターの戦い)
2019/03/03
ストライキ延期に米中通商協議の進展でリスク緩和のドル高の影響・・
2019/03/02
週報「プラティニの相場観」NO317をアップしました・・
2019/03/02
見直し相場を受けた345円の上昇に対する調整に注意・・
2019/03/01
当業者、海外先物業者経由の売りポジションの手仕舞いで価格を押し上げている・・
2019/03/01
合法性が得られなければ、無給のストライキとなり、労働者は得るものがない・・
2019/03/01
AMCU、「裁判所の判決が下るまで開始できない」・・
2019/02/28
ストライキ頼みの上昇だっただけに、南ア情勢の見極め・・
2019/02/28
ストライキの時間が迫り、安値から322円上昇した水準を買うのか・・
2019/02/28
英国の離脱期限延期濃厚、AMCUのストライキ懸念が重なり850ドル~900ドルレンジへ・・
2019/02/28
価格が高過ぎるのではなく、上昇スピードが早過ぎるのであり、大勢感に変化はない・・
2019/02/27
2782円のからの上昇に対する黄金比の調整予想は2971円~2898円・・
2019/02/27
鉱山会社、裁判所にストライキの阻止を訴え、27日に判断示す・・
2019/02/27
5000円のパラジウムの影響を受けた値動きであり、突発的な動きに注意・・
2019/02/26
夜間取引で3020円以下の寄り付きはアイランドリバーサルになり易い・・
2019/02/26
リスクの先延ばしでリスク緩和の値動き・・
2019/02/26
2月25日 コムスクエア TV出演の配信・・
2019/02/25
新甫2月限の発会以降の値動きの見極め・・2950円以下は買いの域・・
2019/02/25
昨年11月以来の3000円台を回復した東京白金・・
2019/02/25
トランプ大統領、3月1日の関税引き上げ期限延期に言及・・
2019/02/24
ブレィクタイム・・(2月25日トコムスクエアTV出演・・)
2019/02/24
AMCU、金や白金鉱山を含む15鉱山会社で支援ストライキを警告・・
2019/02/23
週報「プラティニの相場観」NO316をアップしました・・
2019/02/23
今晩2960円を超える事が出来なければ、新甫発会まで下値追いか・・
2019/02/22
強気を維持しながら、目先の調整に合わせた対応が妥当・・
2019/02/22
AMCU、28日から3月7日までアングロ・ゴールド、ハーモニィーゴールド、アングロ・アメリカ・プラチナ、ロンミン社などでスト計画・・
2019/02/22
パラジウムの4789円割れは目先の調整安のサインか・・
2019/02/21
目先、黄金比で計算した2903円~2868円の調整安に備える・・
2019/02/21
エスコムに対してを3年間で690億ランド(50憶ドル)の資金供給・・
2019/02/21
東京金期先がゴールドスポットを超えて、買われ過ぎを示すサイン・・
2019/02/20
直近の高値2923円更新し、2946円を狙った値動きの継続・・
2019/02/20
AMCU、シバニーウォーターのプラチナ鉱山にストライキを要請・・
2019/02/20
売る根拠なしの高値追いから2923円を意識した値動き・・
2019/02/19
19日からワシントンで米中閣僚級通商協議開始・・
2019/02/19
米中通商要因から米国輸入自動車関税懸念へ移行・・
2019/02/19
2月23日、「2019年 相場の勘所を掴め」 吉中 晋吾氏のセミナー開催・・
2019/02/18
午前中の安値2843円が当面の下値であり、それ以下は買いの域と判断・・
2019/02/18
通商リスク緩和の動きに、2800円を固めた相場展開・・
2019/02/18
ブレィクタイム・・
2019/02/17
週報「プラティニの相場観」NO315をアップしました・・
2019/02/16
米中通商協議で妥協出来れば、関税撤廃に言及しリスク緩和の巻き戻し・・
2019/02/16
トランプ大統領日本時間16日0:00に国家非常事態宣言か・・
2019/02/15
米国の小売売上高に続き、中国のCPI、PPIの低下で安値追いの動き・・
2019/02/15
小売売上高、予算案、EU離脱問題のリスク逃避のぶり返し・・
2019/02/15
今晩も夜間取引で高値更新を示す事が出来るか・・
2019/02/14
売られても下がらない相場であり、高値追いの値動きに期待・・
2019/02/14
エスコム、4月までに資金確保できなければ破綻の危機・・
2019/02/14
「人の行く裏に道あり、花の山」・・
2019/02/13
2825円以下でオシレーターの好転で目先切り上げの値動き予想・・
2019/02/13
依然とリスクは存在するが、そのリスクが時間と共に弱まわってる・・
2019/02/13
2800円以下は売り込む事は難しい水準であり、買いの域・・
2019/02/12
下げても売り込む要因不足であり、2800円以下の買いの域は不変・・
2019/02/12
南アフリカ、エスコム6発電ユニットの突破的なダウンでランド安・・
2019/02/12
WSJ、超党派の政府機関再閉鎖解除の協議は決裂と報道・・
2019/02/11
ブレィクタイム・・(昨年1月以来のNY白金の値動き・・)
2019/02/10
超党派議員の協議進展で政府機関の再閉鎖回避の動き・・
2019/02/09
週報「プラティニの相場観」NO314をアップしました・・
2019/02/09
昨晩からリスクの再熱で修正安を見せるが、2775円以下は難しい・・
2019/02/08
800ドルを下回っても2800円を維持できている東京白金・・
2019/02/08
ラマフォサ大統領、エスコムの3分割化を発表、最大労働組織Cosatuのスト警告・・
2019/02/08
下値は限定的であり、2825円以下は今年の買い場になる・・
2019/02/07
2825円以下でサインが発生すれば、再度新規買いのチャンス・・
2019/02/07
イタリアやドイツ製造業受注の低下でユーロ安を受けた下落・・
2019/02/07
2867円~2854円が下値抵抗レンジであり、2885円以下はロング・ポジションの域・・
2019/02/06
一般教書演説でメキシコの壁に言及し、為替市場はドルの買い戻し・・
2019/02/06
市場はトランプ大統領の一般教書演説に注目し、対立か融和かの言及に注目・・
2019/02/06
明日AM11:00からトランプ大統領一般教書演説後に白金高値更新を示すか・・
2019/02/05
2923円を超える動きであり、超えない根拠は見当たらない・・
2019/02/05
インパラ・プラチナム、2018年6月~12月で80万オンス(24.8トン)のプラチナ生産・・
2019/02/05
5年間の長期ダウントレンドが終わった相場・・
2019/02/04
2946円を狙った値動きであり「買えないリスク」が高まる値動き・・
2019/02/04
基調が変化した値動きであり、2900円以下は買いの域へ・・
2019/02/04
ひとり言・・(金融政策、経済情勢、南アフリカなどの投資環境も2016年に類似している)
2019/02/03
クドローNEC委員長の発言通り、雇用統計を受けたドルの巻き戻し・・
2019/02/02
週報「プラティニの相場観」NO313をアップしました・・
2019/02/02
高値更新の動きが目先抑えられており、雇用統計以降の為替の動きに注目・・
2019/02/01
WSJ、2月末にトランプ大統領と習近平主席の首脳会談を中国海南省で開催・・
2019/02/01
米中閣僚級通商協議は進展を強調するが合意には至っていない・・
2019/02/01
米国時間31日15:30(日本時間1日5:30)までに米中閣僚級通商協議終了・・
2019/01/31
金融政策のイベントを織り込み、米中閣僚級会議の不確実性に備えている雰囲気・・
2019/01/31
国営電力会社エスコムの15%の電気料金引き上げ要請の波紋拡大・・
2019/01/31
東京白金の値動きは、弱く見えても基調は強い相場に思える・・
2019/01/30
2850円以下は買いの域が定着すれば、必然的に2892円を超える値動きに繋がってくる・・
2019/01/30
英国下院議会、バックストップ条項を削除した代替案を可決・・
2019/01/30
イベントを織り込み、週末には2946円を試す値動きに注目・・
2019/01/29
年末から年始に掛けたレンジから50円幅レンジを切り上げた値動き・・
2019/01/29
市場はリスク緩和に向けて動き出しており、800ドルを下回る事は難しい・・
2019/01/29
動き出した値動きが中途半端な水準で終わる事はない・・
2019/01/28
過去の値動きにこだわり続けると「木を見て森を見ず」に陥り易い・・
2019/01/28
メイ首相、「合意なき離脱」回避に言及した報道・・
2019/01/28
ブレィクタイム・・
2019/01/27
2月15日までの暫定予算合意、エリザベス女王の一言と合わせてリスク・オン・・
2019/01/26
週報「プラティニの相場観」NO312をアップしました・・
2019/01/26
北アイルランドの地域政党DUP、メイ首相の代替案を支持報道・・
2019/01/25
底堅さを確認し、1ヵ月のペナントレンジのエネルギーを放出する値上がり期待・・
2019/01/25
ドラギECB総裁の緩和継続の思惑で、800ドルを回復したNY白金・・
2019/01/25
弱気の時間帯を終え、直近の高値2892円、2946円に向けた値動きへ・・
2019/01/24
下げ止まりを確認した相場であり、2946円を目標に上昇を示してくる・・
2019/01/24
要因不足の中、2800円を維持している東京白金の強さ・・
2019/01/24
材料に惑わされ、2800円以下を売り込むリスクが高まっている・・
2019/01/23
24日、上院議会で民主党の提案も取り入れて予算案の採決実施・・
2019/01/23
AMCU、48時間以内にシバニー側の対応が無い場合は、プラチナ鉱山でフルタイムストライキを警告・・
2019/01/23
ファーウェイの孟CFOの引き渡し請求を正式にカナダ政府に通知報道・・
2019/01/22
格言「鯛の頭と尻尾は猫にくれてやれ」の対応が妥当・・
2019/01/22
ゴールドマン・サックス、英国のEU離脱回避かソフトグレジットの可能性が高いと予想・・
2019/01/22
メイ首相の代替案に期待する事が出来ないだけに、離脱期限の延期が焦点か・・
2019/01/21
800ドルを維持しながら、2850円以下を売り込む根拠が乏しい環境・・
2019/01/21
22日、AMCUはシバニースチールウォーターに向けて抗議の行進実施・・
2019/01/21
ブレィクタイム(トランプ大統領、ホワイトハウスで13分間のTV演説)・・
2019/01/20
中国、2024年に対米黒字幅ゼロ目標を掲げ、通商リスク後退・・
2019/01/19
3177円に向けた値動きの始まりであり、売り込むに値しない白金に変化・・
2019/01/18
白金価格を抑え付ける要因が後退し、2000年に起きた価格見直し相場・・
2019/01/18
明日19日「岡地の相場セミナーin東京」開催のお知らせ・・
2019/01/18
パラジウム価格の上昇を無視できなくなった白金相場・・
2019/01/18
2800円を割り込むだけの要因は「合意なき離脱」であり、現状は思惑だけ・・
2019/01/17
採決が否決され、目先最大の売り要因を織り込み買われている東京白金・・
2019/01/17
EU当局者2020年まで離脱時期の延期示唆、カーニー総裁もポンドの巻き戻しの要因認める・・
2019/01/17
否決を受けてもNY800ドル、東京2800円維持の動き・・
2019/01/16
否決結果に対する不確実性の高まりを受けた値動きであり、2800円以下は短時間・・
2019/01/16
英国下院議会の採決、230票の大差で否決もリスボン条約50条の延期期待でポンド高・・
2019/01/16
依然と2830円以下は買いの域であり、採決後の売り込みは避けたい・・
2019/01/15
景気減速懸念やEU離脱問題は一時的な要因であり、「知ったら仕舞」の値動き・・
2019/01/15
南アフリカのシバニースチールでプラチナ鉱山への悪影響拡大懸念・・
2019/01/15
アジア時間帯のスポット白金は、一時797ドルまで下値を模索・・
2019/01/14
英国議会、EU離脱協定の採決は日本時間16日AM4:00以降・・
2019/01/14
ブレィクタイム・・
2019/01/13
CPIの低調な数値とユーロ安の動きに825ドルを割り込んだNY白金・・
2019/01/12
週報「プラティニの相場観」NO310をアップしました・・
2019/01/12
採決で直接「合意なき離脱」に結び付かないが、リスク逃避の高まりは否めない・・
2019/01/11
15日の夜間取引以降は2830円以下で、新規買いのチャンス・・
2019/01/11
パウエルFRB議長、バランスシートの縮小言及でドル高の動き・・
2019/01/11
ドル安で下値を切り上げ、英国要因を控え上値も限定的・・
2019/01/10
年始のフラッシュクラッシュを巻き戻し、英国議会の採決後の欧州通貨の動向がカギ・・
2019/01/10
AMCU、シバニーゴールドで合法ストライキ継続し、白金鉱山の前哨戦・・
2019/01/10
米中次官級通商協議の内容の見極めを織り込めば、英国議会の動向に焦点が移行する・・
2019/01/09
トランプ大統領、従来の発言で終始し、市場は米中通商協議の内容期待が強い・・
2019/01/09
米中通商協議順調のリスク緩和、午後からは米国政府機関の一部閉鎖の長期化懸念のドル安:円高か・・
2019/01/09
米中通商協議の結果やトランプ大統領の演説の見極める値動き・・
2019/01/08
午前中に2892円を超える事が出来なかった反動から、明日までの調整安に注意・・
2019/01/08
依然と850ドルを狙った戻り相場であるが、815ドル以下の調整安に注意・・
2019/01/08
2827円~2837円が下値抵抗のレンジであり、強気相場は維持・・
2019/01/07
2946円を目先の目標に戻りを見せる相場であり、疑心的な見方は禁物・・
2019/01/07
800ドルを固めたNY白金から2830円以下は買われる東京白金へ・・
2019/01/06
来週は2800円から何処まで価格を引き上げる事が出来るか・・
2019/01/06
雇用統計、パウエルFRB議長の発言で市場のリセッション懸念が後退・・
2019/01/05
週報「プラティニの相場観」NO309をアップしました・・
2019/01/05
昨年8月~9月の値動きに類似した底固めの動き・・
2019/01/04
為替の行き過ぎの修正で2835円に戻る値動き・・
2019/01/04
市場の正常化に伴い、リスクを織り込む動きで円高:株安:商品安・・
2019/01/04
2019年最初のNY白金は、ドル安要因を受けた800ドル回復の動き・・
2019/01/03
新年あけましておめでとうございます・・
2019/01/01
トランプ大統領と習近平主席と電話会談「大きな進展」とツィッター・・
2018/12/31
ボラティリティが高いダウ平均の値動きに翻弄するNY白金・・
2018/12/29
週報「プラティニの相場観」NO308をアップしました・・
2018/12/29
年末から年始のNYダウ平均がカギを握る相場展開・・
2018/12/28
商い低調であり、市場は一足早い正月休みモード・・
2018/12/28
ダウの一喜一憂で商品相場も比例した値動き・・
2018/12/28
2855円を超え、次の目標である2900円の回復へ向けた値動き・・
2018/12/27
新甫発会値はアンダーシュートの域であり、2825円以下は買い・・
2018/12/27
パウエルFRB議長の信頼回復でリスク緩和の株高:ドル高:金利高・・
2018/12/27
新甫12月限の発会値を超え、2855円に向けた上昇基調維持・・
2018/12/26
新甫発会後の下値追いは下値確認であり、移動平均線の乖離縮小で2855円へ・・
2018/12/26
クリスマス休暇明けの時間外取引の値動きに注意したい・・
2018/12/26
クリスマス休暇明けの悲観思惑を受けて、東京市場は売りで株安、原油安、円高・・
2018/12/25
新甫発会から下げたパターンは、発会値2808円以上を試して来ると新規買い・・
2018/12/25
要因より悲観的な心理が示す値動きであり、2740円まで注意・・
2018/12/25
米国政府機関閉鎖、中国知的財産権問題で米国に配慮・・
2018/12/24
ブレィクタイム・・(新甫発会に向けて・・)
2018/12/23
政府機関閉鎖懸念でダウ平均連日下落し、ナスダックは弱気相場入り・・
2018/12/22
週報「プラティニの相場感」NO307をアップしました・・
2018/12/22
米国下院議会で歳出予算可決し、上院の否決は確実視され一部の政府機関閉鎖織り込む・・
2018/12/21
新甫12月限は、8月限以来の2800円台の発会の確率が高い・・
2018/12/21
21日の暫定予算期限を控え、上院可決の予算をトランプ大統領拒否・・
2018/12/21
FOMC以降、売りが売りを呼ぶスパイラルな株価の下落が要因・・
2018/12/20
イベント終了で新甫12月限の発会まで軟調な値動き・・
2018/12/20
FOMC、ドットチャートで2020年1回の利上げ示唆でタカ派内容の失望売り・・
2018/12/20
注目は4:30からのパウエルFRB議長の記者会見と質疑応答・・
2018/12/19
FOMC待ちであり、利上げ据え置きのサプライズは大幅ドル安:貴金属高・・
2018/12/19
FOMCを控え、市場はドルのポジション調整の動きに合わせた静観ムード・・
2018/12/19
19日FOMC、25日新甫発会で基調が変化するか見極めの時間帯・・
2018/12/18
2850円以下を試す可能性は存在するが、維持する確率は低い・・
2018/12/18
中国、ドイツに続き米国も景況感指数が低下し、世界経済に懸念が膨らむ・・
2018/12/18
今年最後のイベントに備え、下値模索の値動きか・・
2018/12/17
FOMCや欧州委員会の文章発表を控え、下値模索の値動き・・
2018/12/17
今週が下値の山場となるか・・
2018/12/17
ブレィクタイム・・(2019年12月限の新甫発会を買う根拠・・)
2018/12/16
週報「プラティニの相場観」NO306をアップしました・・
2018/12/15
現代自動車、2030年に70万台の水素燃料電池車生産プロジェクト・・
2018/12/15
2900円以下は今年最後の買い場であり、年明けからの3200円狙いのポジション・・
2018/12/14
今年最後の「岡地の相場セミナーin東京」開催のお知らせ・・
2018/12/14
中国経済指標の悪化を受けたドル買い:豪ドル売り、株安の影響・・
2018/12/14
前日の大幅高とEU首脳会議に対する思惑の調整・・
2018/12/14
米中首脳会議の疑心で売られた2968円を超えると3000円が見えて来る・・
2018/12/13
「木を見て、森を見ず」夜間取引以降は2900円以下は買いの域・・
2018/12/13
今年最後の「岡地の相場セミナーin東京」開催のお知らせ・・
2018/12/13
不信任投票の結果やイタリアの予算案譲歩で欧州通貨高:白金高・・
2018/12/13
2860円以下は買いの域であり、週末までに2900円を試す確率が高い・・
2018/12/12
基調は転換し、売りの域から買いの域へ変化した東京白金・・
2018/12/12
Amplats、2019年プラチナ生産量200万オンス~220万オンスへ15%の削減予想・・
2018/12/12
2825円を維持し、相対力指数は20%を下回る稀に見る低水準・・
2018/12/11
テクニカルは買いの水準に届き、きっかけ待ちの状態・・
2018/12/11
メイ首相、EU離脱協定の採決延期を決定、13、14日のEU首脳会議へ・・
2018/12/11
離脱協定の採決の結果より、否決数とEU首脳会議の出方・・
2018/12/10
材料織り込みの値動きであり、買い手控えの東京白金・・
2018/12/10
相場格言「知ったら仕舞い」の様相に備える・・
2018/12/10
800ドル以下で下げ渋るNY白金は、11日以降に巻き戻しのパターン・・
2018/12/08
週報「プラティニの相場観」NO305をアップしました・・
2018/12/08
11日を前にして2879円を超えれば、買い戻しの動きを見せる・・
2018/12/07
2900円以下は商品価値としては売られ過ぎの域・・
2018/12/07
NY白金は、陰の曲に近く、売り込み危険な水準・・
2018/12/07
「疑心」から「悲観」へ市場心理が動けば、下げ止まる機運が高まる・・
2018/12/06
米中首脳会議の合意や離脱協定の採決への不信感の表れ・・
2018/12/06
JPモルガン、EU離脱協定は否決されポンドは1%~2%の下落予想・・
2018/12/06
8月のレンジ相場の戻り高値に届いた東京白金・・
2018/12/05
夜間取引は円高:ドル安で売られ、日中取引は円安:ドル高で売られている東京白金・・
2018/12/05
米中の貿易懸念の高まりにメイ首相に対する議会侮辱採決可決・・
2018/12/05
本日から5日間の予定で英国議会はEU離脱合意案を巡る審議開始・・
2018/12/04
800ドル(2920円)の分岐点を意識した値動きであり、売り込めない水準・・
2018/12/04
市場は米中貿易リスク緩和と11月の米国自動車販売低下の動き・・
2018/12/04
リスク緩和の動きで6日まで戻りの値動きから3030円へ・・
2018/12/03
今週の戻りは一時的な反応になり易く、11日英国議会の採決に注意・・
2018/12/03
米中首脳会議、2019年1月からの関税引き上げ一時延期・・
2018/12/02
ブレィクタイム・・(ブッシュ元大統領の国葬を5日実施・・)
2018/12/02
様々な思惑が重なり、9月以来の800ドル割れのNY白金・・
2018/12/01
週報「プラティニの相場観」NO304をアップしました・・
2018/12/01
新甫10月限で安値更新の投げ相場の様相で2920円に注意・・
2018/11/30
10月のレンジである2950円~3050円の確認と米中首脳会談を控えた利益確定の買い戻し・・
2018/11/30
FOMC議事録でパウエルFRB議長の発言を肯定するドル安・・
2018/11/30
1日の米中首脳会議まで下値模索で3000円以下を再度試す・・
2018/11/29
目先3000円以下を試す可能性と毎年年末の安値は年始の値上がり狙うポジション・・
2018/11/29
トランプ大統領の自動車輸入関税に触れたツイッターで大幅下落・・
2018/11/29
WPIC、2018年第3四半期の需給予想で、9.1トンから15.6トンの供給過剰増加・・
2018/11/28
オシレーターの悪さが目立つ東京白金の日足・・
2018/11/28
ドイツ誌、米国の自動車輸入関税発動の憶測報道で白金安・・
2018/11/28
決め手に欠く値動きであり、3058円~3078円のレンジ相場・・
2018/11/27
決め手に欠く要因であり、米中首脳会議の結果に沿った反応に期待・・
2018/11/27
サウジアラビアの日量増は、在庫取り崩しであり、将来的な買い要因・・
2018/11/27
依然と3035円~3070円の狭いレンジ相場であり、下値模索の値動きに注意して対応・・
2018/11/26
基調は戻り売りが強まった雰囲気であり、目先3022円を試す値動きに注意・・
2018/11/26
英国とEUが離脱協議で正式に合意したが、市場は織り込み済みの反応・・
2018/11/26
ブレィクタイム・・
2018/11/25
株価や原油価格の下落で景気減速の動きに注意・・
2018/11/24
週報「プラティニの相場観」NO303をアップしました・・
2018/11/24
英国とEUが離脱草案で合意し、25日のEU特別首脳会議へ・・
2018/11/23
焦点はEU特別首脳会議の合意で買い、拒否かまたは延期は売り・・
2018/11/22
依然と往来相場を続けており、思惑より結果を待った市場感・・
2018/11/22
イタリアに対するEDP勧告も制裁まで半年先、メイ首相は最後の詰めで模様眺め・・
2018/11/22
米中首脳会議前に欧州イベントを控えユーロの動きに注意・・
2018/11/21
感謝祭を前したポジション調整の値動きに注意して対応か・・
2018/11/21
原油下落、株下落、ドル高を背景としたNY白金の850ドル割れ・・
2018/11/21
依然と方向性を示す値動きに不足しており、3050円~3090円のレンジ・・
2018/11/20
メイ首相の不信任投票回避に、ドル安の巻き戻しの動き・・
2018/11/20
目先3000円を維持する事が出来るかの正念場・・
2018/11/19
方向性を示す値動き不足であり、夜間取引のNY白金の値動き次第・・
2018/11/19
FOMCメンバーのハト派発言、ドラギECB総裁の発言でドルの独歩安・・
2018/11/17
3100円に対する戻りを示す可能性は残る東京白金・・
2018/11/16
英国のEU離脱交渉の懸念要因が戻りを抑える・・
2018/11/16
南アフリカ・国営電力会社エスコムの11発電所における燃料石炭不足・・
2018/11/16
一時的な買い戻しを見せてもテクニカルの悪さが目立つ白金相場・・
2018/11/15
英国閣僚会議で「集団的決定」の離脱協定の草案を承認・・
2018/11/15
目先3043円で下げ渋りを示しても、戻りは限定的となるか・・
2018/11/14
株価、原油価格の下落に中国小売売上高の低下・・
2018/11/14
AMCU、リストラ策を理由にロンミン社とシバニースチールとの合併に反対を表明・・
2018/11/14
需給相場で売られ過ぎの域である3050円以下はロング・ポジションの対応・・
2018/11/13
行き過ぎた反動は3100円付近で抑えられる・・
2018/11/13
国営電力会社エスコム、5火力発電所で燃料石炭備蓄10日間まで減少・・
2018/11/13
明日のイタリアの予算案の再提出に向けたユーロ安の動き・・
2018/11/12
目先の調整時間帯であり、オシレーターの買い転換を待つ・・
2018/11/12
13日のイタリア予算案の再提出・・
2018/11/12
6月同様にFRBとECBの金融政策の違いによるドル高:ユーロ安・・
2018/11/10
週報「プラティニの相場観」NO302をアップしました・・
2018/11/10
来週のイタリア予算案の再提出期限が迫るユーロの動向・・
2018/11/09
10日移動平均線が3091円、40日移動平均線は2999円であり、乖離幅の縮小・・
2018/11/09
FOMCを受けて金利要因へ移行し、利益確定の850ドルへ・・
2018/11/09
220円の上昇幅の0.382で3091円に対する警戒・・
2018/11/08
今後、前日の安値を下回る時は、3126円を試してくる確率が高い・・
2018/11/08
中間選挙を終え、株高、ドル高、商品高の様相・・
2018/11/08
中間選挙の結果を受けたNY市場の値動きの見極め・・
2018/11/07
中間選挙、上院は共和党、下院は民主党の「ねじれ」の円高:ドル安・・
2018/11/07
中間選挙の速報で為替市場の一喜一憂から上下に振れる値動き・・
2018/11/07
中間選挙、上院は共和党、下院は民主党の「ねじれ現象」か・・
2018/11/07
明日から週末までに3060円以下があれば新規買いの域と判断する・・
2018/11/06
中間選挙、FOMCのイベント待ちであり、調整を終えた3100円割れを狙う・・
2018/11/06
中間選挙を控え、ユーロやポンドの巻き戻しも影響しないNY白金・・
2018/11/06
基調は強気を維持しながら、目先の調整安後の反発で3264円への値動き・・
2018/11/05
中間選挙を控え利益確定に押されるが、大勢感は6月18日3236円への戻り・・
2018/11/05
中間選挙を控え、高値における利益確定の動きに注意・・
2018/11/05
週報「プラティニの相場観」NO301をアップしますた・・
2018/11/03
リスク緩和に伴い、6月からの売りの急所である3059円、3110円を超え次の目標は3268円・・
2018/11/03
欧州政治リスクの後退で3046円を超え3059円を試す可能性・・
2018/11/01
英紙タイムズ、離脱後も英国とEUの金融サービスのアクセス維持合意報道・・
2018/11/01
EU離脱交渉の楽観的な見方から3000円維持の東京白金・・
2018/11/01
一代棒の強気転じから期先3本の陽線転換へ向けた3074円狙い・・
2018/10/31
ドル建て価格が円安:ドル高でも下げない動きに、高値追いを示す・・
2018/10/31
株価の反発、ドル高を背景としても830ドルを維持したNY白金・・
2018/10/31
3046円に向けて動き出す可能性が勝るか・・
2018/10/30
新甫発会を超えて下げ渋る値動きを続けている東京白金・・
2018/10/30
米中の関税問題の再熱で依然と850ドルを超える事が出来ていない・・
2018/10/30
10月29日13:00収録「トコムスクエア TV」・・
2018/10/29
メルケル、12月のCDU党首選辞退報道と首相維持でユーロの巻き戻し・・
2018/10/29
今週末に2980円を超える終わり方を示すと来週は3046円を試す確率が高くなる・・
2018/10/29
新甫10月限で目先2956円を下回るか3006円を上回るか見極める時間帯・・
2018/10/29
新甫10月限の発会値からの値動きに注目・・
2018/10/29
ドラギECB総裁の講演以降のユーロの買い戻しやダウの巻き戻し・・
2018/10/27
今晩のNY白金が820ドル以下を試すと、来週は2927円以下の可能性・・
2018/10/26
新甫10月限に向けて、2929円を再度試す値動きへ・・
2018/10/26
6月のECB理事会同様に会合後にユーロが売られている・・
2018/10/26
依然と方向性を決める要因不足であり、目先株価の自律反発に注目が集まる・・
2018/10/25
方向性を示す値動き乏しく、来週新甫発会まで静観ムード・・
2018/10/25
株価の下落に伴う景気懸念とリスク逃避の綱引き的な値動き・・
2018/10/25
イタリアの予算案の問題は、妥協点が見いだせないだけに離脱交渉より難しい・・
2018/10/24
欧州の政治リスクは依然と存在し、目先の巻き戻しの値動きであり、3000円維持は低い・・
2018/10/24
ダウの548ドル安でリスク逃避の買いと巻き戻しのドル高で精彩を欠く値動き・・
2018/10/24
欧州時間帯のユーロの戻りを示すが、2945円を下回ると更なる下値に注意・・
2018/10/23
欧州の政治リスクの高まり、米国の長期金利の高止まりでユーロ安:ドル高・・
2018/10/23
明日の英国議会採決の不確実性の高まりで、離脱交渉のリスク回避のドル高・・
2018/10/23
中国政府の民間セクターに対する「揺るぎない」支援を表明で円安:ドル高・・
2018/10/22
決め手に欠く値動きであり、下値の抵抗は日々強くなる・・
2018/10/22
29日以降の3074円越は3200円に向けた上昇のサイン・・
2018/10/22
ブレィクタイム・・(10月29日月曜日トコムスクエア TVに出演)
2018/10/21
モスコビシ欧州委員の発言、メイ首相の打開案などリスク緩和の欧州通貨買い・・
2018/10/20
劉副首相の「米国と中国は貿易に関して接触」との発言でリスク緩和の動き・・
2018/10/19
日計り的な戻りを示しても基調が弱く、来週は2927円に向けた値動き・・
2018/10/19
欧州委員会、イタリアの予算案を来週拒否へ・・
2018/10/19
イタリアの予算案を巡り、欧州委員会との対立激化のユーロ安・・
2018/10/18
株式市場の落ち着きや欧州市場の政治リスクの高まりでドル高:ユーロ安・・
2018/10/18
FOMC議事録の中立を上回る利上げ支持、欧州市場の政治リスク高・・
2018/10/18
EU首脳会議に向けたユーロの調整であり、東京白金も3000円を割り込む動きが予想される・・
2018/10/17
明日のEU首脳会議を控え、手控えムードの値動き・・
2018/10/17
8月の求人件数増加や好調な企業決算を受けて貿易リスク緩和でダウの大幅高・・
2018/10/17
米国10年物金利上昇でドル高:ドル建て貴金属の下落・・
2018/10/16
意外に戻りを続ける相場に戸惑いを見せる市場・・
2018/10/16
短期筋のポンド巻き戻し後、サウジの政治リスク低下、中国の関税リスク再熱の動き・・
2018/10/16
目先戻りが抑えられ、3000円を再度試す値動きに注意したい・・
2018/10/15
為替条項の波紋の円高:ドル安の動きであり、押上げる要因ではない・・
2018/10/15
バイエル州の選挙、英国のEU離脱交渉の動きを受けて、欧州通貨は弱含み・・
2018/10/15
ブレィクタイム・・(2014年からの下落基調、2018年の下げ相場の終焉)
2018/10/14
南アフリカの格付け据え置き、米国籍牧師釈放、英国の離脱時期延長の代案などでリスク緩和・・
2018/10/13
今晩から週明け15日の夜間までユーロの動向に注意・・
2018/10/12
トルコに拘束された米国籍牧師が裁判後に釈放の憶測・・
2018/10/12
連日の株価の下落で行き場を失った資金がサプライズの金買いへ・・
2018/10/12
NYダウの下落がきっかけであり、今晩のNYダウの動きに注目される・・
2018/10/11
アジア株式市場、3%を超える下落を示し、逃避の動きが強まる・・
2018/10/11
史上3番目の大幅下落を示したNYダウ平均の波紋・・
2018/10/11
イベントが集中する週末から週明けに向けてレンジ内の動きが続く逆張り相場・・
2018/10/10
前日の日中取引の高値2990円を上回った反動買い・・
2018/10/10
英国のEU離脱交渉の憶測でユーロの一喜一憂する値動き・・
2018/10/10
週末に南アフリカの格付け、ドイツ地方選、米国為替報告書などが控えユーロは売られ易い・・
2018/10/09
安値を買い戻しても要因不足から週末に向けて2920円を試す値動きか・・
2018/10/09
アジア時間帯の中国市場の動向がカギとなる・・
2018/10/09
アジア市場、中国の人民元や上海総合株価指数の大幅下落・・
2018/10/08
中国人民銀行、預金準備率今年4回目の引き下げ・・
2018/10/07
12日から15日は南アフリカ、トルコ、イタリアの波乱含みな動きに注意・・
2018/10/06
午後から要因も乏しく、連休に向けた商い整理の値動き・・
2018/10/05
材料は買えないが、テクイカル要因による下げ渋りの値動き・・
2018/10/05
EU離脱懸念後退と米中緊張懸念で米国資産のドル売り、株売り、債券売り・・
2018/10/05
今晩2997円を下回ると2900円に向けた値動きに注意・・
2018/10/04
テクニカルの強気の域の中で、目先の利益確定で3000円割れに備える・・
2018/10/04
米国10年物国債金利、2011年1月以来の3.15%まで上昇・・
2018/10/04
強弱入り乱れて下値を切り上げる値動きを続けている東京白金・・
2018/10/03
イタリア紙、2021年に財政赤字の対GDP比率2%を目指す報道で巻き戻し・・
2018/10/03
イタリアの下院予算委員長の二転三転する発言で最終的にユーロ指示・・
2018/10/03
欧州の政治リスクの高まりまで、米国のリスク緩和とテクニカル要因の戻り・・
2018/10/02
12日以降に南ア、英国、イタリアのリスク要因が続くが、目先テクニカルの買い優勢・・
2018/10/02
カナダとのNAFTA協定合意、英国の離脱交渉で新たな提案報道・・
2018/10/02
要因一巡から方向性を探る値動きが続くと見られ、2900円に向けた値動きも注意・・
2018/10/01
中国市場の長期休日で要因不足の動意薄の東京白金・・
2018/10/01
イタリア財務相、予算が成立すると辞任の意向・・
2018/09/30
ブレィクタイム・・
2018/09/29
月末のポジション調整とイタリア首相の発言で下げ渋る・・
2018/09/29
10月の2800円台は今年最後の買い場を提供する値動き・・
2018/09/28
イタリアの政治リスクの高まりで3002円まで間違って戻した反動安・・
2018/09/28
イタリア政府の2019年予算案で財務相との対立懸念・・
2018/09/28
イタリアの2019年予算案会合の延期報道でユーロ安:白金安・・
2018/09/27
中国への第4弾関税が最後のリスクであり、出尽くすまでは往来相場・・
2018/09/27
FOMC「緩和的」を削除、しかしパウエルFRB議長「依然と緩和的」に言及・・
2018/09/27
FOMCの声明文内容、日米首脳会談後のトランプ大統領の記者会見・・
2018/09/26
FOMCを控えた模様眺めに加え日計り商いの値動き・・
2018/09/26
イタリア予算案の合意報道やユーロの巻き戻しで820ドル維持・・
2018/09/26
新興国通貨下落の3000円を回復し、中銀の金融政策で3200円の下落を埋めるか・・
2018/09/25
トランプ大統領の第4弾の言及がない以上、FOMCの利上げに対する為替要因・・
2018/09/25
関税発動より、金利要因へ移行した市場感・・
2018/09/25
米中関税発動・・ただ市場は動意薄・・
2018/09/24
WSJ、中国代表団のワシントン訪問中止を報じる・・
2018/09/24
来週の経済指標、要人発言・・
2018/09/23
英国のEU離脱交渉の難航と中国に対する制裁発動でリスク逃避・・
2018/09/22
今後の焦点は来週の要因で3059円を超える事が出来るか・・
2018/09/21
トルコ・リラ急落以前に付けた8月6日以来の3000円台回復した東京白金・・
2018/09/21
リスク緩和の巻き戻しからドル売り:債券売り:株買いの動き・・
2018/09/21
多少上値が重たくなったのか、今週の上昇に対する調整に注意・・
2018/09/20
週末に2961円を超える事が出来なければ、2873円~2854円のレンジまでの調整・・
2018/09/20
EU離脱交渉やNAFTA協定の難航で戻りを抑えられた値動き・・
2018/09/20
昨年12月から1月に掛けての上昇相場に類似した値動き・・
2018/09/19
関税要因が世界を一巡し、戻り高値を抑える値動きを示すか・・
2018/09/19
24日まで関税発動時期の不確実性が消えた巻き戻しの値動き・・
2018/09/19
関税発表後にユーロ買いで疑心的な心理の中で買い戻しの値動き・・
2018/09/18
市場は思惑相場が強まり動意薄の値動きを示しているが、材料は24日以降に備える・・
2018/09/18
中国に対する2000憶の関税引き上げ24日に発表・・
2018/09/18
ひとり言・・
2018/09/17
ブレィクタイム・・(2680円以下は買いの域・・)
2018/09/16
関税リスクの再熱で新興国通貨やユーロに豪ドルなどドル高を背景とした調整安・・
2018/09/15
悲観の中で2680円を付けて、疑心の中で2898円まで戻している相場・・
2018/09/14
オシレーターでは2018年の弱気相場が転換する可能性・・
2018/09/14
欧州時間帯はリスク緩和、NY時間帯はリスク逃避、東京時間帯は模様眺め・・
2018/09/14
トルコ政策金利6.25%引き上げ発表・・
2018/09/13
トルコの政策金利、ECB理事会、CPIの発表などイベントに注意・・
2018/09/13
中国にとって協議のテーブルに着く事は「諸刃の剣」に等しい・・
2018/09/13
米中の新たな通商交渉の提案でリスク緩和の動き・・
2018/09/13
2800円の抵抗を見せながら、リスク緩和に伴う戻りの限界を試している・・
2018/09/12
13日のECB理事会、トルコ中銀金融政策決定会合まで戻りを維持・・
2018/09/12
英国EU離脱交渉やカナダとのNAFTA協議の楽観的な見方でリスク・オン・・
2018/09/12
中国の関税発動がなければ、2800円を下回ると買い戻しが起こり易い・・
2018/09/11
レンジ取引の鯨幕相場であり、逆張り相場の値動きに注意・・
2018/09/11
中国へ関税発動する前に同盟国の通商交渉妥結の動きでリスク緩和・・
2018/09/11
第2四半期トルコGDPの発表でユーロが下がらなければ、巻き戻しへ傾く・・
2018/09/10
レンジ相場の様相であり、日々上下を変化せてくる鯨幕相場・・
2018/09/10
関税発動までは今は思惑の域であり、逆張り的な値動き・・
2018/09/10
中国に対して更なる2670憶ドルの関税用意の波紋・・
2018/09/08
トランプ大統領、7日に対中国関税発動に向けた発表の準備報道・・
2018/09/07
中国に対する関税発動に警戒しながら、テクニカルは戻りを維持・・
2018/09/07
WSJ、トランプ米大統領が貿易を巡って日本と争う可能性を指摘し円高の動き・・
2018/09/07
連日ユーロに合わせた値動きであり、関税発動まで2800円以下は買い有利・・
2018/09/06
カナダの次は関税発動が控えており、2850円以上の戻りは目先抑えられる・・
2018/09/06
思惑の域である関税発動より、現実の欧州市場のリスク緩和を受けた巻き戻し・・
2018/09/06
イタリアの予算案、カナダの政策金利とNAFTA再協議の動向・・
2018/09/05
ラガルドIMF理事とアルゼンチン財務相の協議でリスク緩和・・
2018/09/05
2009年以来の南ア2期連続のマイナス成長でサプライズのランド安・・
2018/09/05
2800円を維持しながら5日カナダとのサプライズ合意で2863円を伺う展開か・・
2018/09/04
6日を前して2800円以下は行き過ぎた値動きであり、日計りの買いの域・・
2018/09/04
トランプ大統領、休日の予定をキャンセルしホワイトハウスで電話協議・・
2018/09/04
新興国アルゼンチン政府、新財政計画発表の動き・・
2018/09/03
カナダ要因は売り込めない、中国要因で売るのは早過ぎる・・
2018/09/03
1日にトランプ大統領がツィッターでカナダを非難・・
2018/09/03
イタリアの格付け見通し引き下げ、トランプ大統領の発言で再協議の動き・・
2018/09/01
トランプ大統領やノボトニー・オーストリア中銀総裁の発言でリスク緩和の動き・・
2018/08/31
トランプ大統領、カナダとの貿易協定で「成立する可能性がある」と発言・・
2018/08/31
対中国2000憶ドル関税引き上げの再認識でリスク逃避の動き・・
2018/08/31
強弱の要因が入り乱れるが、弱気の要因に対する反応が鈍く、底値を確認した値動き・・
2018/08/30
トランプ大統領、鉄鋼製品とアルミニウムの輸入に関する大統領布告に署名・・
2018/08/30
EU離脱交渉で前進、米国カナダのNAFTA交渉の合意観測でリスク緩和・・
2018/08/30
10年ぶりの低水準の発会であり、行き過ぎの反動に期待・・
2018/08/29
20019年8月限は、10年ぶりの3000円割れの発会値・・
2018/08/29
新甫8月限、2829円の発会値・・
2018/08/29
新甫8月限、2850円以下は新規買いの域・・
2018/08/28
トランプ大統領のポジティブの報道には、次に来るネガティブな報道が控えている・・
2018/08/28
米国とメキシコの通商交渉が合意し、カナダも続く可能性からリスク・オフのドル売り・・
2018/08/28
新興国市場のリスクが低下すると、鉱山コストが意識されだす・・
2018/08/27
新甫8月限の発会以降の2800円割れは、9月に向けた新規買い場面・・
2018/08/27
ロシア追加制裁発表に伴う新興国通貨の動きに注意・・
2018/08/27
パウエルFRB議長の講演やトランプ大統領のツイッター・・
2018/08/25
23:00のパウエルFRB議長の講演まで戻りを見せるか・・
2018/08/24
為替市場の模様眺めの中で、775ドルに抵抗を見せて下げ渋る動き・・
2018/08/24
ラマフォサ大統領、土地収用問題は誤認と指摘・・
2018/08/24
イベントを織り込みながら下値を模索する動きを見せるが、下値は限定的・・
2018/08/23
オーストラリア首相の退陣の憶測からユーロ安や人民元安のドル高傾向・・
2018/08/23
トランプ大統領のスキャンダルで方向性を見失ったNY市場・・
2018/08/23
当面逆張り的な値動きに注意が必要であり、2780円までの調整は想定内・・
2018/08/22
23日前に2850円を超える事が出来ない値動きであるが、売り込まれても短時間の調整・・
2018/08/22
イベントを控え、161円の上昇幅の調整に注意・・
2018/08/22
時間外取引で800ドルを回復した事から、2835円を試す値動きに期待・・
2018/08/21
為替市場の静観ムードからイベント待ちの模様眺め・・
2018/08/21
トランプ大統領のパウエルFRB議長への利上げ避難発言でドル安の動き・・
2018/08/21
リスク・オンの巻き戻しをトルコ米大使館の発砲報道で抑えられた動き・・
2018/08/20
23日まで売り込む根拠が乏しく、買い戻し有利な展開が続く・・
2018/08/20
米中通商交渉、関税発動、ジャクソンホールを控え模様眺めの巻き戻しの値動き・・
2018/08/20
トルコ格下げも米中の関係改善に勝るものなし・・
2018/08/19
大手格付け会社S&Pのトルコ格付け見通し発表を控え、模様眺め・・
2018/08/17
リスク緩和に備えた値動きであり、2800円回復への期待・・
2018/08/17
米中通商交渉22日、23日に開催とムニューシン財務長官のトルコ制裁示唆の綱引き・・
2018/08/17
安値2680円から200円以上の戻り期待した7月3日以降の再来・・
2018/08/16
「中国商務次官が貿易交渉で8月後半に訪米する」の報道で巻き戻しの動き・・
2018/08/16
NY白金、2008年リーマンショック時の安値752.1ドルに迫るアンダーシュート・・
2018/08/16
下値を下回る確率は低いが、再度下値を試す値動きを示す・・
2018/08/15
ロイター、米国政府が一両日中にトルコに追加経済制裁の可能性・・
2018/08/15
2日間連続で売り込まれた巻き戻しの時間帯へ・・
2018/08/14
円高:ドル高の動きに戻りを抑えられているが、7月3日、20日以降の値動きに備える・・
2018/08/14
遅れた売り込みであり、行き過ぎた水準まで届いている・・
2018/08/14
トルコ・リスク逃避で売られ過ぎの域・・
2018/08/13
トルコ・リスクの波紋拡大から目先下値模索に注意・・
2018/08/13
米国の制裁発表でトルコ金融資産のメルトダウンからリスク逃避・・
2018/08/11
FTの報道からユーロ安の動きで売られだした東京白金・・
2018/08/10
新興国通貨の下落のドル高、イタリアの財政懸念のユーロ安・・
2018/08/10
目先の米中関税要因を織り込み、巻き戻しの動きを見せるか注目・・
2018/08/09
中国の報復関税23日発動、米国はロシア制裁発表でリスク高・・
2018/08/09
中国に対する第2弾の制裁発動に向けてリスク逃避・・
2018/08/08
AMCU、インパラ・プラチナムのリストラ策の抗議行動に移ると発表・・
2018/08/08
要因を織り込みながら巻き戻しの動きを見せている東京白金・・
2018/08/07
本日、米国東部時間午前中にイラン制裁一部再開の詳細発表・・
2018/08/06
中国市場の落ち着きでリスク緩和の買い戻しの動き・・
2018/08/06
中国の人民元売り抑制や600憶ドルの報復関税検討の影響の見極め・・
2018/08/06
中国の600憶ドルの報復関税検討に、クドローNEC委員長の警告発言・・
2018/08/04
週報「プラティニの相場観」NO290をアップしました・・
2018/08/04
リスクを織り込みながら、コストを意識した値動きに変化・・
2018/08/03
価格予想は需要サイドより、供給サイドを重視する事を頭に入れて置きたい・・
2018/08/03
インパラ・プラチナムの年間7トンの生産削減と2年間で13000人のリストラ策・・
2018/08/03
貿易リスクの高まりで売り込まれても下値を切り上げる値動き・・
2018/08/02
東京白金のペナントレンジに、NY白金は逆三尊・・
2018/08/02
2000憶ドルの対中国関税率の引き上げ報道にFOMCのタカ派的な声明文・・
2018/08/02
3014円を超えた事は基調の変化を示しており、強気維持の対応が妥当・・
2018/08/01
自律反発の域から本格的な上昇基調に移行する機運・・
2018/08/01
日銀金融政策決定会合を織り込み、3058円へ向けて戻り基調・・
2018/07/31
日銀金融政策決定会合・・
2018/07/31
2960円を維持している事は、3000円に向けた戻りを示している・・
2018/07/31
日銀金融政策決定会合やメキシコとのNAFTA協定合意の見通し・・
2018/07/31
下値は限定的であり、売り込む時間帯は過ぎた相場・・
2018/07/30
2960円を中心に下値模索から安定期に入った東京白金・・
2018/07/30
ムニューシン財務長官、FRBの金利引き上げ容認、トランプ大統領メキシコの国境壁で政府閉鎖示唆・・
2018/07/30
ECB専門家調査でインフレ率1.7%で下がり、GDPの巻き戻しで830ドルを維持したNY白金・・
2018/07/28
米国第2四半期・実質GDP・速報値・・
2018/07/27
2958円以下は買い戻しの域であり、週明けまで維持できるかに注意・・
2018/07/27
貿易摩擦のリスク逃避のドル高から金融要因のドル高へ移行した市場・・
2018/07/27
ドラギECB総裁「2019年夏終わりまで」の政策金利据え置き確認・・
2018/07/27
3014円を超える事が出来ない場合は、2920円までの下押し予想・・
2018/07/26
市場は要因織り込みで3014円を超える事が出来なかった反動安・・
2018/07/26
欧米首脳会議、自動車を除く工業品の関税引き下げで合意・・
2018/07/26
週末に向けて欧米の貿易摩擦リスクの存在・・
2018/07/25
目先オシレーターの強みで買い戻しされ、午後からは欧米首脳会議に備える値動き・・
2018/07/25
対中国に対する160憶ドルの関税引き上げの公聴会やトランプ大統領のツイッター・・
2018/07/25
依然と逆張り的な値動きが予想され、明日の結果までは2983円以上は売られ易い・・
2018/07/24
明日までボラティリティが高く、乱高下に値動きに注意・・
2018/07/24
週末の出来事の再確認した値動きであり、注目は明日の欧米首脳会議・・
2018/07/24
25日の欧米首脳会議まで2891円を試す値動きに注意・・
2018/07/23
中国人民元の下げ止まりで2950円を維持した東京白金であるが・・
2018/07/23
ムニューシン財務長官、FRBの独立性を支持・・
2018/07/23
ブレィクタイム・・
2018/07/22
2日間連続でFRBの金融政策やドル高に苦言を呈したトランプ大統領・・
2018/07/21
2942円を超えると3059円に向けた戻りを見せるタイミング・・
2018/07/20
人民元安、ユーロ安を受けて戻りが疑心的に見えている東京白金・・
2018/07/20
風向きが変化した動きに乗れるかが勝負の分かれ道・・
2018/07/20
米国商務省の自動車や自動車部品の輸入制限に関する公聴会開催・・
2018/07/19
アジア時間は人民元、欧州時間はユーロに比例し、NY時間はドルに反比例する金融相場・・
2018/07/19
米中の非難合戦にメキシコ、カナダとの通商交渉前進示唆・・
2018/07/19
午後から人民元安で2959円を下回った東京白金・・
2018/07/18
今週中に目先の安値2959円を試す値動きに注意したい・・
2018/07/18
パウエルFRB議長「当面は漸進的利上げの継続」と発言しドル高・・
2018/07/18
夜間取引以降はNY白金が2日間の下落を切り返すことが出来るか・・
2018/07/17
中国の景気減速懸念と売られ過ぎの巻き戻しで3000円の攻防・・
2018/07/17
米国、報復関税に対してWTOに提訴し、貿易摩擦のリスク逃避・・
2018/07/17
本日は中国GDP、鉱工業生産、小売売上高に米ロ首脳会談のイベント・・
2018/07/16
米英首脳会議、事前報道と真逆な結果となり、リスク緩和の動き・・
2018/07/14
午後から中国の貿易黒字幅拡大で目先のリスク逃避・・
2018/07/13
次のリスクが発生するまで3000円~3100円のレンジ相場・・
2018/07/13
ムニューシン財務長官の議会証言から米中協議再開の憶測・・
2018/07/13
上海総合株価指数の上昇でリスク緩和、しかしテクニカルは弱気の域の中・・
2018/07/12
上海総合株価指数が上昇し、リスク緩和の買い戻し・・
2018/07/12
貿易摩擦の高まりで、再度800ドルを試す値動きに注意・・
2018/07/12
中国商務省、新たな2000億ドル相当の追加関税について「報復せざるを得ない」と発言・・
2018/07/11
幽霊の正体見たり、枯れ尾花・・
2018/07/11
週内に対中国に対する2000憶ドルの追加関税リスト公表の憶測・・
2018/07/11
リスク緩和に伴い金利上昇から戻りが抑えられた東京白金・・
2018/07/10
396円の下落幅の0.5の戻り214円を達成した東京白金・・
2018/07/10
価格低迷でインパラ・プラチナムのプラチナ生産の減少懸念・・
2018/07/10
トランプ大統領の中国関連発言があるまで、戻りを続ける値動き・・
2018/07/09
大きく反落した戻り高値3012円を超えた反動高・・
2018/07/09
依然と不安定な値動きが予想され、一時的な反動高以降の値動きに注意・・
2018/07/09
英国緊急閣僚会議、メイ首相のソフトブレクジット路線を支持・・
2018/07/07
中国政府、米国輸入品545品目340憶ドルに追加関税発動・・
2018/07/06
米国関税発動後、株や為替市場で中国政府の静観で巻き戻しの動き・・
2018/07/06
午後からは、中国の出方次第の値動き・・
2018/07/06
欧米の貿易戦争リスク緩和でも850ドルを超える事が出来なかったNY白金・・
2018/07/06
トリア・イタリア財務相、財政悪化やユーロ離脱を否定・・
2018/07/05
6日の関税発動を控え、3000円超えには少し違和感がある・・
2018/07/05
メルケル首相、米国の自動車課税に警告・・
2018/07/05
必然的な戻りを見せて、夜間取引から本格的な値動きに移行する・・
2018/07/04
依然と自律反発の域は出ていない値動きに思える・・
2018/07/04
トランプ大統領、チャイナ・モバイルの米国通信事業参入阻止・・
2018/07/04
内部要因の整理商いの値動きであり、売り込まれれば戻りを見せる・・
2018/07/03
物事には限度がある様に、白金の価値にも限度はある・・
2018/07/03
東京白金、小石崩しからの反落・・
2018/07/03
今晩、ドイツ連立政権で再協議の動きでリスク逃避の動きが加速・・
2018/07/02
イベントが続く週だけに、テクニカルを無視し、下値模索には注意・・
2018/07/02
運命の一週間となり、サプライズ待ちで戻りは限定的か・・
2018/07/02
ドイツ連立政権安堵とムニューシン財務長官の発言でリスク低減の買い戻し・・
2018/06/30
今晩は、合意内容とムニューシン財務長官の報告書に注意・・
2018/06/29
EU首脳会議で最大の懸念要因である移民問題で合意の報道・・
2018/06/29
要人発言でリスク緩和し、850ドルを維持したNY白金・・
2018/06/29
本日からEU首脳会議、米国Q1・GDP、週末のムニューシン財務長官へと続く・・
2018/06/28
リスクを嫌った値動きであり、織り込み過ぎると反転も・・
2018/06/28
クドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言で一転してリスク逃避・・
2018/06/28
新甫6月限で、3076円を超えるか、3051円を下回るのか注目したい・・
2018/06/27
新甫6月限は、2006年6月限以来の3000円台の発会・・
2018/06/27
トランプ大統領、ムニューシン財務長官が示す比較的穏やかな手法を支持する可能性・・
2018/06/27
新甫発会を前にして、リスクを嫌い再度下値を模索する雰囲気・・
2018/06/26
市場は貿易リスクを最大限に織り込みだしており、知ったら仕舞の相場に注意・・
2018/06/26
ムニューシン財務長官のツィートでリスク逃避の拡大・・
2018/06/26
3110円を超える事が出来なかった影響であり、3110円を超えるまで注意・・
2018/06/25
トランプ大統領の関税リスクがなければ、2016年1月以来の買い場・・
2018/06/25
売られ過ぎた反動とトランプ大統領のリスクで3100円の攻防・・
2018/06/25
グループHで日本が勝てば、グループリーグ突破で今世紀最大のジャイアントキリング・・
2018/06/24
ドイツ、ユーロ圏の製造業PMIの上昇とトランプ大統領のツィッター・・
2018/06/23
週報「プラティニの相場観」NO284をアップしました・・
2018/06/23
2016年1月に付けた安値3045円を下回る3042円を付けた東京白金・・
2018/06/22
東京白金:スポット・プラチナのポジション解消の動き・・?
2018/06/22
イタリアの政治リスク、米国経済指標の低下で長期債の買い・・
2018/06/22
戻りを見せたが、依然と相場環境は好転が見られず、下値には注意が必要・・
2018/06/21
米中関税要因が存在しており、非常にボラティリティが高く乱高下に注意・・
2018/06/21
中国人民銀行総裁、三大中銀総裁、ロス商務省長官などの要人発言でリスク緩和・・
2018/06/21
3日間で180円の下落を見せており、一時的な自律反発の値動きに注意・・
2018/06/20
市場の不確実性に不透明感が重なった手控えムードが強い・・
2018/06/20
リスク逃避の悲観心理の中で、金価格の下落を機に反落・・
2018/06/20
行き過ぎたリスクの織り込みで悲観的な値動きに拡大・・悲観の中にチャンスあり・・
2018/06/19
中国商務省「米国の通商に関する決定は市場のルールに反する」と発言・・
2018/06/19
トランプ大統領、中国に対する2000憶ドルの追加課税検討の報道・・
2018/06/19
トコムスクエア TV・・
2018/06/18
下値を切り下げる動きを続けており、下げ止まる値動きを示すまで注意が必要・・
2018/06/18
日経の下落、円高:ドル安、原油安などリスク逃避の動き・・
2018/06/18
金融政策の再認識でドル高を受け、売り込まれた金価格・・
2018/06/18
ブレィクタイム・・(中央銀行に逆らうな・・)
2018/06/17
商品市場は狼狽売りの全面安、株・債券・為替市場は冷静な巻き戻し・・
2018/06/16
基調は変化し、3300円へ向けた回帰相場の備える・・
2018/06/15
東京白金の3200円以下の時代は終わった可能性・・
2018/06/15
国営電力会社エスコムでNUMの抗議活動で一部の電力発電停止・・
2018/06/15
ECB理事会、現行の資産購入プログラム12月で終了・・
2018/06/14
時期的な数字は出せなくても、協議を行ったとの報告は出る可能性・・
2018/06/14
今晩のドラギECB総裁のハト派の憶測を織り込む値動き・・
2018/06/14
FOMCを織り込み、ECB理事会と中国関税制裁リストに備える・・
2018/06/14
FOMCのタカ派、ECB理事会のハト派の憶測でドル高:ユーロ安:白金売り・・
2018/06/13
FOMC、ECB理事会の要因を織り込む値動きであり、3195円以下は下げ渋る・・
2018/06/13
FOMC,ECB理事会に向けた市場の変化・・
2018/06/13
地政学的なリスクの低下を織り込み、FOMC、ECB理事会を受けて3300円を試す・・
2018/06/12
米朝首脳会議開始、夕方のトランプ大統領の記者会見待ち・・
2018/06/12
地政学的なリスクの低下に、金融引き締め観測で円の独歩安・・
2018/06/12
レンジ離脱の動きを強めだしており、3226円以上を狙った値動きに注目したい・・
2018/06/11
3200円以下はチャンスの神様(カイロス)の前髪・・
2018/06/11
トランプ大統領、G7の首脳宣言を承認しない事による円高:ドル安・・
2018/06/11
ブレィクタイム・・(白金:金の価格差ストラドルの回帰の始まり・・)
2018/06/10
ブラジル中銀、レアル支援表明でリスク緩和・・
2018/06/09
3173円以下の逆張りの値動きに注意・・
2018/06/08
大勢に変化は見受けられないが、目先の織り込みまで下値注意・・
2018/06/08
来週、ブラジル政府は鉱業許可の改定を実施する可能性・・
2018/06/08
6月9日、岡地セミナー開催・・
2018/06/07
相場格言「天井三日、底百日」・・
2018/06/07
過去の値動きに惑わされる相場であり、疑心的な心理が邪魔をする・・
2018/06/07
トムソン・ロイターGFMS「2018年のプラチナ価格は穏やかに回復する」・・
2018/06/07
キャリー・トレードの巻き戻しに備える時間帯へ・・
2018/06/06
2015年5月、2016年7月もキャリートレードの巻き戻し・・
2018/06/06
過去のドラギECB総裁「できる事は何でも行う」でユーロ高:白金高・・
2018/06/06
日銀副総裁の国会発言から円高:ドル安の動き・・
2018/06/05
ロイター、メキシコが米国からの豚肉の輸入に20%の関税をかける方針・・
2018/06/05
トランプ大統領、中国とカナダの農産物の貿易障壁は容認できない・・
2018/06/05
売っても妙味を感じない値動きであり、反発に備える事が必要か・・
2018/06/04
3200円以下の新規買いを行う時間帯が終わりに近付いている・・
2018/06/04
リスク緩和に伴う円安:ドル高で900ドルを維持するNY白金の底堅さ・・
2018/06/04
6月の利上げ確実と欧州の政治リスクの出尽くし感で900ドル維持・・
2018/06/02
週報「プラティニの相場観」NO282をアップしました・・
2018/06/02
5月の雇用統計発表・・
2018/06/01
経験則で「上はあっても下はない」値動きに思える・・
2018/06/01
スペイン首相の不信任投票が可決されても3185円以上は維持する可能性・・
2018/06/01
イタリア政局不安が低下し、関税リスクは想定内のリスクであり、買い戻し有利な相場・・
2018/06/01
急速にリスクを織り込み、緩和の動きで株高、金利高、スポット高の流れ・・
2018/05/31
WSJ、EU産鉄鋼、アルミに関税制裁発動へ・・
2018/05/31
旺盛なイタリア国債入札の金利低下と総選挙に向けた一時的なリスク低下・・
2018/05/31
イタリアから一時的に米国経済指標を見極める動きへ・・
2018/05/30
イタリアのユーロ圏離脱は依然と憶測の域の中であり、総悲観は避けた方が良い・・
2018/05/30
イタリア大統領、30日の組閣人事を拒否すると早期の総選挙実施へ・・
2018/05/30
3連休明けのNY市場でユーロ安:ドル高を受けた値動きに注意・・
2018/05/29
欧州市場の強弱な要因と為替市場の金利相場で方向性が乏しい・・
2018/05/29
イタリア大統領、元IMFの緊縮財政派のコッタレリ氏に首相要請・・
2018/05/29
3200円を回復するまで下値模索の値動きに注意・・
2018/05/28
イタリアの政治リスクを織り込む動きに、下値模索の展開が続く・・
2018/05/28
米朝の地政学的なリスクの低下、イタリア、スペインの政治リスクの高まりでドル高:ユーロ安・・
2018/05/27
ブレィクタイム・・(米朝の駆け引きとイタリア、スペインの政治リスク・・)
2018/05/27
週報「プラティニの相場観」NO281をアップしました・・
2018/05/26
時間と共に3200円を固めており、下値レンジ相場は終焉を迎える・・
2018/05/25
3月末から2ヶ月間3150円~3250円のレンジを続けて底値レンジを固めている・・
2018/05/25
米朝首脳会議の中止発表で地政学的なリスクの高まり・・
2018/05/25
3200円の攻防であり、勝利すれば3300円へ・・
2018/05/24
依然とレンジ相場を続けており、逆張り相場の様相・・
2018/05/24
来週からドイツ・ハンブルグで幹線道路1.6Kmでトラックやユーロ6以外の排ガス規制車の乗り入れ禁止・・
2018/05/24
米国10年物国債金利の低下でドル安:円高が要因であり、目先の調整範囲・・
2018/05/23
米朝首脳会議を前に、中国と米国の主導権争いの影響で円高の洗礼・・
2018/05/23
東アジアの地政学的なリスク、イタリアの政治リスク、ムニューシン財務長官の議会証言・・
2018/05/23
下値に抵抗感を強めて、自律反発の域であり、3200円定着の気配・・
2018/05/22
時間を掛けて基調の転換を示している値動き「底100日、天井3日」・・
2018/05/22
ムニューシン財務長官「中国ZTEに対する規制執行の変更」、利上げ回数の低下・・
2018/05/22
21日米国政府、イランに対する新戦略の外交ロードマップを発表する・・
2018/05/21
明らかに長期スタンスの買い手は静観を維持し、ショートは短期狙いの日計り商い・・
2018/05/21
米中貿易協議で米国の対中国赤字削減で合意、共同声明発表・・
2018/05/21
ブレィクタイム・・(転換を迎えるか白金相場・・)
2018/05/20
イタリア連立政権合意で欧州市場における政治リスクの高まり・・
2018/05/19
週報「プラティニの相場観」NO280をアップしました・・
2018/05/19
逆張りの値動きであり、3160円を維持するか・・
2018/05/18
依然とテクニカルは下値注意であるが、反転の予兆は出ている・・
2018/05/18
イタリア、英国の政治リスクに米国の好調な経済情勢の綱引き・・
2018/05/18
依然とテクニカルは弱気を維持しているが、弱気の時間が終われば3200円へ・・
2018/05/17
中国商務省、一部の米国製品に相互関税付与・・
2018/05/17
連立合意を目指す「五つ星運動」と「同盟」、ECBに2500億ユーロ(約32兆6000億円)債務減免を求める報道・・
2018/05/17
下値追いの市場雰囲気は感じられるが、売りの妙味は感じられない・・
2018/05/16
過去にも3200円割れを行った値動きは存在しており、冷静に判断するのが妥当・・
2018/05/16
2011年以来の10年物国債金利3.08%の影響・・
2018/05/16
需給要因を今週織り込み、910ドル(3220円)を維持して終わる事が出来るかに注目・・
2018/05/15
今週は需給の供給過剰リスクを織り込み900ドルを維持できるかの見極め・・
2018/05/15
JM社、2018年のプラチナは9.7トンの供給過剰予想・・
2018/05/15
WPIC、2018年プラチナ需給バランス5.5トンの供給過剰予想・・
2018/05/14
今週の需給要因で下値を確認する値動き・・
2018/05/14
今週前半は3230円に注意し、後半には3271円越へに期待・・
2018/05/14
本日AM10:30~14:00まで電話相談受付中・・
2018/05/13
来週の米中の通商交渉、ベネズエラの大統領選に向けた原油高の期待・・
2018/05/12
買いの基調は転換したばかりであり、安易な売りは避けた方が良い・・
2018/05/11
高値達成には日柄不足であり、依然と強気維持の値動き・・
2018/05/11
インパラ・プラチナムの収益分岐点に届き、株価は1999年以来の安値に下落・・
2018/05/11
問題なく3300円へ向けた回帰相場であり、3230円以下は買いの域に変化・・
2018/05/10
2番底確認から3300円への回帰相場の始まり・・
2018/05/10
悲観で底打ち、疑心で上昇する相場に変化したか・・
2018/05/10
下値不安に惑わされ過ぎると本質を見失う・・
2018/05/09
市場はイラン核合意離脱は織り込み済みであり、リスク・オンの動き・・
2018/05/09
トランプ大統領、イラン核合意からの離脱発表・・
2018/05/09
5月12日のセミナー案内・・
2018/05/08
AM3:00まで戻りを示してもAM3:00以降に3201円を下回る値動きに注意・・
2018/05/08
リスク逃避で3230円を抑えられた値動きであるが、市場心理は「木を見て、森を見ず」・・
2018/05/08
トランプ大統領、イラン核合意について日本時間9日AM3:00 に発表・・
2018/05/08
3200円を固める値動きを今週行うと、来週以降には3250円~3300円のレンジへ・・
2018/05/07
基調の転換を示す上昇に結び付くか注目される・・
2018/05/07
イベント終了から12日のイラン核合意からの米国離脱懸念へ話題性は移行・・
2018/05/07
ブレィクタイム・・(2019年に大転換・・)
2018/05/06
連休を終えてリスク・オンの値動きに期待・・
2018/05/05
今週の週報はNY市場の金、白金の今後の予想・・
2018/05/04
米中の通商協議に対する楽観的な見方先行・・
2018/05/04
FOMC声明文、インフレ目標の箇所に「対称的な」との文言を加え6月FOMCの利上げ示唆
2018/05/03
連休明けリスク・オンで3230円、リスク・オフでは3143円・・
2018/05/02
連休を前にした売りポジションの買い戻しの値動き・・
2018/05/02
FOMCのタカ派内容の憶測でドルの巻き戻しの動きを強めている・・
2018/05/02
市場は怖いもの見たさの3143円を試す可能性が高くなっている・・
2018/05/01
内部要因の悪さと薄商いの中で3200円割れても買い気配を見せない・・
2018/05/01
イラン核合意離脱、鉄鋼・アルミ制裁適用除外の期限から不確実性の高まり・・
2018/05/01
今週は財務長官、NEC委員長、USTR代表の3名の訪中が焦点・・
2018/04/29
メルケル首相との会談でイラン核合意の進展なし・・
2018/04/28
過去3年間で3100円台を維持したのは最大13日間・・
2018/04/27
心理的な3200円の攻防を続け、18日の安値3193円に注意・・
2018/04/27
米中貿易戦争のリスクや地裁学的なリスクの後退にECBのQE終了は7月以降・・
2018/04/27
3200円以下を狙った売り込みが続き、悲観が強まる心理・・
2018/04/26
3200円割れに備えながら、3268円を超える反発待ち・・
2018/04/26
エスコムの7つの火力発電所の石炭在庫20日間を下回る・・
2018/04/26
目先の調整に注意して、3268円を超えるタイミングを待つ・・
2018/04/25
夜間取引以降で3268円を超えると3306円越えも時間の問題・・
2018/04/25
世界的な緊張緩和でリスク・オンの動きから長期金利上昇・・
2018/04/25
新甫4月限で3254円を超えると3306円を目論む値動きへ・・
2018/04/24
新甫4月限の発会以降の一代レンジでは、3143円~3618円の予想・・
2018/04/24
米国企業に対するルサール制裁開始の6月5日を10月23日に延期・・
2018/04/24
新甫発会まで下値に注意して、25日以降は3300円の回復に期待・・
2018/04/23
新甫3300円台以下の発会は、最終的に3600円を超えている・・
2018/04/23
新甫4月限の発会まで調整安、新甫発会以降は3306円以上を狙った値動き・・
2018/04/23
ブレィクタイム・・(プラチナ価格の今後・・)
2018/04/22
ルサールのロシア国有化は憶測の域を出ていない要因・・
2018/04/21
トランプ大統領「人為的に吊り上げられた石油価格は容認できない」と発言・・
2018/04/20
カーニー英国中銀総裁の早期の利上げ否定でポンド売り:ドル買い・・
2018/04/20
上昇相場に疑念を抱く根拠が乏しい・・
2018/04/19
ノリリスク・ニッケルはプラチナ10%(10トン)の供給を行う鉱山会社・・
2018/04/19
3月の欧州自動車販売は前年比で5.2%減少・・
2018/04/19
来週の新甫4月限が3500円を付けるまで上昇が維持される可能性が高い・・
2018/04/18
売り込み過ぎの反動から3248円を超えるのも時間の問題・・
2018/04/18
エスコムの7つの電力発電所で燃料石炭不足の懸念高まる・・
2018/04/18
2016年から833日間で、3200円以下は33日間しか存在しないレベル・・
2018/04/17
方向性を示す値動きに乏しく、3200円~3220円のレンジ相場・・
2018/04/17
WSJ、米USTRは米国内の中国系IT企業への301条の適用を検討・・
2018/04/17
シリア攻撃後は、落ち着いた値動きであり、下値を固める時間帯・・
2018/04/16
市場はシリア攻撃からロシア制裁処置へ話題性は移行・・
2018/04/16
シリア攻撃後のオーストラリア・ウエリントン市場は円安:ドル高・・
2018/04/16
ブレィクタイム・・(パラジウムの供給懸念)
2018/04/15
日本時間14日AM10:00、シリア首都ダマスカスで大きな爆発音・・
2018/04/14
高値3248円を試すタイミングであり、徐々に3300円に近付く動き・・
2018/04/13
リスク緩和に伴い目先の高値3248円を狙った値動き・・
2018/04/13
地政学的なリスクの低下で、需給から見た下値は927.5ドルと確認・・
2018/04/13
出遅れのリスク逃避で3200円割れても、3185円までは強気の許容範囲・・
2018/04/12
昨年4月のシリア攻撃はサプライズ、今回の攻撃はオープンであり備えの値動き・・
2018/04/12
トランプ大統領、マティス国務長官の週末予定急遽変更・・
2018/04/12
シリアが終われば、3244円を超える値動きを示して来る・・
2018/04/11
2017年4月6日のシリア攻撃は、株安、円高:ドル安、金高:白金安の反応・・
2018/04/11
インド自動車販売台数、10%の伸びを示し世界第4位に飛躍・・
2018/04/11
3200円を回復し、想定される戻りは3456円への回帰相場・・
2018/04/10
習近平国家主席、自動車の輸入関税引き下げに言及・・
2018/04/10
ポアオ・アジアフォーラムでの習近平の演説に期待感・・
2018/04/10
3202円を超えた場合は、3300円へ向けた修正波動の値動き・・
2018/04/09
戻りに対する疑心的な心理が生まれる値動きであり、底打ちのパターン・・
2018/04/09
貿易戦争の政治リスクを織り込みながら3177円を超える事が出来るか・・
2018/04/09
NY白金、ダウ平均572ドル安でも波動終了で920ドル回復・・
2018/04/07
週報「プラティニの相場観」NO274をアップしました・・
2018/04/07
株価は貿易戦争のリスク、為替市場は金利イベントへの期待・・
2018/04/06
NY白金に変化の予兆あり、起死回生の上昇を示すか・・
2018/04/06
トランプ大統領、USTRに中国製品への1000億ドルの追加関税を検討するよう指示・・
2018/04/06
3月のドイツ国内ディーゼル車販売台数、前年同月で25%減・・
2018/04/05
切り返しの根拠は乏しい相場であるが、2018年1月の下落開始も下落の根拠は乏しかった・・
2018/04/05
米中要人の相次ぐ発言や米国経済に対する楽観な見方の巻き戻し・・
2018/04/05
依然とテクニカルにおける買いのサインは出ていない東京白金・・
2018/04/04
エリオット波動「 Third Wave Extension 」・・
2018/04/04
東京白金、3182円を下回り一代棒で全限一代安値更新・・
2018/04/04
何が要因でこの相場を転換させる事が出来るか・・
2018/04/03
2年間の安値を付ける道筋は違えど、全てが3400円を超える価格へ回帰している・・
2018/04/03
米中の貿易戦争リスクの高まりから景気商品安・・
2018/04/03
時間外で940ドルを維持した動きに、3233円を超える期待感が高まる・・
2018/04/02
連休明けたNY白金の時間外取引は円高:ドル安を受けて9ドル高・・
2018/04/02
中国製造業PMI、20ヶ月連続の50を上回る51.5・・
2018/03/31
ブレィクタイム・・
2018/03/31
週報「プラティニの相場観」NO273をアップしました・・
2018/03/31
為替の円高:ドル安が進み、ドル換算の上昇をNY白金が受ける事が出来るか・・
2018/03/30
3200円以下は2年間で4回発生し、最長で2週間後に3400円回復・・
2018/03/30
経済指標の低下でパラジウムの下落を受けた930ドル割れ・・
2018/03/30
「もう」は禁物であるが、日柄を掛け過ぎる保合いも如何の物か・・
2018/03/29
下値の脅しが消え「幽霊の正体見たり枯れ尾花」の相場へ・・
2018/03/29
北朝鮮の地政学的なリスクの後退や季節的な要因と合わせて円安:ドル高の加速・・
2018/03/29
夜間取引以降で3208円を維持し、3355円を超える事が出来るかに注目したい・・
2018/03/28
市場心理の逆手を取られ、大逆張りの値動き・・
2018/03/28
中国に対する国際緊急経済権限法の発動を検討報道から一転してリスク逃避の動き・・
2018/03/28
下値に対する可能性が低下し、強気に対する疑心的な見方も後退する値動き・・
2018/03/27
貿易戦争リスク、政治リスクが後退し巻き戻しの動き・・
2018/03/27
ムニューシン財務長官や李克強首相の貿易戦争回避の発言でリスク回避の巻き戻し・・
2018/03/27
昨年10月同様に目先の下値3182円を下回るまで終われない・・
2018/03/26
5日間3200円を維持しているが、3285円を超えるまで下値には注意・・
2018/03/26
ムーディーズ、南アフリカの格付け投資適格の「Baa3」を据え置き・・
2018/03/26
本日、AM10:30~14:00まで相場電話相談開催中・・
2018/03/25
ブレィクタイム・・(ムーディーズ、南アフリカの格付け日本時間24日AM6:00過ぎに発表)
2018/03/24
週報「プラティニの相場観」NO272をアップしました・・
2018/03/24
2016年10月の米国大統領選以来の為替とNY白金の組み合わせ・・
2018/03/23
昨年12月は「FOMCまで下がる」、今回は「FOMCから上がる」の見方の違い・・
2018/03/23
マクマスター国家安全保障大統領補佐官が4月9日に辞任・・
2018/03/23
トランプ大統領、日本時間23日AM1:30に対中関税措置発表の予定・・
2018/03/22
FOMCを終え、次のムーディーズの格付けでイベント一巡・・
2018/03/22
FOMC、年内3回の利上げ予想維持で、ハト派的な内容でドル安の動き・・
2018/03/21
G20の声明文やFOMCにおける利上げ観測を織り込みドル高の動き・・
2018/03/21
22日のFOMC以降の値動きを見極める必要・・
2018/03/20
「悲観」から「疑心」へ市場心理が変化する・・
2018/03/20
英国とEU離脱交渉合意、モラー特別検察官の解任観測でドル安:ユーロ高・・
2018/03/20
英国とEUの離脱交渉の共同記者会見・・
2018/03/19
一代棒でも3182円以下が狙いか・・
2018/03/19
FOMC以降に3182円以下を試す可能性が高い・・
2018/03/19
昨年12月のFOMCの利上げで基調転換の過去・・
2018/03/17
週報「プラティニの相場観」NO271をアップしました・・
2018/03/17
NY白金の86.5ドルの下落に対して384円の下落を示した東京白金・・
2018/03/16
WPの報道であるマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官の解任を米国政府否定・・
2018/03/16
様々な負の要因を受けて950ドルを維持したNY白金・・
2018/03/16
FOMCの声明文で本日の売り要因である景気減速懸念は否定される・・
2018/03/15
米国の景気に「疑念」が膨らみ、FOMCで「疑念」の払拭期待・・
2018/03/15
小売売上高、アトランタ連銀GDPナウなどの下落で米国の景気減速懸念・・
2018/03/15
強気維持の相場であり、3345円を超えて3400円へ・・
2018/03/14
テクニカルは強気維持であり、再度3329円を超える動きを示して来る・・
2018/03/14
ティラーソン国務長官の解任でリスクオフの下落を見せたが、大勢に変化がなく強気維持・・
2018/03/14
3329円を超える事が条件であるが、3400円へ向けた戻り相場・・
2018/03/13
3329円を試すのも時間の問題であり、基調は強気に転じている・・
2018/03/13
今晩のNY白金が970ドルを回復すると問題ない・・
2018/03/13
3300円を割り込む値動きは強気の表れであり、基調の変化に備える・・
2018/03/12
3329円を超える事が出来なかった反動であり、基調の変化に備える・・
2018/03/12
材料出尽くしと過大懸念の巻き戻しで、950ドルを維持したNY白金・・
2018/03/10
来週の3300円回復は強気のサイン・・
2018/03/09
売り込む時間帯は終わった値動きであり、反転に備える東京白金・・
2018/03/09
材料出尽くしの巻き戻しでも950ドルを維持して、円安効果の期待・・
2018/03/09
トランプ米大統領は日本時間9日早朝に、鉄鋼・アルミ関税の指示文書に署名・・
2018/03/08
「人の行く裏に道あり、花の山」・・
2018/03/08
高値から12日間を費やし、3300円以下も7日間と12月と同様な値動き・・
2018/03/08
突発的なリスク発生は短時間の下落であり、昨日の高値3329円へ最後は回帰する・・
2018/03/07
相場は心理戦であり、怖い場面を買わなければ勝てない・・
2018/03/07
コーン国家経済会議委員長、関税引き上げに反対し辞任・・
2018/03/07
下値は限定的な相場であり、強気を維持して高値狙い・・
2018/03/06
過去2年間で3300円以下は、需給要因から長時間続かない・・
2018/03/06
3月10日の岡地セミナー開催のお知らせ・・
2018/03/06
ネネ財務相とムーディーズの会談で格下げ回避へ・・
2018/03/06
「遇者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」・・
2018/03/05
貿易戦争の下値不安は残るが、3200円台は過去の値動きでも買いの域・・
2018/03/05
ドイツSPD党員選挙、イタリア総選挙は想定内の結果・・
2018/03/04
本日10:30~14:00まで相場電話相談受付中・・
2018/03/04
トランプ大統領はビジネスマンであり、政治家ではない・・
2018/03/03
週報「プラティニの相場観」NO269をアップしました・・
2018/03/03
週足でも3300円を下回っても2週間後には元の水準・・
2018/03/02
2016年~2017年で3300円以下は4回、すべてが3400円を回復している・・
2018/03/02
トランプ大統領の関税に対する言及で、株価下落から逃避の値動き・・
2018/03/02
日柄を考慮すると3日間の下落に対する反動高が予想される・・
2018/03/01
週末と日柄変化日で買い戻しの動きを示す可能性・・
2018/03/01
大手格付け会社S&P、エスコムの格付け「CCC+」へ引き下げ・・
2018/03/01
2018年は見直し相場であり、3300円台は昨年の安値位置・・
2018/02/28
3330円の下値が見えているだけに悲観相場にはなり得ない・・
2018/02/28
ドイツ連邦行政裁判所、ディーゼル車の都市部での乗り入れ禁止判決・・
2018/02/28
イベントを控え動意薄の値動きで明日まで3434円を維持する事が出来るか・・
2018/02/27
強気を維持しながら、レンジ離脱を待つ日米白金の値動き・・
2018/02/27
日本時間22:30にパウエルFRB議長の議会証言の所見・・
2018/02/27
新甫後の値動きはセオリー通りであり、3480円は通過点の値段・・
2018/02/26